誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短編小説

短編小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「短編小説」のブログを一覧表示!「短編小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短編小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短編小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

マリアのしらせ新年のあいさつ
明けましておめでとう。 ... » more

マリアのしらせ昔の話
あるところに・・・・ ... » more
テーマ 短編小説

久しぶりにSF短編投稿した模様! はい、どうも。ポテトバサーです。第26作品目になるSF短編を投稿いたしました。新作SF短編『逃げる人』思いついてすぐに書いたので、珍しくノートには一文も書いていません。なので、すこし不安なところもありますが。 ... » more

ポテトの小説タバコを吸う方に朗報?
タバコを吸う方に朗報? どうもです。おタバコをお吸いお遊ばせてらっしゃる皆さんにお知らせです。ベランダに出てしみじみタバコを吸う、そのあと少しでも煙を抜くためにベランダに出てる皆さん。そんな短い時間でも読める小説あります。SFコメデ ... » more

人類滅亡の短編集を作りました。 どうもです。今までに書いた短編小説を加筆修正して一冊の短編集にしました。それがこれ↓『人類滅亡−短編集』※クリックすると「小説を読もう」に飛びます。現段階で、7、8の新作短編小説を執筆中なので ... » more

窓の枠未来図書館
江東区の仲町商店街から路地を入ったところに区立の官舎がある。その官舎の名前がキヨスミ荘である。このキヨスミ荘から歩いて約5分のところに公共の図書館で清澄図書館というのがある。全国で初めて24時間開館、年中無休開館を開始した図書館として有 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠兎のすむ街
「参ったなあ、入社早々遅刻じゃ、所長に怒られちゃうよ」大川真一は都内の中堅会計事務所に就職が決まり、親元から独立し、アパートを借り、この春から通勤を開始した。真一は越してきて隣室に挨拶することにした。土曜日の午前11時、 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠怪盗20面相
江東区清澄警察署の敏腕刑事・田所平八郎が仲町商店街の佐藤貴金属店から逃げて来た怪盗20面相を袋小路でついに追い詰めた。塀を後ろにして仁王立ちしている怪盗20面相に対し、20メートルの距離を置いて田所が両手を広げ中腰の姿勢で対峙している。 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠これが青春だ
カヌー教室に参加した大川真一は胸をわくわくさせていた。日常を離れ、未知の川の探検に挑む。彼は新たな挑戦を目の前にして気持ちが高揚していた。「おっしやー、やったるでぇー」そんな風に意気込んで参加したカヌー教室も河川敷のそばにある小 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠愛情
「基本的にこのロボットは家族の方のみ命令に従いますが、オプションでゲストの命令に従うように設定することも可能です」 第1章誕生「ヨロシクオ願イシマス。名前ハ、シンイチ型ロボットバージョン652デス」抑揚のない機械的な音声 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠生命
「最後の苗を投入します」「よし、投入開始」宇宙ロケットの中に植物が搭載された。*地上は廃墟となったビルが横たわる。すっかり水分が地表から消え、熱い太陽が振り注いでいた。地上の歩道のひび割れたすき間から生を受けた長さ5ミリ ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

窓の枠廃棄物
建築家・大川平八郎はスカイツリーの前に仁王立ちし、ひたすら怖い顔をして凝視していた。「これで日本は救われるぞ」平八郎の発見は国内はもとより国際的に注目された。東北地震の災害により発生した原発事故により出現した膨大な放射能汚染 ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

窓の枠パッチワーク
平八郎の母は裁縫が上手だった。縦20センチ、横30センチ、高さ20センチの四角い木箱に母のお気に入りの裁縫アイテムが入っていた。彼はその箱が裁縫箱という名前だと母から聞かされた。その箱には小さな引出が付いていて、開けると綺麗な糸が何 ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠時計
昭和30年台、大川平八郎が小学生高学年の頃、彼の家の中にはゼンマイ式の振り子のついた壁掛け時計があった。7人家族の大川家では、良く言われる狭いながらも楽しい我が家であった。玄関6畳、台所6畳の板の間、4畳半和室、8畳和室が襖(ふす ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠物流
田所真之介は宅配一筋15年。33歳、独身。彼は、雨の日も、雪の日も、風の強い日も、台風の日も、どんな悪天候にも負けず、お客様の真心を運ぶ仕事に誇りと自信を抱き、そして、安全、確実に運ぶという物流業界の一端を担ってきた。「ご苦労様です ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

