誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    私小説

私小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「私小説」のブログを一覧表示!「私小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「私小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「私小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

K-coten七夕の恋、再び その2
そして12月中旬、今度は渋谷で知りあった女子高生と付き合いはじめた。彼女は彼氏と別れたばかりで、クリスマスを一緒に過ごす相手を探していた。最初は軽い気持ちで、付き合いはじめた。だが付き合っていくうちに、彼女の素顔がみえて ... » more
テーマ 私小説

天国の母さんからの便り ジュンイチ、ようやく落ち着いてきたようね。母さんはそれが、何より嬉しいわ。思い返せば7ヶ月前。脳神経外科の診察の帰りに、つくばの農林試験場のさくら並木を一緒に連れて行ってくれたこと本当に感謝しているわ。 ... » more
テーマ 私小説

11月半ばの日曜日。この5ヶ月間はあっという間だった。20年前に父が入院している時も約1ヶ月間位 学校へ行かず叔父さんの家と病院へ通う生活を送っていた。ただ、今回は色々な意味で心身の整理、試行錯誤の連続で、よくこうや ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋、再び その1
あれから、何年が経っただろうか。鎌倉の駅で、彼女と別離(わか)れてから。7月からちょっとしたきっかけで知りあった彼女と、つきあい始めた。彼女は、外車のディーラーだった。運転免許も持っていないのに、そんな彼女と ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その8
別れの日が、来た。今日、美月はアメリカに帰る。成田空港まで、彼女を送りに行くことにしている。横浜駅で待ち合わせ、成田エクスプレスで成田に向かった。ふたりは今までの6日間が嘘のように、ほとんど言葉を交わさなかった。 ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その7
6日目の朝、目覚めた。そこには、イスに座ってうたた寝をする美月がいた。彼女は一晩中、看病をしていてくれた。おかげで熱が下がり、風邪がなおった。美月への感謝の思いも込めて、昨日の約束を果たすことにした。東京の夜景を ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その6
5日目は会社が終わった後、東京タワーから東京の夜景を眺める予定だった。ところが風邪をひいてしまい、約束が果たせなかった。電話で、美月に謝った。部屋に戻り、簡単に夕食をすませ寝ようとしていた。チャイムが、鳴った。ド ... » more
テーマ 私小説

キミを、ボクは待っていた!2319、そしてサヨナラ相方、ありがとう! これから綴っていく話について、真実と見るか、フィクションと見るか、それは、彼方次第・・・。======================================================その男は、迷っ ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その5
4日目、仕事が忙しく美月と会う時間が作れなかった。部屋に帰ると、留守電に美月からのメッセージが入っていた。彼女に、電話をかけた。何時間、しゃべっていただろうか。あんなに長電話したのは、初めてだった。会社のこと、仕 ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その4
3日目、どうしても外せない用事があった。夜、ふたりで横浜の夜景を観に行くことにしていた。横浜に行く前に、美月がどうしても僕の部屋がみたいといった。しかたなく、僕の部屋を少しだけ見せることにした。僕の部屋に親兄弟以外の ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その3
2日目は約束の時間より、10分早く待ち合わせ場所に着いた。ふたりが、まだつき合っていた頃。いつも待ち合わせに使っていたこの場所、とても懐かしい。あの頃を、想い出す。土曜日の午後、この場所で待ち合わせた。渋谷の街で ... » more
テーマ 私小説

とあるミームのつぶやき ワタシがこの宿主に乗り移ってから、あと1月程で34年になる。この有機生命体ヒト科TOJO76KSは、33年間の生活環境下において特に問題なく生命活動を続けてきた。13年目の父親の病死がプラス方向に作用したともいえる。 ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その2
友人への電子メールの送信が終了し、PC-VANとの接続回線を切った直後だった。電話のベルが、鳴ったのは。「もしもし、わたし。いったい誰と、こんな時間に長電話していたの。もしかして、恋人と?。」「いや、ちがうよ ... » more
テーマ 私小説

K-coten最後の恋 その1
美月と出会ったのは、今から20年前の5月だったと思う。会社の寮から通勤していた、あの頃。朝の通勤電車、東急・東横線の中だった。セーラー服が、よく似合っていた。横顔がちょっと凛々しい、少女だった。ある日の夕方、 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その10
彼女の親友に、もう一度会ってほしいとお願いした。12月17日土曜日、武道館近くの目安門で。彼女への想いを、ノートに記した。そのノートを、彼女の親友に託した。彼女と別れてから2年が過ぎた頃、1度だけ彼女を見かけた。 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その9
そして彼女は、彼女の親友にだけは自分の心の全てを語っていた。結婚相手という人、けして悪い人ではない。今は愛せなくても、いつかは愛せるようになるだろうと。彼女は最後に、言った。「ひとときでもかまわない、彼を本気で愛 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その8
彼女が去った後、全ての真実を知った。彼女の親友と名乗る少女が現れ、彼女の結婚の理由を話してくれた。彼女は、ある会社社長の一人娘だった。父親が亡くなった後、会社を継がなくてはいけなかった。だが高校生だった彼女には、 ... » more
テーマ 私小説  コメント(2)

