誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本史

日本史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 日本史 日本の歴史
子テーマ: 江戸時代 縄文時代 昭和時代 戦国時代
テーマ「日本史」のブログを一覧表示!「日本史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本史」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

硫黄島玉砕、東京大空襲、長崎への原爆投下・・・ついに日本はポツダム宣言を受諾、停戦協定を結ぶ 〇アメリカ・イギリス・中国によるカイロ会談で決定した、「カイロ宣言」1943年11月、エジプトのカイロにおいて、フランクリン・ルーズベルト、チャーチル、中国の重慶政府の蒋介石が会談しました。ここで「カイロ ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

アジアの解放と繁栄について宣言した日本の大東亜会議、一方で戦後処理を決めていた連合国の会談とは 〇1943年1月北アフリカのモロッコで開かれた、アメリカとイギリスによる「カサブランカ会談」1942年ミッドウェー海戦の後、日本軍がソロモン諸島のガダルカナル島の戦いを終えようとしていた頃、1942年から1943 ... » more
テーマ 日本の歴史

川狩りの時代   赤石岳・悪沢岳6 椹島から東海フォーレストの小型バスで一時間、ジムニーを駐車してある畑薙ダムの駐車場に戻った。20人ほどの同乗者もそれぞれの車に戻っていく。帰りに井川ダムの展示館に寄った。大井川の上流の昔が知りたかったのだ。展示館はダ ... » more
テーマ 日本の歴史

副島隆彦+SNSI副島隆彦国家戦略研究所 著 成甲書房幕末1856年に徳川幕府の正式の洋式研究所として発足した蕃書調所には、幕末の日本の俊英が集められ、その多くが明治新政府に請われて「徴士」というテクノクラート(中堅官僚)になったと ... » more
テーマ 日本史

第二次世界大戦勃発からミッドウェー海戦までを振り返ってわかる、日本の敗因とソ連コミンテルンの戦略 上は、ソ連コミンテルンのスパイ、ゾルゲ第二次世界大戦は、1939年9月1日のドイツ軍のポーランド侵攻から始まりました。1939年にドイツのヒットラーは、同じくポーランドを狙っていたソ連との間で独ソ不可侵条 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

日本とアメリカの太平洋戦争の分岐点となった、”ミッドウェー海戦”とガダルカナル島の戦い 〇北方のアリューシャン諸島にアメリカ軍を陽動する「アリューシャン作戦」大東亜戦争の分岐点となったのが、1942年6月4日から7日にかけてミッドウェー島をめぐって行われた「ミッドウェー海戦」でした。イン ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

南方での前半戦がうまくいったのは、”アメリカは日本を油断させて、後でいっきに攻撃する”ためだった!? 太平洋戦争緒戦における日本軍の最大の目標は、オランダ領東インド、現在のインドネシアの石油資源の獲得でした。そのため、開戦時の南方作戦では、まずインドネシアの前に立ちはだかるイギリス領マレー半島とシンガポールとアメリカ領フ ... » more
テーマ 日本の歴史

日本のマレー半島快進撃の背後にあった「マレーのハリマオ」の活躍と、大東亜戦争命名の意味と目的 ○日本陸軍によるマレー半島快進撃の背景にあった、「マレーのハリマオ」の活躍1941年12月8日未明、日本陸軍は東南アジアの資源確保のために、イギリスに宣戦布告後、マレー半島に上陸、わずか70日でマレー半島及びシン ... » more
テーマ 日本の歴史

ついに日米開戦・・・真珠湾攻撃の不自然な作戦と、日本の宣戦布告が攻撃後になってしまった理由 ○1941年12月8日未明、マレー半島上陸開戦時、日本軍の目標としては、石油や天然ガス、ゴムなどの豊富な天然資源を持つオランダ領東インド(現インドネシア)の資源地帯の占領でした。しかし、そこに至るには手前 ... » more

アメリカからの最後通牒が意味していたのは全面降伏か宣戦布告・・・衝撃を受けた日本が決断した答えとは 日米交渉で、日本が大きく譲歩する案を提示したのにもかかわらず、アメリカ側が日本にとって困る条件ばかりを突き付けてきたのは、なぜでしょうか。それを知るには、1935年にソ連のモスクワで開催された、第7回コミンテ ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

