誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国

戦国

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦国」のブログを一覧表示!「戦国」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

木下藤吉郎が黒田官兵衛を寝返らせるため交渉をし始めた。だが官兵衛は、逆に1万貫を出すから配下にならないかと誘うのだった。藤吉郎「T万貫・・・。」官兵衛「ああ。おそらく一生拝めぬお金だぞ。」すると官兵衛は、胸からある証書を ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛を口説き落とすように織田信長の命令(めい)を受け墨俣砦にやって来た木下藤吉郎。だがそこには信長に叛旗を翻した信長の直参だった佐々成政がいた。その藤吉郎が官兵衛に挨拶をしようとした。藤吉郎「そういえば挨拶がまだじ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長の命令を受け黒田官兵衛を寝返らせるために墨俣砦を訪れた木下藤吉郎だったがそこにはお市から”代替わり”の陰謀を聞き信長に叛旗を翻した直参の佐々成政がいた。そんな二人が言い争うのを聞いていた蜂須賀小六は、官兵衛に報せ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長から黒田官兵衛を寝返らせるように命令を受けて墨俣砦を訪れた木下藤吉郎。だがそこには、信長の使者として直参の佐々成政が訪れており妙な展開になっていた。これには、藤吉郎を案内した蜂須賀小六も混乱して官兵衛に耳打ちした ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が籠る墨俣砦を落とすために長良川の向かいに砦を築いた織田信長。この砦を墨俣砦と判別するため斎藤軍は”織田方砦”と呼んだ。その信長は、直参の前田犬千代と佐々成政をねぎらった。信長「犬千代、成政。今日はよくやった。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”代替わり”をして織田家当主となった織田信長が動いた。何と木下藤吉郎に黒田官兵衛が立て篭もる墨俣砦を攻略するための橋頭保として長良川を挟んだ向かいに砦を同じく一晩で築いたのだ。藤吉郎「信長様、いかがですか。」信長「よくや ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【墨俣砦の攻防戦】で惨敗をした織田家は、嫡男である織田信長への異例の代替わりが行われた。その信長が那古屋城の大広間の正面に座り織田の家督を継いだことを家中に宣言した。信長「異例ではあるが本日よりこの織田信長が織田の” ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主の斎藤道三が美濃に帰還し、黒田官兵衛が出迎えたその頃、敗退した織田軍が尾張に撤退するためにしんがりを務めた織田信長が占拠してる支城を大将の滝川一益に任せて那古屋城へ戻った。評定で斎藤軍との今後の戦の方針を決めるた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

【墨俣砦の攻防戦】の初戦で織田軍を撃退した黒田官兵衛だったが差し向けた織田信長が潜ませていた伏兵によって追手に1千人以上の犠牲を出した。それからしばらくたつと美濃領主斎藤道三の本隊が美濃に帰還した。出迎えた官兵衛は、まず ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が投入した3千の鉄砲によって兵3千を一瞬で失った織田軍は、織田信長をしんがりにして尾張への撤退をし始めた。だが、瀕死の織田軍に”美濃三人衆”を率いられた斎藤軍が追撃をし始めた。だがl戦で負けることを見越していた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が築いた墨俣の砦を攻める事にした織田軍。そんな中で織田信長は、姉であるお市とともに那古屋城主で父の信秀の追い落として織田家の家督を争奪しようと企んでいた。その日の午後、織田軍が長良川を渡りはじめた。信長「ついにはじ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が一夜で墨俣に砦を築き騒然とする織田軍。そんな中で一人織田信長だけは落ち着いていた。その日の緊急に召集された軍議も大揉めに揉めた。特に先鋒を仰せつかった柴田勝家と後詰めの林道勝が言い合いになった。勝家「当初の予定通 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長の父で那古屋城主の信秀が信長とともに美濃領主斎藤道三の居城である稲葉山城を攻めるために長良川の対岸に陣を築いた。そんな織田軍に対し、迎え討つ黒田官兵衛は、蜂須賀小六率いる蜂須賀党と黒田隊で墨俣に一夜で砦を築くのだった ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃領主斎藤道三に幕府再建の理想を捨てお市が唱えた”血筋のすり替え”の策を飲むように迫られた竹中半兵衛は、その意向に従った。その頃、尾張にいるお市は、"学屋”の教壇の前でこうつぶやいた。お市「もうすぐこことも別れねばなあ・・ ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”大守”斎藤道三が将軍足利義輝に美濃へ戻ることを願い出ると三好長慶から京都奉行職を辞すように迫られそれを飲んだ。それに対して捨て台詞を残して去る道三だった。京都奉行所に戻った道三は、”参謀役”の竹中半兵衛と今後の方針を協議し ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

