誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    着メロ

着メロ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「着メロ」のブログを一覧表示!「着メロ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「着メロ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「着メロ」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

「威風堂々」は、エルガーが作曲した6曲(第6番は未完成)からなる管弦楽のための演奏会用の軍隊行進曲です。6曲のなかでは第1番が有名で、そのなかでもとくに中間部分は、イギリスでは第2の国歌といわれるほど愛されており、日本でもCMをはじめいろい ... » more

「諸人こぞりて」は、日本でもよく知られたクリスマスキャロルの一つです。ヘンデル「メサイア」のメロディにもとづいて作曲されたそうですが、ほとんどオリジナルという説もあるそうです。また、アメリカのクリスマスキャロル「民みな喜べ」の曲に、別の歌詞 ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

「きよしこの夜」は、もっとも有名なクリスマスソングの一つでしょう。作詞は、ヨゼフ=モーア、作曲は、フランツ=グルーバーで、1818年に初演されました。そのときには、次のようなエピソードがあります。クリスマス直前に、オーベルンドルフという ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

「エリーゼのために」は、ベート−ヴェンが作曲したバガテル(ちょっとしたもの、小品という意味)です。バガテルのなかではもっとも有名なものでしょう。エリーゼがだれなのか謎でしたが、最近では、テレーゼ=マルファッティのことであるとされています ... » more

著作権フリーの着メロRioアレンジOKINAWA着メロ ... » more

「小犬のワルツ」は、ショパンのワルツ第6番です。ショパンの恋人だったジョルジュ・サンドが、何匹かの犬を飼っていて、ショパンも犬好きで、それらの犬をかわいがっていたそうです。その犬が自分の尾を追いかけて回っている様子を見て作曲したとい ... » more

FreeMail無料着メロ ... » more

トレうたクオリティの高い着うたがゲットできるサイト ... » more

無料着メロmelodix ... » more

無料の着メロ・着うたサイトへのリンク集を作成いたしました!これからどしどしアップいたしますので、ご利用ください! ... » more

「別れの曲」は、ショパンの練習曲(作品10)の3曲目の曲です。練習曲とはいいながら、難易度はとても高いです。曲名の由来は、1934年のフランス映画「別れの歌」の主題曲として使われたことによります。それ以来「別れの曲」として有名になり ... » more

「乙女の祈り」は、バダジェフスカという女性ピアニスト・作曲家の作品です。「乙女の祈り」は有名ですが、バダジェフスカの名前はあまり知られていないんじゃないでしょうか。「乙女の祈り」以外の作品はあまり知られていないからでしょう。「乙女の祈り」は ... » more

「トルコ行進曲」は、モーツァルトのピアノソナタ第11番の第3楽章です。ピアノソナタ第11番は、ソナタとはいいながら、ソナタ形式の楽章が一つもないという、当時としては変則的な形式になっています。モーツァルトの意欲作といっていいでしょう。第1楽 ... » more

 ラムダ音楽日記SMAF Sound Decorator
着メロのMMFファイルを作るSMAF Sound Decoratorというソフトを新しく手に入れました。着メロのMMFファイルを作るいろいろなソフトを無料で提供しているYamaha SMAFGLOBALのサイトをひさしぶりにチェックして ... » more

「愛のあいさつ」は、エルガーのピアノ独奏曲です。しかし、ヴァイオリンとピアノ、弦楽合奏、管弦楽などさまざまに編曲されています。エルガーは、「威風堂々」が有名なイギリスの作曲家です。「愛のあいさつ」は、婚約者だったキャロライン・アリス・ロ ... » more

ヘンデルの「見よ勇者は帰りぬ」は、オラトリオ「マカベウスのユダ」のなかで歌われる合唱曲です。現在、表彰式などの場面でよく使われるので、ほとんどの方が知っているような有名な曲です。ところが、オラトリオ「マカベウスのユダ」についてはあまり知られ ... » more

「勝利の行進」は、ヴェルディの歌劇「アイーダ」のなかの有名な行進曲です。「凱旋行進曲」とか、「アイーダの大行進曲」ともいわれます。勇壮なメロディーは、わたしも大好きです。勇壮と書きましたが、聞いていただけばわかるとおり、トランペットがメロデ ... » more