日本史の「トホホ」21 のっぺらぼう?室町と尊氏 〜「室町時代」と「鎌倉時代」では、どっちが先でどっちが後 だったのか、とんと自信が持てないオジサン〜昔の小説に登場していたこんな歴史オンチ?の人物を今でも思い出すのは、当時の自分も同じ境遇にあって、深い共感を覚えたせいなのか ... » more

開戦直前まで行われた日米交渉の最中、東條内閣が決断した重大な帝国国策とアメリカの最後通牒とは 開戦直前まで日米交渉は行われており、日本は戦争が回避できる道を懸命に探っていました。○日米交渉のための日本の「甲案」(1941年10月)1941年10月18日に成立した東條内閣は、9月6日の昭和天 ... » more
テーマ 日本の歴史

日米交渉を諦めるか、それとも継続するべきか・・・戦争回避を望んで開かれた御前会議の内容とは ○1941年8月17日、アメリカから日本への通告野村吉三郎駐米大使より首肯されていた日米首脳会談について、イギリスとの大西洋会談から戻ったフランクリン・ルーズベルトは、8月17日に野村吉三郎駐米大使に二通の文書を ... » more
テーマ 日本の歴史

ドイツのポーランド侵攻から始まった第二次世界大戦・・・ドイツ侵攻の理由と、ヒットラーの戦略とは 支那事変において、日本が蒋介石政権と戦っていたころ・・・、1939年、ドイツのヒトラーは、スターリンのソ連との間で独ソ不可侵条約を締結した上で、9月1日、ポーランドに侵入し、「電撃戦」を展開し、以降いろいろな国に侵攻していきまし ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

資源確保のために東南アジアに進出した日本、そして日本を追い込んだアメリカの政策とは 1938年、武漢三鎮という主要都市が日本軍の手に落ちて、国民党と共産党と合作していた蔣介石の国民政府は重慶に退き、重慶政府を成立しました。それに対して、国民政府内の日中和平派の政治家と共に、日本は汪兆銘を中 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史  コメント(4)

日本との条約を破棄して、日本経済を圧迫する措置をとった米・英・・・そのとき日本がとった選択とは ○日本とイギリスとの間で起きた、天津のイギリス租界封鎖の問題(1939年6月)1938年12月、日本軍は天津租界への抗日分子の進入阻止を目的として、英仏両租界の入り口で検問を開始しました。この検問は、 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

【感想】アニメ「戦国無双」全12話 アニメ版戦国無双、DVDレンタルで全話視聴しました。大河ドラマ「真田丸」にはまってることもあって、ゲーム「戦国無双〜真田丸」を購入する予定なわけですが。ただ戦国無双シリーズって一度もプレイしたことがなかったんですよね。三國無双シリー ... » more
テーマ まとめ感想 無双 日本史

落語の中の言葉156「裏長屋4/4・惣後架」 今回は惣後架を採り上げる。これもまた『守貞謾稿』から。厠(かわや)俗に雪隠と云ふ。京坂俗は、常に訛(なま)りて「せんち」と云ふもあり。婦女は「こうか」、あるひは手水場(ちようずば)と云ふなり。男も人前等には、てうづばと云ふなり。江戸 ... » more
テーマ 江戸時代 裏長屋 落語

日本史の「逆転」19 金と銀に見る三英傑の遺伝子? 金貨と銀貨/金メダルと銀メダル/金婚式と銀婚式、これらを比べてみると、いずれの場合も「金」の方が「銀」より立派、あるいは格上というイメージになっています。では「金庫」と「銀行」、この場合はどうだ?その実態や法律的な定義は ... » more

支那事変後、中立だったアメリカ・・ルーズベルト政権を反日に誘導した、共産党による宣伝の影響とは ○当初、支那事変に対して中立的だったアメリカのルーズベルト政権(1937年)1937年の盧溝橋事件を発端とする支那事変によって、日本とアメリカの関係がすぐに悪化したわけではありませんでした。 盧溝橋事件勃 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

日中和平派の汪兆銘政権、英・米・ソの支援を受けた蒋介石政権・・・日本の積極的外交はうまくいったのか ○新たな政権樹立に向けて、日中和平派の汪兆銘(おうちょうめい)は上海へ脱出(1939年5月)事前に、日本と中国国民党の和平派との間で進められた、日中和平計画に従って、日本と国民党の和平派は動き始めました。 ... » more
テーマ 日本の歴史

