誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    働きマン

働きマン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「働きマン」のブログを一覧表示!「働きマン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「働きマン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「働きマン」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

働きマンを呼んで転職を考えてみた この休み、土曜はちょっと仕事があったので気分的に重かったのですが家に帰ったあと久しぶりに働きマンの単行本を4冊読んでみることにしました。一度読んでいるので内容は分かっているのですが本気で仕事をしている人たち(中にはしていない人も ... » more

コルビット日誌グータラ土曜日
昨日は大雪降る中、仕事終わりに忘年会がありました。なんかちょっとテンション上がることなく、雪も降りまくっていたので1次会でもう帰ることにしました。大体の会社が昨日か今日で仕事納めのようですが、うちは30日まであってカレンダー ... » more

コルビット日誌週2回の病院通い
今月の18日資産査定2級の試験を受験しました。その前の日は会社の行事と月曜日の朝に提出しなければいけない書類ができていなかったため休日出勤をする破目になってしまいました。だからいうわけではないのですが、その夜に試験勉強の総まとめ ... » more

コルビット日誌まだ終わらない
敗戦ムードの中でもがいてどこまで行ける?もう終わりにした方が傷口は小さくて済むぜ?常識を疑われだす前に退けよと誰かが言う。信頼していた人間も傍観してらぁ。どうしようか?どう動こうか? ... » more

コルビット日誌働きマン
働きマン 僕の場合、今回のGWは暦通りで最長4日間の連休をいただいています。そのこともあり昨日は久しぶりに琵琶湖1周ドライブをしてきました。琵琶湖1周といってもですが・・・東近江市から ... » more
テーマ びわこ 休日 働きマン

「働きマン」 堀田めぐみ(グラビアアイドル) by 小松彩夏 働きマン2007年10月10日から12月19日まで、日本テレビ制作の毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)水曜ドラマ枠で菅野美穂主演の連続テレビドラマとして放送された。初回、最終回ともに15分拡大して23:09までの放送。 ... » more

コルビット日誌腹筋新記録
昨日は調子に乗って腹筋を400回しました。一日にこれだけ腹筋をしたのは29年間の人生の中でも初めてだと思います。中学の頃、部活で腹筋、背筋、腕立て伏せをそ ... » more

コルビット日誌働きマンスイッチ
仕事と勉強の集中力は違うものです。仕事ならばなぜあんなに頑張れてしまうのか?仕事の場合、休みの日には見たことのない自分がにょきにょきと出てくるのですが休みの日になるとそんな自分も萎れてしまう始末・・・まあ休みなんだしリフレッシュ ... » more

LUNE BLOG働きマン
働きマン ドラマ版です。アニメで見たお話もいくつかありましたが、弘子さんのお父さんが来訪されてから以降のお話は、初めて見るお話でした。アニメで感動してしまったのは営業千葉君のお話。ドラマ版でもまた泣きそうになりました(^_^; ... » more

渡る世間は愚痴ばかり働きマン 最終話
今日はちょっと体調があまり優れないので率直な感想をば。こと、仕事に関しては女性の勘は天才科学者でも推し量る事が出来ない超常現象 ... » more

今回は家族がテーマでしたねぇ。災難は突然やってきますってのはようわかります。地震・雷・火事 ... » more

今朝は久々の5時起きで会社出社したので今更ながらに感想をば(; ̄∀ ̄)ゞ今回は「思い入れ」がテーマでしたがどうも菅原の回の焼き直しって感じでしたね(苦笑)また、その中で「同期」特に男同士ってのを強調してた ... » more

みょうがの芯「働きマン第8話」
恋愛よりも仕事を取ったものの、仕事は上の空で、新二との別れを引きずりまくっている弘子です。傍目からは、男モード全開で納豆も食べなくなった弘子。取材の帰り、新二から入った電話の用件は、「ヒロのものは今日送っといたから。そっ ... » more

渡る世間は愚痴ばかり働きマン 第8話
今回は「あなたはどうやって失恋を乗り越えますか」ってまたこれかよヽ(;´Д`)ノ 異性関係松方弘子彼氏いない歴3日小林明久現在29歳彼女イナイ歴29年田中邦夫モデル系彼 ... » more

○○のBLOG働きまん・5話
働きまん・5話 働きまん・5話では、彼と別れました。「働きまん」を、ご存知ない方のために、そのストーリーの概要を、お知らせ致します。主人公の松方弘子(菅野美穂)は28歳独身。そして、週刊「JIDAI」編集部の女性編集者でございます。 ... » more

