誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    森鴎外

森鴎外

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「森鴎外」のブログを一覧表示!「森鴎外」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「森鴎外」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「森鴎外」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

先日、ルソーの「人間不平等起原論」を読み終えた後、家にある本の中から、セネカ「幸福なる生活について他一篇」(岩波文庫)、高橋義孝「森鴎外」(レグルス文庫)、宮城音弥「愛と憎しみ」(岩波新書)の3冊を読み始めた。3冊ともかなり昔の発刊 ... » more
テーマ セネカ 森鴎外

文学碑探訪「鴎外文学碑:北千住 『カズイスチカ』」 常磐線の北千住駅西口を出て線路沿いの狭い路地を南に向かう。居酒屋の並ぶ通りをわずかに行ってから飲食店の角を右折すると、少し先に3階建のビルが眼に入る。その敷地の一角に写真の文学碑が建てられていた。と言うのは、この建物は東京都足立都税事務 ... » more
テーマ 『カズイスチカ』 文学碑探訪 森鴎外

桜が咲き始め、長かった冬がようやく終わったと感じる。昨年の秋から読んでいたちくま文庫「森鴎外全集第6巻」をようやく読み終えることができた。森鴎外は私が最も尊敬する日本の作家である。鴎外の主要作品を全巻読破するというのが私の読書目標の ... » more
テーマ 森鴎外

11月もあと1週間になり、今年も終わりが近づいてきた。なんか今年も仕事だけで一年が終わったという感じが強い。かといって、強烈に「これがやりたい」ということがあるわけでもないが…。先日から読んでいる、森鴎外の「渋江抽斎」とカントの「純 ... » more

10月に入り、「読書の秋」がやってきた。先日から読んでいる、ちくま文庫「森鴎外全集第6巻」も、いよいよ「渋江抽斎」に入った。「渋江抽斎」は、鴎外の史伝の代表作であり、鴎外の全作品の代表作とも最高傑作ともされている。鴎外ファンでありな ... » more
テーマ 仕事 森鴎外

中秋の名月、「奥の細道」を読了、「森鴎外全集第6巻」を読み始めた 一昨日(9月19日)の中秋の名月は見事だった。たまに月がきれいだなと思って夜空を見上げることはあるが、こんなに美しくてまん丸で明るい月を見たのは何年ぶりだろうか。写真は、我が家のベランダから撮ったもので、大きいほうは妻が撮影したもの ... » more
テーマ 季節 森鴎外

文学碑探訪「森鴎外詩碑:沙羅の木」 七月の初め、山行の打ち合わせ会が夕方から予定されていたため、それまでの時間つなぎに昼過ぎ自宅を出て、「文京区立森鴎外記念館」を訪ねた。この記念館は、昨年(平成24年)11月1日、文京区千駄木1-23-4に新しく開館された施設である。地下 ... » more
テーマ 文学碑探訪 森鴎外記念館 森鴎外

文京区の森鴎外記念館を見学 先週の週末、文京区千駄木に昨年11月オープンした森鴎外記念館を訪れた。昨年は明治の文豪・森鴎外(1862−1922)の生誕150周年にあたっていた。鴎外は近代以降の日本の作家で私が最も尊敬するというか、敬愛する作家である。どこが好き ... » more

文学碑探訪「森鴎外:遺言の碑」 師走に入ってすぐ、かつての職場仲間との会合が都内であった。予定時刻までに多少の余裕があったので、会合場所の駅をやり過ごして三鷹で下車した。三鷹駅近辺に尋ねてみたい文学碑がいくつかあり、前々からその探訪をしたいと考えていたからだ。定 ... » more
テーマ 鴎外 遺言碑 禅林寺 森鴎外

「森鴎外全集5巻」を読了、ギッシングの「ヘンリ・ライクロフトの私記」を読み始めた 6月下旬に読み始めたちくま文庫「森鴎外全集5巻」を先日読み終えた。3ヵ月近くかかってしまった。鴎外の本を読んだのは数年ぶりだったが、やっぱりいい。第5巻に収録されているのは、大正3年から5年にかけて発表された歴史小説が中心である。「 ... » more
テーマ 森鴎外

きょうは秋分の日。さすがの猛暑も昨日あたりからようやく収まり、秋らしくなってきた。「暑さ寒さも彼岸まで」とはまさによく言ったものだと思う。きょうは久しぶりに仕事から解放された土曜日だった。手帳を見たところ、8月12日以来の土曜休日だ ... » more

森鴎外執筆、未完の論文新発見最近は、夏目漱石の作品が発見されたり、小生のような文学ファンとしては、世紀の大発見である。実際に本物を見に行きたいものだ。 ... » more
テーマ 森鴎外

インターネットで購入ができるアマゾンを初めて利用して買い物をした。購入したのは、ちくま文庫から出ている「森鴎外全集第5巻」だ。先日、井上靖の「星と祭」を読み終え、次に何を読もうかなと考えたのだが、以前から進めている森鴎外の読破計画を ... » more
テーマ 森鴎外

訪問 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅 森鴎外・夏目漱石住宅 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅森鴎外・夏目漱石住宅 名古屋鉄道犬山駅バス20分 2011年9月19日(月)訪問愛知県犬山市内山1明治村博物館内入村料1600円 木造平屋建、瓦葺明治20年建築《文豪夏目漱 ... » more

