誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

”大守”斎藤道三の嫡男龍吉丸の”元服の儀”を終えた黒田官兵衛。その後、”師匠”の竹中半兵衛の案内で光とともに堺へ立ち寄り店や”学場”を見物し、美濃屋敷で播磨への帰りの船を待った。光「京の店にもいろいろあったけどやっぱり堺のほ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”大守”斎藤道三は、京で越前の朝倉義景と安芸の毛利元就の参内を迎え、二人に忠義を誓約を立てさせた。その後、美濃斎藤家嫡男の”斎藤義龍”と安芸毛利j家嫡男の”毛利輝元”の二人の”元服の儀”が開かれた。だが、”元服の儀”とそ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市を取り戻すために竹中半兵衛と黒田官兵衛と共に信長と戦う決意をした。官兵衛は、”大守”斎藤道三を訪ねて二人で話し合った策を進言した。道三「なるほど。お市(大嬌)を”人質”に差し出せかあ。」官兵衛「はい。これならば織田家 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から大将を口説き落としたら”侍大将”にすると言われてあろう事か黒田官兵衛を口説き落とす事を決めた。それを別宅で藤吉郎から聞いたお市は、思わずは飲んでいたお茶を噴き出した。お市「ぶっ!官兵衛を口説き落とす?」藤 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

戦の勝利の凱旋中に弟の小一郎と数年ぶりに再会した木下藤吉郎。その藤吉郎は、小一郎を自分の部屋に案内した。それは、とても”総大将”に似つかわぬ錆びれた部屋だった。小一郎「兄者(=藤吉郎)、こんなところに住んでいいるのか?」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

松平元康率いる今川軍に大勝利した木下藤吉郎率いる織田軍。その藤吉郎は、自ら率いる織田軍と援軍で参陣した竹中半兵衛率いる鉄砲隊とともに尾張を凱旋した。尾張の多くの庶民(たみ)がその軍勢を迎え、今川軍を追い払った誰も知らぬ若 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市の指示により松平元康の陣を探った木下藤吉郎と佐々成政。その二人から陣の様子を聞いたお市は、こう言った。お市「よし、では明日の早朝に攻めるとしようかのう。」すると側にいた前田犬千代にこう命じた。お市「犬千代、戦準備(じ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

尾張へ侵攻した今川軍。その総大将は、岡崎の若き猛将である松平元康だった。彼は、自前の三河武士団を率いて主力が京に行っているために織田軍を圧倒した。これには、知将の酒井忠次と長槍の名手の本多忠勝が両脇を固めていることが大き ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”反美濃同盟”が結成されてしばらくたったある日、今川軍が侵攻しててきた。それは、ちょうど官兵衛と光が京へ上洛しようとした日と重なった。その報せは、すぐに京の”大守”斎藤道三の元に届き、”軍師”竹中半兵衛に状況を聞いた。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

若き猛将である松平元康に思わぬ好敵手が立ち塞がる。その者に名は、木下藤吉郎。そして裏で糸を引く女軍師であるお市。お市「戦は、正確な情報と信頼できる指揮系統さえあれば戦場(いくさば)にいなくてもできるもの。」一方、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

木野美香「では、徳川家康の後篇として【関ヶ原の戦い】に関してお送りします。先生、よろしくお願いします。」来栖教授「はい。【関ヶ原の戦い】に関してというか。何故この戦が起きたのかを語ります。」美香「ところでタイトルの”あの ... » more
テーマ ネタ 歴史 戦国

木野美香「今回は、軍志第21話に出てきた松平元康こと徳川家康についてお送りします。先生、よろしくお願いします。」来栖教授「はい、とは言ってもまだ滝川一益の話で名が出ただけじゃないですか。」一益「ああ、それも”松平元康 ... » more
テーマ ネタ 歴史 戦国

京に着いた黒田官兵衛は、”大守”斎藤道三に目通りしていた。光と深芳野が席を外し二人だけとなった官兵衛は、道三にある事を尋ねた。官兵衛「何故、(織田)信長様を尾張へ返されたのですか?大事な”人質”を手放すなんて。」道三「や ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”大守”斎藤道三の嫡男の龍吉丸の元服の儀の賓客として京に上洛した黒田官兵衛と光が道三と謁見した。道三「こうして二人揃って京に迎えられたことを何よりうれしく思うぞ。」官兵衛「あしがたきお言葉。私も大守様(=道三)と京で再会 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

