誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    松下幸之助

松下幸之助

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「松下幸之助」のブログを一覧表示!「松下幸之助」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「松下幸之助」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「松下幸之助」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

新年に松下幸之助「起業の地」を訪ねる   すなおみち 松下電器(現在はパナソニック)の「創業の地」は、大阪市福島区大開ということで、幸之助翁自身もここが発祥の地として認めているところです。現在では立派な碑までできて、「創業の家跡」や「第一次本店工場跡」の見学コースができています。地 ... » more
テーマ 松下幸之助

黄砂出現/挫折が人を強くする、道は無限にやっぱりある 【黄砂出現】大淀川の河口から二つ目の「赤江大橋」が完成して1年以上経ちました。昨日も今日もこの橋から見える山並みが霞んで、ぼんやりしています。ニュースによると大陸からの「黄砂」が観測されたようです。【挫折が人を強くす ... » more

天皇皇后両陛下の動画の紹介 天皇陛下皇后陛下は、2009年7月3日よりカナダ各州、米ハワイ州に行幸されました。その時の動画を中心に紹介させていただきます。カナダの新聞では、「世界で最も長い君主2600年前に遡るBC7世紀の神武天皇の子孫」と紹介されていたそうです。 ... » more

運命の不思議さ―松下幸之助の言葉 ぼくがまだ十七、八歳、電灯会社で働いていた、ちょうど時代が明治から大正に移る頃のことです。・・・(略)・・・鰻谷というところに、住友吉左衛門さんの本邸がありました。・・・(略)・・・この前を仕事に出かけるときよく通ったのですが、丁稚 ... » more
テーマ 松下幸之助 黒住教

eqpartners不況時をどう乗り越えるか?
最近、「この不況期をどう乗りのえるか?」というテーマで、企業様向けに講演をさせて頂きました。その際、その企業の社長様が、「この時期は、待ちのビジネスではなく、攻めのビジネスに転じなければならない。例えば、お店でも店をあけてお ... » more

今日は、この本をフォトリーディングしました。エピソードで読む松下幸之助(仮) (PHP新書)PHP研究所 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ松下幸之助さんは、とても寛容な方だと思いました。分け隔てなく、人を信 ... » more

12月14日(日曜)飯田先生の「松下幸之助に学ぶ人生論」記念あなたの天命&天職を松下幸之助に聞くセミナー飯田史彦先生の新刊「松下幸之助に学ぶ人生論」出版をお祝いして、光の存在を通じて幸之助さんにお会いするセミナーを行ないます ... » more
テーマ スピリチュアルケア 飯田史彦 松下幸之助  トラックバック(1)

社会主義を飲み込んで神のように振る舞っていた資本主義も、今や断末魔の叫び声をあげながら暗黒時代の到来に底知れぬ恐怖を感じ取っています。「そこに暗黒があるならば、その暗黒を光明に変えていこう」(by松下幸之助)スピリチュアル・ケアの精 ... » more
テーマ スピリチュアルケア 飯田史彦 松下幸之助

【読破or見切り】1週間ほどで読破【読書場所】信号待ちとか【価値観の変化・感想】やっぱココロの教科書。絵本的な内容として作成してあるからサクサク読めちゃう。門司も大きいし、短いしで、ふと読み直すとココ ... » more
テーマ PHP研究所 松下幸之助

経営者の資質が備わってない社長の元で働く従業員はかわいそうである。中小企業は、98%は社長の決定で業績が決まります。逆を言えば、その他の従業員はYesマンであればいいのです。だからこそ、よい社長を選んで、そこで働くことが、大 ... » more
テーマ 儲かる仕事 社長 松下幸之助  トラックバック(1)

黒住宗忠と松下幸之助が説く神の心 黒住宗忠は人の心は、もったいなくも、大御神様の御分霊なり、ご分心なり。罪を祓い、穢れを祓い、我を祓うて清浄無我の場に到れば、すぐに神なり。人々直ちに神の一柱なり。有り難き御事ならずや。されば、時々刻々に、神と離れぬように ... » more
テーマ 松下幸之助 黒住教

