誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短編小説

短編小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「短編小説」のブログを一覧表示!「短編小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短編小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短編小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

吹上随想往復書簡
前略今日は白面で自筆にて認めおりますあなたの云われる通りに聞き分け葉山に入りましたもはや結核のごときは肺を蝕み骨を腐らせ洗面器に吐血の日々です悪しき事態になろうとも延命のこと堅く堅く断りおきました ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

『平凡』角田光代著(新潮社 1,512円税込) 『平凡』角田光代著(新潮社1,512円税込)平凡新潮社 角田 光代 Amazonアソシエイト by 平凡 [ 角田光代 ]楽天ブックス 角田光代 新潮社発行年月:2014年05月30日 予約締切日:201 ... » more

(暑い夏が来た。そろそろあの計画の実行時期か。)【状況説明】私は野中キヨ子。中学2年生だ。唐突だが、暑いな!夏だから暑いのではない。暑いのが夏なのだ。そう!今は夏なのだ。私はこの時期を、一年の中で一番楽しみにしているのだ。そ ... » more

ヨミマクリブログこぐまビル
太宰治賞2014を読みました受賞作「コンとアンジ」(井鯉こま)と最終候補作3作品実は私の目的は最終候補作の「こぐまビル」悩みは特にありません。という、圧倒的な笑いのセンス持ったブロガー寺地はるなさんの作品この人今のところ ... » more
テーマ 4つ星本 短編小説

吹上随想手紙
お手紙拝見いたしました。また、玉ノ井のおせいさまに代筆を頼まれましたのね。酔うた酔うた酔うたが悪いかと凄まれましても女文字、くすっと笑ってしまいました。葉山の療養所を抜け出されて、いつもおせいさまの処へ隠れておいでに ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

(許すまじ!この屈辱、はらさでおくべきか!)【状況説明】私は野中キヨ子。中学2年生だ。私は今、復讐のためとある教室の前に来ている。ちなみにもう放課後なので、生徒はほとんど下校している。事の発端は、先日の『屋上の鍵返却大作戦』 ... » more

吹上随想拝復
酔うた酔うた酔うたが悪いか酔わねば眠れぬ忍ぶ恋路を誰(たれ)知ろう道に座りこみ名を呼べど答えぬひとの夜の冷たさよ温かきはアスファルトばかりと知る気まぐれにかかってくる電話も胸に針刺すばかり ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

「短編を七つ、書いた順」片岡義男著(幻戯書房 2,052円税込) 「短編を七つ、書いた順」片岡義男著(幻戯書房2,052円税込)短編を七つ、書いた順幻戯書房 片岡義男 Amazonアソシエイト by 短編を七つ、書いた順 [ 片岡義男 ]楽天ブックス 片岡義男 幻戯書房 ... » more

(今日はアレをやるか。)【状況説明】私は野中キヨ子。中学2年生だ。私は今、大いなる計画を実行すべく、職員室の廊下の影に隠れている。実は、先日のお手製ウォータースライダー計画の際に使用した屋上の鍵を、まだ返せていないのである。 ... » more

(久しぶりの長雨だな。よし、今こそあの計画を実行に移すときだ!)【状況説明】私は野中キヨ子。中学2年生だ。私は今、大いなる計画を実行すべく学校の屋上に来ている。鍵は職員室から失敬した。あとでこっそり戻しておこう。さて、今久し ... » more

吹上随想「短編 老老」について
「短編老老」について賢明な読者はお気づきでしょうが、認知症の正常な意識は何時戻り、何時認知の病のなかを彷徨い始めるものなのでしょうか、その境は在るのか、それともないのか、告白したさなえは、長い間罪の意識のなかで自問自答したことでしょう。浮 ... » more
テーマ 短編小説

吹上随想短編 老老
さなえが求めて来たのは三十年振りのことだった。「あなた、抱いて下さいませんか」さなえは、八十五歳を迎えてそんな気も失せたのだと、ひとり合点をしていた左一郎は驚いた。枕を並べているとはいえ、孫も大きくなりこの家にも来なくなって ... » more
テーマ 短編小説

ある商店街に花屋があった。そこは普通の店ではなかった。「いらっしゃいませ〜。花屋夢屋敷にようこそ!」店員の明るい声が響く。「久しぶり。華さん。」来客したのはダンディーな紳士であった。「あら、あらら。本当にお久 ... » more

ある商店街に中国料理店があった。そこは普通の店ではなかった。「テンチョー。」店員の声がむなしく響く。店内に人影はない。「テンチョー。お客さんだよー。ひっさびさのお客さんだよー。」店員の気の抜けた声に応える声なし。 ... » more

即興短編小説集神様がいたころは
昔々のそのまた昔。地上にはたくさんの命が溢れ、空にはまだ何もないころ。神様は一言こう言った。『空に何もないのは寂しかろう。』すると、ボウボウと赤く燃える火の玉小僧が神様の前に跪き、こう言った。「神様。僕がお空に行って、お空を明る ... » more

吹上随想おせい 後編
「煙草をお吸いになりますか」「いや、僕はたしなみません」煙草盆を引きよせ隅に追いやった。おせいが水差しから水をそそいでくれた。夏とてすだれ越しに微風は入るが、玉の汗が噴き出していた。「おせいさんは誰かのお内儀ではありませ ... » more
テーマ 小説 短編小説

