誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    トランペット

トランペット

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「トランペット」のブログを一覧表示!「トランペット」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「トランペット」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「トランペット」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

JAZZ トランペットには美女が似合うF 「この男だけは完璧だ」・・・・この写真。ジャズのガイドブックやCD売り場で見ないことはないくらいだ。たしかにインパクトがあります。大きなマイクロホンに今にも噛みつきそうなのはヘレン・メリル(生年が29年説と3 ... » more

JAZZ トランペットには美女が似合うE ケニードーハムと言えば誰でもピンとくるアルバムがある。そうです「クワイエット・ケニー(邦題・静かなるケニー)」〜下の写真居酒屋でもジャズが流れるようになって久しいが、このクワイエットケニーが流れると「く〜、こ ... » more

JAZZ トランペットには美女が似合うD この写真、ちょっと見た目にはジャズの音盤ジャケットとは思えない。「プレイボーイと若い女性がラブラブ」みたい。女性週刊誌の表紙みたいな・・・・。でも良くみるとトランペットが。本当にモテたようです。チェットベイカ ... » more

JAZZ トランペットには美女が似合うC お待たせしました、というか、とうとう登場です。ジャズ界の「王様」と「ファーストレディ」。そうサッチモことルイ・アームストロングと、あの「エラ・サラ・カーメン」のエラ・フィッツジェラルドだ(エラが美女かどうかは ... » more

JAZZ トランペットには美女が似合うB ウイントン・マルサリス。いわずと知れた現代、実力随一のトランペッターだ。クラシカル音楽をも楽々と吹き上げる。彗星のように現れた10数年前?は一世を風靡したものだ。技術的には斯界一の定評がある。が、反面ジャズフ ... » more
テーマ アルバムジャケット ジャズ トランペット

JAZZ トランペットには美女が似合うA クリスボッティ。「現代のチェット」とも言うべきトランペッターだ。その容姿は抜群である。モデルにしてもおかしくないだろう。サッカーの貴公子・ベッカムを彷彿とさせる、と言ったら語弊があるだろうか?演奏もうまい(プロだから ... » more
テーマ アルバムジャケット ジャズ トランペット  コメント(1)

誰でも一度はスランプに陥ることがあるかと思います。私も最近でこ調子を崩すことは少なくなりましたが、全く音が出なくなったり、息が常に漏れ出したりして、結構深刻な状態になったことは何度もあります。中学時代のコーチには「スランプっ ... » more

JAZZ トランペットには美女が似合う?@ 狭い知識の中で(最初に断りを・・)思うのだがジャズのトランペットアルバムのジャケットには、どういう訳か美人が登場する。まずお目にかけますのは「チェットベーカー」。中性的とも言える顔立ち、スマートなスタイルと、 ... » more
テーマ アルバムジャケット ジャズ トランペット

ウォームアップをどうやっていくか? 〜実は1日1度しかできない〜 みなさんはウォームアップにどのくらい時間をかけていますか?…私は、結構時間がかかる方で、だいたい15〜30分くらいはウォームアップをしないと調子が上がってきません。でも、これを省略して、いきなりバーバー吹いてしまうと、もちろん音の鳴 ... » more

ラッパのレッスンで教えていただいたこと その4 〜アーバンの練習法〜 金管のバイブルとも言われる「アーバン金管教則本」初めて手にしたのは中学の顧問の先生に勧められて購入した中1の時でしたが、当時はやり方もわからず、難しくて手を出せる代物ではなく、しばらく放置いていました。本格的に使うように ... » more

レッスンで教えて頂いたことシリーズも第3弾となりました。自分が自分で思い出せるように書いたものなので不手際があるかもしれませんがお許しください。さて今回は、高校時代お世話になっていた矢澤定明先生に教えて頂いたことをまとめておきた ... » more

本番を終えてみて、改めて自分はあがり症だなと思いました。でも、気心の知れた仲間たちとリラックスして音楽を楽しもうとできた本番はあまり緊張せず、「失敗は許されない」的な本番ではやたらに緊張するな、と当然かもしれませんがそんな風にも思います ... » more

おはようございます。ずいぶん寒くなってきましたね。寒くなってくると唇が乾燥してマウスピースと唇がなじむまでに時間がかかるような気がしています。本当はそういうときだからこそ焦らずにウォームアップをしていくべきだと思うのですが、ついつい ... » more

昨日、無事に(?)今シーズン最後の本番を終えることができました。昨日の本番は、大学時代から気心の知れた仲間に加え、さらにその仲間たちへと広がっていったオケで、いつも互いに思っていることを出し合いながら1つの音楽をつくろうという雰囲気 ... » more

