誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    バス釣り

バス釣り

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 釣り
類似テーマ: バス釣り バスフィッシング
テーマ「バス釣り」のブログを一覧表示!「バス釣り」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「バス釣り」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「バス釣り」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

KAWA  BLOG12/23 亀山ダム、奇跡の??
12/23 亀山ダム、奇跡の?? 今日は、晴れて、冷え込みも無く釣る側からすれば、いい感じでしたが風速10mの風が、吹き捲るとの事のむらボートで、大会があるとの事で折木沢ボートにするか?迷った挙句、つ ... » more

KAWA  BLOG海ほたる Now
海ほたる    Now 暴風です❗ヤバすぎ😅磯釣りが中止で亀山に向かってますけど大丈夫かな?って、感じです(^^; ... » more

スピニングリールのスプールに糸を巻く時に、糸の方向を変える部分にある部品として、ラインローラーがありますが、これは、金属製で表面にメッキ加工などを施して、ツルツルにしてある鼓型の円筒形の回転する部品です。このラインローラーの回転が滑らかであ ... » more

昔の6〜7個ガイドリングのロッドを使う時、スピニングリールに巻く糸の太さは5〜6lbぐらいの太さが無いと、ガイドにこすれるその摩擦でライン切れが起こるかも?!フロロの4lbラインをそういう古いタイプのガイドリングのスピニングロッドで使ってい ... » more

スピニングリールのスプールの上下運動、メインシャフトの上下動とも言い換えられますが、この動きの上と下でのブレについては、リールの中のスプールシャフトのブレを防止する仕組みがある、無いで決まりますから、後から手を加えて何とか出来るという物では ... » more

KAWA  BLOG12/18 S沼・速攻終了の巻
12/18  S沼・速攻終了の巻 久しぶりに行って見たけど結構人が居ましたね15:30過ぎからのスタ−ト1/4oz のメタルバイブを投入 ... » more

古代遺跡から、土器の破片が出てくることはあるし、昔の窯のあとから、陶器の破片が出てくることはあるけれど、その破片の表面が劣化してボロボロという話はあまり聞きません。陶器と磁器では違うけれど、SICはいわば瀬戸物、陶器です。なので、10〜30 ... » more

ベイトリールのギア、ドライブギア、メインギア、ピニオンギア・・名前はいろいろかもしれませんけど、とにかく、ハンドルの軸に付いているギアとこれと噛みあう径の小さなギア、ピニオンギアの歯面はハンドル側のカバーの内側にあるから、ギアに糸が入ること ... » more

スピニングリールのラインローラーの所で糸が隙間に挟まるというのは、リールの部品としての、ラインローラー周辺の部品の取り付けの向きや位置やビスの締め加減などが本来あるべき姿からズレているという事なんだと思います^^;スピニングリールのラインロ ... » more

トップルアーの操作テクニック、ミノーのテクニック、クランクベイトのテクニックで、ルアーを水中に潜らせた後に水面まで浮上させて、放置・・そういうものがあるから、バスが反応しない時はあるとしても、「潜らせてから、水面まで浮かび上がらせる」という ... » more

地上で普通は大気圧1気圧という重さが掛っているというのは、理解しているのでしょうか?空気は軽くても、気体であっても物質なので重さがあり、その中で地上の生き物は暮らしてます。それが、天気の変化で、高気圧という渦巻きが来た時と低気圧の渦巻きが来 ... » more

ジャーキングはミノーを使って魚を釣ろうとする場合などに、魚が食いつきやすい、段引きをすることであって、その時にどういうリールを使っていても、ジャーキングという巻きの動作ができれば良いわけで、それは、スピニングリールであっても、ベイトリールで ... » more

KAWA  BLOG12/3 亀山で、まさかの・・・
12/3  亀山で、まさかの・・・ 3週間前に実弟の友人I君がボーズを喰らったと言っていた11月でか?過去の経験では、12月第2週目でもシャローで釣れる体験を何回もしているのでリアクションを混ぜておけば、何 ... » more

水の密度とフロロカーボン糸の密度の話しだけからは、フロロカーボンの方が密度が高いから、比重が重く、水には浮かないという結論しか出ません^^;(苦笑)でも、実際に釣りでフロロカーボンの糸を使っていれば、キャスト後に水面に着水下フロロカーボンの ... » more

