誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読書録

読書録

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読書録」のブログを一覧表示!「読書録」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読書録」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読書録」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

二ヶ月弱かけて『戦後短篇小説再発見』(講談社文芸文庫)シリーズ全10巻を読了した。(12月12日)これは4人の選者たちが、一人の小説家について一作のみを収録するという原則で、「戦後短篇小説の魅惑と感動と感銘とを味わうことができる」という ... » more
テーマ 宮本輝 現代作家論 読書録  コメント(1)

今年の2月28日から読み始めて、ちょうど9ヶ月かかってようやく「新潮日本古典集成」の『源氏物語』全8巻を読み終えた(11月29日)。40年前に仕事の必要があって岩波文庫版(全6巻)で読んだときは、谷崎潤一郎訳と与謝野晶子訳とを傍に置いて集中 ... » more

論語の「為政第二」に、有名な一節がある。《子曰く、吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず》このなかの「七十而従心所欲不踰矩」という箇 ... » more

文学の発祥というのは、源氏物語や枕草子の例を見ても分かるように、日本では特に本当は女性のものだったのだろう。恋愛とエロスにおける現代女性作家の作品が、比類ない魅力を発揮しているのも当然だ。『戦後短篇小説再発見』の第三巻は『さまざまな恋愛 ... » more
テーマ 現代作家論 源氏物語 読書録  コメント(1)

今読んでいる『戦後短篇小説再発見』シリーズは各巻テーマ別に編集されているが、もちろんそれは切り口に過ぎず、主題にとらわれる必要はない。今回のA『性の根源へ』についても然りだが、それでもこの巻はやはり性を扱う根源性の観点から読むことが出来るし ... » more
テーマ 現代作家論 読書録 日本人

この間(10月15日頃)から、『戦後短篇小説再発見』シリーズ(講談社文芸文庫)をぽつぽつと読んでいる。これは全10巻、主題別の選で、一作家一作で全部で117篇が選ばれている。改めて(特に)日本の短篇をこれほど集中的に落ち着いて読んだ ... » more
テーマ 現代作家論 読書録 日本人

これまで日本古典を朗誦読みしてきた。ようやく源氏物語「浮舟」の巻を終わる。去年、『新潮日本古典集成』の編成に従って、まず古事記から始めたが、これは延々と続けるつもりだ。去年はまた『旧約』『新約』『論語』『ブッダのことば』等を誦読し終えた ... » more
テーマ 宗教論 読書録 日本人  コメント(1)

読書録:邱永漢著「お金持ち気分で海外旅行」 2011年の残りも僅か、冬籠りの時期となり書斎で過ごすことが多くなる。書庫と呼んでいる物置の棚から昔の文庫本を取りだした。直木賞作家の邱永漢著「お金持ち気分で海外旅行」、PHP出版、1991年11月15日第1版第1刷 (手持ちのは1995年 ... » more
テーマ 旅行 読書録

読書録:北杜夫著「南太平洋ひるね旅」 北 杜夫(きた もりお、本名:斎藤 宗吉(さいとう そうきち)、1927年5月1日 - 2011年10月24日)は歌人・斎藤茂吉の次男に生まれ、精神科医の仕事と共に随筆家・小説家として活躍した。今年10月24日、訃報の報道に接し、学 ... » more
テーマ 旅行 読書録

今週はこんな本を読んだbP71(23.8.7) 「たらればの日本戦争史」黒野耐講談社文庫2011年7月初版550円著者のことは知っていた。だからこの本を見た時、あまりにも「安易というか、安直というか」というタイトルで、一度は ... » more
テーマ 大東亜戦争 近代戦争史 読書録

今週はこんな本を読んだbP68(23.7.17)「私は見た・決定的体験」文藝春秋編360円1990年9月初版 私はこのテの本が実は大好きなのだ。月刊誌や週刊誌に掲載されたエッセーをひとまとめに一冊にした本、というのは見た目も ... » more
テーマ 宦官 読書録 騎馬民族渡来説

今週はこんな本を読んだbP65(23.6.26)「新・日本の七不思議」鯨統一郎創元推理文庫714円2011年4月初版 ミステリィを含めていわゆる小説のジャンルで、新刊を買ってまで読むのは島田荘司の、それも決してハードカバーで ... » more
テーマ 東洲斎写楽 新日本の七不思議 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜DRRR!!×9
フラゲした^^代わりに買ってくれた友人に感謝です。以下、感想。はっきりとしたネタバレはない、はず。ただ病んでるよ!臨也愛が溢れた結果がこれだよ!怖いよ!読む人はご覚悟を。臨也さ ... » more
テーマ 読書録

『ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館』を読んだ。 ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館日本放送出版協会 ヨースタイン ゴルデル Amazonアソシエイト by 『ソフィーの世界』(NHK出版)で世界中に知られる作家になった、ヨースタイン・ゴルデル。彼が年上の人気作家と組んで、初の ... » more
テーマ 日記 読書録