ラッパのレッスンで教えていただいたこと その1  呼吸・振動・持久力 私が今まで受けたレッスンのうち、基礎に関するものをまとめていこうと思います。自分が忘れないように書いたものですが、少しでも参考にしていただければと思います。ただ、何年も前に受けたレッスンもあるので、今は違う教え方をされていることもあ ... » more

テスト明けなどで久々に楽器を吹いてみたら、「ぷすぅー・・・」と思うように音が出なかった経験はないでしょうか。社会人になると、なかなか毎日練習できる環境があるということはないと思います。その中でだんだんと、間隔を置いても吹けるコツとい ... » more

常に振動が先にきて、息はそれを支えるためのものこれは、私が学生時代、北村源三先生から教わったことです。前にも書きましたが、科学的に考えると「音は振動」です。振動がなければ音は始まりません。発音体(ラッパなら唇)があって、振動 ... » more

「イメージがない音楽は音楽じゃない」数年前にラッパの師匠である北村源三先生に言われたことのメモが出てきたので、改めてブログに掘り起こしておこうと思って書いています。・金管はまず大きな音だすんだよ。うるさいって言われたら押さえ ... » more

トランペットの教本 「自分で教本をつくってしまおう!」と書いたのは、教本は1冊やればいいというものではないからです。目的やその時の状態によってやるべき内容は変わってきます。自分でいろいろな教本から抜粋したり、自分で考えて教本をつくってみると、それだけで ... » more

今でこそ"No Music, No Life"な私だが、ずっとそうなわけではない。自分は母がピアノを教えている関係で、生まれる前から散々クラシック音楽を聴かされて生きてきた。だからといって、小さいころから楽器をやることを強制された覚 ... » more

同じ楽器であっても、違う人が吹くと、音色にはそれぞれの個性が出る。同じ人が吹いても、曲やその時の気持ちによって、表現にも違いが出る。だからこそ、音楽表現は完成されるものではないし、ずっと追求し続けられるものなのだと思う。 ... » more

PETボトルプラクティスミュートのつくり方 先日、知人に教えてもらった「PETボトルプラクティスミュート」を作ってみました。[材料]・炭酸飲料の空きPETボトル(500mL)・ストロー(コンビニでもらえるようなもの)・自転車の換えグリップ(例えば、http:/ ... » more

「どんな音色が良い音色か?」と尋ねられた時、何と答えるでしょうか。人によって好きな音色は異なるものだし、曲によっても、曲のどの部分かによっても「良い音色」というイメージは異なるものだと思うし、いろんな答えがあっていいのだと思います。 ... » more

中学時代のコーチが合奏中にこんな話をされたことがある。「幼稚園児がタンバリンを叩いている姿を親が喜んで見に来るのは一生懸命やっているから。上手いだけの演奏ならプロの演奏を聴きに行けばいい。それでもアマチュアの演奏を聴きに来て下さるお客様 ... » more

SE/音楽/学習帳? タイトルなし ?
日時:2012年8月7日(火)14:00〜場所:横浜みなとみらい大ホール出演:三浦はつみ(Org)神奈川フィルハーモニー金管五重奏+ONE三澤徹、中島寛人(Trp)、濱地宗(Horn)、倉田寛(Trb)岩淵泰助(Tuba ... » more

有馬徹ノーチェ・クバーナ ライブレポート(その2) ってなわけで、とってもラテンなすばらしいライブだったんです。激しいパーカッション!ぶれないドラム!心躍るベース!ゴージャスなピアノ!あざやかなフルート!妖艶なサックス! ... » more

有馬徹ノーチェ・クバーナ ライブレポート(その1) おはようございます、いや〜たまげましたよ!マジです!えっ?いったい、何のことかって?それは、タイトルにあるように「有馬徹ノーチェ・クバーナ」のことです!あたくし、たまたま北海道に出かけてたんですが、 ... » more

ジャックの憂鬱アルティザン!
アルティザン! 先週のトランペットレッスンの時、先生からチラシを渡されました。ヤマハの管楽器フェアのチラシでした。そこには、私の憧れていたBachの楽器が載っていました。目を引いたのは、限定1台「Bach Artisan AB190/GL」です ... » more
テーマ トランペット

心に沁み入る素晴らしいコルネットソロです。美しいだけでなく楽器もよく鳴っています。 ... » more

 

最終更新日: 2017/09/23 11:09

「トランペット」のブログ関連商品

» 「トランペット」のブログレビュー をもっと探す

「トランペット」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る