誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治時代

明治時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治時代」のブログを一覧表示!「明治時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治時代」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

NHKの3年がかりのスペシャルドラマ「坂の上の雲」が終わったけれど、あの中で有能な外交官として活躍していたのが竹中直人演ずる小村寿太郎。歴史の教科書にも登場する有名人物(ポーツマス条約関係のところ)ではあるけれど、その人物像はあまり知ら ... » more

富岡多恵子「湖の南ー大津事件異聞」(岩波現代文庫) 大津事件を扱った小説は、数々あるが、少し異色の作品。津田三蔵やニコライの手紙や日記が取り上げられていて興味深い。津田三蔵も悩み多きおっさんだったのかも… ... » more
テーマ 歴史案内 明治時代 大津事件

牧野伸顕〜大久保利通の次男。オールドリベラリスト。 牧野伸顕(まきののぶあき)は、文久元年(1861)10月、大久保利通の次男として鹿児島に生まれる。幼名は伸熊。明治4年(1871)、父利通の希望で上京した伸熊は同年7月遣欧使節一行に同行してアメリカに留学する。3年間の留学を終えて、のち ... » more

高崎正風〜後に初代御歌所長を勤めて明治天皇の歌を点した。 高崎正風は天保7年(1836)7月、薩摩藩士高崎五郎右衛門温恭の長男に生まれる。母は登米子(新納常善女)。嘉永2年(1849)、お由羅騒動によって父五郎右衛門が切腹し、翌嘉永3年、正風も連座して奄美大島に流刑となった。嘉永5年(1852 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

川村純義〜いとこの西郷隆盛に実弟のように可愛がられた 川村純義は天保7年(1836)薩摩藩士川村与十郎の長男に生まれる。通称は与十郎。妻春子は椎原国幹の娘。国幹の妹・満左子は西郷隆盛の母であり,川村は隆盛に実弟のように可愛がられた。安政2年(1855)、江戸幕府が新設した長崎海軍伝習所へ、 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

別府晋介〜西南戦争で西郷隆盛自決の介錯をした男 別府晋介は弘化4年(1847)別府十郎の次男として生まれる。名は景長、通称を晋介という。長兄は別府九郎。桐野利秋はいとこ。明治元年(1868)に始まった戊辰戦争では、城下四番小隊(隊長・川村純義)の分隊長として、白河城攻防戦、棚倉・二本 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(2)

三島通庸〜急進的な尊皇攘夷思想を持ち、県令時代は「土木県令」や「鬼県令」と恐れられた 三島通庸(みちつね)は、天保6年(1835)薩摩藩士三島通純の子として生まれる。家は代々御能方鼓役を勤め、幕末の石高は50石弱で、通称は弥兵衛。示現流を学び、伊地知正治に兵学を学んだ。急進的な尊攘派で、文久2年(1862)の寺田屋事件に ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(2)

高崎五六〜いとこ・正風とともに薩藩の公武合体/大政奉還論を推進 高崎五六は天保7年(1836) 、薩摩藩士の高崎善兵衛の長男として生まれる。安政6年(1859)、岩下方平らと井伊幕政の打倒を画策し、江戸,水戸,京を奔走するが挫折して帰藩する。同年11月、精忠組に参加。文久年間(1861〜64)島津久 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

伊地知正治〜幕末薩摩藩の類稀な軍略家 伊地知正治は文政11年(1828)、薩摩藩士伊地知季平の次男として鹿児島城下千石馬場町に生まれる。幼名は竜駒。3歳の時に文字を読んで「千石の神童」と呼ばれるが、熱病に罹り目と足に障害を負った。後に薩摩藩の山本勘助と呼ばれた伊地知正治は、 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

松方正義〜鹿児島人に理解されていない明治の元勲 松方正義は天保6年(1835)2月25日、薩摩藩士・松方正恭の四男として生まれ、13歳にして両親を亡くす。幼名は金次郎。通称は助左衛門。弘化4年(1847)、藩校造士館に入り、赤貧の中でも弓・馬・刀など武術の修業に励み、経学を修める。 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

