誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    森博嗣

森博嗣

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「森博嗣」のブログを一覧表示!「森博嗣」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「森博嗣」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「森博嗣」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

”εに誓って”森博嗣著 講談社文庫 εに誓って SWEARING ON SOLEMN ε (講談社文庫)講談社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by ”εに誓って”森博嗣著講談社文庫(注意:2009/11発売)(2006/05発売講談社ノベルスの文庫版。解 ... » more
テーマ 森博嗣 メフィスト賞作家

『目薬αで殺菌します』 森博嗣 Gシリーズ第7弾。今回は、ギリシア文字が入っているのはタイトルの先頭ではなかった。「α」という目薬に劇薬が混入される事件が起こる。また、加部谷たちは、目薬を握ったまま息絶えている男を発見する。さして(推理小説らしい)事件らしい事件は ... » more

レタス・フライ Lettuce Fry (講談社文庫)講談社 森 博嗣 Amazonアソシエイト by "レタス・フライ”森博嗣著講談社文庫(注意:2009/03/13発売)(2006年1月発売講談社ノベルスの文庫版に短編” ... » more
テーマ 森博嗣 メフィスト賞作家

つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫)講談社 2012-09-14 森 博嗣 Amazonアソシエイト by "つぶやきのクリーム The cream of the notes"森博嗣著 ... » more
テーマ 森博嗣 メフィスト賞作家

読む本の 内容少し クールダウン 工作少年の日々森博嗣(集英社)森作品は、犀川&西之園コンビの活躍するシリーズを、一時夢中になって読んでおりましたが、それ以降の作品にそれほどがががっ、とのめりこめるシリーズがなかったので、ここ最近はトーン ... » more

Tudo Bem ?『四季 冬』(森博嗣)
四季シリーズの四部作完結編です.前作を読んでから間が空いてしまいましたが,ようやく読むことができました.個人的には,四部作の中では一番好みかもしれません.個人的なポイントは,よく判らない詩的な描写もふんだんに盛り込まれていた点,及び ... » more

「少し変わった子あります」 / 森博嗣 某大学教授は、後輩から勧められていた料理店に、ふと行ってみる気になった。当の後輩がいつのまにか行方不明になっていたからだ。それは変わった料理店だった。場所は予約のたびに変わり、決まった店員は女将ひとりだけ。そして、毎回、その ... » more
テーマ ホラー 森博嗣

5月の講演会の復習、というかこの本の構想があっての講演会、が正しいか。タイトルにある、ふだん何気なく使っている「科学、科学的」という言葉の意味を正しくとらえようとしたことは、講演を聴くまでなかったように思います。 ... » more

あした晴れるかな「封印再度」
「封印再度」 タイトル:封印再度著者:森博嗣オススメ度:★★★★★S&Mシリーズ第五弾。あらすじ(カバー裏面より)50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室の中 ... » more
テーマ 小説 森博嗣

タイトルの意味すら分からず、辞書をひいたらvoid shape=空隙形状…?ますます分かりませぬ。何と読むのかも分かりませぬ。さておき、タイトルや装丁の雰囲気からこう来るとは予想できなかった内容でした。ありがちなイメ ... » more

「詩的私的ジャック」 タイトル:詩的私的ジャック著者:森博嗣オススメ度:★★★★★S&Mシリーズ第四弾。あらすじ(カバー裏面より)大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されてい ... » more
テーマ 小説 森博嗣

あした晴れるかな「笑わない数学者」
「笑わない数学者」 タイトル:笑わない数学者著者:森博嗣オススメ度:★★★★☆S&Mシリーズ第三弾。あらすじ(カバー裏面より)偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭 ... » more
テーマ 小説 森博嗣

「冷たい密室と博士たち」 タイトル:冷たい密室と博士たち著者:森博嗣オススメ度:★★★★☆「すべてがFになる」のS&Mシリーズ第二弾。あらすじ(カバー裏面より)同僚の誘いで低温度実験室を訪ねた犀川助教授とお嬢様学生の西 ... » more
テーマ 小説 森博嗣

既刊の集英社新書の3冊同様、それなりの期間にわたって著者の文章や考え方に好意的に触れてきた人間にとっては特に目新しい内容ではありません。ごく当たり前のことを確認しただけでした。それでも読んでしまうのは、森博嗣とい ... » more

『キラレ×キラレ』 森博嗣 Xシリーズの第2弾。主人公?というか狂言回し?は、小川令子氏だったのかな。小川令子が、鷹知祐一朗から電車の中の連続切り裂き魔についての調査の協力を求められるのが発端。調査するうち、無差別に見えた事件の共通性が見えてくる。 ... » more

「すべてがFになる」 タイトル:すべてがFになる著者:森博嗣オススメ度:★★★★☆ある孤島に立つ、セキュリティが完璧な研究所で起こった事件。部屋への出入りや、廊下の照明さえもが完璧に管理されていた研究所のシステムが ... » more
テーマ 小説 森博嗣

