誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短編小説

短編小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「短編小説」のブログを一覧表示!「短編小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短編小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短編小説」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

母が本気で一人娘の『一般的な幸福』というものを諦めてくれさえすれば、お互いにこんな苦痛を味わうことなどなくて済むのに。あたしは常々そう思っているが、そんなに事態は穏やかではないらしい。「お願いよ結希。お母さんだって一成さんを悪く思っ ... » more
テーマ サマー・レイン 短編小説

初夏の太陽の陽射しは容赦なくこの部屋にも降り注ぎ、気温の波を一気に加速させる。一成の顔に太陽の熱が当たっていたので、ブラインドの角度を反対にした。同棲しよう、と一成が言ってこの部屋を既に契約してあると聞かされた時は、本当に驚いた。い ... » more
テーマ サマー・レイン 短編小説

どうしてこの本は、こうまでしてあたしの心を重たくさせるんだろう。人を愛するということ。それは毎日食事を摂り、排泄をし、呼吸をするという自然な行為と何ら変わらないものだ。人間であるがゆえに与えられた条件。−−例えば男女の性別や年齢など ... » more
テーマ サマー・レイン 短編小説

ヨミマクリブログ井坂幸太郎初体験
最近、友人とよくおもしろかった本の話をするそんな時勧められたのが井坂幸太郎「井坂幸太郎は読んでると、この人頭いいなって思うんだよねぇ」だそうだ今回読んだ本はチルドレン銀行強盗の人質になる話から始まる短編集なのだが、短編集 ... » more
テーマ 4つ星本 短編小説  トラックバック(2)

ヨミマクリブログ最後の息子
パレード、悪人とはずれなしの最近のお気に入り「吉田修一」を読み深める。 「最後の息子」 「破片」 「Water」の3編を含んだ短編集。「最後の息子」はホモの恋愛。「破片」は母親を事故で亡くした子供の異常な女性癖。「Water ... » more
テーマ 青春小説 4つ星本 短編小説

「亡者の金儲け」 蒲松齢/立間祥介訳  亡者というのは、死んだのに成仏できず、魂だけが冥界を彷徨っている者のことです。ここに王蘭なる者がいて、彼は閻魔大王の部下である獄卒の単純なミスによって、死ぬべきでないのに死んでしまったのです。責任の追及を恐れた獄 ... » more
テーマ 文学 蒲松齢 短編小説

「僕の親戚、メイジャ・モリヌー」 ホーソーン/坂下 昇訳 アメリカがイギリスから独立を勝ちとる前の話です。イギリス本土からやってきたひとりの青年が、ボストンの港に降り立ちます。彼は親戚のモリヌーを頼ってやってきたのです。初めて訪れる町で土地勘もなく、モリヌーの住所につい ... » more
テーマ ホーソーン 短編小説 料理

「待っている」 レイモンド・チャンドラー/稲葉明雄訳 ハードボイルドタッチの推理小説というのは、いかに酔わしてくれるかがポイントだと思います。本日の作品はどうかというと、太鼓判は押せませんがシャチハタなら押せます。水割り一杯ぐらいでしょうか。それでも、禁酒しているので大いに ... » more

一日一編「納屋を焼く」 村上春樹
「納屋を焼く」 村上春樹 「納屋は燃える」と「納屋を焼く」との違いはなんだろうか。「燃える」のほうは、現象を特に指していて、「焼く」は主体的な行為そのものに力点が置かれています。主人公の「僕」はふたりの人間に惹かれます。ちなみに「僕」は小説家です ... » more

「納屋は燃える」 フォークナー/瀧口直太郎 ひとりの少年が、父への情愛と良心との板挟みに苦しむ話です。ただ、大人に成長するためのイニシエーションとは話が違います。正義よりも家族の絆というものを上位におく価値観が、世間には多々見られます。この作品でも、やたらと影 ... » more
テーマ フォークナー 読書 短編小説

一日一編「忘れ得ぬ味」 黒野 K
「忘れ得ぬ味」 黒野 K 登場人物は全部で四人です。木田あつし(44)、小説家。木田国男(67)、その父。林田奈々子(26)、雑誌の編集者。森田元(不明)、ラーメン屋の店主。何か投げやりな感じがするのは気のせいでしょうか。主人公の木田あつしは ... » more

「裏切る心臓」 ポオ/中野好夫訳 本日の作品が収められている、『黒猫・モルグ街の殺人』(岩波文庫)は、先日、ブックオフで買い求めました。ポーのものは、新潮文庫で二冊持っているのですが、【105円】につられてしまいました。自宅に帰って詳しく目次を見てみると ... » more
テーマ ポオ 短編小説 料理

「賭け」 チェーホフ/松下 裕訳 チェーホフにしてはめずらしくエキセントリックな話です。あるパーティーで死刑制度の是非が話題に上ります。ホストの銀行家は、終身刑よりも死刑のほうがはるかに人道的だと、持論をぶちます。すると、若い法律家がそれにまっこうか ... » more

一日一編「耳」 向田邦子
「耳」 向田邦子 サラリーマンのお父さん(楠)が、ある日会社をずる休みして、家の中を家探しするという話です。このお父さんは、家探しを始める前に、小学生時代のずる休みを思い出します。わたしも小学生のころは、よくずる休みをしましたが、そん ... » more