Show the ショウ「横浜」をつくった男
「横浜」をつくった男 高木彬光がまとめた易聖。高島嘉右衛門の話。今の高島易学の創始者ということではあるのだけど、それ以上の人。今の横浜市営地下鉄でも横浜駅の隣にある高島町駅とありますが、その名前の元になっているんですね。江戸で材木商を営んでい ... » more
テーマ 明治時代

辺見十郎太〜ぼっけもん(薩摩兵児) 辺見十郎太は嘉永2年(1849)、鹿児島荒田町で辺見仲直の子として生まれた。名は昌邦、通称を十郎太という。身長は6尺(180p)あり、薬丸自顕流の達人であった。戊辰戦争(明治元年(1868))では村田新八の二番小隊で監軍となり、鳥羽伏見 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

中村博愛〜帰国後は外交官として活躍した薩摩藩留学生 中村博愛(なかむら-ひろなり)は、天保14年(1843)、現在の鹿児島県根占町に生まれる。薩摩藩士。慶応元年(1865)の薩摩藩英国留学生15名のひとりに選ばれ、吉野清左衛門の変名で渡英する。ロンドン大学で化学を学ぶ。その後パリに渡 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(3)

永山弥一郎〜私学校党の挙兵に反対した三番大隊指揮長 永山弥一郎は天保9年(1838)、薩摩藩士永山休悦の第1子として生まれる。名は盛弘、通称は弥一郎といい、茶坊主として初出仕し、万斎と称した。弥一郎は若くして勤王の志を抱き、文久2年(1862)、有馬新七らに従って京都に上り、挙兵(寺田屋 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

田中静洲(朝倉盛明) 〜生野鉱山を蘇らせた薩摩藩英国留学生 田中靜洲(のち朝倉盛明)は、 天保14年(1843)、薩摩藩士田中伊平衛の次男に生まれる。幼くして藩医萬膳玄正に医術を学び、万延元年(1860)長崎で蘭学を学んだ。文久2年(1862)、藩命により帰藩して天祐丸に乗船、文久3年(1863 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

松村淳蔵〜欧米式海軍教育に尽力した薩摩藩英国留学生 松村淳蔵は、天保13年(1842)薩摩藩士・市来一兵衛の子として生まれる。名は勘十郎。横井小楠の甥。奥小姓として出仕し、開成所諸生となる。慶応元年(1865)薩摩藩英国留学生の一員としてイギリスに渡る。この時変名として名乗った松村淳 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(2)

鮫島尚信〜後に仏留学生達の面倒を見て慕われた薩摩藩英国留学生 鮫島尚信は薩摩藩藩医、鮫島淳愿の子として弘化2年(1845)生まれる。 通称誠蔵。文久元年(1861)、蘭医研究生として長崎に学び、その後開成所訓導(句読士)を務める。慶応元年(1865)、薩摩藩の留学生としてイギリスに留学しロンド ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

町田申四郎〜町田三兄弟で、小松帯刀の養子となった薩摩藩英国留学生 町田申四郎は弘化4年(1847)に生まれる。本名は実績。慶応元年(1865)兄久成を団長とする薩摩藩の留学生の一員として塩田権之丞の変名でイギリスに留学し、海軍軍事について学ぶが、慶応2年(1866)に帰国。藩主茂久の命により小松帯 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

吉田清成〜のちに官僚の典型となる薩摩藩留学生 吉田清成は弘化2年(1845)、薩摩藩士吉田源左衛門の四男として上之園町に生まれる。幼少より才気煥発,学問を好んだ。藩立開成所に入り石河確太郎から蘭学を学ぶ。開成所に入所し、句読師として指導していた慶応元年(1865)年3月、藩留学 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(2)

村田新八 〜 時勢を知りながらも、最後まで西郷に兄事した 村田新八は天保7年(1836)、鹿児島城下高見馬場方限で高橋八郎の第三子として生まれ、すぐに村田十蔵(経典)の養子となった。通称を新八という。村田は年少のときから西郷隆盛に兄事し、尊王の志を抱いた。文久2年(1862) 島津久光の京 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

