誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    裁判員制度

裁判員制度

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「裁判員制度」のブログを一覧表示!「裁判員制度」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「裁判員制度」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「裁判員制度」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

今日発売の「週刊文春」に、官邸崩壊で有名になったジャーナリストの上杉隆氏が今回の宮崎勤死刑囚の死刑執行について28Pに書いてある。抜粋すると、宮崎勤死刑囚の順番は8番目だった。しかし、死刑の情報公開で次が誰か分かるようになったため、 ... » more

宮崎勤死刑囚に死刑が執行された。新聞では、まだ@精神状態が不明なままの執行に批判があったり、A死刑の執行が早いとかの意見がある。当然、私見として言わせていただくが@については、多分世界中の精神科医が集まっても、宮崎勤死刑 ... » more

「法律相談」何も可笑しくも面白くもない 今日は晴れの日曜日。清々しい朝である。但し犯罪に曜日は関係しない。悲しいけれど。これが現実の姿である。--------------------------------------------------------- ... » more

フェデリコの嘆き秋葉原で通り魔
秋葉原で通り魔殺人が起こりました。通り魔というと咄嗟に思い出すのが深川での事件です。異常に暑い時に起こるものという認識がありましたが、今日は過ごしやすい日。それにしても静岡から通り魔をするためにレンタカーで上京してくると ... » more

流行りのテーマで目指せ!23万アクセス!!・・・という姑息な手段 おばんです。1日に23万アクセスどころか23アクセスもいっていない羞恥心はあるのに人気はないブロガー、門地です。と言う訳で巷じゃあ裁判員制度の話題で持ちきりですが・・・まあ、あんまり持ちきっていませんが、裁判員制度自 ... » more

裁判員制度は、有権者名簿のなかから、くじで私達の様な一般の人達が選びだされ、刑事裁判に参加して被告人が有罪か無罪かを、また、有罪の場合には、どのような刑にするか?を裁判官と一緒になって決めるらしいけど・・・たとえば、いきなり突然死刑を言 ... » more
テーマ 裁判員制度

裁判員制度。まず、日本人、いえ、一般市民においては無理です。なぜって、それは法律、裁判制度に関して全くの無知だから。法学部生だって知識は足りません。実際実感します。知れば知るほど怖いです。人を裁く...自分の乏しい知識の範囲 ... » more

1.4ヶ月ぶりくらいのエントリー。まだ許容範囲ですか。光市の母子殺害事件、元少年に死刑判決が出ましたね。個人的には当然の判決。 こいつが死刑でなかったら、正義はどうなるのか! 犯罪抑制には厳罰化以外の道はない。飲 ... » more

来年から始まる裁判員制度で裁判員に選ばれるのは宝くじに当たるようなもので、おいらには関係ないわ、とのんびり傍観して居るのであるが、宝くじは絶対に当たらないくせして、こう言うものには何故か不運にも当たってしまいそうな不吉な予感がする。 ... » more
テーマ 裁判員制度

日経ビジネスオンラインに掲載された、伊東乾氏のコラムには、とても熱いものを感じた。勧善懲悪の思考停止に陥るな−時津風部屋に見る「局所最適・全体崩壊」3コラムは、時津風部屋の事件に対する見解と、そこから見えてくる裁判員制度の問 ... » more

時雨亭往還社会派ではないけれど
社会派ではないけれど また勝手な話題で恐縮です。「名張毒入りぶどう酒事件」は皆さん報道でご存知でしょう。名古屋地裁で再審開始決定を覆す判断。「疑わしきは被告人の利益に」とは有名な法理念です。被告人が罪を犯したか、その証明に疑問の余 ... » more

裁判員制度導入の背景 2009年の5月までに裁判員制度が導入されます。私はかつて、検察審査会の会長を仰せつかったことがあります。法律の予備知識を持たない者にとっては、名状しがたい苦痛が伴います。幸い任期中に大きな「難事件」が起こらなかったのですが ... » more
テーマ 被告人 裁判員制度 裁判

区立図書館で中村雅俊監督・主演『裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら〜』のDVDを借りて観ました。内容は他の広報ムービィと同音異曲ですが、本作品は中村雅俊が監督を務め、裁判官役を熱演しています。裁判員役にも西村雅彦、加藤夏希、橘雪子 ... » more
テーマ その他 広報ムービー 裁判員制度  コメント(2)