一日一編「葡萄パン」 三島由紀夫
「葡萄パン」 三島由紀夫 最近なにかと話題のi-padですが、弱点を発見しました。それは、盗まれる心配をしなくてはならないということです。少し広めの喫茶店で、i-padを使い読書をキメていたとします。テーブルには、氷が溶けて薄まったアイスコー ... » more

「象を射つ」 ジョージ・オーウェル/高畠文夫訳 イギリス帝国主義が東アジアで猛威をふるっていたころの話です。実話に基づいた話のようです。ビルマで警察官をしていた「わたし」は、ある日、飼い主のもとを逃げ出した象を射殺します。それだけです。シンプルですが、とても奥が深い内 ... » more

一日一編「燕の童女」 川端康成
「燕の童女」 川端康成 日本の文学史上で、アブノーマルな作家というと、まず名前が浮かぶのが、谷崎潤一郎と川端康成です。よりダイレクトなのが谷崎潤一郎で、川端康成のほうは湖水のような静けさのなかに、それを匠に隠しています。変態性とかフェティシズム ... » more

一日一編「トビデル」 黒野 K
「トビデル」 黒野 K さて何ができるでしょう?答えは後で・・・。この「トビデル」は黒野Kの書いたもののなかでは一番好きです。「トビデル」は黒野本人が登場しますが、主役ではありません。主人公で物語の語り手は、"電気屋の次男坊"、あるいは単に ... » more
テーマ 黒野 K 短編小説 料理  トラックバック(1)

「掟の門」 カフカ/池内 紀 訳 カフカについては様々な人が様々なことを書いていますから、何を言っても、何を今さらと言われそうです。「審判」のなかによく引用される有名なくだりがあります。僧がヨーゼフ・Kに言うセリフです。『書物は不変であって、いろいろな意 ... » more

「午後の最後の芝生」 村上春樹 しかし暑いですね。今日はいかにも夏らしい作品です。というか、夏物語です。keyワードは“わからない”のようです。本作の一人称はやたらと“わからない”を連発します。彼がわかるのは芝生を刈ることだけです。ちなみに、この作品は ... » more

一日一編「底無しの長い夜」 黒野 K
「底無しの長い夜」 黒野 K 前回読んだとき腑に落ちない点があったので、再読しました。この前のブログでは、穴から脱出した主人公が幻(現実?)の天然うなぎを発見したところで物語が終わったような印象を与えたかもしれませんが、実はまだ続きがあったのです。 ... » more
テーマ 黒野 K 短編小説

一日一編「血と水」 吉本ばなな
「血と水」 吉本ばなな フルーツはたいがい近所のスーパーで買います。グレープフルーツホワイト98円、グレープフルーツレッド98円、キウィフルーツゴールド98円、キウィフルーツ98円、バナナはひと房98円の物もあれば、二本で158円のデリ ... » more

「はぁあ〜ああああああああああああ!!!なんてこったい!!!」首にツアータオルを巻いた光一が楽屋になだれ込んできた。汗にまみれた顔もさぞや美しい・・・と思うだろう、そこの読者の皆様・・・残念ですが見事、彼は裏切ります。そ ... » more
テーマ 堂本光一 KinkiKids 短編小説

童話でこんなのがありました。 かめさんと、うさぎさんが、丘のてっぺんまで競争しました。 うさぎさんは、だいぶ先に来てしまっていても、かめさんは、まだ丘のふもとの辺りをノロノロ歩んでいます。 うさぎさんは、これだったら ... » more

昨年7月にも、自作短編小説「ナツノハナ」をミクシィで公開したんですが、今年は、来週の水曜日6月23日が昭和20年沖縄戦終結の日で満65周年の慰霊の日であることから、沖縄戦に基づく自作短編小説「ナツノハナ2」を創作してみました。 ... » more
テーマ 自作短編小説 幸せ 短編小説

蓮と獄青い春
※現パロ(微 破廉恥)綾部×久々知---何故、こうなったという言葉が今の彼の心情に、ピッタリな言葉だろうぐるぐると様々な感情、主に羞恥心と焦りが極限にピークに達した状態だ顔も身体も ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄現パロ勘チャン設定
※女体化ヴァージョン有り---勘ちゃん像を妄想してみる・髪の毛緑・カーキ色やキャラメル色や茶色などといった色の服が主・凄くマニアック・趣味が悪い・カメラを撮るのが趣味・ ... » more
テーマ 短編小説

ヨミマクリブログ芸人小説に挑戦
スピードワゴン小沢が作家デビューというニュースを見て、なぜか劇団ひとりの小説に手を出してみた(笑)そういえばお笑い芸人作家って流行ってるけど今まで読んだことなかったもので。たぶんお笑い芸人が誰か本出すたびに「陰日向に咲く」、「ホ ... » more
テーマ 3つ星本 短編小説

森のオルフェ−人間たちへ ※この物語は俺が約10年前に書いたものです(ブログ掲載は5年前)。「森のオルフェ」時の流れの川底にひとつふたつの愛と欲。転がり濁ってどこ行くさま。奈落の底への道すが ... » more

蓮と獄疎ら想
※現パロ鉢♀くく前提で綾♀くく---僕がしている恋は、どうしようもなく不純なものだ綺麗でもない、可愛くもない、お互いに求め合っているのに付き合うまで僕が一方通行していたものがず ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 01:57

「短編小説」のブログ関連商品

» 「短編小説」のブログレビュー をもっと探す

「短編小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る