日中和平計画の構想・・・近衛首相の「東亜新秩序」建設声明と、新たな汪兆銘政権樹立の動きとは ○南京攻略後も、中国との和平の道を探っていた日本(1938年7月〜)1938年1月、当時の近衛文麿首相は、ドイツを仲介とした和平の動きに基づいた和平案提示に対し、蒋介石率いる国民政府が応じないので、交渉打ち切 ... » more
テーマ 日本の歴史

支那事変の最中、中国との和平を目指していた日本・・・なぜ蒋介石は受け入れなかったのか 1937年7月7日に盧溝橋事件が起きた後、中国から日本への襲撃が何件か続きました。例えば、1937年7月13日大紅門事件ー中華民国が日本人を襲撃1937年7月25日廊坊事件(ろうぼうじけん)ー中華民国が電線修理の日本 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

1937年、北京と南京攻略・・・和平の道を望んで、中国臨時政府と中華民国維新政府を成立した日本 ドイツがヒットラー政権になり、1936年に日本とドイツが日独防共協定を結んだころ・・・1937年7月7日、北京郊外の盧溝橋で夜間演習をしていた日本軍が、何者かによる何十発もの銃撃を受ける”盧溝橋事件”が起きま ... » more
テーマ 日本の歴史

政党禁止法と全権委任法制定によってナチ党一党政権に・・・ヒットラーはいかにして国家元首になったのか 1933年1月30日、第二代大統領ヒンデンブルクは、1932年7月の選挙で第一党となっていたナチ党の党首ヒットラーを首相に任命しました。しかし、ヒットラー内閣は、議会第一党のナチ党と保守派の連合政権ではじまりました。 ... » more
テーマ 日本の歴史

宣伝と遊説の派手な選挙活動の結果・・・どのようにしてヒットラー内閣ははじまったのか 1932年3月、この頃、第二代大統領ヒンデンブルクの後継を狙っていたヒットラー率いるナチ党は、色々な選挙活動を行っており、街中にはヒットラーの選挙ポスター(↓)があふれていました。ナチ党の宣伝担当ヨーゼフ・ゲッペ ... » more
テーマ 日本の歴史

小さな極右政党だったヒットラー率いるナチ党・・・なぜ勢力を拡大することができたのか 共和国政府の打倒を図ろうと、ミュンヘンからベルリンに進軍していったミュンヘン一揆で失敗した国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)は、国防軍や官僚の反対に遭って失敗し、ヒットラーは投獄されました。ヒットラーの逮捕 ... » more
テーマ 日本の歴史

1936年、日独防共協定を結んだ日本とドイツ・・・その時の首相アドルフ・ヒットラーとはどんな人物か 1936年11月、日本とドイツの間で、日独防共協定が結ばれました。前年の1935年に、モスクワでソ連のコミンテルン大会が開催されたのですが、そのとき掲げられたのが反共であったドイツと日本を倒すことであり、そのためには各国の共 ... » more
テーマ 日本の歴史

「昭和史」の作者・水木しげるさん・・・最前線だったニューギニアでの壮絶な戦争体験とは  「ゲゲゲの鬼太郎」の著者とし有名な水木しげるさん。水木さんは、壮絶な戦争体験をしていることもあり、戦争に関する漫画も描かれています。その中には「コミック昭和史」という作品があり、この作品は全部で第8巻まで ... » more
テーマ 日本の歴史

中国共産党と戦っていた蒋介石、中国と戦う気はなかった日本軍・・・なぜ支那事変は起きたのか 1937年7月7日、盧溝橋事件が発生すると、そのことがきっかけとなったのか、中国大陸では1945年ころまで、支那事変と呼ばれる中国と日本との衝突が続くことになりました。盧溝橋事件とは・・・北京郊外の永定河にかかる盧溝 ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 日本の歴史

 

最終更新日: 2016/12/10 00:51

「日本史」のブログ関連商品

» 「日本史」のブログレビュー をもっと探す

「日本史」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

戦国無双 ~真田丸~  - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 戦国無双 ~真田丸~ - PS4
コーエーテクモゲームス

『中古』人質の歴史 陰の日本史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 『中古』人質の歴史 陰の日本史
KSC

【バーゲン本】黒船と幕末動乱ーCG日本史シリーズ23 [ CG日本史シリーズ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 【バーゲン本】黒船と幕末動乱ーCG日本史シリーズ23 [ CG日本史シリーズ ]
楽天ブックス

武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ (光文社新書)
光文社 村上 由美子

戦国無双BD 2 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 戦国無双BD 2 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る