わたしのホームページ、ラムダ音楽館にオルゴールのページを追加しました。わたしがいままでにアレンジしたMIDIファイルをオルゴールの音色で作り直してみたら、なかなかいい感じになったので、新しくページを作りました。MIDIファイルだけでなく ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

子どもが携帯電話を買い換えました。その子がいままで使っていた携帯電話の音源 LSI は、MA-5だったので、着メロなどの音が最新のMA-7にくらべるとやや劣ることもありました。また、それ以上に弱点だったのは、着メロのMMFファイルの上限 ... » more

 ラムダ音楽日記諸人こぞりて 歌詞
1.諸人こぞりて迎えまつれ久しく待ちにし主は来ませり主は来ませり主は、主は来ませり2.悪魔のひとやを打ち砕きてとりこをはなつと主は来ませり主は来ませり主は、主は来ませり3.この世の闇路を照らしたもう妙なる ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

 ラムダ音楽日記諸人こぞりて
「諸人こぞりて」は、日本でもよく知られたクリスマスキャロルの一つです。ヘンデル「メサイア」のメロディにもとづいて作曲されたそうですが、ほとんどオリジナルという説もあるそうです。また、アメリカのクリスマスキャロル「民みな喜べ」の曲に、別の歌詞 ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

 ラムダ音楽日記諸人こぞりて を追加
わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロのページに「諸人こぞりて」を追加しました。きのうまでとても忙しかったのですが、きょうは仕事をしないですんだので、時間がたくさんありました。そこで、午後から打ち込みを始め、一気に作ってしまいました ... » more
テーマ 音楽 MIDI 着メロ

EXILEの「I Believe」の着メロを作りました。きのう録音した曲のうち、子どもが作ってほしいというので着メロを作りました。その子の携帯電話で再生できるMMFファイルは100KBと小さいので、どうしても着メロは短くせざるを得ません ... » more

ヒット曲を3曲録音し、そのうちの「旅立ちの唄」「花の名」の2曲の着メロを作りました。わたしではなく、子どもが使うのですが、着メロのMMFファイルにはファイルサイズの制限があるので、音質を落とし、長さを30秒くらいにしなければなりません。 ... » more

 ラムダ音楽日記威風堂々第1番
「威風堂々」は、エルガーが作曲した6曲(第6番は未完成)からなる管弦楽のための演奏会用の軍隊行進曲です。6曲のなかでは第1番が有名で、そのなかでもとくに中間部分は、イギリスでは第2の国歌といわれるほど愛されており、日本でもCMをはじめいろい ... » more

わたしのホームページ、ラムダ音楽館の着メロのページに「威風堂々第1番」を追加しました。わたしの曲は、1か月くらいかかって、ようやくできあがりました。全曲ではなく、有名な中間部分だけをアレンジしたものです。MIDIファイルと着メロ(MMF ... » more

 ラムダ音楽日記アクセス数が回復
わたしのホームページ、ラムダ音楽館のカウンターが、おとといもきのうも60近くも進みました。これはずいぶんひさしぶりのことで、うれしいです。今年の3月に着メロのページを追加してから、アクセス数がふえたのですが、7月からまた少なくなってしま ... » more

わたしのホームページ、ラムダ音楽館が15000ヒットを超えました。いままで見てくださった方ありがとうございます。3月に着メロのページを追加してからアクセス数がふえましたが、7月から減ってしまいました。先日書いたように、最近はまた少し回復 ... » more

わたしのホームページ、ラムダ音楽館の9月の月間ヒット数が、3か月ぶりに1000を超えました。3月に着メロのページを追加してから、月間ヒット数は、1500を超えるようになりましたが、7月に急に落ち込み、8月も回復しませんでした。それが9月 ... » more

 ラムダ音楽日記紅葉 歌詞
1.秋の夕日に 照る山紅葉、濃いも薄いも 数ある中に、松をいろどる楓や蔦は、山のふもとの裾模様。2.渓 (たに) の流れに 散り浮く紅葉、 波にゆられて 離れて寄って、 赤や黄色の 色様々に、 水の上にも ... » more
テーマ MIDI MP3 着メロ

 

最終更新日: 2016/11/22 13:37

「着メロ」のブログ関連商品

» 「着メロ」のブログレビュー をもっと探す

「着メロ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る