誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    パラドックス

パラドックス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「パラドックス」のブログを一覧表示!「パラドックス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「パラドックス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「パラドックス」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

思考への道落書きのパラドックス(9)
生きた思いが、概念として分析される。その個々の概念を語彙に対応させる。語彙の組み合わせで文が出来ると、個々概念を一つにまとめるのは、元々の生きた思いなのです。そこで生きた思いを、分析する事で得た個々の概念と言う時、「分析して」と言う ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(8)
心の器の中にある、思いが外部に流出して言語に変身したと言う言い方は、少なくとも「思い」と言葉とが関係を結んでいると言う解明があると言う事なのです。この言葉における経験は、思いを飲み込んで言葉にしない事で、内部に留まっている思いがあったり ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(7)
心と言う器の中にある思いが存在している事に対して、それがそのまま器から出てーー心と言う器は、人間が生きている限り、思いを絶えず生み出しているので、器から出ても、心の器が空っぽになる訳ではないーー身体行為や言葉として表れていると理解していいは ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(6)
壁の所有者が、自分の要望を持ち、その心的出来事を、言葉<壁に落書きをしないで下さい>として、黒インクで壁に表記する。あくまでも他者による壁への落書きを防止する為に書かれているが、しかし少なくともまっさらな壁には、汚点が残ってしまうのです。 ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(5)
壁の所有者が自分の要望に対して、その要望の実現として<壁に落書きをしないで下さい>と言う黒インクで文字を書いたのです。壁には黒インクで文字が記されている。私達は日本語として普通に読み、裏読みをしなければならないのだろうかと言った事にはならな ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(4)
<壁に落書きをしないで下さい>と言う要望は、当然<壁に落書きをしないで下さい>と言う書記として実現される。注しなければならないのは、要望としての<壁に落書きをしないで下さい>と言う事と要望の実現としての書記である<壁に落書きをしない ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(3)
さて落書きのパラドックスとは、壁に文字を書く事が禁止されている時に、禁止した本人が他者に向かって禁止を伝える文字を書くことは、どういう事かを問うている事なのです。壁にはどんな文字も書かれてはならないと言う規範を前提にした場合、その書かれ ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(2)
私達の内的出来事ー>願い事ー>「壁に落書きをしないでください」それぞれの段階の出来事を、説明する為に全てを言葉にしているのです。当然これも説明であるから、言葉になっている。「壁に落書きをしないで下さい」と言う言葉は、ある一定の思 ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道落書きのパラドックス(1)
落書きのパラドックスと言う話がある。ある人「白戸さん」の家には白い壁で出来ている塀があるのだが、その壁に色々落書きをされて、大変困っているのです。そこでその家の人が、白い壁に「此の白い壁に落書きをしないで下さい」と言う文字を記したのです ... » more
テーマ パラドックス 思考の方法

思考への道ゼノンのパラドックス(12)
「競技場のパラドックス」・・・・・・植村恒一郎・思想時間に幅が有るが、それ以上分割出来ない最小単位、時間の粒(時間の原子、時間のモナド)から成り立っていると仮定すると、この世界には、<速さの異なる複数の運動が不可能になる>と言う結論を導 ... » more
テーマ パラドックス

アリストテレスのゼノン批判は、有限の幅の時間の空間占有、つまり静止と、瞬間に空間にある事を、<空間にある>と言うだけで、同一視していると言う批判です。確かに、空間を占有しているのなら、弓に番えられていても、弓から放たれて空中を飛翔してい ... » more
テーマ パラドックス

縦20センチ×横20センチの白紙を、鋏で半分に切って行く。ただし、切った半分同士を重ねるのでなく、切った半分を切って行くのです。まず半分に折りたたみ、10センチに切る。それをさらに半分5センチに切る。さらに半分2.5センチに ... » more
テーマ パラドックス

亀が先にスタートしてウサギの10m先にいるウサギは亀のいた10m先を目指して到達する亀はさらに1m進んでいるウサギはそこを目指して到達する亀はさらに0.1m進んでいるウサギはそこを目指して・・・<さらに・・・、さらに ... » more
テーマ パラドックス

