誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    医学

医学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 東洋医学
テーマ「医学」のブログを一覧表示!「医学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「医学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「医学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

■引退したアスリートの危機問診票で患者のスポーツ歴を調べるようになって、過去にアスリートとしての経験が濃密な患者程、引退後に急激な身体的不調を患っている傾向が強いということに気づかされた。おそらく、引退によって急速な神経伝達機能の低下を ... » more

■本当の治療とは近年、インターネット上では柔道整復師たちが異口同音に、筋力強化が治療法として間違っていることを堂々と宣言し始めている。彼らは整形外科学に染まっていないので、自分たちの実感に基づいて筋力強化が間違っていることを悟ったのだろ ... » more

■フローズン・ネックの治し方ある朝突然、起床時から首の痛みで頸椎が可動域を失い、借金があるわけでもないのに首が回らなくなってしまう病気がある。フローズン・ネックだ。小児の場合、リンパ節炎を原因とする炎症性斜頸であることも考えられるが、成 ... » more

■へバーデン結節の治療ある病気で、手の外科の専門医から大学病院を紹介された挙句、そこでも装具を渡されただけで、歳のせいだから仕方がないと諦めるように言われた患者が当院を受診してきた。患者の病名はへバーデン結節。手指の遠位指節間関節に生じ ... » more

■予防手段としてのMDSこれまで治療法として紹介してきたMDSであるが、筋肉に生じた弛緩不全を解消するという効果に鑑みれば、MDSは怪我や病気の予防法としても効果が高いということが示唆される。実のところ、スポーツ選手が患う肩腱板損傷や膝 ... » more

■筋力強化が治療になるのかここまでMDSの効用と筋力強化の弊害について論じてきたが、脱力が肝心だ、などと言ってみたところで、なかなか理解が得られぬ相手も多いに違いない。多分、その急先鋒は同業者である整形外科医だ。実際、筋力強化を目的とし ... » more

■ダイナミック・ストレッチとMDSの違い現在、ダイナミック・ストレッチはスポーツ前の準備体操のような位置づけにあって、医療現場でそれほど用いられているわけではない。なぜ、この方法に筋肉に対する弛緩作用があるかといえば、それは筋肉の収縮と ... » more

■既存概念をを疑え一般的に整形外科医は、変形性関節症の予防や治療法として筋力強化を推奨している。関節周囲の筋力強化で、関節の運動を力学的に安定に保つことができるからというのがその主な理由である。これは、筋力低下と変形性関節症とは互いに関 ... » more

1992/3/11の日経新聞夕刊、「アーバンナウ」のコーナーは、老化の話。遺伝子疾患で急速に老化して短命で終わる「ウェルナー症候群」という病気がある。遺伝性で細胞が分裂増殖しない、というのが特徴。40代の患者の細胞では、健康体160 ... » more
テーマ 新聞 医学

安保徹 逝去 安保流×太田流 老いない人の健康術−「免疫」と「水素」の力で死ぬまで元気!は本当に効果があるのか!?安保徹 太田成男 免疫 ミトコンドリア 水素 本レビュー ... » more

安保徹先生『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』ワールドフォーラム2011年10月連携企画 「統合医学医師の会公開講演会」 ... » more

水虫は白癬菌と呼ばれるカビが原因で起こる皮膚病である。よって入浴後に掻痒感が増悪するのは、適度に水分とエネルギーを吸収した白癬菌が活発化するからだ。素朴に考えてみれば、相手はカビという生き物なのだから、軟膏などの化学物質による攻撃だけで ... » more
テーマ 科学 医学

日本内科学会雑誌 2016年10月105号トータルケアをめざすアレルギー診療・"One airway, one disease" 2001年にARIAにおいて提唱された。アレルギー性鼻炎は上気道の疾患だけではなく、下気道と連動。 ... » more

脳梗塞に対する抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)のエビデンスを確認する。主な試験は以下3つ。●FASTER (Lancet Neurol 2007;6:961)試験形式・期間:double-blind RCT. 2003/3〜2 ... » more

『人工知能時代の医療と医学教育』高橋優三http://amazon.jp/o/ASIN/4884123921/気になったところメモ。・診断に関しては、将来的に人工知能が優位となるのは、明らかである。・薬剤師が現在行ってい ... » more
テーマ 医学