瑞穂の国日本松下幸之助の天皇観4
松下幸之助の天皇観4 今度の太平洋戦争において、日本は連合軍を相手に四年近くにわたって戦いましたが、実力のちがいはどうすることもできず、本土決戦による玉砕か、無条件降伏のいずれかという重大な岐路に立たされました。この時、指導者の中には、降伏しかないと考える人もあ ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本松下幸之助の天皇観−3
松下幸之助の天皇観−3 建国の祖としての権威、徳による権威は、わが国の国家存亡という非常時にあって、きわめて大きな力となったわけです。その一つは明治維新です。明治維新はゆきづまっていた封建時代から、新しい近代的な日本を誕生させた大きな歴史の転換期であったと思います ... » more
テーマ 松下幸之助

私心のない心になれば、自然に道は開かれる 前のエントリーで「我をださない」というのがあります。http://97331420.at.webry.info/200610/article_24.html困った時や不運な状況に見舞われた時、人は得てして心に動揺をきたしたり ... » more
テーマ 信仰 松下幸之助 黒住教

講談本に学ぶ−松下幸之助、本田宗一郎の教え 松下幸之助さんは丁稚奉公をされてた時の頃を振り返り火鉢屋から自転車屋に移って、そこに七年いた。ところがその七年というものは、格式ある船場の商人の家で仕込まれたから、自然に物事がわかってきた。朝早くから夕方まで自転車を修繕する。晩飯を ... » more
テーマ 本田宗一郎 松下幸之助

天皇を中心として−松下幸之助 日本と日本人の歴史を考える上で大事なことは、日本人は天皇というものを中心にして、過去二千年の歩みを続けてきたということです。建国以来一貫して、天皇を国家の中心として、国家経営、国民活動を行ってきたわけです。これは、まことに他に見ない ... » more
テーマ 松下幸之助

日本人の血の中に流れている日本精神の覚醒を−松下幸之助 このままでは破壊が破壊を生み、日本はとり返しのつかない混乱、混迷の状態に陥っていくおそれがあります。日本人が、今日に生きるお互いの幸せと、明日に生きる人びとの幸せを願うならば、いまこそ日本人としての精神のあり方というものを改めて考え直さ ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本松下幸之助の天皇観−2
松下幸之助の天皇観−2 天皇は現在、憲法に定められているように、日本と日本人の象徴として、内外ともに各方面でご健在ぶりを示しておられます。天皇が、公務としてたとえば法律や条約を公布されたり、栄典を授与されたり、国内外の人びとと会見されたり、儀式を行われるなど、 ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本松下幸之助の天皇観
松下幸之助の天皇観 昔の皇居である京都の御所には、堀であるとか石垣であるとかいったようなものがりません。ただ土塀がめぐらしてあるだけで、外からの攻撃に対しては全く無防備といってもいい姿です。それに対して、同じ京都でも、徳川将軍の宿所であった二条城には、 ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本
道 松下幸之助の言葉自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだ ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本素直な心
素直な心 松下幸之助の言葉素直な心とは、とらわれない心である。自分の利害とか感情、、知識や先入観などにとらわれずに、物事をありのままに、見ようとする心である。人間は心にとらわれがあると、物事をありのままに見ることができない。たとえてい ... » more
テーマ 松下幸之助

瑞穂の国日本松下幸之助社神社−2
松下幸之助社神社−2 松下幸之助さんは、よく椿大神社に参拝されてたそうです。下の写真は松下さんが寄付された茶室です。 ... » more
テーマ 松下幸之助

経営の神様を祭る神社−松下幸之助社 三重県鈴鹿市にある椿大神社。ご祭神は猿田彦尊さま。私は、霊感なんてない人間ですが、この神社の気というか、すごい力みたいなものを感じるのは、私だけではないはず。是非、一度参拝されてみてはいかがでしょうか。この神社の神域内に ... » more
テーマ 松下幸之助

昭和49年に書かれた本なのに,読んでいて全く古びていない。さすが経営の神様、松下幸之助である。平行して読んでいる神田昌典もすごいなーと思うが,それはあくまで応用編。あるいは現代にあわせた経営手法。松下さんは基本を言っている。人材開発 ... » more
テーマ 経営心得帖 読書 松下幸之助

 

最終更新日: 2016/11/22 15:04

「松下幸之助」のブログ関連商品

» 「松下幸之助」のブログレビュー をもっと探す

「松下幸之助」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る