誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    私小説

私小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「私小説」のブログを一覧表示!「私小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「私小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「私小説」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

4月27日(水)、再び南三陸・歌津へとジョンと二人で向かった。9時前に現場に到着したが、待てども待てども、資材が来ない。10時頃にドライバーから連絡が来て、歌津への道が通行止めになっているため、近場で待機しているとのこと。「朝は通れ ... » more
テーマ 私小説  コメント(2)

仲谷ユキエが去った後も、広報担当のユカさん、カメラマンの石井さん、音声担当の亀田さんは、被災地の撮影やスタッフのインタビューのために、現地に残った。元テレビ局ディレクターだったユカさんの完璧主義には舌を巻いた。その日、セーブ・ザ・ワ ... » more
テーマ 私小説

仲谷ユキエさんとは、東京から別々の車で出発して、栃木県の那須高原SAで落ち合った。サービスエリアの食堂の片隅でマネージャーと二人でラーメンをすすっているユキエさんは、特に変装するでもなく、伊達メガネをかけていただけだったが、特に誰か ... » more
テーマ 私小説

3週間ぶりの東京は、3月と較べて、明らかに活気を取り戻していて、日常の風景に戻りつつあった。「東北ではまだ被災者がぎりぎりの生活をしているのにな」と、そんな東京をちょっと寂しくも感じた。実家に帰って、久しぶりに家族と再会。「なに、そ ... » more
テーマ 私小説

翌日、気を取り直して、昼過ぎに東松島へ向かう。仙台から三陸自動車道へ乗る前に、いつも通り沿道の吉野家で牛丼を食らう。コーヒー飲んで、煙草吸って、さて駐車場から出ようとしたら、出口の先に車が路駐していたので、中々抜け出せない。バックし ... » more
テーマ 私小説

南三陸町からの帰り道、次の建設予定現場である東松島へ、ルート45を南西に下った。東松島市の物資担当の近藤さんは、いぶし銀のいがぐり頭で、50過ぎのおじさんだ。近藤さんは非常にひょうきんな人で、最初に会った時から、人を食ったようなこと ... » more
テーマ 私小説

[創作小話] ワタシの取説  日産JUKE  GT  FOUR ワタシは昨年12月に神奈川の日産自動車 追浜工場で製造された、小型ハッチバックSUV 。グレードは GT FOUR 1.6L 4WD ターボ 名前はJUKE で 軽快にかわしてゆくという意味らしい。どんなオーナー ... » more
テーマ 私小説

歌津の阿部さんは、気の荒い漁師の典型で、スマートな外交官っぽい志津川の猪口さんとは、好対照だった。とりあえず猪口さんが、役所にお伺いを立ててくれることになったので、その場は収まり、阿部さんと、馬場さん、佐竹さんと一緒に、歌津の倉庫建 ... » more
テーマ 私小説

志津川で倉庫建設の作業を終えた後、仙台に帰ると3時間ぐらいかかるので、その日は栗原にある建設業者の事務所に泊まった。チームAのイタリア人部隊がいなくなった後、セーブ・ザ・ワールドは、本格的にこの「風の谷建設」と一緒に被災地に倉庫を建 ... » more
テーマ 私小説

202X年家庭用人型ロボット・アンドロイドが実用化されて久しい。私がこの家に導入されて、もう10年になる。この家族全員が私の主人・マスターである。農業ロボットベンチャーを立ち上げて成功し、ハウスロイドである私のプロト ... » more
テーマ 私小説

『ルート45』 第二章1 「被災地」 南三陸町・志津川 いままでずっと説明してこなかったが、題名の『ルート45』について、少しばかり話をしておこう。ルート45とは、その名の通り「国道45号線」のことだ。国道45号線は仙台市から青森市に至る、太平洋沿岸の国道で、今回の東日本大震 ... » more
テーマ 私小説

記録によると、人は海と呼ばれる所からやってきたらしい。だから、何なんだろうか?環境維持装置の働くこのエリアに私達は住んでいる。食生活に必要最低限の補償・ベーシックインカムは当局から支給されているので、皆はやりたい生き甲斐 ... » more
テーマ 私小説

K-cotenオリビアを聴きながら
オリビアを聴きながら 今日(8/13)、夕方の音楽番組で、杏里が SPEEDたちと「オリビアを聴きながら」を歌っていた。杏里が歌う「オリビアを聴きながら」を久しぶりに聴いた。この歌を聴いて、あの頃を、想い出した。 ... » more
テーマ 音楽(LIVE) 私小説

4月8日(金)曇りのち大雨早朝、イタリア人部隊と伊達ホテルに戻った僕は、朝8時の会議前に少しでも寝ようと横になったが、中々寝付けない。ベッドの横には、昨日の地震で机や壁から落ちた、テレビ、電話、鏡なんかが散乱したままだ。結局ほとんど ... » more
テーマ 私小説

余震も落ち着いてしばらくすると、チーム東北の全員が、一旦地上に降りてきて、駐車場に集まった。他の階に泊まっていた、ケンタ、ノリさん、バティも、みんな無事だった。早速ヤマさんに報告。「仙台で震度6強の地震がありましたが、全員無事でした ... » more
テーマ 私小説

