誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    森博嗣

森博嗣

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「森博嗣」のブログを一覧表示!「森博嗣」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「森博嗣」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「森博嗣」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

『τになるまで待って』 森博嗣 超能力者という神居静哉の別荘・「伽藍離館(がらりかん)」で起こる事件というわけで、いわゆる閉ざされた嵐の山荘のパターン。ひょっとしたら、そのパロディなのかも知れない。神居はMNIの残党が祭り上げた人物であるらしく、佐織宗尊、そして真 ... » more

Tudo Bem ?『幻惑と死と使途』(森博嗣)
S&Mシリーズの第6弾です.天才奇術師が事件に関係します.脱出マジックといえばやはり引田天功さんですね.本書のあとがきも書かれています.マジック業界も,マジックのネタを考えたり,そのアイデアを守るために,箱屋と呼ばれる道具を ... » more

Tudo Bem ?『封印再度』(森博嗣)
S&Mシリーズの第5弾です.この本の英題は,"Who Inside"となってました.ダジャレ...?あるパズルが今回のミステリーに重要な意味をもっています.「無我の匣」という鍵箱と「天地の瓢(こひょう)」という壺です.この鍵 ... » more

くっそ〜!加部谷、可愛いじゃないか!いいなぁ、乙女だよなぁ。くうぅ!すみません、興奮しちゃいました。謎はますます深まって、先が気になります。他のシリーズとの絡みもあるしいろいろ妄想して、悶絶しそう。目 ... » more

S&Mシリーズの第4弾です.またもや大学で密室殺人が起こります.このシリーズは基本的に密室なんでしょうか.今回は,殺人が行われた経緯などは別として,犯人自体は判りやすい(推理しやすい)と感じました.本著では,犯人はあえて危険 ... » more

いまさらですが、ようやく読みました。シリーズ番外編の短編集。いろいろな人たちの視点から描かれていているためキルドレ視点とは違うものが見え隠れ。シリーズ5作では見えにくかったところが少しだけ見えてきたかな、という感じ。 ... » more

『赤緑黒白』 森博嗣 Vシリーズ最終話。「へっくん」と「林さん」のことも最後に露骨に?出てくる。第一話登場の秋野秀和、そしてラスボスこと四季ちゃん@少女時代が登場。「赤緑黒白」で「四季」を暗示しているわけ。で、殺人の真犯人は、いちおう気が付くよう ... » more

犀川先生と西之薗さんのコンビの第3弾です.今回は天才数学者が事件の鍵となる謎を提供します.プラネタリウムを備えて,オリオン座を模した建物の,正面広場にある大きな銅像をまるでマジックのように消してしまうのです.このトリックが起 ... » more

犀川先生と西之園さんのコンビの第2弾です.犀川先生の高校時代からの腐れ縁(?)である助教授が同じ大学の近所の学科にいたようです.その先生の研究室にある低温実験室を見学にいってみると,またもや密室殺人事件起こります.私は高価な ... » more

犀川創平先生と西之園萌絵さんのコンビが活躍するシリーズ第1弾です.S&Mシリーズと呼ぶようですね.超天才プログラマーの真賀田四季博士が立ち上げた研究室がとある島にあるらしく,そこには優秀な研究者が集まっていて,邪魔が極端に少ない環境 ... » more

シリーズ3冊目。今回はパスカル君の登場が大きいな。このシリーズはいつも、フィクション/ノンフィクションの境界に惑わされながらも「どっちだって面白ければ良いじゃん」と悟って読了という感じ。でも、一気読みするのは、な ... » more

森博嗣『スカイ・クロラ』……映画とは違うラストに…… スカイ・クロラ (中公文庫)中央公論新社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『スカイ・クロラ』という本。この本は“スカイ・クロラ”シリーズの5冊目。シリーズとして最初に出したものが時系列で最後という ... » more
テーマ 読書 森博嗣

『捩れ屋敷の利鈍』 森博嗣 「利鈍」て何だ?と思ったら、riddleの語呂合わせ?シリーズ再読しているつもりが、『朽ちる散る落ちる』の方を先に読んでしまったのだが、なるほど、ここで「秋野秀和」という名前が出てくるのか。読者の記憶を呼び起こすわけですかね。 ... » more

森博嗣『クレィドゥ・ザ・スカイ』……真相は…… クレィドゥ・ザ・スカイ (中公文庫 も 25-7)中央公論新社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『クレィドゥ・ザ・スカイ』という本。この本は“スカイ・クロラ”シリーズの第4冊目(時系列上……一応書 ... » more
テーマ 読書 森博嗣

森博嗣『フラッタ・リンツ・ライフ』 フラッタ・リンツ・ライフ (中公文庫 (も25-5))中央公論新社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『フラッタ・リンツ・ライフ』という本。この本は“スカイ・クロラ”シリーズの3冊目(時系列上)。視 ... » more
テーマ 読書 森博嗣

