誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

龍野赤松家の赤松政秀の娘の誘拐に失敗した黒田官兵衛の義兄の櫛橋左京進が織田信長の命令(めい)を受けた滝川一益に捕まった。これこそ信長が仕掛けた謀略(はかりごと)だった。その報告を奥方の光から聞いた官兵衛は、落胆すると ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

姫路の代官となった羽柴秀吉に自らの姫路城を譲ると竹中半兵衛と蜂須賀小六に告げた栗田官兵衛。官兵衛は、その同意を得るために御着城で小寺家家中を集めて評定を開いた。当然、官兵衛は、小寺家の重臣たちから責められた。特に官兵 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

織田信長から黒田官兵衛のいる姫路の代官を命じられた羽柴秀吉。秀吉は、官兵衛にその事を通告するために直参の蜂須賀小六を姫路に派遣して竹中半兵衛と共に官兵衛との交渉に当たらせた。官兵衛「羽柴様が堺奉行を辞められた?」小六 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

黒田官兵衛は、主君の小寺政職の恩義があるので竹中半兵衛からあった織田家の仕官を断った。羽柴秀吉と寧々は、その半兵衛からの報せの書状を読んで感動の涙を流していた。そこには、【婚儀の夜襲】とその後に官兵衛が主君の小寺政職 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

前代未聞のマイナス金利の”債権状”で堺、尾張、美濃の商人から将軍足利義昭の新たな御所である二条城の資金集めに成功した羽柴秀吉と竹中半兵衛。その秀吉がその構想者である黒田官兵衛の引き抜きを決意する。播磨で官兵衛と再会し ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

将軍足利義昭が自分の権威を織田信長に見せつけるために諸国の全ての城主に送った”召集状”のため各地は大混乱に陥ったが織田信長が畿内の有力大名のみ将軍に参内させる事で事を収めた。その参内を行われる前、信長は京に正室の帰蝶を呼 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

黒田官兵衛の素性を知るために備前の宇喜多直家を京に呼び出した明智光秀。その直家が将軍足利義昭からの”召集状”を光秀に見せた。光秀は、すぐに信長の元を訪れて直家から預かった書状を見せた。信長は、それを握りつぶしてこう怒 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

織田信長から【畿内大街道】の構想した功績で”感状”と”褒美”を頂いた黒田官兵衛。官兵衛は、頂いた”褒美”を家中の者に分け与えた。まず、信長から贈呈された名馬を”直参”の母里太兵衛に譲った。その馬を姫路城の広場で乗り回し、義兄 ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

嘗て【畿内大街道】を羽柴秀吉の”参謀役”竹中半兵衛に提唱した黒田官兵衛。その官兵衛に織田信長が”感状”と”褒美”を与える事にし、それを命じられた秀吉は、その使者として秀吉の”直参”で蜂須賀党棟梁の蜂須賀小六を派遣した。そ ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

黒田官兵衛に嫡男松寿丸が生まれた年に織田信長が京上洛を果たし足利義昭を将軍にした。その信長は、その恩賞として明智光秀の進言した【畿内大街道】を頂いた。そのおかげでその要所の一つである堺の代官に羽柴秀吉が任じられた。そ ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

お断り:これは歴史フィクションであって実在の史実、偉人、またはお家とは一切関係ありません。また、この物語は来栖教授の仮説に基づいて脚色されています。永禄11年(1568年)、その頃は武田信玄や上杉謙信をはじめとし ... » more
テーマ 小説 戦国 黒田戦記

木野美香「今回は、軍志の人物設定になっている竹中半兵衛と栗田官兵衛の2人は、”師弟”であることについてお送りします。先生、よろしくお願いします。」来栖教授「はい。ですが勘違いしないでください。今回は、史実がそうだったとい ... » more
テーマ ネタ 歴史 戦国

小谷城において近江国主浅井長政と師匠の竹中半兵衛が見守る中、黒田官兵衛は、お市に語り始めた。官兵衛「お市様。まずはこの官兵衛、お悔やみを申し上げます。またお市様の今のお気持ち、お察し致します。」お市「官兵衛、私は・・・。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

