誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    トランペット

トランペット

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「トランペット」のブログを一覧表示!「トランペット」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「トランペット」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「トランペット」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ハイトーンって、どの音から? ラッパをやっていると、やっぱりハイトーンというものに憧れるものです。でも、考えてみると「ハイトーン」ってどの音からなのかと言われると、人によって定義が分かれるような気がします。自分も今ではいわゆる「ハイベー(High B♭) ... » more
テーマ 音楽 アレクサンダー・テクニーク トランペット

階名唱と舌の高さの関係について 鼻歌を歌っていてとあることに気づきました。頭の中であっても階名唱(ドレミ〜と歌ってみる)をしていると、「ド」なら「オ」の発音、「シ」なら「イ」の発音というように、自然と母音の発音をしてしまっているなと。口の中の状態、発音(シ ... » more
テーマ 音楽 アレクサンダー・テクニーク トランペット

音は一方向に指向性を持って進んでいくものではなく、四方八方に響きが広がっていくような伝わり方をします。よく「音を飛ばせ」という指導がされることがあると思いますが、実際に音が飛ぶことはありません。でも、その言葉の真意は分かる気がします。要 ... » more

下顎を楽にしてあげることで、体に無理をかけずにラッパを吹く  〜Tpレッスン記録〜 先日のレッスンで、「下顎が震えちゃっていますね」という先生のご指摘から、自分が今まで体を酷使してラッパを吹いていたということを発見したので、まとめておきたいと思います。下顎が震えてしまうのは、下顎を酷使して、周りの筋肉が痙攣してしまうか ... » more

腕と軸の関係を使って楽に構える 〜ATレッスン記録〜 先日のBody Thinkingの授業について、今日のブログはその覚え書きです。【腕と軸】・腕の付け根は「胸鎖関節」である。・胸鎖関節から始まって、鎖骨、上腕骨、橈骨・尺骨、手首の細かい骨、指の骨というのが基本の骨格である。 ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

最近、Twitterのフォロワーさんと高音域を広げていく練習方法についてやり取りすることがありました。今日のブログはそのやり取りをまとめてみようと思います。---------------------------------------- ... » more

使えるものは全部使って効率よくラッパを吹く 〜ATレッスン記録〜 今日はバジル先生のBody Thinkingの授業でした。ちょうど今日バジル先生が「呼吸の誤解を大掃除」という記事をアップデートされたばかりだったので、主に呼吸に関しての質問が多かったように思います。その中で、自分のアクティビティにつ ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

腕を持ち上げるときには肩甲骨も鎖骨もついてゆく 〜ATレッスン記録〜 今日はBody ChanceのBody Thinkingの授業で主に「腕」について学習しました。その中で私は「楽器の構え方」について質問をしたのですが、それについてまとめておきたいと思います。【実験】@ 鎖骨の付け根(胸鎖関節 ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

昔からの習慣に感謝しながら上書きをしていく 〜ATレッスン記録〜 先日、Body Chance先輩トレーニーのトクヤさんのレッスンを受けてきました。今日のブログはその覚え書きです。私は高音になると口を締めてしまう癖と、息を引いてしまう(裏声を出す感じ)癖があり、それが結果として高音域の音の太さが細 ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

久々の更新です。今日は、部活で金管の生徒向けに配布したものをご紹介したいと思います。まだまだ不十分なものではありますが、生徒が音出しをしているのを見ていて、まだまだ唇や体に負担のかかる音出しをしている子が多いなと感じたので、 ... » more

唇を壊してしまったラッパ吹きは辞めるしかない、わけではない! 先日、大学の後輩から「唇を壊してしまったようなのですが、何か知っていることがあったら教えてください」という連絡をもらいました。これまでも何度かブログに書いてきましたが、私自身も小学校でラッパを始めて以来、唇を壊して音が出なくなったり、顔 ... » more

昨日はラッパのレッスンに行ってきました。フィンガリングのこと、タンギングのこと、またいろいろな発見がありましたが、今日はとりあえずフィンガリングについて考えたことを書いていこうと思います。私はフィンガリングが苦手です。速いパッセージ ... » more

昨日は約1か月ぶりのBodyChanceでの授業でした!ここ1ヶ月レッスンを受けていなかっただけで、だいぶ昔のからだの習慣が戻ってきている実感があり、楽器を吹いていても上手にからだを使うことができているか不安になることも多々ありまし ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

さて、今年の夏の甲子園は神奈川・東海大相模高校の優勝で幕を閉じました。熱狂的な高校野球ファンというわけではありませんが、夏の甲子園が終わると夏が終わった気分になるものです。甲子園、高校野球といえば、やっぱり応援。吹奏楽部 ... » more