「ベイトリール メカニカルブレーキ 失くした時の対処法」って、再入手するしかないと思います(−−;) ベイトリールのメカニカルブレーキは、それを締めて使う場合でも、使わない場合でも、無いとリールのギア部への水の浸入、ゴミの侵入などがある時よりは起きやすくなるし、第一、スプールのキャストの最中の左右へのブレが起きて、ギアへの負担を多くするので ... » more

祭りばやし展を見に土日に東京へ行ってましたけど、その話しは後で書くとして、伯母のお見舞いで、面会時間の関係で時間が空いたので、神保町界隈を徘徊してました^^;;一番の目的は、ビクトリノックスの最小のモデルを買うという事。結局、お店が無くなっ ... » more
テーマ 桧原湖ワカサギ釣り 独り言 バス釣り

KAWA  BLOG『D』
『D』 久しぶりに 釣具屋へ行くと、新鮮だ『バスは、猫だ』と昔から言うけど、今回の『D』シリーズ期待してるよ🎵フックは、進化してるね ... » more

KAWA  BLOG追加で・・・
追加で・・・ エスケープ リトル ツイン🎵やっと、手に入りました〜しか〜し、残りわずかで欲しいカラーは無かったッス!まぁ、問題無いと思われますが?気合いが、入りますわ〜✌ ... » more

KAWA  BLOG久しぶりに買い物
久しぶりに買い物 買っちゃた🎵目先、久しぶりにバス釣り釣行が決まった〜凄く、楽しみな訳で何しようか?そんな風に 色々考えて・・・妄想?(笑)今回、OSPのハンツにこだわってみましたが、どうな ... » more

バス釣りという、ブラックバスを釣るというそのことだけでも、上手にできるようになるには、いろいろなことが必要になります。道具を持っていることが最低限としても、釣りに行く時間、回数、それに釣りする季節でも、魚の動きは違うから、春先、春、夏、秋、 ... » more

船で出る場所が、内陸の水面なのか、海なのか?でも若干違うかもしれませんが、夜間航行の船の場合、そのサイズによって、掲げるべき灯火が決められています。右舷灯、左舷灯、マスト灯などありますね。バス釣りに使うぐらいのボートサイズだと、3色灯という ... » more

アメリカンなルアーが嫌いでなければ、ボーマー社のロングAというミノーの代表的なルアーがありますね^^。自分は15Aとかいう、ミノーのサイズとしては大きいものを使うのですが、13Aだか14Aだかの2フックモデルがありますので、そういうミノーで ... » more

「遅過ぎる」という事には、いろいろ難しいこともあるのだけれど、地面、水面にたたきつけるようなことをしたくなくて、ロッドを振って、曲げた時に、その曲げのパワーを緩やかにするために、わざと、上の方に飛ぶようなタイミングでリリースしているという事 ... » more

スピニングリールにハンドルの回転方向を一方向に限定する、両方の方向に回せるという切り替えレバーが付いてますけど、両方向の回転状態で釣りする事はまずないので、「あのレバーって、何のために付いているんだろう?」と疑問に思うのは、当然なのかも?! ... » more

G−Loomisのロッドブランクは、その作られた年代で、素材の名前が変わってきているので、そのブランク素材を手掛かりにすれば、正確ではないにしても、おおよその年代は分かるのでは?と思います^^;;自分の好きなIM6ブランクは1985〜86年 ... » more

アンバサダーの古いタイプの丸形ベイトリールのメカニカルブレーキの中に付いている銅色の板、四隅の切り落としのある四角のやつですけど、あれって、ピュアフィッシング・ジャパンのサイトに行って、リールのモデル名で検索して、パーツリストだかの分解図の ... » more

釣竿にリールを付けるロッドの場合糸を通すガイドリングが付いてますけど、このリングの素材がSICであればPEラインを使うのに問題は無いと思います。今ではトルザイトリングという素材のリングもあるのですけど、海で使っている人達のブログなどを読むと ... » more

トップガイドのガイドリングと言う輪だけが抜けるというのは、SICガイドリングではないリングじゃないと起きないと思います。なぜなら、SICの場合、瀬戸物と同じで、焼き上げてますので、硬く、変形しないから、リングだけ抜けるようなことが縁が存在す ... » more

 

最終更新日: 2016/12/23 19:43

「バス釣り」のブログ関連商品

» 「バス釣り」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る