辻村深月、著。予想外にハマってしまったよう。恩田陸に似ているって何人かに言われたけれど。確かに文体は似ている。でも。恩田陸がセピア色なのに比べて、辻村はところどころ生々しい。恩田陸を読んだ後は、切ないけどス ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜旅小説
たまに、読みたくなる。普段はテンポの良いもの、ハラドキするものが好き。ミステリーやら怪奇やらファンタジーやら。でもたまに、ゆっくりした時間の流れに身を委ねたくなる。例えば………黒と茶の幻想(屋久 ... » more
テーマ 読書録

ギャグが書ける人を尊敬します。やっぱり読んでて楽しいものは良いよね。Aさん&キョーコちゃんに元気を貰いました。もはや人じゃないショーちゃんの顔がツボ。レイノは魔界人決定ですね分かります。次回6月かぁ。 ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜姫野カオルコ
『変奏曲』この人の作品を、初めて読みました。来週からのゼミの発表作品。自分の発表にかかりっきりで全然読んでなかった。電車に酔いながら、車内で慌てて読む読む。読むうちに、この小説を気に入ったことに ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜古書展で
ゲットー!素敵ですね、神保町。本の神様が君臨してますね。実は古本が苦手です。安いので買うけれど。念がこもってそうで怖いんですよね。涙をのんで本を売った経験者は語る。だから今日はあまり買わない ... » more
テーマ 日記 読書録

新人さんいらっしゃーい 三か月ぶりの更新。場末の自己満足サイトとはいえ、自分で自分を戒める分の自制心は残っていましたか、じぶん。んでまあ、読書録を少々(マンガですけど)松文館さんの新人のマンガ(BL)を一本。ダイヤモンドコミックスって、結構粒ぞ ... » more
テーマ 読書録

トマ舟,航界駄文停滞記7
停滞記7 いつの間にか季節も年も、前の更新から変わってるっていう不思議。とりあえず生存はしているけど、平日のPC利用率を下げようって試みを始めてみたので、まるでネット上から消えたような感じに。休日は休日でPCに触る時間が無かったりする ... » more
テーマ 社会人の事情 独り言 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜笑いのツボ
って、人それぞれ。幼い頃から“売れない吉本芸人”と言われてきました。人を笑わせるのは好きです。少しウケると悪乗りだってしちゃいます。私の笑いの特徴は、ウケ狙いは確実にシラケること。私はどうやら笑いのツボが少 ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜ふぅ。
読破!!!理瀬シリーズ。『三月は深き紅の淵を』『麦の海に沈む果実』『黒と茶の幻想』『黄昏の百合の骨』読みやすさで並べると、麦・黄昏・三月・黒茶かなぁ。個人的趣味から並べると三月・麦・黒茶・黄昏かなぁ。 ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜すご。
うん、人気なの分かる気がする。ず〜っと何となく避けてきた“理瀬シリーズ”。でもずっと魅かれてた理瀬シリーズ。とうとう読んでみたのだけれど。すご。としか言えない。うん、凄すぎる。イッツ・恩田ワールド ... » more
テーマ 読書録

どうも、書きかけのこのブログの記事を展開したまま弟にPC貸したら、ページ閉じられ内容を消され、恩を仇で返された気分に満ち満ちている凍鬼です。腹が立つことは立ちますが、体力がもったいないので怒りません。省エネは今の世の習いです ... » more
テーマ 読書録

BLだっていいじゃないかー、良いマンガだもの。 こうしーん物理Bのと、生命科学Bのと、教職課程のと、レポートの締め切りがいきなり三つも迫ってきていやがります。別にワシはなまけているわけじゃないんだ、と声を大にして叫んだところで誰も信じちゃくれない……。切なさだけで、愛しさ ... » more
テーマ 読書録

ってことで、半分古典のレイ・ブラッドベリ「華氏451度」を読んでみました。少々、訳が古いのですがー、集中して読めば十分。あらすじを言えば……人々の『幸福』を守るため、互いにが矛盾をはらみ、むやみに人間 ... » more
テーマ 読書録

LABYRINTH〜春の迷宮〜ねぶそくー
はうぁ。行き倒れそう。家で丸まってたい。テストとか知るかー。な感じで六番目の小夜子を読破。 ... » more
テーマ 読書録

どうやって話せば、伝えたいことが伝わるのか・・・?とても難しい問題です。それについて週刊子どもニュースをやっている池上彰が、具体的な事例を挙げながら説明していくもの。喋る言葉は、短く分けていけばよい、とかいろいろと役に立つ提案だなぁ、と思い ... » more

LABYRINTH〜春の迷宮〜順位が
決まらない。すいません、すごくクダラナイことで悩んでます。今好きなドラマの1〜3位が決まらない。うにゃあ。これは最終回が決め手になりそう。七瀬ちゃんは原作シリーズ3巻全て揃えちゃいました。 ... » more
テーマ ドラマ語り 読書録

 

最終更新日: 2016/11/22 21:29

「読書録」のブログ関連商品

» 「読書録」のブログレビュー をもっと探す

「読書録」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

三国志〈上〉 (岩波少年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 三国志〈上〉 (岩波少年文庫)
岩波書店 羅 貫中

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る