誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カセット

カセット

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「カセット」のブログを一覧表示!「カセット」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「カセット」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「カセット」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

カセットテープと ゆらぎ カセットテープの音は柔らかいというけれど、硬いという音はあるのか?テープがヘッドをこするとき出るノイズが気持ちよくしているのか?レコード針が盤をこするときのノイズプチプチ音はうるさくないのか?そんな事も含めて新鮮なのですかね〜。 ... » more

音薬談ばねとりこ 『雪女』
ばねとりこ 『雪女』 本来カセット・レーベルとして出発しながら、一時は CD-R を主要メディアとしていた米国西海岸の老舗 Banned Production。螺旋を描くような時流に応え、それは嬉しくも完全なカセット・レーベルとして再び機能し始め ... » more
テーマ ノイズ ばねとりこ カセット

音薬談カセットの事情
カセットの音は今でも聴くことが出来る。40 年前に録音されたものでも、そう劣化している様には聞こえない。本当は劣化しているのかも知れないが、深い記憶が刺激され湧きあがる意識がそれを凌ぐ。CD あるいは MD なら音の半永久的保存 ... » more
テーマ 修復 取り扱い カセット

喇叭 [ラッパ] 龍 - ダイナソー・ウィズ・ホーンズ リック・ポッツとジョセフ・ハマーのダイナソー・ウィズ・ホーンズ - そのホーンは角では無く喇叭だろうと想う。LAFMS (ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ) でも化学反応の風情が最もあるユニットと言えるだろう。 ... » more
テーマ ダイナソー・ウィズ・ホーンズ LAFMS カセット

緊急時には電球を - 『エマージェンシー・ライト・バルブ』 この作品は 1982 年にオリジナルが出版され数年前に発展型として再発されたダブル・カセットだ。本来ならピナコテカ・レコードから日本版がダブル LP として出版される筈のコンピレーション・カセットだった。LAFMS (ロ ... » more
テーマ ピナコテカ・レコード LAFMS カセット

音薬談Telecaves / Dume
Telecaves / Dume 何とも面白い突然変異的な新人の登場である。「遠隔操作された洞窟の反響音、そんな意味の名前なのかな?テレケイヴスは今私が最も注目しているバンドと言えるでしょう」こんな風に彼女らのことを教えてくれたのは奈良県出身でありロサン ... » more
テーマ テレケイヴス ロサンジェルス カセット

音薬談冷泉 / サファイア (Sapphire)
冷泉 / サファイア (Sapphire) これもカセットである。冷泉さんにしてみれば 6 作目のソロとなるのだろう。内田静男さんの Haang Niap Records から 2015 年に出版された。5 トラックを収めるミニ・アルバムと言って良いのかも知れない ... » more
テーマ Haang Niap Records 冷泉 カセット

音薬談Andrew Chalk / Painted Screen
Andrew Chalk / Painted Screen 最近にしては珍しく面白い体験をさせて頂いたカセットについて少し記そう。本作はフランスの An’archives が 2014 年に出版した 4 トラックを含むカセット・アルバムである。最初のトラックでアンドリュー・チョークと ... » more
テーマ アンドリュー・チョーク リスニング カセット

音薬談Daniel Shampoo / Flipper’s Bitter
Daniel Shampoo / Flipper’s Bitter その活動には身眼を見張らせるものがある日野浩志郎さん。バンドとしては Bonanzas と Goat において、ソロとしては YPY の名で活動する。『浪速のジョニー・デップ』の異名をとる彼は、2013年からカセット・レーベ ... » more
テーマ 日野浩志郎 Daniel Shampoo カセット

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1 イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1Iwatani(イワタニ)イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1イワタニ(Iw ... » more
テーマ コンロ イワタニ カセット

音薬談カセットのポジション
カセットのポジション "Summer of Love" のムーヴメントはコンサートを誰もが主催することが出来ることの先駆けを提示した。非常に小規模な音楽出版のヒントも元を辿ればそこに行き着くのでは無いのかなと想う。そしてカセットというフット・ワー ... » more

音薬談ヒス・ノイズ
ヒス・ノイズについて考えてみた。それはカセットなどで音楽の背景に蠢くザラついた音だ。テープに吸着する磁性体が不均一であることに起因するものだと言う。なので同じ音が流れているのでは無くどうしても蠢いて聞こえる。蠢きに法則は無い ... » more
テーマ ザラつき ヒス・ノイズ カセット  コメント(1)

音薬談赤石拓海 "naked tape and others"
赤石拓海 注目のハーディガーディ奏者、赤石拓海さんの自主制作となるカセット "naked tape and others" は、その名の通りカセット・ハーフには収められていない裸の磁気テープが桐の箱に収められている。そのを前にリスナー ... » more
テーマ ハーディガーディ 赤石拓海 カセット

ディーゼル・ギター VELTZ として活動する松岡亮さんの VELTZ PRODUKT から出版されたディーゼル・ギターの新作カセット "Inspect Our Savings" (流石の、カッコ良いパッケージ) は、この作家名を冠した作品とし ... » more
テーマ ディーゼル・ギター カセット VELTZ

音薬談スメグマ "Wild Blue Yonders"
スメグマ 今年聴いたカセットの内でも、印象に残っているのが、スメグマの "Wild Blue Yonders"。先行して出版された、100 部限定 LP を、スメグマ自身が再発したもの。近年聴き易くなった感のある彼らだが、B 面トップ ... » more
テーマ LAFMS スメグマ カセット