浅井長政と【尾張・美濃・近江盟約】の交渉のため小谷城へやってきた竹中半兵衛と黒田官兵衛。官兵衛が半兵衛との馴れ初めを語ったあと、半兵衛は、織田信長の父である信秀と”守役”だった平手政秀の死の衝撃で放心状態になっているお市に ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【尾張・美濃・近江盟約】の交渉のため小谷城に訪れた竹中半兵と黒田官兵衛。その官兵衛が浅井長政に半兵衛との馴れ初めを語り始めた。これは、まだ半兵衛が”学場”を開設した頃の話である。その頃、官兵衛が”松寿”と呼ばれて ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【尾張・美濃・近江盟約】を結ぶために浅井長政の居城である小谷城へ向かった竹中半兵衛と黒田官兵衛。そこで二人は、長政と交渉を行った。半兵衛「久しぶりじゃのう、長政。」長政「おいおい、昔の顔なじみとはいえその口の聞き方は ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

竹中半兵衛と黒田官兵衛とともに【尾張。美濃。近江盟約:】の話をまろめた織田信長の”守役”平手政秀が”殉死”を遂げた。その報告は、那古屋城の信長の元に嫡男の五郎右衛門「がした。五郎右衛門「我が父(=政秀)が今朝切腹しました。」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

栗田官兵衛と織田信長の”守役”平手政秀に説き伏せられて父親である土岐頼芸に会って話合うことを決めた竹中半兵衛。その3人は、信長が成就させるべく動いてうた【尾張・美濃・近江盟約】の話に入った。この話し合いは、稲葉山城の広間 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

松永久秀との取引に応した竹中半兵衛。その久秀は、仲介役の黒田官兵衛とともに近江にいる土岐頼芸と交渉に臨んだ。久秀「ワシが半兵衛と話をまとめたのだ。そなたを謀殺する心配はもうない。」頼芸「どういう事ですか?」久秀「斎藤 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

父である土岐頼芸ら土岐一党との和議交渉に将軍足利義輝の威光を借りるために謁見を果たした竹中半兵衛。その場において図分が土岐家嫡男土岐頼忠である事を明かすのだった。こtrを聞いた義輝は驚き聞き返した。義輝「それは真であ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長は、亡くなった父親である信秀に対し遺灰を投げつけるという非道を行う。だがそこには、竹中半兵衛と父親の土岐頼芸の和議を促すという深謀遠慮があった。これに呼応するように美濃領主斎藤道三は、竹中半兵衛と黒田官兵 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長の父である信秀が”背信者”の汚名を着たまま急遽した。尾張那古屋城で信長がこの報せを守役である平手政秀から直接受け、その時立ち上がりこう叫んだ。信長「親父殿(=信秀)、何故だ!何故、今死んだのだ!」 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から黒田官兵衛の引き抜き工作の褒美として寧々を嫁に娶ることと”羽柴秀吉”という新たな名を与えられた木下藤吉郎。そのちょうど同じ頃、美濃の稲葉山城では、美濃領主である斎藤道三が参謀役の竹中半兵衛を自分の茶室に招き茶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【尾張・美濃・近江盟約】を成就させるために美濃領主斎藤道三と娘お濃の輿入れと”恩赦”による土岐家「一等の美濃帰国の話を進めた織田家の重臣であり織田信長の守役である平手政秀。その事を那古屋城に戻り、信長に報告した。信長 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田家仕官のため師匠の竹中半兵衛と袂を分かった黒田官兵衛。その後、織田信長の意向を受けた重臣平手政秀が美濃と盟約の交渉のため稲葉山城にやって来た。そこで謁見した美濃領主の斎藤道三がこう切り出した。道三「官兵衛の織田家仕官 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三に黒田官兵衛の織田家仕官を徳伏せられた官兵衛の師匠のやけ中半兵衛。次の日の夜、その半兵衛の元へ官兵衛が訪れた。官兵衛「本日は、お師匠様(=半兵衛)に我が”真意”を聞いてもらいたいと思い参りました。」すると ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三から黒田官兵衛を織田家に仕官させると言い渡された師匠の竹中半兵衛。それに対して半兵衛は叫んだ。半兵衛「何故でございます?何故、私から官兵衛を取り上げるのですか?」道三「それをワシに言わせるか!これは” ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から黒田官兵衛を横取りした”不忠”でお手打ち寸前の木下藤吉郎。その藤吉郎がお市の名をこう叫んで涙して泣いた。藤吉郎「感謝します!感謝致します〜!お市様〜!」ちょうどその頃、墨俣砦で、は官兵衛がおたつの遺髪 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2018/06/07 11:22

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る