義妹のお笠の婚儀が無事に済ませた黒田官兵衛と光。しばらくし官兵衛は、その光と共に斎藤家嫡男の龍吉丸の元服の儀の賓客して招待されたため京へ向かった。経路は、播磨の英賀港から堺に入り、そこから陸路で京に入った。ちなみにお供は、直 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛の義妹となって浦上家に嫁いだお笠のために黒田家の奥方として婚礼の口上をすることになった光。その時がついに訪れた。光は深呼吸をした後、目の前にいるお笠に語りかけるように話した。光「え〜と、ごめんなさい。婚 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

晴れて正式に夫婦(めおと)となった黒田官兵衛と光。だが、その一方の光がある難題を抱えていた。光「何なの?見た事もないこの大勢の人盛りは・・・。」それは、官兵衛と光の義姉となった宇喜多直家の娘のお笠と浦上家の嫡男の宗辰の婚儀の ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

光との婚儀を終えた黒田官兵衛。そのあと、婚礼の宴が催され酒で少々酔いが入った蜂須賀小六が官兵衛を宇喜多家から小寺家に戻す交渉での裏話をして周囲を盛り上げていた。小六「ありきたりの馴れ初めの話をしても面白くないのでどうして ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

竹中半兵衛の光を櫛橋家の養女にして娶るという方策を飲んだ主の小寺政職の計らいで晴れて正式に結ばれることとなった黒田官兵衛。その官兵衛と光の婚儀が決まってから一週間後の今晩に開かれた。光は、政職の御着城で白無垢の花嫁衣装を ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

竹中半兵衛の計らいで姫路へ戻った黒田官兵衛。その官兵衛は光とともに御着城に訪れていた。主の御着城主小寺政職に二人の仲を認めてもらうためである。二人はしばらく広間で待っていた。官兵衛「出るときにも話したが、すぐに私達の仲を ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

竹中半兵衛と宇喜多直家との取引で直家の娘お笠が黒田家の娘として浦上家の嫡男の浦上宗辰に輿入れすることになり、そのため小寺家に戻ることになった黒田官兵衛。同時に宇喜多家の”人質”だった光とめいが黒田家に戻さることになり先に姫路 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

松永久秀率いる”反美濃同盟”を糾合し、”大守”斎藤道三の京から追放して封鎖することを画策したお市。そのお市の予想通り、備前守護の宇喜多直家は、久秀を裏切っていた。だが、あろうことか思わぬ者までも裏切っていた。それは、【厳 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

比叡山延暦寺の密議で”大守”斎藤道三が室町幕府を乗っ取り簒奪しようとしていると言い放ったお市。これには、集まった三好長慶、近衛前久、細川藤孝、朝倉義景の4人が度胆を抜かれた。只一人、松永久秀は笑って盃の酒に口を付けた。義 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶然 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

木野美香「今回は、軍志第20回で取り上げた【厳島合戦】をお送りします。先生、よろしくお願いします。」来栖教授「はい、では早速この戦いの概略から解説します。ますはこちらを見て下さい。」【厳島合戦】年月日:1555年 ... » more
テーマ ネタ 歴史 戦国

【厳島合戦】で野戦での”無血降伏”という前代未聞の戦をして毛利家を完勝に導いた黒田官兵衛。勢いに乗った毛利隆元率いる毛利軍は、大内家の周防・長戸に攻め込んだ。この戦で活躍したのは、降伏した元陶軍の諸将たちだった。毛利家の元で ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が立て籠る厳島の宮尾城に陶軍2万が攻め込んだ。その光景を厳島の対岸で見ていた毛利軍総大将の毛利隆元は、官兵衛の安否を気遣った。隆元「官兵衛・・・。」側にいた弟の吉川元春がこう言った。元春「これは官兵衛を助けるの ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ついに毛利軍と陶軍との戦が始まった。陶軍総勢2万に対し毛利軍は、安芸の国人衆全てを含めても総勢1万だったがそれそれの城に籠城してよく耐えた。そのため陶軍はだんだんと消耗して行った。そんな陶軍を率いる総大将の陶晴賢の元にある者 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

前門の虎であった尼子家の戦力を削るために尼子新宮党の棟梁だった尼子国久を謀殺した黒田官兵衛。そしていよいよ後門の狼である陶晴賢と戦を仕掛けようとしていた。その官兵衛は、毛利元就と共に安芸の国人衆と軍議に臨んだ。元就「あま ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2016/12/10 16:36

楽天市場のおすすめ商品

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る