営業職の私は、暦通りの週休2日ではない。入社して10年目になる今年、特別休暇をとって今軽井沢に来ている。ここは、3年前に母と一緒に来た場所だ。その祖母はもうこの世の人ではない。浅間山からの眺めはは絶景である。 ... » more
テーマ 私小説

『ルート45』 第一章11 「チームA」 余震 4月7日(木)晴れのち地震この日は、バンコクの大ボスと東京事務所の職員、政府関係者が石巻に来ることになっていたので、僕とケンタ、ブルータス、ビンセントの4人で石巻の作業現場に向かった。ミカさんたちは、建設業者と一緒に作業のた ... » more
テーマ 私小説

「あの事件」を話す前に、その前に起こった小さな事件から話そう。バティとイッペイとノリさんが来る前日のことだ。石巻で倉庫を建てて、夜疲れて帰って来ると、東京事務所のヤマさんから電話がかかってきた。「きいちさん、さっきうちの事務 ... » more
テーマ 私小説

4月6日(水)晴れのち強風石巻の作業はまだ終わっていなかったが、ミカさんが探してきた新しい建設業者に、外国人部隊が倉庫の建て方を教えるために、今日から仙台で作業をすることになっていた。仙台はミカさんの担当なので、僕は午前中は ... » more
テーマ 私小説

石巻には大学のすぐ側に総合運動公園があり、そこが自衛隊の駐屯地、兼、市の災害対策本部の物資センターになっていたので、そっちの方にも倉庫を建設することになった。当初、市の方からは違う予定地を割り当てられていたのだが、下見にいったら地下 ... » more
テーマ 私小説

倉庫建設作業が、一時間で中止になってしまったので、外国人部隊を石巻の被災地を見せて回った。作業現場は当然、津波に被災されていない海岸から離れた高台にあるので、外国人部隊も「ここが本当に被災地なの?」と訝しがっていたが、海岸近くの被災 ... » more
テーマ 私小説

3月30日(水)曇り気仙沼の視察から夜遅く帰って来ると、セーブ・ザ・ワールド専属の倉庫専門家の外国人部隊4人がホテル伊達に到着していた。「ああ、ケンタ!やっぱり来たんだね。」東京事務所長マイケルの秘書&ドライバーのケ ... » more
テーマ 私小説

『ルート45』 第一章5 「チームA」 空爆 仙台到着初日、以前スーダンで一緒に働いたことがある武田さんに連絡を取った。武田さんは震災二日目には被災地の視察に来て、1週間後には仙台で事務所を構えていた。この業界大先輩の武田さんは、さすがに動きが早い。初動の大切さをよく分 ... » more
テーマ 私小説

久々の再会だった。震災以後のストレスのため、体調があまりよくない私だが、収穫した野菜を手渡ししたい、というその男からの誘いにのることにした。あまり時間はとれない、と断った上で。 上野駅みどりの窓口で待ち合わせして現れ ... » more
テーマ 私小説

3月27日(日)早朝、ミカさんと二人で東京の事務所から出発した。セーブ・ザ・ワールドはアメリカの団体のため、アメリカ大使館が出した、「福島第一原発から80km圏内は避難勧告」という発表にどうしても引っ張られてしまう。実際、アメリカ本 ... » more
テーマ 私小説

日本帰国後5日目、ようやく動きがあった。朝、事務所の廊下で、レックスがバンコクの大ボスと話している声が聞こえてきた。「人員の件だけど、きいちも1ヶ月くらい日本にいて、手伝ってほしいんだ。えっ、何でだって?俺があいつを必要だか ... » more
テーマ 私小説

あの夏の日 −君と過ごしたあの頃− 君と出会った、この道卒業の日にこの道で君と交わした最後のさよなら君との想い出を敷きつめたこの道あの頃は砂ぼこり舞う車はあまり通らないでこぼこ道だった今は隋道で駅前へと続き路 ... » more
テーマ 私小説

K-coten夏色のときめき パ−トU
夏色のときめき パ−トU 君と出逢って、何年がたっただろうか。君とふたり、初めてコンサ−トに行ったのは、去年の5月だった。君とふたり、今年の5月にもコンサ−トに行ったね。君とふたり、初めて肩を並べて歩いた時のときめきを、 ... » more
テーマ 音楽(LIVE) 私小説

夏色のときめき パ−トT その2 「今、暇ですか、よかったら遊びませんか?。」おいおい、これはもしかして、噂にきく、逆ナンパってやつか?。でも、ここは渋谷や、池袋じゃないぞ、川崎だぞ、川崎。「いいよ。」なんてかるい奴なんでしょう。 ... » more
テーマ 私小説

夏色のときめき パ−トT その1 8月8日火曜日、この日、僕はマンションに戻って来た。暑い夏の日差しが、アスファルトを照りつけていた、気怠い午後2時、熱い風に吹かれて・・・・・。部屋の片付けを済ませ、街へ出た。街には、夏の ... » more
テーマ 私小説

 

最終更新日: 2016/11/22 22:46

楽天市場のおすすめ商品

「私小説」のブログ関連商品

» 「私小説」のブログレビュー をもっと探す

「私小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る