誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治時代

明治時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治時代」のブログを一覧表示!「明治時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治時代」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

後藤新平〜 日本の羅針盤となった男 未曾有の東日本大震災の復興が重要問題となってきた昨今、大正12年に起きた関東大震災の復興で手腕を振るった後藤新平の名前が取りざたされている。いったい後藤新平とはどんな人物だったのか。後藤新平は安政4年(1857)、伊達水沢藩家臣 ... » more
テーマ 明治時代

大久保利通〜勤厳実直、冷徹な決断力。我が主張を通す策士。 維新の三傑のひとり、大久保利通は文政13年(1830)、薩摩藩士・大久保利世の長男として生まれる。幼名は正助。後、島津久光から一蔵を賜る。幼少期、郷中や造士館の仲間は親友・西郷の他、税所篤、吉井友実、海江田信義など。安政4年(185 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

桐野利秋〜純朴、剛毅、示現流の名手-中村半次郎 俳優の榎木孝明氏が映画『半次郎』を制作して、桐野利秋の生きざまを描いて評判になった。桐野利秋は薩摩藩城下士の5人兄弟第3子として天保9年(1838)12月生まれる。中村半次郎、後桐野利秋と称する。10歳の時、家録5石の父が流罪になり ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

『黒田清隆(人物叢書)』(井黒 弥太郎:吉川弘文館) 黒田清隆は、西郷,大久保亡き後の薩摩閥のリーダーに擬せられて,第一次伊藤内閣の後第二代首相となった。しかし、醜聞と疑獄事件によって世評は芳しくなく、また葬儀委員長を榎本武揚が務めた如く、故郷の人々からの評価も良くない。黒田清隆は天保11 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

『黒木為驕`日露戦争の勝利に最も貢献した名将』(柘植久慶:PHP文庫) 日露戦争でロシア軍を撃破し続け、震撼させた将軍・黒木為驍ヘ、天保15年(1844)薩摩藩士・帖佐為右衛門の三男として生まれ、のち、黒木万左衛門為善の養子となる。戊辰戦争では、4番隊半隊長という下級指揮官として従軍。鳥羽伏見の戦いでは、薩 ... » more

樺山資紀〜『薩南示現流』(津本陽:文春文庫) 白洲正子の祖父としても知られている樺山資紀は、天保8年11月2日(1837)、鹿児島城下加治屋町の薩摩藩士・橋口与三次の三男に生まれる。実兄は寺田屋事件で死亡した橋口伝蔵。覚之進と名づけられたが、のちに樺山四郎左衛門の養子となる。 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

さざれ石吉井友実〜信義に厚い薩摩隼人
吉井友実〜信義に厚い薩摩隼人 吉井友実は文政11年(1828)薩摩藩士・吉井友昌の長男として生まれる。加治屋町に生まれたため、西郷や大久保、税所篤らは幼少期からの親友として育つ。通称を仁左衛門、中介、のち幸輔。藩主島津斉彬の藩政改革のもと、大坂藩邸留守居役など、諸藩 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

山本權兵衛〜薩摩閥のエリートでリベラルな軍人 山本權兵衛(やまもと ごんべえ/通称:ごんのひょうえ)は嘉永5年10月(1852)、薩摩右筆の山本五百助盛の六男に生まれる。若年ながら、薩摩藩士の子弟として薩英戦争(1863)及び戊辰戦争(1868)に従軍。 戊辰戦争後、明治2年(18 ... » more

『寺島宗則(人物叢書)』(犬塚孝明:吉川弘文館) 寺島宗則は天保3年(1832)、薩摩・出水郷の郷士、長野増右衛門の次男に生まれる。幼名徳太郎。7人兄弟の真ん中。父は望んで医術を習得したほどの人で、宗則自身も押さない時から理知的で忍耐力を持つ天賦の才に恵まれていた。5歳の時に松木宗 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

