誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

毛利軍が出兵を拒否したため尼子軍に石見を奪い返された。だが、奪い返した尼子新宮党の大将である尼子国久が元の領主である石見山吹城主の小笠原長隆に銀山を返さずに占拠し続けた。長隆は、その件をあろうことか毛利元就に打開するように懇 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

室町幕府に献上された石見銀山を接収した陶晴賢は、幕府の権威復権にかける”大守”斎藤道三によって出雲の尼子晴久と安芸の毛利元就をはじめとした安芸国人衆に晴賢の討伐令を出した。その絵図を描いて仕掛けた、毛利家の与力となっていた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の活躍で尼子家から石見を奪還して毛利家は恩賞として新たな領地を手に入れた。官兵衛は、毛利元就の居城である宮尾城で元就と当主の毛利隆元の三人で領地分配で密談をした。元就「隆元、ワシは新たな領地の半分はもらうからな。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

毛利軍と共に石見の砦を守り抜き手中に収めた黒田官兵衛。その官兵衛は、毛利元就とともに祝勝の宴に参加していた。元就「皆の頑張りのおかげでこうして石見を制することができた。今宵は無礼講だ。大いに飲んでくれ〜!」兵一同「はっ。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

毛利軍とともに黒田隊を率いて石見攻略に乗り出した黒田官兵衛。その官兵衛は、寝返った国人衆から石見の山にある砦を譲ってもらいそこを本拠地にして立て篭もった。そこで攻めて来る尼子軍に備えたのだ。官兵衛「下がよく見える高台もで ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

戦をぜずに鮮やかに毛利隆元ら国人衆が蜂起していた安芸を制してしまった黒田官兵衛。その官兵衛は、大内軍の陣に戻り総大将である陶晴賢。にこう申し出た。官兵衛「ではこれより私は、毛利軍とともに石見を攻め落としに参ります。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

一旗あげるために黒田隊百人とともに内乱と一揆が頻発する安芸へ赴いた黒田官兵衛。だがその安芸は、反乱を起こしている国人衆を愕然とさせる出来事がいきなり起きた。官兵衛が小早川隆景に連れられて陶晴賢の陣に参陣したからである。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

新たに結成した黒田隊とともに安芸に発とうしていた黒田官兵衛。その黒田隊に官兵衛の再起の噂を聞きつけて共に手柄を立てて一旗上げようと思っている牢人や武士になりたいと志す庶民(たみ)の出身の猛者百人が沼城の城門前に集まった。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

西国の平定のために新たに結成した”黒田隊”とともに安芸へ赴くことにした黒田官兵衛。ついにその安芸へ旅立つ日がやって来た。官兵衛は、旅立つ前に光とめいを連れて沼城に連れて行った。城主の宇喜多直家に人質として預けるためである。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

光とめいを宇喜多直家に預けて安芸へ一旗揚げるために旅立つ事にした黒田官兵衛。官兵衛は、交渉のために密かに安芸に行っていた蜂須賀小六を呼び戻して備前の城下町の座敷屋に呼んだ。官兵衛は、共に先に飲んでいた。官兵衛「来たか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

宇喜多直家に浦上家との戦を避けるために毛利家の内紛を鎮めその上で盟約を結ぶ策を提案した黒田官兵衛。そのために内紛の元凶になっている陶晴賢を討つと言った。その官兵衛が直家に頭を下げてある願い出をした。官兵衛「安芸に発つ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”藤乃屋”を売却して手に入れたお金で”黒田隊”を結成に動き出した黒田官兵衛。ちょうどその頃、”湯治”から宇喜多直家が備前に戻って来た。そして直家は、官兵衛が身を寄せている後基国の屋敷に使者を送り自分の元に来るように伝え、官兵 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

顔料や香水などを扱う”藤乃屋”を吉乃の呉服屋に売却して莫大なお金を手に入れた黒田官兵衛はいよいよ”黒田隊”の結成に動き出した。ちょうどその頃、その”藤乃屋”の顔料が尾張の織田家に届いた。それを吉乃は、信長の”姉”お市に自慢し ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ついに店を開く元手を手に入れた黒田官兵衛。すると官兵衛は、直参の母里太兵衛と二人で山へ入りそこで野草をとってきた。そしてしばらくその野草を乾燥させるとそれを買ってきたうすで細かく砕いて粉にした。太兵衛「お頭(=官兵衛)、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