吹上随想おせい 前編
昭和三十年、早稲田の学生高科幹が横浜野毛坂下界隈の隘路をさ迷っていた。冬でも素足に高下駄、仙台袴に久留米絣の着たきりスズメで、ヨレヨレの角帽はほつれが目立っていた。苦学生で金は無いが、金が出来ると石垣にゼニゴケがへばり付いた細い路地 ... » more
テーマ 小説 短編小説

ヨミマクリブログルージュ
ルージュ 鎌田敏夫のホラー小説サブタイトルは「恐怖を運ぶ六人の女」その名の通り、六人の女性を元にした短篇集もう殺人鬼から不倫女から幽霊からこわいと名のつくもの全部いれましたみたいないやー、女ってこわいねでもホラー小 ... » more
テーマ 1つ星本 ホラー小説 短編小説

ヨミマクリブログ不発弾
文学部の友達が、俺の好きな作家を聞く限り間違いなく「乃南アサ」も好きだと明言してきたので読んだ「不発弾」ほか6作が詰まった短篇集。もうなんというか全部重い。ぜんぶ主人公さえない。ほぼ全員離婚してる。公私共にいいことなし。 ... » more
テーマ 3つ星本 短編小説

即興短編小説集さゆーさんとひらひら
主人公佐藤佑治【さとうゆうじ】平平文貴【ひらだいらふみたか】佐藤「なあ。」平平「うん?」佐藤「暇だな。」平平「うん。」ここは何でも屋。佐藤佑治は優秀な何でも屋である。平平文貴は優秀な何でも屋の助手であ ... » more
テーマ 短編小説

サワムラブログ短編&更新
小説家になろうに投稿中の長編小説、3〜4日に1回ペースで更新中です。もうちょっと早くならないかなと思いつつ、本日はスライム杯に参加したので短編もアップしました。主催持ち回り企画、とうとう10回目です。今回のテ ... » more

吹上随想短編  晦日の月
障子越しに晦日の月の明かりが射しこんでいる。文机に広げられた越前紙にまで、射した明かりは傍らの和ろうそくに時折りゆれてはなずみ、筆はいっこうに進んでいない。佐那子は、雪見障子を開けて外を見た。山茶花の花が庭の飛び石に散り落ちて濡 ... » more
テーマ 短編小説

吹上随想 のらや、のら  
日が暮れても、雨が止まない。雨の一日、ずっと部屋で寝て過ごした。私ではない。のらのチーコは、夕飯を取り終えて空模様を気にしている。外へ出たい。雨は止みそうにない。玄関を十センチほど開けた前で、彼此一時間ほど隙間から外 ... » more
テーマ 短編小説

新井素子の33年ぶり短編集 クローズドSNSで綴った日記掲載…『イン・ザ・ヘブン』(新潮社)  新井素子の33年ぶり短編集クローズドSNSで綴った日記掲載NEWSポストセブン2013.12.09 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20131209_230402.html ... » more

サワムラブログ短編投稿
短編小説投稿しました。予約投稿なので現時点ではまだ読めませんが二日の0時ピッタリに投稿されます。○○杯シリーズの第9回第2次ヤカン杯参加作品。忙しいし具合悪いしでもしかしたら無理かもと思いながらなんとか仕上げ ... » more

好いた男に添うよりは、好かれた男に添うものと、親が言うからそうでしょう。親はいつでも正しい事しか申しません。親に背くと不幸です。けれど私、親に背いて幸せです。好かれて、乞われてもどうしても、愛せません。私が好いた人しか愛せないのです ... » more
テーマ 短編小説

「やあ、僕だよ。覚えてる?」突然のことに言葉が出ない私に、彼は続けて言った。「あっれ〜?おっかしいな〜。人間の記憶は案外脆いんだね。しょうがないからもう一回自己紹介するね。今度はちゃんと覚えておいてよ。僕は白雪(しらゆき ... » more
テーマ 短編小説

吹上随想藤十郎と菊
「ああ、菊」「藤十郎さま、あなたが頻りにお呼びになるので、いったいなにがあったのかと、納戸から欄間の彫り物の横をひたすら駈けてまいりました。」「すまぬ、菊。これを見てくれ。おれとしたことが不覚だった。」「まあ、これはいったいどう ... » more
テーマ 短編小説

吹上随想木尻の花
私に近づいてはいけません。私に触れてはいけません。あり得べくもない花なのです。いくら、美しいと言っていただいても、いくら、好いていただいても。今日で、千日求婚においでなさいましたが、なぜ、聞いては下さいませんの。私は、触れて ... » more

吹上随想ラブレター
どこへ居ても、貴女の面影ばかりなぞっては、ころがしてみたり、一日眺めては活けてみる。今日は元気ですか、泣いてなどいませんか。誰かに傷つけられていませんか。今年も、貴女の好きな季節が、廻って来ましたね。辛い思いだけはさせたくないから、逢わ ... » more
テーマ 短編小説

 

最終更新日: 2018/05/26 09:36

「短編小説」のブログ関連商品

» 「短編小説」のブログレビュー をもっと探す

「短編小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る