みょうがの芯「働きマン第7話」
営業に配置換えになった新二と、心も時間もすれ違ってしまい。結局、別れることに?弘子のマンションに泥棒が入り、新二は接待を抜け出して弘子のマンションまで来てくれたのに、そんなことを知らない弘子は、パソコンを盗まれていたことに気づき、朝 ... » more

渡る世間は愚痴ばかり働きマン 第7話
オイシイデザートが一転して賞味期限の偽装問題ですかぁ。原作でもこんな展開だったんでしょうか。個人的にはこのスタッフ得意の時事ネタって気がするんですけどね。ただ、ドラマでもこんなに煽ってどうするのって気もするんですけどね。 ... » more

みょうがの芯「働きマン第6話」
新二が、現場監督から本社勤務になるのでお祝いをしようということになりました。しかし、本社に戻っても行きたかった部署ではなく営業職だったことにショックを受けた新二でした。いつも、いつも、優しくて暖かい新二と思っていましたが、心 ... » more

現在フジテレビ系火曜日21・00好評放送中「暴れん坊ママ」のロケ地に行ってきました。ロケ地紹介サイトでも現在収録中で、まだ扱っていない場所なので、僕もあまり詳しくは掛けませんが、ビクビクしながら書いてみます。上戸彩さん、 ... » more

『働きマン』は専業主婦の方にみてほしい 『働きマン』は専業主婦の方にみてほしいと思います。『働きマン』の仕事振りとご主人さまを重ねて下さい。ご主人さまが、会社でどれほど忙しいか、ご想像出来るかと思います。ご家庭では、疲れきってしまって精彩を欠いているかも知れま ... » more

いい話だった、泣けました。松方にはいい仲間がいる。あの記事の文にも泣けた。 ... » more

渡る世間は愚痴ばかり働きマン 第6話
今回は「後悔」について。仕事に関して松方弘子仕事に没頭しすぎの女山城新二仕事に打ち込めない男う〜〜〜ん占いねぇ。信じないとか言いながら結構信じてる男達。 ... » more

日テレ系ドラマ「働きマン」(水曜・後10時)のエンディング曲「働きマン音頭」って聞いたことありますか。 歌っているのは「働木満」(はたらき・みつる)が、俳優の沢村一樹(40)だったとのこと。10/28にCD発売され、歌手デビ ... » more

みょうがの芯「働きマン第5話」
先週は録画をし忘れましたが、今週はちゃんと録画しました!先週のお話は、いつもお世話になっているドラマブロガー様たちをご訪問させていただき、把握させていただきましたm(__)mさて今週は、菅原と弘子がゴシップネタのスクープを取るお ... » more

今回は仕事に対する「誇り」について。誇れる事松方弘子元巨乳菅原文哉ド根性みんなが嫌がる仕事。「そうやって皆が止めたら、この仕事を誰がやるんだろ?」こ ... » more

みょうがの芯「お知らせ」
お知らせが遅れましたが「働きマン第4話」を録画し忘れてしまいましたボケボケでした。気が入っていなかったのかもしれません次週は、一応見る予定です ... » more

今回は憧れについて恋愛について松方弘子恋に没頭できない女渚マユ恋に恋する女憧れの人はいますか?って題材なんですけどねぇ。第4話までキタというのに ... » more

みょうがの芯「働きマン・第3話」
小林が風邪で高熱を出し、グラビアアイドル堀田めぐみ(小松彩夏)のインタビューカラー記事を担当することになった、田中@速水です。指導係の弘子は、仕方なく田中君のフォローをすることになりました。グラビア撮影の現場でも、やる気の無い田中君 ... » more

渡る世間は愚痴ばかり働きマン 第3話
今回のテーマは新人との接し方業務経歴松方弘子入社6年目田中邦夫入社6ヶ月入社したての新人に対して自信があるヤツは気分がいい自 ... » more

多数に埋もれる日記働きマン 第3話
働きマン 第3話 セミナーで講演する弘子。松方弘子(菅野美穂)は、新人6ヶ月の田中邦男(速水もこみち)の世話に手を焼いていた。生意気なのに、自分にはそんなことを気にしていない。就職活動をする学生たちの初々しい表情とは全く違う。田中は原 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 02:54

「働きマン」のブログ関連商品

» 「働きマン」のブログレビュー をもっと探す

「働きマン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る