K-coten七夕の恋 その7
ホームに電車が入ってきた時、突然彼女は泣き出した。胸の中に飛び込んで来てた彼女を、訳もわからずに抱きしめた。発車のベルが鳴り、彼女は腕の中からすり抜け電車に飛び乗った。ドアが閉まるその瞬間、彼女は言った。「貴方だ ... » more
テーマ 私小説

ワタシが他人、特に男性からどう見られているのか、前々から興味があった。天然キャラ、不思議ちゃんと言われるのだが恋愛対象として、どうなのか?もっというと、女としての魅力はどれぐらいあるのか、不安な所があった。こんなワタシでも、 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その6
ついに、その日が来た。11月7日、アリスが後楽園で活動を停止したのと同じ日。二人が出会ってから、1年4ヶ月の時が過ぎていた。彼女は、もう来ていた。約束の時間より、30分も早く着いたのに。砂浜に1人で座り、海を ... » more
テーマ 私小説

台風が近づいていることもあり、その日は朝から風が強かった。思えば、その後の波乱の展開を暗示していたのかもしれない。蒸し暑い夏に、こんなにブルーな思いをするのは、34年近く生きてきて初めてかもしれない。気になる人から、 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その5
6回目のデートは、前から約束していた谷村新司のコンサート。二人でコンサートに行ける喜びと、彼女の言う大切な話に対する不安。複雑な想いで、コンサートの日を迎えた。この日の二人は、しっくりいかない雰囲気だった。やがて、コ ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その4
そして、1年の月日が流れ過ぎていった。再び稲村ヶ崎を訪れた、七夕の日に。彼女とまた出逢えることを、期待しながら・・・。でも本当に再会できるなんて、思っていなかった。そこに、彼女はいた。鎌倉は、稲村ヶ崎の頂上に。 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その3
次の朝、江ノ島から□マンスカーで新宿に出た。江ノ電の稲村ヶ崎駅まで歩き、藤沢方面に向かう電車に乗った。江ノ電の江ノ島駅で降り、小田急の片瀬江ノ島駅まで歩く。そこで、片瀬江ノ島始発の□マンスカー・えのしま号で新宿に向かう。 ... » more
テーマ 私小説

前回> この62年間、これといって拘りや信念を持ってというよりは、ただ時の流れに身を任せて生きてきたような気がする。傍からみると、波乱万丈の人生で短い一生だったかもしれないが。戦後復興期の昭和22年に生まれ ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その2
再び、彼女と目があった。江ノ電の中で、出会った彼女だった。海の岩場に彼女はたたずみ、真っ暗な海に視線を戻していた。「どうしたの、そんな所で。」「君も天の川を見に来たの、でも曇っていて何も見えないネ。」「良かったら ... » more
テーマ 私小説

この数ヶ月間のことを思うと、私は胸が痛い。自分の身に起こったことを、どのように表現すればよいのか分からずにいる。確か、ひどい頭痛と倦怠感に悩まされ脳梗塞と診断されてから自宅療養をしていた。余り気がすすまなかったが、息 ... » more
テーマ 私小説

K-coten七夕の恋 その1
今から28年前の七夕の夜に、ひとりの少女と出会った。大学1年の前期試験前ではあったが、4限目迄しっかりと授業があった。ちょっと気分転換に天の川を見たくなって、鎌倉は稲村ヶ崎を目指した。バスで平塚駅に行き東海道線で大船へ、 ... » more
テーマ 私小説

ゆるやかな坂が続く住宅街の中を、私はひたすら駆け抜けた。自分の中で、込み上げてくる何か、自分に迫ってくる得体の知れない何かから、逃避したい、そんな衝動にかられたのだ。昼下がりのコンビニは人もまばらで店員一人が退屈そうにし品出 ... » more
テーマ 私小説

亜季の住む厚木に着いたのは12時前だった。丹沢山系の麓のその街は、企業の研究所や大学がある他は、店も少なく木々が生い茂る静かな所だった。街の外れにある、レンガ造りの洋館風の家の前で車を止めた。買っておいたペットボトルのお ... » more
テーマ 私小説

 

最終更新日: 2016/11/22 22:46

楽天市場のおすすめ商品

「私小説」のブログ関連商品

» 「私小説」のブログレビュー をもっと探す

「私小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る