那古屋城主で織田信長の父である信秀が”大守”斎藤道三の本城である稲葉山城を攻める事を決めた。子の報せは、黒田官兵衛からの京にいる道三にも伝わり、参謀役の竹中半兵衛と直参の明智光秀と合議した。道三「そうか。信秀は、戦の準備をは ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田家”最後通牒”を突きつけた黒田官兵衛。だがその官兵衛に対して美濃で思わぬ動きが生じた。何と織田家の領内に接する城主と地侍たちが織田家に接触した。彼らは、新参者の官兵衛が行った減税と新たな綱紀粛正策に不満を覚えたと織田家重 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

美濃の諍いを見事に片付け、織田家との戦の準備を始めた黒田官兵衛。それから数ヵ月経った夏の日にお市が娘を生んだ。その姫は、”茶々”と名付けられた。そう、この姫こそ後の”淀君”である。そう、”淀君”は、織田家の血を引く正統の ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

稲葉山城主斎藤義龍から美濃の立て直しを命じられた黒田官兵衛。その官兵衛は、小六と共に姫路にいたときからやって来たように美濃全土の視察に回った。その後、官兵衛は、美濃にある”学場”へ行き門下生たちの協力を仰いだ。そして彼ら ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

”大守”斎藤道三と”参謀”竹中半兵衛に美濃の綱紀粛正と再建を託された黒田官兵衛。その官兵衛が蜂須賀小六と共に美濃入りし、稲葉山城の城門の前にいた。官兵衛「ついに来たかあ、天下の山城美濃稲葉山城へ。」小六「ようこそ、我が美 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お市が織田信長の父である信秀の子を身籠った事を”師匠”の竹中半兵衛から聞かされた黒田官兵衛。その官江部は、京を再び訪れ”大守”斎藤道三に斎藤家への仕官の挨拶をした。官兵衛「この黒田官兵衛孝高、本日より大守様(=道三)にお ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

寧々が織田信長の”正室”になりそうな事、お市が信長の父信秀の子を身籠った事、さらに黒田官兵衛が美濃仕官を決めたことと知って落ち込んだ木下藤吉郎を蜂須賀小六が殴り飛ばされて目を覚まさせられた。そして官兵衛の”師匠”である竹中半 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

寧々が織田信長の正室に迎えるため浅野家の養女になった事を蜂須賀小六と竹中半兵衛に話した木下藤吉郎。小六「そういえば俺に話があるってその事か?」藤吉郎「いや、目ぼしい武将を知らんかのうと思うてなあ。」藤吉郎が相談に来た目的は、 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

織田信長からお市が父である信秀の子を身籠った事を聞いた蜂須賀小六。小六は、美濃の木曽川の上流にある自分のアジトに戻り、官兵衛に何て報せるか悩んでいた。そんな時、美濃に戻って来た竹中半兵衛が訪ねてきた。半兵衛「織田家との戦 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

お断り:これは歴史フィクションであって実際の史実、偉人、お家とは一切関係ありません。またこの物語の出来事、組織、役職も”信長公記”をはじめとしたどの書物にもおそらく書いてありません。もし書いてあったとしてもそれは単なる偶 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

黒田官兵衛が美濃斎藤家に仕官する許しを父親の職隆との必死の談判で主の御着城主の小寺政職より得た竹中半兵衛。それを吉乃から聞いたお市だった。お市「お師匠様(=半兵衛)が職隆殿と談判かあ。これは決まったなあ。」吉乃「どう ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

播磨の”学場”を黒田官兵衛の主である御着城主である小寺政職にぶち壊された報せを受けた”師匠”の竹中半兵衛は、播磨へ向かった。そして官兵衛と”学場”の門下生たちは、ぶち壊された校舎の後かたずけをしていた。半兵衛「これはまた ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

京での斎藤道三の嫡男斎藤義龍の”元服の儀”を終え、播磨に帰った黒田官兵衛と光。その二人は、おたつの墓の前で祈っていた。官兵衛(姉様(=おたつ)、光はあなたの心を理解しましたよ。うれしいでしょう。)光「お許しになるかなあ。 ... » more
テーマ 軍志本編 小説 戦国

 

最終更新日: 2016/12/10 16:36

楽天市場のおすすめ商品

「戦国」のブログ関連商品

» 「戦国」のブログレビュー をもっと探す

「戦国」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る