誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

寄り合いで小寺家に仕える前の黒田官兵衛を武田信玄が取り立てないと蜂須賀小六に言い切った千利休。小六「ところで官兵衛の双六話が盛り上がって忘れていたが武田信玄が官兵衛を取立てないとはどういう意味だ?どこの馬の骨ともわからん山本 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

千利休と蜂須賀小六との寄り合いで毛利家の方々と夫婦同伴で厳島参拝をする事になった黒田官兵衛。すると利休は、官兵衛と小六にある話を打ち明けた。小六「何だと?武田信玄は、絶対に官兵衛を仕官させないだと。」利休「ああ、あくまで小寺 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛と蜂須賀小六に千利休とは”女軍師”お市の”影武者”だと語る利休。利休「諸国の、とくに織田家の敵となるであろう今川、武田、上杉、三好、朝倉にお蝶が”女軍師だ”とばれてはならない。そして盟約を結ぶ浅井長政にもだ。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

師匠の竹中半兵衛と”手切れ”した黒田官兵衛。それを千利休に話した。利休「そいですかあ。互いにさぞつらかったでしょうねえ。」官兵衛「ええ。ですが仕方ありません。違う道を歩むことになったのですから。」利休「ですがこれでお蝶( ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三から黒田官兵衛を織田家に仕官させると言い渡された師匠の竹中半兵衛。その道三は、決意の真意を半兵衛に述べた。道三「半兵衛、お前の苦しみはわからぬでもない。師として慈しみ続けた官兵衛を手放すのはつらかろう。も ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛に”永遠の樹形図”と説く花見屋利ノ助こと千利休。官兵衛「今日は、師匠の竹中半兵衛と手切れをした事をお報せするために参上しました。」利休「ではその手切れの内容をこの利休にお話頂けますか?」官兵衛「はい、利休様。」 ... » more
テーマ 軍志本編 戦国

黒田官兵衛に”志”が人から人へ伝わり永遠に引き継がれる様を”永遠の樹形図”と説く花見屋利ノ助こと千利休。その言葉に感銘を受ける官兵衛だった。そんな官兵衛に利休は、こう言った。利休「ちょっと気分転換に庭を案内しましょう。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から黒田官兵衛を横取りした”不忠”でお手打ち寸前の木下藤吉郎。その藤吉郎がお市の名をこう叫んで涙して泣いた。藤吉郎「感謝します!感謝致します〜!お市様〜!」ちょうどその頃、墨俣砦で、は官兵衛がおたつの遺髪 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

ついに織田家の評定で木下藤吉郎が織田信長による黒田官兵衛の織田家仕官の審問がなされる事になった。ちなみにその前の信長の守役の平手政秀の審問は、これまでの働きに免じて許された。但し、美濃斎藤家に寝返った織田家の元家臣を全て ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

木下藤吉郎の命運が決まる織田家の評定がついに始まった。信長「では、評定を始める。」家中一同「はは〜!」だが最初に召還されて審問されたのは、藤吉郎ではなかった。何と織田家筆頭重臣で信長の守役の平手政秀が今回の織田家 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が”密議”で木下藤吉郎の家臣になる事を許した織田信長。その話を墨俣砦で聞いた蜂須賀小六が聞いた。小六「ところで”平手(政秀)様”とは何の事だ?」官兵衛「ああ、実は織田家筆頭家老で信長様の守役の平手政秀様は、今川 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

蜂須賀小六にそそのかされて黒田官兵衛を自分に仕えさせるために主君の織田信長を評定の場で説き伏せる事を試みる決意をした木下藤吉朗。その評定の日がやって来た。その評定が行う前、直参の前田犬千代は、同じ直参の佐々成政からお市様 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

形式的に主君の織田信長から黒田官兵衛を横取りするという不忠を犯してお手打ちされる危機を迎えた木下藤吉郎。その藤吉郎は、直参の前田犬千代ろともに墨俣砦の土牢に捕らえられている蜂須賀小六の元を訪れた。犬千代「小六、この危 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

軍志(ぐんし)第1部ついに完結。第27話親心【墨俣砦の攻防戦】の戦の代償は余りに大きかった。道三「何ということだ・・・。」織田信長の父、織田信秀が亡くなったのが原因で切腹する守役の平手政秀。信長「爺、何故だ?何故 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