『山県有朋(人物叢書)』(藤村道生:吉川弘文館) 山県有朋は、天保9年(1838)、長州藩の中間・山縣有稔の長男。自分が持っている才能以上に栄達して、その彼の判断によって戦前に連なる軍国主義、侵略主義の道を歩むことになった。能力もないのに、長生きした悲劇。少年時代、学問には見向きも ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『森 有礼(人物叢書)』(大塚孝明:吉川弘文館) 森有礼は弘化4年(1847)、薩摩藩士・森有恕の五男として生まれる。学問に優れ、慶応元年(1865)薩摩藩の英国留学生のひとりに選ばれ、五代友厚,松木弘安らの引率で渡欧。留学中、トマス・レイク・ハリス(米国の神秘主義的宗教家)の思想 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

『西郷菊次郎と台湾』(佐野幸夫:南日本新聞開発センター) 西郷菊次郎は西郷隆盛と奄美の島妻・愛加那の長男として、文久元年(1861)1月に生まれる。明治2年、9歳の時に鹿児島の正妻・いとのもとに引き取られ郷中教育を受ける。この時期、大久保利通の次男・伸熊(後の牧野伸顕)と仲良くなり、その後 ... » more

『雨夜譚 余聞』(述 渋沢栄一:小学館) 渋沢栄一は天保11年(1840)、現在の深谷市に生まれる。生家は、村でも有数の富農で農業のかたわら藍玉の製造販売を手掛けるなどしていた。幼い頃から、父や従兄らから漢籍を習い、家業の藍の葉仕入れに商才を発揮などした。その後、江戸に出て ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『知られざる大隈重信』(木村時夫:集英社新書) 大隈 重信(天保9年2月16日(1838年3月11日) - 大正11年(1922年)1月10日)。佐賀藩士・大隈信保の長男として生まれる。信保は佐賀藩の石火矢頭人で知行300石の上士の家柄だった。重信はその上士の子として恵まれた少年 ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『岩倉具視〜言葉の皮を剥きながら』(永井路子:文芸春秋) 岩倉具視、文政8年9月15日(1825年10月26日) - 明治16年(1883年)7月20日)。500円札のモデルにもなり、維新の十傑の1人となったのに、「姦物」「佞臣」「守宮(ヤモリ)」など権謀術数にたけた人物の代表とも評されている ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『岩崎弥太郎』(立石 優:PHP文庫) 岩崎弥太郎は、天保5年(1835)、高知市の東南に位置する井ノ口村に地下浪人の岩崎弥次郎の長男として生まれる。坂本龍馬は天保6年でほぼ同年齢だが、NHK大河ドラマ『龍馬伝』にあるような近しい関係ではなさそうである。弥太郎の幼年期は周 ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『福沢諭吉と福翁自伝』(鹿野政直 編著:朝日選書) 「学問のすすめ」のなかで、福沢諭吉が主張したのは、個人の独立ということだった。自伝では、「元来私の教育主義は自然の原則に重きをいて、数と理と、この二つのものを本にして、人間万事有形の経営は、すべてソレカラ割出して行きたい。 また一方の道 ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『伊藤博文 直話〜幕末明治回顧録』(小松緑 底本:新人物往来社 編) 伊藤俊輔(博文)は、=天保12年9月2日(1841年10月16日)に、貧しい百姓の家に生まれ、その後足軽・伊藤家の養子になった。俊輔の才能を認めた恩師・来原良蔵の紹介で16歳の時に吉田松陰の松下村塾に入門する。この時期、門下生と ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

『士魂商才〜五代友厚 』( 佐江 衆: 新人物往来社) 天保6年(1835)生。十二歳から造士館で学び、十四歳の時、父が斉彬公がドイツ製の世界地図の模写を命じられこの模写を才助に任せた。才助の名は、このとき斉彬公がその才能に感じ入って名づけたという。安政4年(1857)、長崎海軍伝習所第2二 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

大山 巖 〜 西南戦争の辛い体験を克服した薩摩隼人 天保13年 (1842年) 薩摩国鹿児島城下加治屋町生まれ 大正5年 (1916年)12月10日没 74歳西郷隆盛の父の弟(彦八)が大山家の養子となり、その次男として生まれる。幼名 岩次郎、通称 弥介、後の大山巌。西郷隆盛やその弟 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