管楽器を吹く上で息は基本だと思います。息が流れるからこそ唇やリードが振動して音が出るものです。だからこそ息について考えることはとても大切なことだと思います。ただ気を付けた方がよいのは、息だけになってもいけないということです。息だけの力を ... » more

先日もバテについての考察を書いてみましたが、今日はその続きです。昨日まで3日間、大学オケの練習に混ぜていただき、久々に集中的に個人練をすることができました。この間教えていただいたことや、自分で考えたことを実践するとてもよい時間になり ... » more

今週は夏休み。大学オケの練習に混ぜてもらって個人練習をしてみています。久々の長時間練習とあって、しかもさらわなければいけない曲がけっこうキツいので、吹いているうちにバテについて考察してみようという気になりました。まだ考え半ばですが、今感じて ... » more

うっかり夏風邪をひいたみたいで、更新が遅くなってしまいましたが、一昨日の北村源三先生のお話の続きです。これは大学生の頃から言われてきたことですが、先日も「音は振動が先、息は振動を支えるためにある」ということを繰り返しおっしゃっていま ... » more

今日は大学オケのラッパ会で北村源三先生を囲んでの楽しい音楽談義で盛り上がってきました。一番勉強になったのは「古典」の吹き方を知っているかどうかで音楽が変わるということです。音符と音符の間には隙間があるのが自然で、吹奏楽でよく言われ ... » more

昨日は久々に生徒に混ざって合奏に乗ってきました。曲は文化祭で演奏する予定のディープ・パープル・メドレー。ここぞとばかりにマウスピースをポップス用に買ってみたBach 10-1/2Cにしてみたのですが、これが思いの外しっくりきて、明るい音で高 ... » more

今日もTwitterのフォロワーさんからの質問から「クールダウン」と「唇のケア」ということについて考えたことをまとめていきたいと思います。---------------------------------(Eさん)最近、 ... » more

今日もTwitterのフォロワーさんからの質問から「首と唇に力が入る」ということについて考えたことをまとめていきたいと思います。---------------------------------(Eさん)私も高校で今トラ ... » more

今日も最近のやり取りの中から、「息を吸う」ということについて考えたことを書いていこうと思います。----------------------------(Cさん)フレーズを吹き終わった後も体の中に息が余ってしまって吹き切 ... » more

ppはどのように吹けばよい? 〜最近のやりとりの中から考えたこと〜 今日はTwitterのフォロワーさんとの最近のやり取りから、「ppの吹き方」についてお答えしたこと、考えたことを書いていきたいと思います。もちろん、いろんな考え方があると思いますし、あくまで自分がこれまで習ってきたことや経験してきたことをも ... » more

客席でどう聴こえるかをイメージして吹く 〜息圧を高めて奏でること〜 アクセントの吹き方を指導するときに、たまに「音の終わりに"n"をつけて吹いて!」という言い方を耳にすることがあります。もしかしたらそういう時もあるのかもしれませんが、この考え方はあまり良い結果につながらないと考えています。それは、"n"とい ... » more

8/15、「吹奏楽部員のためのお悩み相談室」を開催します! いよいよコンクールシーズンも本格化し、Twitterのタイムラインなどでもコンクールの結果報告のツイートが盛んに見られるようになってきました。自分も本番まであと1週間。できることを精一杯やって、子どもたちと音楽づくりを最後まで楽しみながら本 ... » more

トランペット奏者として所属しているアマチュア・オーケストラの演奏会が無事に終了しました。プログラムはベートーヴェン:交響曲第8番とシベリウス:交響曲第2番。いずれも難曲で、弱小オケにはかなりの負担でしたが、指揮者の力量により何とか乗り切りま ... » more

「押し付ける」ではなく「密着させる」と考えてラッパを吹く 〜最近の質問から〜 最近コンクール前とあってか、私のところにも中高生から質問のDMが届くことが多くなりました。その中で一番多いのが「唇を押さえつけずに高い音はどうやって吹けばいいですか」というものです。いろいろな考え方があると思いますが、今日のブログでは今の自 ... » more

来日中のキャシー・マデン先生の個人レッスンを受けてきました。噂に聞いていた通り、とにかくすごい!知人のレッスン見学も含めて1時間、キャシーの世界をどっぷり堪能してきました。私はアーバンの『12の幻想曲とアリア』から、「Variati ... » more
テーマ レッスン アレクサンダー・テクニーク トランペット

最近調子が良いので、楽器の練習が楽しくてたまりません。ということで、うっかり調子にのって吹いていたら首が痛くなってしまいました…。せっかくアレクサンダー・テクニークを学んでいるのに、お恥ずかしい限りです。このことから、高音、大きな音 ... » more
テーマ アレクサンダー・テクニーク 吹奏楽 トランペット

 

最終更新日: 2017/08/25 05:20

「トランペット」のブログ関連商品

» 「トランペット」のブログレビュー をもっと探す

「トランペット」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る