一兵も率いていない織田信長の使い走りである木下藤吉郎に仕えるという前代未聞の条件で和議をまとめた黒田官兵衛。だが、藤吉郎は、主君の信長を、そして官兵衛は、師匠の竹中半兵衛の命懸けの説得をしなければならなかった。官兵衛 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三に織田家仕官を命じられた黒田官兵衛。道三は、美濃にお市の書状を届けに来た石田佐吉にお市への”密書”を届けるように命じた。その密書には、お濃の輿入れと官兵衛の織田家仕官の件が書かれていた。それを近江で佐 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長に捕らえられている蜂須賀小六は、木下藤吉郎に黒田官兵衛の織田家仕官への取引を持ち掛け密かにお市と書状のやり取りをする事に成功した。そのお市は、織田家の”人質”としてまだ浅井長政の居城である近江の小谷城に居た。小六 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【三国盟約】成就と捕らえられた蜂須賀小六を助けるために織田信長との和議交渉に臨むことになった黒田官兵衛。その小六は、墨俣砦の土牢であいかわらず暇を持て余し考え事をしていた。するといつも通り藤吉郎が夕飯を持って来た。藤吉郎 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から尾張、美濃、近江の【三国盟約】を成したいと伺った黒田官兵衛。官兵衛は、稲葉山城に戻って美濃領主の斎藤道三に報せた。道三「【三国盟約】のう。」官兵衛「はい、ですからその前に和議を結びたいと信長様は、仰せです ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主の斎藤道三が【墨俣砦攻防戦】で勝利した織田信長に何かを伝えるために参謀役の竹中半兵衛に木下藤吉郎を呼びに行かせた。その藤吉郎が半兵衛に連れられて道三の前にやってきた。藤吉郎「道三様、お話とは何でしょうか?」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田方砦の自爆で美濃領主の斎藤道三率いる斎藤軍に多大の死傷者を出し、さらに墨俣砦まで陥落させて完勝した織田信長。この状況を本陣で参謀役の竹中半兵衛より報告を受けるとこう言って頷いた。道三「そうか。まさに光陰矢の如しだな。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市の織田信長への救援要請を受け入れた浅井長政は、浅井軍6千を引き連れて美濃国境に迫った。それに対し美濃領主の斎藤道三の参謀役である竹中半兵衛は、黒田官兵衛と明智光秀に挟撃を避けるために足止めを命じた。だが率いている明智 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

近江の浅井長政を説き伏せて6千の援軍を向かわせる事に成功したお市。一方、そのお市が援軍を秘密裏に進めるために織田家が割れている芝居をしていると美濃領主の斎藤道三に看破した黒田官兵衛。これを聞いた道三は、側にいた直参の明智 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市が援軍を呼びに行っていると美濃領主斎藤道三に進言した黒田官兵衛。その官兵衛の指摘通りお市は、石田佐吉とともに近江の浅井家の小谷城を訪れ、当主の浅井長政に謁見していた。お市は、長政に頭を下げてこう挨拶した。お市「お初に ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

2017年もよろしく!☆クリスマスにレイ様が大阪にやってきた! 2017年1月も、もう月末です。大嫌いなお正月もすみ。今年はスィートちゃんが大学受験の年。ですが、なんとか私立のS芸術大学、通称S美のスカラシップ制度(学費から年間50万円 ... » more

織田信長の籠る織田方砦の兵たちを救うために黒田官兵衛と共に美濃領主斎藤道三に直談判しに斎藤軍の本陣を訪れた木下藤吉郎。あらかしめ官兵衛の使者からそのj報告を受けた道三がうすら笑ってこうつぶやいた。道三「ふっ、官兵衛がしび ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三率いる斎藤軍の織田方砦への猛攻撃を半月近く耐えていた織田信長率いる信長軍。そんな中、信長の使者として来ていた木下藤吉郎が佐々成政と共に黒田官兵衛に和議の話を持ち掛けた。官兵衛「お屋形様(=道三)に直談判したい ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田方砦を攻めてきた柴田軍を佐久間信盛を裏切らせて撃退に成功した織田信長。この戦の様子を墨俣砦から黒田官兵衛、蜂須賀小六、佐々成政、そして木下藤吉郎が唖然として見ていた。藤吉郎「すげ〜!どうだ、成政。裏切って後悔してるだろ。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2017/05/20 22:09

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る