東郷平八郎〜神格化され、利用された虚像 弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 昭和9年(1934年)5月30日)東郷平八郎は、薩摩藩士、大日本帝国海軍軍人。階級位階勲等功級爵位は元帥海軍大将・従一位・大勲位・功一級・侯爵。文久3年(1863)、15歳の時に ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

さざれ石大村益次郎は何をしたか
大村益次郎は何をしたか 靖国神社が成立したのは、明治2年。大村益次郎が戊辰戦争で命を落とした官軍の武士の鎮魂の為に、長州にあった招魂社というお宮を遷座したのが起源という。その後、明治12年に靖国神社と改称された。勧奨した功を称えて、大鳥居を背に大村益次郎像が建 ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

「西郷隆盛伝説」(佐高信/角川文庫) 今日読了した「西郷隆盛伝説」(佐高信/角川文庫)の紹介。著者の佐高信氏は辛口の経済評論でしか知らず、どんな西郷批判をしているのか気になって読み始めたが、案に相違して過去のさまざまな資料を通して西郷さんの生きざまを描き出している。 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

 篠原国幹 〜 習志野の地名の由来 会社を引けて川越駅に着き、駅前西口の歩道橋上に出た時、ちょうど8時になった。西口駅前のビル(アトレマルヒロ)の入り口架かっている時計はからくり時計になっていて、ちょうど定時になると川越まつりのお囃子と一緒に壁面が回転して笛や太鼓を演奏す ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

今年の夏は未曾有の暑さが続いているが、そんな昼下がりに新橋駅西口広場には今日も街宣車を乗り付けて声高に演説をしている右翼のおじさんがいた。立ち止まって話を聞いていても、世の中を憂いていることを懸命に訴えようとしているようだが、何を主張し ... » more
テーマ 明治時代

前に読んだ本を読み返そうと思った。http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8D%9A%E6%96%87%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%88%A6%E7%9 ... » more

岩波臭がとても気になる 〜「韓国併合」 海野福寿 著 読書感想文 今年は韓国併合(これを「日韓併合」と呼ぶかどうかも、その人の立ち位置を現しているのかもしれない。本書245頁参照)から100年目だということで、総理談話が出て、かなりの関心を集めている。朝鮮王朝の儀式が書かれた文書が日本の宮内庁で保管さ ... » more

乃木希典が明治天皇に従って殉死する日まで住んだ「旧乃木邸」(港区赤坂)を見る 地下鉄千代田線「乃木坂」の近くで用事があったので久しぶりに「旧乃木邸」の中に入ってみました。乃木希典を祭神とする乃木神社に隣接しており写真上は旧乃木邸裏門です。旧乃木邸は乃木希典が明治天皇に従って殉死する日まで住んだ家です。乃木希典 ... » more

明治時代の外務大臣・青木周蔵が「那須野が原」の青木農場(黒磯)に建てた青木別邸 写真上は東北自動車道・黒磯板室I.C.を下りて直ぐ近くにある道の駅「明治の森・黒磯」に隣接する旧青木家那須別邸です。先のブログ記事・明治の元勲・松方正義が千本松農場(西那須野)に建てた洋風別荘「万歳閣」を訪問 にて取り上げた「松方別邸」を訪 ... » more
テーマ 青木周蔵 華族 明治時代

Show the ショウ大佛次郎
大佛次郎 ちくま日本文学全集の「大佛次郎」。掲載されているのは、「鞍馬天狗宗十郎頭巾」、「幻燈」、「土耳古人の手紙」、「土耳古人の対話」。 「鞍馬天狗宗十郎頭巾」は鞍馬天狗シリーズの一つ。鞍馬天狗は名前は知っていたけど、読むのは初めて。そ ... » more
テーマ 小説 明治時代

 

最終更新日: 2016/11/22 15:59

「明治時代」のブログ関連商品

» 「明治時代」のブログレビュー をもっと探す

「明治時代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る