桂 久武 〜 西郷隆盛との刎頚の交わり。  桂久武は天保元年(1830)、島津氏分家・日置島津家に生まれる。長兄は、第29代藩主島津忠義の主席家老を務めた島津久徴、次兄は、お由羅騒動の中心人物で犠牲になった赤山靱負。赤山の生き方が西郷隆盛に大きな影響を与えたといわれる。久武はその ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

新納久脩〜薩摩藩英国留学生派遣団の責任者のその後は... 新納久脩(にいろひさのぶ)は、天保3年(1832)「一所持」の家柄で薩摩藩家老新納駿河の嫡男として生まれる。家祖の新納忠元から13代目。島津斉彬・茂久(忠義)に仕える。若くして斉彬の薫陶を受け、西洋式軍制を採用するなど藩から手腕を評価さ ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(2)

村橋久成〜サッポロ麦酒の礎を創った薩摩藩留学生 村橋久成は天保13年(1842)加治木島津家一門村橋家の嫡男に生まれる。嘉永元年(1848)、父・久柄の急死により僅か6歳で家督を相続する。元治元年(1864)の薩摩藩英国留学生15名のひとりに選抜され、翌年3月,グラバー商会のオー ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

町田(民部)久成〜薩摩藩留学生の学頭で、国立博物館の基礎を作った 町田久成は、島津藩重臣の町田久長(伊集院郷石谷領主)と母(吉利郷領主小松清穆の長女)の長男として天保9年(1838)1月27日に出生、元は民部という。安政3年(1856)19歳の時、江戸の「昌平坂学問所」に就学。安政6年(1859) ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

畠山義成(杉浦弘蔵)〜薩摩藩英国留学生 畠山義成(天保13年9月(1842年10月) - 明治9年(1876年)10月20日)は、幕末期の薩摩藩士で明治初期の教育行政(博物館行政など)に携わった人物である。畠山義成は、天保13年(1842)、一所持格の家に生まれる。薩摩藩 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代

磯永彦輔(長沢 鼎)〜最年少の薩摩藩留学生からアメリカのブドウ王へ 最年少13歳で薩摩藩留学生に選ばれた磯永彦助は嘉永5年(1852)生まれる。家は代々天文方で父の磯永孫四郎は儒学者。留学生達は全員変名を名乗ったが、彦助はこの時「長澤鼎」を名乗り、これ以後一生これを変えることはなかった。元治2年(1 ... » more
テーマ 鹿児島 幕末・維新 明治時代  トラックバック(1)

『聲なきに聞き 形無きにみる』の精神を伝える〜川路 利良 日本の近代警察を構築し、自ら警視庁初代大警視(警視総監)となった川路利良は、天保5年(1834)鹿児島近在の比志島村に生まれる。元治元年(1864)の禁門の変で戦功をあげて西郷隆盛や大久保利通らに高く評価される。明治5年(187 ... » more
テーマ 鹿児島  コメント(1)

『幕末巨龍伝』(津本 陽)〜北畠 道龍 津本陽氏が'84年に刊行した「幕末巨龍伝」の主人公・北畠道龍は文政3年(1820)、紀州和歌浦にある浄土真宗本願寺派・法福寺住職の長男にうまれる。11歳のころから、仏典、徂徠学、易学、禅学などを学び、武芸も、5尺8寸の体躯で剣は柔剛流、 ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

明治の六大教育家のひとり〜新島 襄 新島襄は同志社大学を興し、福澤諭吉らと並ぶ明治の教育家。天保14年(1843)、上州安中藩板倉家江戸屋敷で藩士の子に生まれる。名を七五三太(しめた)という。若くしてアメリカの制度に触れ、アメリカに憧れるようになる。その後、幕府の軍艦 ... » more
テーマ 明治時代

『幕末のジャンヌダルク』と呼ばれた女傑 〜 新島 八重 2013年に予定されているNHK大河ドラマ『八重の桜』のヒロインである。新島八重は、弘化2年(1845)会津藩上士・山本権八/さくの娘として若松城下に生まれる。長兄・覚馬は嘉永6年(1853)出府し、佐久間象山、勝海舟に師事し西周ら ... » more
テーマ 幕末・維新 明治時代

 

最終更新日: 2016/11/22 15:59

「明治時代」のブログ関連商品

» 「明治時代」のブログレビュー をもっと探す

「明治時代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る