思考への道ゼノンのパラドックス(8)
10m/tの速さのアキレスの位置から10メートルの場所に、1m/tの速さの亀が居て、両者競争をする。アキレスが10メートル先の亀の位置に向かって走る。秒速10メートルで、10メートルを走るのに、1秒かかる。その1秒の間に、亀は1メー ... » more
テーマ パラドックス

アキレスと亀のパラドックス足の速いアキレスと亀が走りの競争をする。アキレスの前方に亀が位置して、ヨーどんで同時に走り出す。アキレスの位置から100メートルの先に亀がいるとする。亀は秒速1メートル、アキレスが秒速10メートルで ... » more
テーマ パラドックス

的まで飛んでいる矢について、的迄の空間の各点を通過して行くと言う思考は、的までの有限な距離も通過する場所としては、点として無限化できるのです。1メートルの線分があって、その半分、半分と言う説明は、数字的には以下の様になる。1・・・1 ... » more
テーマ パラドックス

思考への道ゼノンのパラドックス(5)
ゼノンのパラドックスの理屈を考える。<矢がある距離を飛ぶとしよう>と言う言葉を出す。この言葉は、ある物理的出来事についての言葉となる。その出来事について、一つの思考をするのです。それが<矢がある距離を飛ぶとするならば、・・・・・>と言う ... » more
テーマ パラドックス

★★著者:鯨統一郎出版社:光文社ドイル、ルブラン、クリスティ、カーらによって構成されるパラドックス学園パラレル研究会。ミステリの作家として名をはせる人たちが、みんな大学生として学園の研究会にいました。これはいったいどうい ... » more

やれやれ、五度目の正直ですかねぇ‥でも、おかげさまで動画投稿サイトに”ネットのパラドックス”を見て、こういう形で問題提起となったことが何よりの成果です。まあ、論より証拠、でもないか。個人による動画配信の最終バージョン ... » more

動画投稿サイトに見られる”ネットのパラドックス” 今日は休日で、隔週ごとの掃除をする予定を控えております。動画投稿サイト側の「何がいけないか、何がOKか」といった公開基準については、おれなりにようやく釈然とされて、しばらく問題点を振り返ってみて、整理につとめてきたんだ。待っ ... » more
テーマ 動画投稿 送信可能化権 パラドックス  トラックバック(2)

時間****朝、日が昇り、夕方日が沈み、翌日の朝に日が昇る間を一周期とし、その周期の間に、一滴一滴落ちる水がたまる一定の量を24等分することで、1時間と言う、すべての物体の変化として現れている<時間>を、水の一定量の変化に関係づける事で ... » more
テーマ パラドックス

ゼノンの<アキレスと亀>と言う話は、現実にアキレスが亀と競争した言う歴史的事実があると言う事ではない。それは、速さの違うもの同士が競争するとき、鈍足のものを足の速い者が追つくと言う当然のことを、事例として語ったものと言う事です。ゼノンは ... » more
テーマ パラドックス

ゼノンの逆理は、運動の理屈のどこが悪いのか明らかにしない限り別の説明をたてても、逆理についての反論にはならないし、現に追いついているではないかと現実を対立させても、その理屈のおかしさを言い立てる事はできても、どの様におかしいのか解らないので ... » more
テーマ パラドックス

アキレスと亀のパラドックスは、「追いかける」と言う運動についての説明が、現実の運動とかけ離れた説明になってしまうと言う事です。現実にはアキレスは前方を歩く亀に追いつき、そして追い越していくと言う事であるのに、ぜノンの理屈では、アキレスと彼の ... » more
テーマ パラドックス

抜き打ちテストのパラドックス,というものがあります。どういうものかというと・・・。ネットで検索すればいくつかヒットすると思うのですが。まあ一応書いておきます。 ある学校でのこと。土曜日の最後に担任の教師が次のように言った。 ... » more
テーマ テスト 抜き打ち パラドックス

ロワール Loire Valley 白ワインの偉大な作り手でディディエ・ダギュノー Didier Dagueneau さんという方がいるそうで、有名なのは シレックス Silex という銘柄です。最近、少量だけ出荷された“パ ... » more
テーマ ワイン デディエ・ダギュノー パラドックス  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/23 00:43

「パラドックス」のブログ関連商品

» 「パラドックス」のブログレビュー をもっと探す

「パラドックス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る