誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    インテリジェンス

インテリジェンス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「インテリジェンス」のブログを一覧表示!「インテリジェンス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「インテリジェンス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「インテリジェンス」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

室井佑月「日本語がまるで通じやしない」と嘆く 室井佑月「日本語がまるで通じやしない」と嘆く (dot.asahi.com更新 2016/10/27 11:30)https://dot.asahi.com/wa/2016102600238.html日本語がまるで通 ... » more

あゝとにあつく!インテリジェンスについて、日本はまる裸なのだ(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)諜報謀略の世界を、最近ではインテリジェンスと言うらしい。私が若い頃は2、3年に一回ぐらいの割合で「スパイ」を捕まえた、との報道があったが ... » more
テーマ 国家としての情報収集体制 政治 インテリジェンス

『知の武装』 <『知の武装』>図書館で手嶋龍一, 佐藤優著『知の武装』という本を手にしたのです。とにかく、昨今の大陸的策動に対しては、インテリジェンスで武装するしかないのかも。【知の武装】手嶋龍一, 佐藤優著、新潮社、201 ... » more

様変わりの人民解放軍9     B <様変わりの人民解放軍9> H26.1.23〜〜現在被害者意識と覇権に駆られ、狂ったように肥大している人民解放軍であるが・・・八路軍からスタートし、今では軍事目的のGPS用衛星を打ち上げ、宇宙ステーションを建設するまでに変貌したこ ... » more

卒原発について <卒原発について> 卒原発について集めてみました。 再処理施設ともんじゅのトラブル経緯を見る限り、これらは破綻した技術と言わざるを得ないようです。この分野に投入する技術的資源を廃炉に切り替えるのが、日本の技術というべきか。(安 ... » more

11 インテリジェンス関連の本   B <11 インテリジェンス関連の本>中国の軍拡、イスラム国のテロなど、きな臭い昨今であるが・・・・戦争、軍事関連の本から抜き出して、インテリジェンスに特化して括ってみます。・日米同盟の正体(2009年)・米韓中日本包囲網 ... » more

対中最新情報(2015,2,5)    B 尖閣諸島事件とそれに連動するようなレアアース禁輸があって以降、以下に示す情報収集を思いつき次第に試みてきたが・・・・重複、欠落などあったりするので、この際、最新情報を一括して並べてみました。それだけ、尖閣諸島事件が衝撃的であった ... » more

暴力、鎮めるために <暴力、鎮めるために>万国国際法学会会長レイン・ミュルレルソンさんがインタビューで「働かない国際法、背景に米一極支配」と説いているので、紹介します。やはり、アメリカの強引な価値観が中東全体に混乱をもたらしたようですね。( ... » more

「日本人だから狙われる」時代 <「日本人だから狙われる」時代>イスラエルにおける安部さんの不用意な発言が、テロを引きこもうとしている昨今である。この件では、国会でも追及されているが、安部さんが悪いのか、無能な外務省が悪いのか、判然としないのだ。そして、このあ ... » more

続・読書日記(154)小谷 賢『 モサド 暗躍と抗争の60年史 』 新潮社刊2009年6月1100円+税今回の読書日記の題を見て、「ン?モサドって何だ?」と、首を傾げた読者はおられるだろうか?アメリカのCIAなら、聞いたことのある人は多いだろう。昔、流行った映画「007」(ジェームス・ボンドが小型の ... » more
テーマ イスラエル インテリジェンス 中東の諜報戦

続・読書日記(153)手嶋龍一・佐藤 優 対談 『インテリジェンス 武器なき戦争 』 幻冬舎刊2006年12月第3刷740円+税本書は、かつて「外務省のラスプーチン」と呼ばれたこともある佐藤優と、外交を題材に評論や小説を書く手嶋龍一との対談である。 ぼくは、この「読書日記」でも、佐藤優の著書は、「交渉術」等、何度 ... » more

今週はこんな本を読んだbR11(26.4.20)「知の武装・救国のインテリジェンス」手嶋龍一・佐藤優新潮新書798円13年12月初版この本は「インテリジェンスを縦軸に、尖閣問題を横軸に、東アジア情勢を読み解く」ということが主 ... » more

日本の明日を担う政党とは 「国家の謀略」 佐藤優/著 小学館 2007.12.4著者はロシア担当の元外交官で衆議院議員鈴木宗男に絡む北方領土問題で背任と偽計業務妨害で有罪の判決を受けている。佐藤は外務省のラスプーチンと呼ばれていたが、この事件は国策捜査との疑 ... » more

日米同盟に国民の8割が賛意? 昨日行なわれた、天木直人氏の“さらば日米同盟”出版記念講演会で天木氏は今まで以上にキッパリと憲法9条を持つ日本が平和外交を展開すべきだと訴えた。そのことに天木氏は確信を持っているように感じた。 ... » more
テーマ さらば日米同盟 森田実 インテリジェンス  コメント(1)

インテリジェンス、人員削減で体制の適正化を目指す人材紹介、求人広告の分野で規模拡大を図ってきたインテリジェンス。転職業界の中では既に話にありましたが、800名規模の人員削減を進めています。本日の日経新聞にも掲載されていましたが、インテリジェ ... » more

外務省のラスプーチン、佐藤優氏の一連の著作や手嶋龍一氏の小説「ウルトラ・ダラー」で、インテリジェンス(intelligence)という言葉がbuzzword(流行語)になっている。安倍政権では、首相直轄の「対外情報機関」を創設して政府のイン ... » more

プライベート・インテリジェンス>(●ε ●)< いつのまにかぁ、どうしてもケータイが好きになれないおれちゃんさえも、最近はケータイを日常的に使うよーになっちょったんだねぇ、そりゃあクソエロオヤジですもん、出会い系サイト(多数はサクラですがねぇ、まっネット上のキ ... » more

橋本幸博研究室Intelligence
Intelligence “Intelligence”と言ってもピンハネをする手配師のことではありません。国家情報とか諜報活動と言うのでしょうか?佐藤優氏と高氏の対談集の「国家情報戦略」(講談社+α新書)を読むと、戦わずして勝つための国家情報戦略がいかに重要であるか ... » more
テーマ ニューラル・ネットワーク 研究 インテリジェンス

 

最終更新日: 2016/11/22 17:05

「インテリジェンス」のブログ関連商品

» 「インテリジェンス」のブログレビュー をもっと探す

「インテリジェンス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る