バリ島ナンパガイド モテる方法教えます 日本男子よ自信を持て ようこそキラキラ庵へ日本人男性の、海外旅行における女性の話題が、いきなり風俗になってしまうのはあまりに悲しい、しかも情けない気持ちになってくる。浜崎あゆみが外国人男性と結婚したが、日本人女性と外国人男性のカップルは多い。しか ... » more

時雨亭往還無縁坂
無縁坂 無縁坂を上った。森鴎外の「雁」を読んだのはいつだったか…。寂しい無縁坂を降りて、藍染川のお歯黒のような水の流れ込む不忍の池の北側を廻って、上野の山をぶらつく。それから松源や雁鍋のある広小路、狭い賑やかな仲町を通って、 ... » more

太閤殿下の寝言ゲーテ
ゲーテはドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家で、世界中から愛されてきた大文豪です。ヨーロッパの激動期に生まれ、思想家ヘルダーのもとで文才を磨きました。そして、25歳のときに出版した『若きウェルテル ... » more

「殉死」と「世間」 江戸時代、主君の寵愛のもとで栄達を遂げた者は--------------------------------------------その主君が死んだときには殉死されることが暗黙のうちに要求された。森鴎外の小説『阿 ... » more
テーマ 殉死 阿部一族 森鴎外

医学Micro学の終焉 初めて医学のブログ書きます。1850年〜1900年ぐらいまでは、微生物学全盛時代でした。と言うのも顕微鏡の発明によります。パスツールやコッホが活躍した時代です。コッホはコッホの原義を創りました。コッホの原則とは、ドイツの ... » more

鴎外『阿部一族』 この小説は明治天皇に殉死した乃木希典大将------------------------------------の事件をきっかけに書かれたものである。乃木は西郷軍との死闘であった西南戦争で軍旗を奪われ、明治天皇の ... » more
テーマ 阿部一族 行政書士 森鴎外  コメント(2)

箱根文庫第11夜 青年は箱根で気づく
明治の文豪・森鴎外の『青年』の紹介です。(1910年3月発行の雑誌「スバル」第二巻第三号から連載開始、第三巻第八号にて完結。今回は昭和23年12月発行の新潮文庫をテキストにしています。)地方の名士の息子で、作家を目指して上京した ... » more

切手と文学森鴎外と横浜
森鴎外と横浜 神奈川近代文学館で開催中の「森鴎外展」を観覧してきました。http://www.kanabun.or.jp/te0161.html鴎外が、孫の命名由来を記した資料が新たに見つかり、初公開されるということで、新聞でも話 ... » more
テーマ 切手 文学 森鴎外

時雨亭往還我がヰタ・セクスアリス
我がヰタ・セクスアリス 少年はどうしたんだろう。少年の中で何かが変わり始めている。去年の秋からこの初夏にかけての息苦しさと戸惑い。勉強もクラブ活動もうわの空の毎日。通学の電車は今日も蒸し風呂。でもそんなことはどうでもいい。問題は ... » more

「「繪本 即興詩人」安野光雅(講談社)」読みました! 「繪本即興詩人」安野光雅著(講談社)を読みました。安野光雅さんは、1926年島根県津和野生まれ。山口師範学校修了後小学校で約10年間教え、その後画家、エッセイストとして活躍。2001年春、故郷の津和野に「安野光雅美術館」開館。 ... » more

「「「即興詩人」のイタリア」森まゆみ(講談社)」読みました! 「「即興詩人」のイタリア」森まゆみ著(講談社)を読みました。森まゆみさんは、1954年東京生まれ。地域雑誌「谷中・根津・千駄木」編集人。本の目次は、以下のとおり。はじめにTローマに生まれてU吾 ... » more

明治期図書75%がネット公開(国立国会図書館) 国立国会図書館が所蔵する明治期の刊行物を電子化し、ネット上で紹介する「近代デジタルライブラリー」の閲覧可能図書数が4日から大幅に増え、同図書館が所蔵する明治期図書の約75%にあたる図書がネット公開されることになりました。http:/ ... » more
テーマ 稀覯本 国会図書館 森鴎外  コメント(4)

My feeling(文学、音楽、思想)犬に感動
鴎外「阿部一族」は城主の死によって、家臣が次々に切腹する話である。毎度のあらすじは書かないが、感動したワンシーンがあった。五助は君主の犬牽(いぬひき)として、鷹狩の際いつも犬と共に仕え主からかわいがられていた。そして君主亡き後、殉死 ... » more

My feeling(文学、音楽、思想)翁の反故
歐外「妄想」は、今は一人暮らしの老人が若かりし頃のドイツ留学で学んだ哲学を振り返りながら、今となっては生涯の残余の今を死を恐れず、また死にあこがれずに生きる、に至る物語である。かなり重たいテーマなので印象的だった部分を独断で綴ります。 ... » more

彫刻家ロダンの話である。どの人種にも美しいところがある、とロダンは語り、パリで興行中の日本人、花子に興味を持つ、興行師久保田と共に現れた女優花子はお世辞にも美しいとは言えない。小間使としても受け取りにくい姿である。ただ小さく引き締まった体で ... » more

あらすじは、温泉宿近くの泉場で七人の十二歳ほどの娘さんが水を飲もうとしている。皆美しく身なりも綺麗で、しかもおそろいの立派な銀杯を手に持つ。そこにもう一人黄金色の髪を持つ西洋人らしき十四歳ほどの娘が同じく懐から杯を出した。それは小さい黒ずん ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 17:19

「森鴎外」のブログ関連商品

» 「森鴎外」のブログレビュー をもっと探す

「森鴎外」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る