誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

織田信長の義姉であるお市に黒田官兵衛と自分の織田家の仕官を宇喜多直家の信長への恭順を手土産に取引を持いかけた蜂須賀小六。だがお市は、直家はもう使えないとあしらいさらに”廃品回収”させたあと美濃領主斎藤道三の手にかかって死 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

将軍足利義輝の一行とともに”厳島参拝”に同行した黒田官兵衛。その一行は、黒色の大船で厳島へ向かっていた。その甲板で官兵衛は、師匠の竹中半兵衛と直参の明智光秀の三人でこれからの事を話をしていた。半兵衛「お屋形様(=斎藤道三 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

姫路城で将軍足利義輝の謁見を果をした黒田官兵衛。その時、美濃領主斎藤道三が官兵衛の厳島同行を主の小寺政職に願い出て承諾されたのだった。その後日に道三は、官兵衛に案内されて政職に会見するため御着城を訪れた。道三は、政職に会 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

大船で播磨の英賀港を訪れた将軍足利義輝の一行。その一行に美濃領主死闘道三と師匠の竹中半兵衛も同行していた。その一行を新たにできた姫路城に城閣に案内する黒田官兵衛だった。官兵衛「まだ城閣だけですがこれから石垣を組みますので ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛を京に参内させなかった事に抗議のために使者に送られた明智光秀が官兵衛の主である小寺政職から思わぬ抵抗に合う。その光秀は、姫路城で官兵衛のもてなしを受けた。光秀「まさかこんな形で抵抗に合うとはのう。それだけ幕府の ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

蜂須賀小六から将軍足利義輝からの”召集令状”を手渡された黒田官兵衛。次の日、官兵衛が御着城を訪れて小寺政職に会ってその”召集令状”を渡した。その政職が早速その書状を開いて読んだ。その書状の主な内容はこうであった。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義妹のお久との縁組を画策する浦上家嫡男の浦上宗辰。御着城主小寺政職は、官兵衛と父の職隆を呼び出してその縁組の話を切り出した。政職「そなたを呼んだのは他でもない。義妹であるお久を浦上家嫡男宗辰に嫁がせる。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

櫛橋家の娘であるりきと”見合い”をした黒田官兵衛。そのりきは、官兵衛の義妹のお久が嫁ぐまで一緒に待つと約束を含めて全て飲んだ。志方城に戻ってこれを聞いた兄の櫛橋左京進は、思わす頭を抱えた。左京進「官兵衛の要求を全部飲んだ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛とりきの”お見合い”が行われてた。義着城主小寺政職とお紺の夫妻が仲人として立ち会って行われた。政職「いやあ、本日は、お日柄もよく目出度いなあ。」お紺「お前様(=政職)、今はどんより曇ってますけど・・・。」政職「 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

櫛橋家の娘であるりきとの見合いする日が近づいたある日、黒田官兵衛は、”お久詣”のときにお久にその事を話した。お久「”見合い”の事は母上(=めい)から聞いている。」官兵衛「そうか・・・。だが、”見合い”はするがあの約束だけは必 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

寧々の唇を奪ったことを父の杉原定利に謝罪した藤吉郎。藤吉郎が寧々から父の定利に殴られた傷を手当されていた。寧々「父上(=定利)から殴られた傷は、痛みますか?」藤吉郎「あっ、いや。殴られて当然のことをしたのだから気にするな ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市の部屋に現れる”座敷童子”を捕まえた藤吉郎。その”座敷童子”の正体は、お市の侍女の一人である寧々だった。その寧々の唇を勢いで奪ってしまい、それがお市の怒りを買った。藤吉郎「というわけでしばらくお市様の庭先へは無期限 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛と櫛橋家の娘であるりきの”縁組”を画策したお市。りきからの書状を吉乃から渡されて読んだお市は、こう言った。お市「どうやらうまくいったみたいですね。」吉乃「そうみたいだな。しかし、お久がかわいそうに思わぬのか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

櫛橋家の娘であるりきと”見合い”する事になった黒田官兵衛。その官兵衛の予測通り、その”見合い”には、織田信長の”姉”お市とお世話役としてやってきた吉乃が蠢いていた。この二人が尾張で再会したのは、この”見合い”の話が決まる ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

