誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

歓迎の宴で織田信長の相手を務めたお久だが失敗して愚弄されるとそれを庇った黒田官兵衛。宴の次の日に蜂須賀小六から全ての事情を聞いた。官兵衛「そういう事だったのか。信長様も存外お人が悪い。」小六「そうだなあ。まあ、これを ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

龍野赤松軍の陣へ”火計”を仕掛けた黒田官兵衛。それはうまく行ったが官兵衛に敵の矢が襲った。その官兵衛の側で矢の刺さる音が聞こえた。官兵衛は、自分をかばった蜂須賀小六が刺されたと思い叫んだ。官兵衛「小六〜!」すると倒れ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

動けぬ負傷兵を救うために”夜襲”することを決意した黒田官兵衛。その官兵衛は、姫路城の城門前に来ると胸に手を当ててこう唱えた。官兵衛「我(われ)、知らねば難儀成り。彼(かれ)、知らねば信成り。我を信じ、そして彼を信 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

動けぬ負傷兵を救うために龍野赤松軍へ”夜襲”をかけることを決断した黒田官兵衛。その官兵衛は、お久に別れを言うためにやって来た。官兵衛「お久、すまない。もしかしたら約束を果たせないかもしれぬ。」お久「約束?」官兵衛「あ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

赤松政秀の思わぬ攻勢によってほほぼ全滅の危機を浦上軍と三木軍の援軍によって脱した黒田官兵衛。官兵衛は、援軍のかえつけた総大将の浦上宗龍と三木通秋に頭を下げて礼を述べた。官兵衛「宗龍殿、通秋殿、本当にありがとうございました。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

浦上軍を再度寝返らせて援軍を取りつけた黒田官兵衛。官兵衛は、浦上宗辰と共に援軍を率いて黒田軍が戦う土器山へ向かった。そこへ井上九郎右衛門が三木軍を引き連れて合流した。九郎右衛門「殿(=官兵衛)、三木家から援軍としてわすか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

御着城主小寺政職を救うためお味方の浦上家が裏切っているとハッタリをかまて御着城に撤退させた黒田官兵衛。だが官兵衛は、小寺軍が撤退した事を浦上軍へ報せに行く途中で真に裏切っていると勘ぐった。そこで官兵衛は、その浦上軍を再度 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

姫路城へ攻めてきたはずの赤松政秀率いる龍野赤松軍が主の小寺政職率いる小寺軍に向かっていることを知り、御着城に戻ってもらうために馬を走らせる黒田官兵衛。そして父の職隆と弟の休夢は、龍野赤松軍の進軍を止めるべく”土器山”へ向 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の姫路城へきた赤松政秀率いる龍野赤松軍3千が攻め入ってきた。官兵衛は、迎え討つために籠城戦の準備に入った。だが、官兵衛の計算が狂い出したのは突然大雨が降リ出した事だった。これにより火縄が湿って鉄砲が使えなく ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

竹中半兵衛は、毛利元就と備前の沼城を宇喜多直家に返す代わりに”厳島”に城を築く”密約”を結んだ。だが、これが黒田官兵衛に思わぬ災いをもたらすことになる。それは、守護赤松家が宇喜多直家より先に龍野赤松家の赤松政秀を討つことを決 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

義妹のお久にプロポーズした黒田官兵衛。その同じ日、師匠の竹中半兵衛もある交渉に臨んでいた。それは、毛利元就よの沼城返還交渉である。だが、半兵衛も官兵衛と同様に朝から夜まで待たされた。しかも水一杯も出されずにである。半 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

あたためて義妹のお久に告白する決意をした黒田官兵衛、だがその日、お久は部屋から出てこようとしなかった。官兵衛は、その日はずっとお久が出てくるまで黙って待った。官兵衛は、侍女が持ってきた水だけを飲んでただひたすら待ち続けたのだ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お久の事で父の職隆から鉄拳を喰らった黒田官兵衛。そんな官兵衛は、師匠の竹中半兵衛からh姫路の”学場”に呼び出された。すると官兵衛の右頬に青アザができてるのを見て笑ってこう言った。半兵衛「あはは、父親(=職隆)から大事な娘 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