ロシアの学者、ビタミンB2でガン破壊に成功 ロシアと海外の学者たちが、ビタミンB2を用いてがん細胞を除去する独創的な手法を考案した。論文は科学誌『Scientific Reports』に掲載された。© Fotolia/ Bogdanhodaロシアの科学者、モリブデン ... » more
テーマ ニユース 医学 ロシア

漢方でがんの徴候完全消滅 中国、英国、フランスの国際学術チームが、ホモハリングトニンという物質が骨髄性白血病を寛解、つまり軽減されることを発見した。© Sputnik/ Igor Zarembo 外科医、3Dプリンター製人間でオペの練習可能にオマセ ... » more
テーマ ニユース 医学

ペニシリンアレルギー歴と聴取されても95%は使える (Solensky R : Allegy to β-lactam antibiotics. J Allergy Clin Immunol 130:1442.e2,2012)気になっ ... » more
テーマ 感染症 論文 医学

私がいい歳してコンビニ弁当を食べているのは敗残の人生でみっともないが、世界的な研究者が時間を惜しんでコンビニ弁当を食べているのはかえってかっこよく英雄的でさえある。同じものを食べているのに面白い現象である。もし、この研究者が愛妻弁当を食べて ... » more

24時間で人命を奪う類鼻疽菌、その脳への侵入の謎が解明 免疫学者らは「ベトナム高熱」の異名を持つ類鼻疽菌が人体の脳に到達し、感染後、わずか一昼夜で脳を損なうメカニズムを解明。これにより類鼻疽菌に対抗するワクチン製造へ歩を進めた。東南アジアでは類鼻疽菌によって年間9万人以上が死亡している。米学術雑 ... » more
テーマ ニュース 医学

小学生くらいまでのお子さまとパパ・ママを対象とした棒灸体験会を行います。ご家庭で手軽に、安心・安全な棒灸の心地よさを一度体験してみませんか?今回のテーマも「お肌のトラブル」です。是非ご参加を!日時7月16日(土) ... » more

活字目次録25冊目「新薬の罠」
25冊目「新薬の罠」 新薬の罠子宮頸がん、認知症・・・10 兆円の闇鳥集 徹文藝春愁2015/5第一章カネで動いた子宮頸がんワクチン1「心の問題」にされた少女たち少女たちを襲った「副反応」/アジュバント犯人説/利害関係がないのはわ ... » more

24冊目「デタラメ健康科学」 デタラメ健康科学代替医療・製薬産業・メディアのウソベン・ゴールドエイカー河出書房2011/5第1章デトックスで体はきれいになる?イヤーキャンドルで耳垢は取れる?デトックスパッチは毒素を吸いだす?デトックス ... » more

平和の中の「戦争」−細菌戦から原爆・原発 安保法制違憲訴訟埼玉の呼びかけ人に 安保法制違憲訴訟埼玉の会の呼びかけ人に名を連ねた。私が繰り返し反芻してきたのは、「平和とは異なる手段をもってする戦争の継続である」とするクラウゼビッツ「戦争論」の言葉。医学部を除籍になった70年頃から、731 ... » more
テーマ 障害 戦争 医学

2016.02.22 vol.584情報化時代の雑学通信 http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/───────────────────────────────────世の中には専門家と呼ば ... » more

「レジデント2016 No.1”かぜ”くらい診られますよって本当ですか?」http://www.igaku.co.jp/resident/resident_1601.html気になったところ読後メモ。それぞれの知識のもと文献検索 ... » more
テーマ 感染症 論文 医学

『みんなで楽しむお灸の会』のご案内 当院にて、『みんなで楽しむお灸の会』を定期的に行っております。安全・安心で効果の高い、快適なセルフケアであるお灸。ご自身の体調管理はもちろん、ご家族の軽い不調をおうちでお手当てできたら良いですよね。東洋医学的 ... » more

ちうの読書メモ『情熱大陸』福田真嗣
『情熱大陸』農学博士福田真嗣腸内細菌のプロフェッショナルhttp://www.mbs.jp/jounetsu/テレビ番組はみのがしたんだけど,2016年2月7日までwebでみれるというので見てみた。以下はメモ。 ... » more
テーマ 研究 科学 医学

「レジデント2016 No.1”かぜ”くらい診られますよって本当ですか?」http://www.igaku.co.jp/resident/resident_1601.html気になったところ読後メモ。それぞれの知識のもと文献検索 ... » more
テーマ 論文 医学

 

最終更新日: 2017/03/24 13:50

「医学」のブログ関連商品

» 「医学」のブログレビュー をもっと探す

「医学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る