誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    精神分析

精神分析

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「精神分析」のブログを一覧表示!「精神分析」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「精神分析」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「精神分析」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

一般的なカウンセリング技法として用いる『来談者中心療法・クライアント中心療法(client-centered therapy)』は、1950〜1960年代にカウンセリングの神と呼称されたカール・ロジャース(Carl R. Rogers)によ ... » more

「自意識過剰・ナルシシズム刺激」で人は調子に乗りやすくもなる2:SNSのイイネ文化と自己愛 自意識過剰とも連動している人間の「自己愛」は、非常に増長しやすい(調子に乗りやすい)のですが同時に非常に萎縮しやすい(傷つけられやすい)という特徴も持っています。客観的な能力や対人魅力がある程度高く、いつもハイテンションでとても自信 ... » more

「自意識過剰・自他の比較」によって人は悩みやすくなる1:理想自我・完全主義とのギャップ 森田正馬の森田療法では、「自分の感覚・意識へのとらわれ(自意識過剰)」を改善することに重点を置いて、「神経症(森田神経質)」を治療しようとしました。思春期・青年期以降に「自分が対人的・社会的にどのような人間であるのか」や「自分は他人 ... » more

甘えられなかった人たちの表層的な自立心・愛情飢餓:他人を甘えさせられる人への成長 発達早期において“甘え”を抑圧されて“愛情”を剥奪されるという体験は、強烈な『愛情飢餓(優しさ・思いやり・甘やかしへの飢え)』を生み出す原因となる。しかし、そのことを直接的に認めてしまうことは、自分の過去の親子関係(家庭環境)や今までの人生 ... » more

H.S.サリヴァンの対人関係論的なパーソナリティ理論とカレン・ホーナイの神経症的葛藤に基づく性格分類 H.S.サリヴァンは対人関係における社会的相互作用を重視したことから『対人関係学派』に分類されるが、社会的・文化的要因を中心にして精神活動を分析しようとした『新フロイト派(ネオ・フロイディアン)』としても知られる。新フロイト派の代表的な分析 ... » more

 

最終更新日: 2018/04/12 19:35

「精神分析」のブログ関連商品

» 「精神分析」のブログレビュー をもっと探す

「精神分析」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

私、つい「他人の目」を気にしてしまいます。  "自意識過剰"から抜け出す8つのヒント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 私、つい「他人の目」を気にしてしまいます。 "自意識過剰"から抜け出す8つのヒント
大和出版 和田秀樹

嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ)
中央公論新社 佐藤 優

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る