Tudo Bem ?『四季 秋』(森博嗣)
The Four Seasonsシリーズも3作目に入りました.そういえば,スティーブン・キングにも四季シリーズがありましたね.こちらは,『スタンドバイミー』や『ショーシャンクの空に』が含まれているあたりから察すると,スティーブン・キ ... » more

特に温存していたわけではないけれど今になってようやく読みました。が、これは何と言ったら良いのか…。水柿君に通じるユルさの中に、私には気がつかないような何かがあるのでしょう、たぶん。銀河不動産の超越文藝春秋 森 博 ... » more

Tudo Bem ?『四季 夏』(森博嗣)
真賀田四季が子供と成人の間くらいの少女(?)へと成長した頃のお話です.本編を読むと,『すべてがFになる』のストーリーとリンクする重要な内容が盛り込まれています.出産の件ですね.これで大きな謎がリンクされるので,すっき ... » more

Tudo Bem ?『四季 春』(森博嗣)
S&MシリーズやVシリーズを読まれた方はタイトルからご想像できるかもしれませんが,真賀田四季さんのお話です.この春は幼い時代のお話です.内容自体はミステリ性は乏しいのですが,真賀田四季がまだ小学生の頃の話です.既に天才の片鱗を見せて ... » more

『イナイ×イナイ』森博嗣 Xシリーズの始まり。物語を引っ張る探偵(とワトソン?)役は、椙田の事務所で働く真鍋瞬市と小川令子。旧家で当主がなくなり、美術品の鑑定をしていた真鍋たちは、殺人事件に巻き込まれる。千鶴と千春の双子、当主の後妻、物言わぬ男など、レトロな ... » more

どきどきフェノメノン/森博嗣 どきどきフェノメノン A phenomenon among students (角川文庫)角川グループパブリッシング 森 博嗣 ユーザレビュー:イメージ大事派最近 ...これは…いいです。表 ...登場人物が個性的で素 ...Amazo ... » more
テーマ 『ま行』その他の作家 森博嗣

『ηなのに夢のよう』 森博嗣 Gシリーズ第6弾。瀬在丸紅子も登場。最初の数学者(深川)〜小田原長治〜藤井苑子、とシリーズ縦断で懐かしい人の名前が出てくる。公安の沓掛が、四季のことを調査している。萌絵は、飛行機事故のことを金子と話す。東京のW大に行くことになる ... » more

『自由をつくる自在に生きる』と『創るセンス工作の思考』に続く、エッセィ3作目。前の2作に比べて興味深いテーマではありますが、もう長いこと森氏の思考に触れてきたからか、特に目新しい内容ではありませんでした。予想していたこと ... » more

おもしろい 本はやっぱり おもしろい θは遊んでくれたよ森博嗣(講談社ノベルス)久しぶりに森博嗣に、ハマってます「すべてはFになる」〜の、犀川&西之園コンビが大好きで、全巻揃えたりもしたんですが、ホント久々。今度のシリーズも、主人公じゃない ... » more
テーマ 読書 森博嗣 θは遊んでくれたよ

『探偵伯爵〜』面白かったので、続いて森博嗣作品を手に取りました。少し変わった子あります文藝春秋 森 博嗣 ユーザレビュー:森博嗣流宮沢賢治「注 ...紹介と考察不思議な料 ...読みやすいけど考えさ ...Amazonアソシエイ ... » more
テーマ 読書 森博嗣

じつは、森博嗣作品を読むのはコレが初めてです。探偵伯爵と僕 (講談社ノベルス)講談社 森 博嗣 ユーザレビュー:この作品の面白さこの ...子供向け?大人向け? ...Amazonアソシエイト by 講談社の叢書『ミ ... » more
テーマ 読書 森博嗣

『λに歯がない』 森博嗣 Gシリーズ第5番目。いちおう密室がテーマとなる。(ネタバレになるかも)さて、この回は、復讐譚で、いわゆる真賀田四季のアレとは別もん、ということになるのだろうか、赤柳−保呂草ラインの話だと。で、もしも別もん ... » more

もう長いこと森先生の思考に触れている人間としては『自由をつくる自在に生きる』と同じくとくに目新しい内容が書いてあるわけではありません。それがつまらないというわけでなく再確認というか、再認識というか、つまりそんな感じ。 ... » more

『カクレカラクリ』 森博嗣 タイトルをはじめて見たとき、泡坂妻夫の『乱れからくり』を連想した。120年後、すなわち一定の時間が過ぎると何かが起こる、ということについては『F』を思い出したが、何しろ昔の話、いったいどのような仕掛けが設定されているのか?と思いなが ... » more

 

最終更新日: 2017/04/23 21:09

「森博嗣」のブログ関連商品

» 「森博嗣」のブログレビュー をもっと探す

「森博嗣」ブログのユーザランキング

Stanza ignota 1 位.
Stanza ignota

テーマのトップに戻る