櫛橋左京進の妹のりきと”見合い”をすることになった黒田官兵衛。その日の晩に父の職隆から”見合い”の話を聞いた奥方のめいが怒り出し、職隆の襟首を掴んで責めた。めい「お前様(=職隆)、何でそんな仕儀になるのですかあ!官兵衛に ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【土器山の戦い】で黒田官兵衛が仕える小寺家を裏切っていたと浦上宗景と宗辰の親子を血詰問する織田信長。その信長は、、宇喜多直家と蜂須賀小六を証人として召し出すように直参の池田恒興に命じた。既にこのために姫路城に来ていた直家と小 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

播磨の実権を完全に掌握した織田信長。その信長が姫路城に集められた播磨の諸将の前で守護赤松家当主の赤松義祐からもらった”起請文”を披露してこう宣言した。信長「この”起請文”に書かれている通りこの姫路城を播磨の新たな”本城” ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛に赤松政秀の家臣全員の首を刎ねさせた織田信長。その信長は、守護赤松家の当主赤松義祐に会見するため竹中半兵衛を伴って置塩城に訪れた。信長は、丁重に義祐に挨拶したあと用件を述べた。義祐「信長、大義であった。」信 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

赤松政秀の家臣全員の首を刎ねるよう黒田官兵衛に命じた織田信長。その命令(めい)を師匠の竹中半兵衛は、官兵衛に伝えた。官兵衛「政秀の家臣全員の首を刎ねよですか・・・。」半兵衛「やれるか、官兵衛?」官兵衛「やるしかないで ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から龍野赤松城の包囲を命じられた黒田官兵衛。その官兵衛は、小寺軍を率いて城を包囲していた。そして城の近くを通る者を全て遮断して、さらに城から逃げ出す兵には鉄砲千丁が撃ち込んで対処した。こうして鼠一匹も城に出入りできな ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

いよいよおたつの仇をとるため姉お市の刀(やいば)となって動いた織田信長。その信長は、姫路城の密議部屋で宇喜多直家からおたつに関する事を報告を受けていた。信長「そうか。ごくろうだったな、直家。」直家「はっ。」信長「わか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

官兵衛の姉であるおたつの命を奪った【婚儀の夜襲】の噂を広めたお蝶(=お市)。これをした目的は、全て官兵衛を守るためだった。一つは、この噂を広めて仇である赤松政秀の評判を貶めるためである。さらにうまくやれば人心が離れていき戦を ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

親しくしていた黒田官兵衛の姉であるおたつを失い失意の中で堺に戻ったお蝶(=お市)。そのお蝶は、久しぶり堺の”学場”に訪れていた。師匠である竹中半兵衛にこれからの事を相談するためである。半兵衛「(おたつが亡くなった)話は、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お蝶(=お市)の目の前で黒田官兵衛の姉おたつは、息絶えた。しばらくすると使用人が連れて来た家老の母里武兵衛がおたつの遺体を引き取っていった。それからお蝶は、店での噂で龍野赤松城の城主である赤松政秀がおたつの嫁ぎ先である浦 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

おたつの仇である赤松政秀に織田信長に罠を仕掛けさせたお市。そのお市は、その夜自分の部屋の墓台に祈りを捧げていた。その日が黒田官兵衛の姉で親友だったおたつが亡くなったちょうど5年だった。お市「おたつ様、あれからちょうど5年が経 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義姉であるおたつの死の真相を探るように織田信長から命じられた宇喜多直家。その直家が信長からの和議の使者として赤松政秀の元を訪れた。政秀「まさか沼城を(毛利)元就に奪われた挙げ句、信長の使者に成り下がっておると ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長に姫路城を譲り、国府山(こうやま)城へ黒田家一門の皆で引っ越した黒田官兵衛。だがこれには、御着城で開かれた評定で問題になり、御着城で開かれた小寺政職の重臣の櫛橋左京進から詰問された。左京進「父上(=伊定)から聞い ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

赤松政秀の”討伐”と宣言した織田信長に姫路城を献上すると申し出た黒田官兵衛。これを官兵衛から聞いた父の職隆は目を丸くした。職隆「信長に姫路城(この城)を献上しただと?」官兵衛「はい、信長様とこれからやってくる軍の方々の拠 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2016/12/04 04:56

楽天市場のおすすめ商品

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る