年末も、ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) はじめ、様々な音源をカセットで聴きましょう。12 月 21 日の土曜、ちょっと忘年会めいたフォーマットにて、この催しを FUKUGAN GALLERY にて行いま ... » more
テーマ ソルマニア FUKUGAN GALLERY カセット

ざ・びびたんずは、The Vividtans という英表記を持つ、80 年代のおそらく大阪ベースのユニット (?) である。ディ・オーヴァン主宰の XA Records から作品を発表しており、そのひとつである本作は、『あるばむ』 と題 ... » more
テーマ ざ・びびたんず LAFMS カセット

 『スローなカセット魂 (渋谷食堂編)』 & “Slow Life Avant-garde” 前半:主に80年代のカセットを聴きながらのトーク 『スローなカセット魂 (渋谷食堂編)』後半:ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ (LAFMS) の映像を紹介しながらのトーク “Slow Life Avant- ... » more
テーマ LAFMS プトーズ カセット  コメント(2)

プトーズは 『フランスのザ・レジデンツ』 ? 『スローなカセット魂』 において、結構まとめて関連音源を紹介させて頂きます、プトーズ (Ptôse)。トリオ編成の彼らは、『フランスのザ・レジデンツ』 と言う、側面を説明するには適した異名を取っています。そのレジデ ... » more
テーマ プトーズ ザ・レジデンツ カセット

音薬談カセットはタイム・カプセル
カセットはタイム・カプセル 昔のカセットを探していたら、驚くべきことに、こんなのが出て来ました。NHK-FM の、サウンド・ストリートをエア・チェックしたもので、時代は '75 年辺り?ブライアン・イーノのサード・ソロ・アルバム、『緑世界』 が日本で出 ... » more
テーマ ブライアン・イーノ タイム・カプセル カセット

電子記録メディアの製品寿命-1 堅苦しいタイトルですが、要はカセットテープやCD・DVD・MDと言った電子記録メディアが、主流で有った期間はどのくらいかと思い返して見ようと云う趣旨です。カセットテープの登場は、1960年代ですが、全盛期は1970年代か ... » more
テーマ ベータvsVHS 磁気記憶 カセット

得難いカセットの音 @ 夜のバイオリン アンドリュー・チョークの 『夜のバイオイリン』 をカセットで聴き続けているが、それにしても最高だ。ラジカセを買直そうかなと本気で考えてしまうくらい、屋外でも聴いてみたい想いが募ってしまう。ヘッドフォンでは無くスピーカーを通し ... » more
テーマ 意識 アンドリュー・チョーク カセット

1977年 スメグマ @ 羅府夢衆譚 羅府夢衆譚、「1977年電磁帯」 からちょっと時間が空いてしまいました。今後このシリーズは間欠的掲載の形で進めさせて頂きますが、どうかご容赦をお願いいたします。、さてスメグマはLAFMSのコンピレーション・アルバム "I.D ... » more
テーマ LAFMS スメグマ カセット

音薬談時間を繋ぐ磁帯 @ Cassette
時間を繋ぐ磁帯 @ Cassette 先日、アルバム 『ナホトカの幻』 をカセットのフォーマットにて発表したアンドリュー・チョーク。出版部数が限られていたこともあるのだろう、レギュラー CD として再発される手筈となっているようだ。同様の経緯は、過去の作品にも見 ... » more
テーマ アンドリュー・チョーク Faraway Press カセット

封印の余韻 @ Incapacitants / Pariah Tapes うーん、もう 3 年が経過したのか。この CD セットの出版には、かなり驚いたものだ。当事者である美川俊治君から、予め話は聞いていた。でも、現物を手にしてみると感慨はひとしおだった。この出版は、インキャパシタンツ ... » more
テーマ インキャパシタンツ 美川俊治 カセット

The japanese life 吉田拓郎の・・番外編
吉田拓郎の・・番外編 むかしの録音媒体はカセットテープでしたね。雑誌などからお気に入りの写真を切り抜いてカセットケースによく入れてました。下の写真は吉田拓郎関係のものです。当時結構凝っていて、ペラペラの切り抜き写真を裏面に厚紙を貼って補強 ... » more

音薬談アナログ音響の行方
最近、カセット・テープのみのフォーマットで出版される作品が目立つ。アンドリュー・チョークと鈴木大介さんのデュオによる第 2 作、"The Shadws Go Their Own Way" のように CD とカセットを共に出版する作品 ... » more
テーマ ディジタル・サウンド アナログ・サウンド カセット

音薬談アナログの必然 @ Cassette
おそらく本年に発表されるだろう、あるミニ・アルバムのアドバンスト・コピーをカセットで聴いている。そんな事態となったのはマスター CD-R にコピー・ガードがかかっていたからだと、カセットを送ってくれた方は説明を寄せてくれた。その ... » more
テーマ ディジタル・サウンド アナログ・サウンド カセット

46分1本54分1本60分1本90分4本100分3本長かった。でもこれから又、デジタルデータを聞きながら切ったり張ったりがあるからまだ捨てれない。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 01:54

「カセット」のブログ関連商品

» 「カセット」のブログレビュー をもっと探す

「カセット」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る