光(=お久)と”駆落ち”をしてふりだしに戻って裸一貫の人生を始めた黒田官兵衛。まずは店を開くための元手を稼ぐために仕事を探していた官兵衛は、小六と河原で話をしているとき大勢で作業をしてる漢たちを見つけた。官兵衛「何をして ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

光(=お久)と”駆落ち”をしてふりだしに戻って裸一貫の人生を始めた黒田官兵衛は、再起するために”店”を開くと言い出した。次の日、官兵衛は、吉井川の河川敷で蜂須賀小六と会った。これからの事を話すためと播磨の様子を聞くためである ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お久とともに”駆落ち”して宇喜多直家のいる備前へ向かった黒田官兵衛。だが、その官兵衛は、直参の母里太兵衛と共にまだ播磨に残っていた。櫛橋家に縁談の断りの返事をするためである。先に備前に入ったお久、めい、そして官兵衛の直参の ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

蜂須賀小六にぶん殴られて目を覚めてお久と共に生きて行くことを決意した黒田官兵衛。その官兵衛は、姫路城に行ってお久と再会してこう言った。官兵衛「ただいま戻った、お久。」お久「官兵衛、私は・・・。」官兵衛「わかってる、もう何 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義妹のお久に官兵衛と”駆落ち”しろとけしかけた蜂須賀小六。お久の同意を取り付けた小六は、今度は国府山城に向かい官兵衛と会うといきなりぶん殴り飛ばした。官兵衛「いきなり何をするのだ、小六!」小六「悪いなあ、官兵 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義妹のお久に官兵衛と一緒になるために戦えと訴えた蜂須賀小六。小六「戦うんだ、お久。戦って官兵衛(欲しいもの)を手に入れろ。」するとお久がこう叫んだ。お久「そんな事ができるわけないだろ。黒田官兵衛(あの者) ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市の謀略で宇喜多直家を落とした織田信長。その頃、蜂須賀小六は姫路城に到着し、黒田官兵衛と義妹のお久の縁談を”破談”にしようとしていた。すると小六は、黒田家家老の栗山善助に会い奥方のめいに婚礼前の祝いの挨拶をしたいと頼んだ。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三は、赤松政秀の首を持参した宇喜多直家を手討ちにしようとしたが織田信長に制せられれる。すると道三は、信長に言った。道三「ワシは、公方様(=将軍足利義輝)を護るために京(ここ)にいるのだぞ。自ら将軍になる ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義妹のお久が浦上家に嫁ぐ事が決まりあせっている宇喜多直家は、美濃領主斎藤道三に取り入ろうと画策し、同時に蜂須賀小六を使ってお久と官兵衛の縁談を破談に追い込もうとしていた。しかしこれを裏で画策のは他ならぬ織田信長と ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

厳島参拝の帰りの途で義妹のお久の許嫁となった浦上宗辰に婚礼前の挨拶をした黒田官兵衛。挨拶が終わって城門まで送られる途中で宗辰は、意外な話をする。宗辰「悪く思わないでくれ、官兵衛殿。そなたが妹御(=お久)に思いを寄せてるこ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

毛利家の和議のために毛利元就の嫡男で安芸国主毛利隆元と交渉に臨んだ黒田官兵衛。だが同席するはずだった師匠の竹中半兵衛がいつまでたっても姿を現さなかった。同席していた次男の吉川元春が当然怒った。元春「これはいったいいかなること ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

蜂須賀小六にお久の縁談が既にまとまった事を告げた織田信長。信長「だが、まだ逆転の余地はあるのだがなあ。なあ、俺の話に乗ってみぬか?」小六「何を言い出すかと思えば・・・。」信長「言っとくが俺と姉上(=お市)が一枚岩なんて思うの ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市は、お久が浦上家との縁談を仕込み黒田官兵衛から引き離そうとしているのが官兵衛を織田信長に配下にすえるためでさらにお久が邪魔だと蜂須賀小六に言い放って官兵衛とお久の縁談をぶち壊すように仕組んだ。その小六が竹中半兵衛に何とか ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2016/12/10 16:36

楽天市場のおすすめ商品

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る