誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    私小説

私小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「私小説」のブログを一覧表示!「私小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「私小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「私小説」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

私は、これで良かったのだろうか。あれ程待ち望んだ結婚式から一週間が過ぎた。幸せ一杯の花嫁、の筈だった。心にぽっかり穴が空いたような喪失感は何だろう。食品会社営業マンの夫は、新婚気分を味わう間もなく、翌日から長期出張に ... » more
テーマ 私小説

高校の同級生、亜季の結婚式から1週間後の休日。朝早く目が覚めた。どうしても、今やらないと気がすまない。そんな気持ちが、自分を動かしている。写真の印刷を終え、アルバムにまとめた所で一息つく。ここまで駆り立てる、本心は何 ... » more
テーマ 私小説

たこ部屋私小説をまた執筆中
どうも。たこ八です。今パソコンで私小説書いてますが、出し惜しみです。公開する予定はなしです。昨年夏に書いていた書きかけのもありますが、急に別の書きたくなったので書いてます。今回は物語が書きたいというよりは、文章を書きたい ... » more
テーマ 日記 私小説

その後、やはり網膜剥離になり平成13年にその手術を・・その入院の際に、時間の有効利用を考えたそこで、一度小説を書いてみようと・・娘を主人公にした小説を・・その頃、娘と同じ名前を持つ父親とメール友達になり ... » more

家に帰りリビングのテレビをつけるとドキュメンタリー番組がやっていた。どうやら、重病を患っている少年と少年の手術料を集めるために一生懸命働いている両親の物語らしい。僕はこういったドキュメンタリー番組はあまり見ないのだが、他に見たい番組もなかっ ... » more
テーマ 私小説  コメント(1)

九月二十九日〔月〕朝学校に着いてまず、隣のクラスの岩崎君にお礼を言いに行った。と、いうのも昨日の試合はそもそも正規の部員だけでやっていたわけではなかったのだ。野球部は僕たちが一年生の時には既に部員は一人もいなく、僕たちが入部しなけれ ... » more
テーマ 私小説  コメント(3)

プロローグなぜか僕はマウンドに立っていた。本当は今怪我で一塁を守っている坂下君がここにいるはずだった。元々僕はピッチャーじゃないんだ。早くマウンドから降りたい。コールドって何点差だったけ?五回 ... » more
テーマ 私小説  コメント(3)

「嵐の夜の夢」エピローグ しばらくつづいた雨もあがり梅雨の晴れ間に波止場にでてみた空気が澄んできもちのいい夜更け風も無く湖のように静まり返った水面に満月が煌々と明るく港を照らしている煙草に火を点けながら一番見晴らしのいい所へ陣 ... » more
テーマ 私小説  コメント(4)

夕凪にさそわれて「嵐の夜の夢」
「嵐の夜の夢」 南西の風が吹き込む夜には無性に血が騒ぐ電線のうなりと潮風でなぜだかかなり興奮気味とうてい寝付けそうに無い・・・・狩猟民族の本能の赴くままあいつとの決着をつけなければ夜中0時の日付が変わる頃 ... » more
テーマ 私小説  コメント(6)

瑠璃の方船(夢枕獏・著文藝春秋)「サイコダイバー」シリーズ、「キマイラ」シリーズなどの伝記バイオレンス、「上弦の月を食べる獅子」などのSF、山岳小説、格闘技もの、そしてちょっと前の陰陽師・安部晴明ブームの火付け役となった「陰陽師」シ ... » more

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(リリー・フランキー・著扶桑社)東京タワー僕とオカンと時々オトンすでに半年前に出版されてから、あれよあれよという間にベストセラーとなった、リリー・フランキーの初長編であり、彼や彼の ... » more
テーマ 読書 私小説

 

最終更新日: 2016/11/22 22:46

楽天市場のおすすめ商品

「私小説」のブログ関連商品

» 「私小説」のブログレビュー をもっと探す

「私小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る