裁判員制度日本でもまもなく開始…ということで、古典の名作と言われる「12人の怒れる男」とそのパロディ(日本版リメイク)?である「12人の優しい日本人」を見てみました。※作品の概要はこちらをどうぞ「12人の怒れる男」(Wiki ... » more

ogaogaダラダラ憂鬱な裁判員
笛吹けど踊らず何がって来年からスタートする裁判員制度に対するオレの意識。一生懸命最高裁は告知に努めてるけどたぶん大方の一般人はやはり笛吹けど…じゃないのかな。そもそも裁判に市民感覚をということ ... » more

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000162-mai-soci「これを認めれば辞退者が続出して制度が揺らぐ恐れもあり……」アホ。つまり「民意」はそこにあるわけだろが ... » more

最高裁判所企画・製作の裁判員制度広報ムービーの第1弾『評議』については、「ドラマとしても見応え充分」としてご紹介しましたが(http://ryanhisa-blog.at.webry.info/200708/article_21.html ... » more
テーマ その他 広報ムービー 裁判員制度

最高裁判所が企画・製作した裁判員制度広報ムービーですが、『十二人の怒れる男』ばりにドラマとしての構成もガッチリしていて見応え充分です。三角関係のもつれから殺人未遂で起訴された男性を巡って、裁判員として選ばれた6人の市民と3人の裁判官 ... » more

大人としてダメダメな人の戯れ言として聞いて欲しいんですが…「その日は千秋楽で前から2列目が取れてるんですが…」なんてのは認められないんだよねえ、裁判員として招集かかったとき。蛭子さんが提唱しているように、裁判員制度につい ... » more
テーマ 徒然ニッキ ニュース 裁判員制度

総務部給与課日当1万円ねぇ・・・
裁判員、日当は上限1万円=6月にも規則制定−最高裁2009年に始まる裁判員制度について、最高裁の刑事規則制定諮問委員会は23日、裁判員の日当を上限1万円程度とするなどの答申を出した。・・・(中略)・・・日当の上限について、裁判所 ... » more

この頃の犯罪の多さには驚くばかりだ。然も犯罪者が益々若年化していることだ。又、アメリカの様な銃社会を匂わせるような事件も多い。こんなにも銃そのものが我々の住む環境に蔓延ってきていることに恐怖さえおぼえる。日本の安全神話はいつの間にか ... » more
テーマ 裁判員制度

「それでも僕はやってない」という映画を観にいきました。「Shall We Dance」の周防正行監督の作品で、痴漢冤罪事件を題材に日本の裁判制度の矛盾を皮肉たっぷりに描いた秀作です。ヨーロッパの各地で招待上映されて好評を得たそう ... » more

成人であっても学生の身分だと裁判員にはなれないの? ●★●●●●●問題:「主婦裁判員の負担軽減、保育サービス拡大へ…最高裁」(YOMIURI ON LINE 070118)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070118it05.htm ... » more

2009年の5月には、市民が刑事裁判に参加する「裁判員制度」が、はじまる。私個人としても裁判などすきではない(好きな人は、いないと思う。)が清水簡易裁判所へ証人として呼ばれた体験から市民参加は、歓迎である。実は、私が材料を東北の業者に発注し ... » more

皆様お晩です。今日のWBC対韓国戦、残念な結果でした(>_<)。でも、2次リーグでリベンジしてもらいたいものです。さて、今日は、約1ヶ月前の話なんですが、ある裁判を傍聴してきたときの話です。内容はある贈収賄事 ... » more
テーマ 裁判員制度

亀井静香氏は広島の選挙区だが、広島にいる友人の会社に立候補の挨拶に行った際、友人の会社の中で「ここは何している会社だ?」といったそうだ。その時友人の同僚が「おい、当選するまでこっちが上だぞ、人の会社に来る前に何している会社か調べてから挨拶に ... » more

coup de main当事者意識
日本と中国、韓国の関係についての報道を見たり、JR西日本の福知山線の事故の報道を見たりして、当事者意識を持つことの難しさを感じた。中国と韓国の関係においては、日本人は加害の側の当事者になることが多いわけだが、戦後に生まれた日本人にとって(私 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 00:31

「裁判員制度」のブログ関連商品

» 「裁判員制度」のブログレビュー をもっと探す

「裁判員制度」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る