森博嗣『ダウン・ツ・ヘヴン』 ダウン・ツ・ヘヴン (中公文庫)中央公論新社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『ダウン・ツ・ヘヴン』という本。この本は“スカイ・クロラ”シリーズの2冊目(時系列上)。現在、シリーズを復習中。こうし ... » more

森博嗣『ナ・バ・テア』 ナ・バ・テア (中公文庫)中央公論新社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『ナ・バ・テア』という本。この本は“スカイ・クロラ”シリーズの1冊目にあたる(この紹介でいいのだろうか……?刊行順は違う)。 ... » more
テーマ 読書 森博嗣

映画『スカイ・クロラ』を見る……ほぼ原作どおりだけど…… 映画『スカイ・クロラ』を見た。押井守監督の作品だが、監督がどうのこうのというよりも、自分の場合は原作の森博嗣の作品が好きだから見てみようと思ったのが理由。普段はほとんど映画なんぞ見ない。映画館で見るのは……2年ぶりくらいだ。 ... » more

『六人の超音波科学者』 森博嗣 やっぱりこの「六人」というのは大事だということかな(謎)体裁としては、孤立する山荘パターン。数学者・小田原長治という人は、『黒猫の三角』に出てきていたことをメモ( ..)φこの話には、かつて練ちゃんが纐纈のじいさんのとこ ... » more

この巻で、保呂草が各務亜樹良から仕事を依頼されるという、運命の(!?)出会いをする。練無の先輩の関根杏奈が参加した航空ショーで、殺人事件が起こる。なるほど、密室殺人というわけだ。各務から依頼されて保呂草が探している短剣(美術品)の「 ... » more

探偵伯爵と僕 (講談社ノベルス モF- 40)講談社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ森博嗣の『探偵伯爵と僕』という本。この本は“ミステリーランド”シリーズとして発刊されたもの。それがノベルズ本となった。 ... » more
テーマ 読書 森博嗣

魔法の言葉と暮らす日々ブックフェア
今日は国際展示場までブックフェアに行ってきた。ひとりで。夫は仕事。森博嗣氏と押井学氏のトークショーがあって、後半半分くらい聴いてきた。押井氏の話は長かった(笑)。でも、聞いていると映画に興味が湧いてきたので、素直 ... » more
テーマ 雑記 森博嗣

『魔剣天翔』にも出てきた「関根朔太」の、自画像を入手するのが、今回保呂草が各務亜樹良から課せられた仕事であった。紫子さんのバイトから始まり、紅子らの「無賃乗船」など、もちろんあり得ない話ではあるが、そこは娯楽なので荒唐無稽さを楽しも ... » more

テレビに出演することになった紫子や練ちゃん、そして紅子。保呂草、及び同僚?の稲沢に相談をもちかけようとしていたプロデューサーが殺される。小鳥遊は様子のおかしかったアイドルの立花亜裕美と一緒に逃げ出す。というわけで、夢の話もさ ... » more

スカイ・イクリプス スカイ・イクリプス中央公論新社 森博嗣 ユーザレビュー:シリーズ全て読んだ人 ...スカイ・クロラシリー ...このシリーズがとって ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログを買った。なんか、表示の仕方がかわった ... » more
テーマ 雑記 森博嗣

S&Mシリーズの最終巻。真賀田四季も登場。「F」に戻ってきて完結したような感じもする。「ナノクラフト」の経営するテーマパークを訪れた萌絵たち。そこで殺人事件が起きて…というわけだが、バーチャル世界での殺人は、つまるところ芝居中に起き ... » more

『女王の百年密室』 森博嗣 サエバ・ミチルと「ウォーカロン」のロイディの迷い込んだところは女王が統治している町・「ルナティック・シティ」だった。平和に見えたその町で起こった殺人事件。そして、ミチルと因縁のある相手のマノ・キョーヤがこの町にいることが分かる。 ... » more

短編集。作家初の短編集及び私が読んだ森作品で初めての短編集。長編の方が好みだと、ちょっと思った(^_^;)「ミステリィ対戦の前夜」「誰もいなくなった」は西之園萌絵が登場。この中では、「彼女の迷宮」が好みかも。キシマ先生もまあまあ ... » more

飛び降り自殺とおぼしき死体に口紅に書かれた「θ」の文字。その後も身体の一部に「θ」の文字が書かれた遺体が発見される。医者としてこの事件に関わってきたのは「ラヴちゃん」こと反町愛。そこから萌絵まではほんの少し(笑)ところで、こ ... » more

今更である。サイトは以下。http://sky.crawlers.jp/index.html私が森博嗣の作品で一番大好きな『スカイ・クロラ』が映画化されることになった。しかし、検索にかけると、押井監督の名ばかり出てくる。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 15:54

「森博嗣」のブログ関連商品

» 「森博嗣」のブログレビュー をもっと探す

「森博嗣」ブログのユーザランキング

Stanza ignota 1 位.
Stanza ignota

テーマのトップに戻る