誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    精神分析

精神分析

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「精神分析」のブログを一覧表示!「精神分析」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「精神分析」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「精神分析」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

一般的なカウンセリング技法として用いる『来談者中心療法・クライアント中心療法(client-centered therapy)』は、1950〜1960年代にカウンセリングの神と呼称されたカール・ロジャース(Carl R. Rogers)によ ... » more

エリック・バーンの交流分析と人生脚本(基本的な構え):不快なラケット感情を繰り返し受け取る“ゲーム” アメリカの精神科医エリック・バーン(1910-1970)が創始した『交流分析(TA:Transactional Analysis)』は精神分析の簡易版といわれますが、人間の性格特性やコミュニケーション・パターンを分析するために役立つ技法です ... » more

“A群〜C群のパーソナリティ障害”に見られる中心的な性格傾向と正常とされるパーソナリティ特性について パーソナリティ障害はその中心的な性格傾向と行動様式に基づいて、『A群・B群・C群(クラスターA・クラスターB・クラスターC)』に分類されていますが、A〜C群で見られる中心的な性格傾向と問題行動はその程度を弱めれば、誰もが多かれ少なかれ持って ... » more

前述した、精神分析のリビドー発達論(性的心理的発達論)の詳細について下に記しておきます。リビドー発達論(性格の発達段階説)1.口唇期(oral stage:誕生〜1歳半頃まで)この世界に誕生した赤ちゃん(新生児) ... » more

交流分析の“5つの自我状態の特徴”と“コミュニケーションパターンの分類”:精神分析の簡易版 人間の“双方向のコミュニケーション”が自分と相手にどのような影響を与えるのかは複雑ですが、エリック・バーンが開発した『交流分析』では、3つの自我状態(P・A・C)を用いた交流パターン分析(やり取り分析)を通してコミュニケーションの内容・影響 ... » more

神経症(neurosis)は心理的原因による心身の機能障害と位置づけられますが、無意識的願望や二次的疾病利得が反映されるヒステリーの自己暗示的な側面について過去の記事で説明しました。ヒステリーの身体症状(麻痺・けいれん・感覚‐運動障害)を発 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/17 04:49

「精神分析」のブログ関連商品

» 「精神分析」のブログレビュー をもっと探す

「精神分析」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

精神分析入門 (上巻) (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 精神分析入門 (上巻) (新潮文庫)
新潮社 フロイト

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)
講談社 河合 隼雄

グリム童話集 5冊セット (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル グリム童話集 5冊セット (岩波文庫)
岩波書店 ヤーコプ・グリム

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る