義妹のお久から亡き姉のおたつへの嫉妬が理由で嫌われてると知った黒田官兵衛が絶望感から発した言葉が父の職隆の怒り買い鉄拳を喰らった。そして職隆は、官兵衛の性根を叩き直す説教をはじめた。職隆「お前は、お久に向かってこう言ったな。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

義妹のお久が好きだと気付いた黒田官兵衛は、お久に告白する覚悟を決めた。この日も官兵衛は、いつも通り”お久詣”をした。だが、少し様子が違った。それを陰で心配で見守る家老の栗山善助と直参の母里太兵衛がいた。善助「がんばっ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”師匠”の竹中半兵衛に義妹のお久に恋したことを報告した黒田官兵衛。それからしばらくたったある日、播磨から尾張に戻った利ノ助は、お市に官兵衛に詫びたことを聞いた。するとお市は、ある事を聞いて頭を抱えた。お市「何ですって?官 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

義妹のお久の打掛でお久が好きだと意識した黒田官兵衛。それを京へ発とうとしていた師匠である竹中半兵衛に相談するために姫路の”学場”にやって来ていた。半兵衛「何だって?義妹のお久が好きになった?」官兵衛「え、ええ。あっ、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市が美濃領主斎藤道三との会見で黒田官兵衛の義妹のお久の打掛の袖を鷹がとまったためにほぐしてしまった。そのお詫びに預かっていた花見屋の主人である利ノ助がやってきた。利ノ助「この度は申し訳ない。ちょっとお借りするだけのつも ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

姫路城で酒を酌み交わしながらこれからの事を語らう黒田官兵衛と蜂須賀小六。小六は。官兵衛の義妹のお久に触れた。小六「そう言えば”一番手柄”の”恩賞”でお姫様(=お久)に新しい着物を買ってやったんだって。それを姫路城の奥の女 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市と黒田官兵衛の手引きで荒木村重率いる池田摂津軍に京を警護させることにより何事もなく入京した明智・織田先行軍。美濃領主斎藤道三は、京近くまで来ると美濃三人衆の一人である稲葉良通にこう命じた。道三「では良通、ここまででよ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三から先行して京への行く手を邪魔をする者たちを討ち取るように命じられた織田信長。これに直参の池田恒興が尋ねた。恒興「いかがなされますか?若(=信長)。」信長「”野焼き”せよと言っても京で誰が行く手を邪魔をするか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三が将軍足利義輝を擁して織田信長と共に京へ向かう一行が美濃の稲葉山城の城下町を通った。城下には多くの人々が一目見ようと集まっていた。まさに勝利の戦の凱旋そのものだった。ただ違うのは、一行が向かう方角である。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三が織田信長を引き連れてついに京へ出立する日がやって来た。将軍足利義輝が稲葉山城から正徳寺の陣に到着した。道三は、信長と直参の明智光秀を伴って義輝に挨拶した。道三「公方様(=義輝)、京への道中は、我らがお守りし ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長は、黒田家の窮状を知り、官兵衛への”恩賞”の金子を美濃領主斎藤道三に差し出し、大きな借りを作った。信長は、さっそくその借りを返してもらう行動に出た。京へ出立する前日、信長と道三は、鷹狩りに出かけた。信長「本日は、なか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が【播磨合戦】の”1番手柄”で黒田家による姫路領の”自由裁量権”を御着城主小寺政職から許された。官兵衛は、戦での借金を返すべく【畿内大街道】と【楽市楽座】を姫路領に作ろうとしていた。ちょうどその頃に織田信長とお市は ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長とお市が美濃領主斎藤道三と会見を果たしたちょうどその頃、播磨の御着城ではちょっとし揉め事が起きていた。黒田官兵衛の父である職隆が御着城主の小寺政職に食ってかかっていた。職隆「これはあんまりではないか!」すると ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長が斎藤道三と会見していた頃、お市は、正徳寺の庭で深芳野とお濃とともに義兄利ノ助の立てた茶を飲んでいた。利ノ助「手が震えておるぞ、お蝶(=お市)。」お市「は、はい。」利ノ助「それほど信長様(の安否)が心配か?」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2016/12/04 04:56

楽天市場のおすすめ商品

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る