小説/与雨の話テスト
テスト ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠心躍る日
私は雪が降るとはしゃいでしまい、犬のように庭駆け回る口なのである。♪雪やこんこん、あられやこんこん♪鼻歌を歌いながら、長靴を履いて、手袋をして、マフラーを首に巻いて、野球帽を目深にかぶり、サングラスを付け、準備万端整 ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

窓の枠レット・イット・ゴー
テレビの映画解説番組に出演している映画評論家「アナと雪の女王って、いいですねえ。ディズニー史上最大・最高の記録的No.1大ヒット!挿入歌であるレット・イット・ゴーありのままでいいこの映画と共に音楽も私たちに大 ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

窓の枠サプライズ
サプライズ大川平八郎の甥に当たる大川グループの跡取り大川亘が31歳で結婚することになった。お相手は彼と同じ年齢。四井グループの令嬢。それのお披露目が表参道にあるセント・ジャーニー大教会である。キリスト教徒でもないが、教会で式を挙 ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

翼魚ダイアリー午後の過ごし方
Kさんが入ってきたのは、いい加減紫陽花の花を見過ぎた感がある梅雨の終わりだった。テレビでもカレンダーでもいたるところに紫陽花があった。Kさんは総白髪だったが、顔は若々しかった。皺など結構あるのだが、目に光があった。目は心の窓とは ... » more
テーマ 短編小説

窓の枠あなおぞまし
あなおぞまし 私が小学生だった頃。昭和30年代、後半のことである。この頃、水洗トイレなるものを使っているところは少ない。当然、我が家もいわゆるくみ取りタイプである。普通のうちは直径1メートルほどの瓶に貯めるのである。ところが我が家は職人の父が自ら穴を ... » more
テーマ 1コマ漫画 短編小説

翼魚ダイアリーケイタに会いに
陽は温かかった。晩秋というのを忘れさせるくらいの温かさだった。昼食を食べただろうか、ふと思った。ケイタに会いに行く日はいつも食欲がない。自立神経よ。昔から気弱な僕を妻が笑ったものだった。まった ... » more
テーマ 短編小説

妄想。短編小説【ご自愛ください】
ある卑屈な女性の話。* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *【ご自愛ください】幼い ... » more
テーマ 短編小説

「はい、チーズ」カート・ヴォネガット著、大森望訳(河出書房新社 2160円税込) 「はい、チーズ」カート・ヴォネガット著、大森望訳(河出書房新社 2160円税込) 日刊ゲンダイ2014年9月6日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/153133 ... » more
テーマ 日刊ゲンダイ はい、チーズ 短編小説

「はい、チーズ」カート・ヴォネガット著、 大森望訳(河出書房新社 2,160円税込) 「はい、チーズ」カート・ヴォネガット著、 大森望訳(河出書房新社2,160円税込)はい、チーズ河出書房新社 カート ヴォネガット Amazonアソシエイト by はい、チーズ [ カート・ヴォネガット ] ... » more
テーマ はい、チーズ 短編小説 カート・ヴォネガット

(気づけばもう秋か・・・。)【状況説明】私は野中キヨ子。中学2年生だ。楽しかった夏休みも、もう今日で終わり。うだるような暑さも、いつの間にやら爽やかな秋風に変わっている。さて、皆も知っての通り、夏休みには戦わねばならぬ強 ... » more

兎には聞こえるんです。聞きたくない出来事の数々まで。その昔、お月様に願って手に入れた能力。あの頃は全てを知りたかった。でも知ったからと言って、何も出来やしない。その無力感に兎は、目が赤くなるまで泣いた ... » more

吹上随想拝復
何からなにまでおせいさまに頼らせて頂きましたること重ね重ね厚く御礼申し上げますこれにて愛の呪縛から解き放たれましたる心地がいたしますのはわたくしはなんと薄情な女なのでございましょうお笑い叱責願わしく存じあげますおせいさまに比ぶれ ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

吹上随想手紙 
前略御報告申し上げます旦那さま。二十八日午前三時四十分。お亡くなりになられました。最後まであなたさまのお名を御呼びでございました。唯、臨終唯今の瀬戸際に、左の目尻の溜め涙ひとつぶ、すーっと流され白い枕カバーに吸い込まれま ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

吹上随想往復書簡
前略今日は白面で自筆にて認めおりますあなたの云われる通りに聞き分け葉山に入りましたもはや結核のごときは肺を蝕み骨を腐らせ洗面器に吐血の日々です悪しき事態になろうとも延命のこと堅く堅く断りおきました ... » more
テーマ 手紙文学 短編小説

 

最終更新日: 2016/11/23 01:57

「短編小説」のブログ関連商品

» 「短編小説」のブログレビュー をもっと探す

「短編小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る