誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シュルレアリスム

シュルレアリスム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シュルレアリスム」のブログを一覧表示!「シュルレアリスム」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シュルレアリスム」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シュルレアリスム」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『マグリット展』へ行ってきました サントリーホールへコンサートを聴きに行く前に、東京は六本木の、国立新美術館へ寄ってきました。『マグリット展』を見るためです。シュルレアリスムの重要作家である、ルネ・マグリット。日本での本格的な回顧展は、13年 ... » more
テーマ マグリット 美術館 シュルレアリスム

『チューリヒ美術館展』に行ってきました 東京・六本木は国立新美術館で開催中の、『チューリヒ美術館展』に行ってまいりました。この展覧会、新聞で予告を見たときから、どうしても行きたいっ!という気持ちがたかまっていました。だって、デ・キリコ!イヴ・タンギー!ダリ!クレー!ミ ... » more

花巻の萬鉄五郎記念館では瀧口修造展、吉増剛造さん講演でした 楽しさや避暑二日目の朝掃除(星野立子)避暑地の大気の爽やかさが伝わる句です。立子は高浜虚子の娘ですが、虚子にも避暑地を詠んだ句が多いです。高浜家の別荘はどこにあったのかな。しばらく使ってなかった別荘を朝から掃除、涼しいところでし ... » more

竹橋の近美ではフランシス・ベーコン展です。観ました。 春さむや庵にととのふ酒五合(西島麦南)「春寒し」という季語がありますが、今年のこの四月はまさにそうですね。飯田蛇笏の高弟だった麦南のこの句、庵で準備されたお酒は当然燗酒です。GW間近というのに今夜など、セーター着て、鍋を囲んでもよい ... » more

ルーベンス展、観てきました+瀧口修造と小樽・蘭島海岸のつながり 巣燕の尖る顔つと飛び去りぬ(河東碧梧桐)南方から渡ってきて巣をかけた燕を詠んだ句ですね。「尖る顔」というところに奇想を感じます。碧梧桐、詩人の正津勉さんが平凡社新書でこの俳人の評伝を出していますが、副題が「忘れられた俳人」。うー ... » more

「ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅」 世界は女性で作られている 美術展「ポール・デルヴォー展夢をめぐる旅」埼玉県立近代美術館開催2013年1月22日(火)〜3月24日(日)まで2013年3月20日(日)鑑賞入場料1100円カタログ2100円ポール・デルヴォーの作品84点展示した美術展であ ... » more
テーマ 美術展 ポール・デルヴォー シュルレアリスム

日の出4:30日の入り18:46@東京曇り ... » more
テーマ 幻覚剤 アンフォルメル シュルレアリスム

黴の家泥酔漢が泣き出(い)だす(西東三鬼)三鬼の場合は新興俳句ですからまあ季節感へのこだわりは割り引いていいでしょうが、この泥酔した男というのは自画像でしょう。しくしくと男泣きが始まりました。それがこの季節の黴だらけの座敷で、という ... » more

梅雨の坂人なきときは水流る(西東三鬼)三鬼はいわゆる新興俳句運動を牽引した俳人。「花鳥諷詠」を否定して「都会俳句」を主唱したわけですが、梅雨を詠んだこんな作もありました。でもまあこれも季節感より、強い雨が坂道に大量の水を流す、そ ... » more

梅雨の海静かに岩をぬらしけり(前田普羅)梅雨の雨が海岸に降って、岩礁を黒く濡らしている、そんな静謐な絵画的情景を詠んだこれは名句ですね。普羅には同じく梅雨の風景を詠んだ「荒梅雨や山家の煙這ひまわる」もありますが、山家の煙突から出 ... » more

『シュルレアリスム宣言 溶ける魚』を読む 若い頃、読み飛ばした『シュルレアリスム宣言溶ける魚』アンドレ・ブルトン著巌谷國士訳(學藝書林)が本棚の隅から出てきた。当時、『シュルレアリスム宣言』のところは読んだが、『溶ける魚』の部分は読まなかった。『…宣言』と『 ... » more
テーマ アンドレ・ブルトン 自動記述 シュルレアリスム

春風や闘志いだきて丘に立つ(高浜虚子)駘蕩たる春風というイメージに対してぴしゃりと「闘志」という漢語を取り合わせました。大正2年作のこの句、子規亡き後の近代俳壇を、花鳥諷詠の伝統をしっかり守って闘うぞという宣言でもありました。もちろ ... » more

『シュルレアリスム展』へ行ってきました 現在、東京六本木の国立新美術館では、シュルレアリスム展が開催されています。スペインに旅行に行ったり、震災があったりして行きそびれていたのですが、ようやく行ってくることができました。(^^)この美術館に来るのは、去年1 ... » more

暁(あけ)くらく春雪樹々を蔽ひけり(飯田蛇笏)夜中に降った春の雪が、夜明け時の樹の枝に積もって、ぼんやりと底光りしている情景です。句の核心は「くらく」でしょうね。雪の白さに対比して、払暁の空の暗さが深みを帯びたよう。単純な叙景句 ... » more

『シュルレアリスム展』(国立新美術館)に行く ●2011年2月20日(日)、国立新美術館で開催されている『シュルレアリスム展』に行った。展示作品は、全てパリの国立ポンピドゥセンターの所蔵品とのこと。同センターは、シュルリアリスムにかかる豊富なコレクションで有名だ。シュルレアリスムの代表 ... » more

雪になるはずがかく晴れクリスマス(久保田万太郎)冬の日本海を訪ねた万太郎、親不知に泊りますが、地元の人たちが「明日は雪」と予言したのに晴れのクリスマス。幻の雪景色を想像しながら温かな冬の日を楽しんでいるのでしょう。万太郎らしい「 ... » more

胡桃など割つてひとりゐクリスマス(山口青邨)俳人青邨はまた東京帝国大学の工学部教授でもありました。この句、中年のころに二年間留学したドイツでの作のよう。異国の地でのクリスマスをひとりで過ごす、その寂寞感がよく出ています。青邨は明 ... » more

flickrで見つけたシュルレアリスム flickrで39GeorgeVの写真を見つけたので、リンクしてコレクションさせていただこうかと・・。(flickrリンクhttp://www.flickr.com/photos/alaind20sn/392976953/in/ ... » more
テーマ 39GeorgeV flickr シュルレアリスム

tak-kakSurrealisme Reviewed
I Tune Storeをブラウズしていたら偶然、Surrealisme Reviewedという「アルバム」のあることを知った。マルセル・デュシャン、フィリップ・スーポー、ロベール・デスノス、トリスタン・ツァラ、マックス・エルンスト、アンド ... » more
テーマ I tune store surrealisme reviewed シュルレアリスム

小机に縛られゐるや春隣(はるとなり)(石田波郷)「春隣」は、もうすぐ隣に春が来ているというので晩冬の季語です。しかしこのところの暖かさ、春は隣から玄関を開けて、もう勝手に家のなかに入ってきているみたいですね。さてこの句、せっかく ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 00:24

「シュルレアリスム」のブログ関連商品

» 「シュルレアリスム」のブログレビュー をもっと探す

「シュルレアリスム」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る