誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ブックレビュー

ブックレビュー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ブックレビュー」のブログを一覧表示!「ブックレビュー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ブックレビュー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ブックレビュー」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

『日本の歴史をよみなおす』  網野 善彦・著 日本の歴史をよみなおす現在を生きている私たちは、今が時代の変革期であるとか、時代が大きな曲がり角を迎えていると痛感しているだろう。だが、著者によれば日本の社会は13世紀から14世紀(鎌倉時代から室町時代にかけ ... » more

雑記「恋ではないという嘘」 もう嘘物語でいい気がしなくもなく。恋物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by 貝木さんが格好良く情けなくて萌えるお話でした。 ... » more

『人生の科学』  デイヴィッド・ブルックス 著 人生の科学無意識があなたの一生を決める幸せな人生をおくる方法を教えしましょう、と言われると怪しげな宗教の勧誘と思われる。だが、この本で著者は科学的な知見に基づいて人が幸せな一生を送るにはどうすればよいかを ... » more

『情熱の階段』  濃野 平・著 情熱の階段たった一人の人との出会いや、何気ない出来事が人生を一変させてしまうことがある。著者にとってそれはテレビのバライティ番組だった。そこではスペインの闘牛の模様が映し出され、著者はその色彩豊かな美の世界と闘牛士の ... » more

『動物が幸せを感じるとき』  テンプル・グランディン 著 動物が幸せを感じるとき動物たちは私たちの生活に欠かせない存在だ。ペットは家族の絆を感じさせてくれるし、孤独な暮らしに癒しをもらたしてくれる。家畜たちは人間の身体を支える食物・食糧としてなくてはならない存在だ。人間が人間と ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「冬の本とか」
今回もあまり買えてないのですが、参加した本などについて少々。>PULLTOP10周年記念合同本通販のページ -NEKORIAN.NET- http://nekorian.net/dlk/order/index.html主催の ... » more

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』  小澤征爾・村上春樹 著 小澤征爾さんと、音楽について話をする普段クラッシック音楽を聴かないという人や、あまり小説は読まないという人でも、この二人の名前は知っているだろう。彼らの創り出す作品は国境を越え、多くの人にインパクトを与えてい ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「ラノベ2011」
雑記「ラノベ2011」 ラノサイ杯が無くなったので特にまとめる必要もなくなったのだけど、まあ一応。半期ごとに選べるほど量を読んでいないので、年間通しての10冊、ということで選んでみた。一部ラノベと呼ぶべきか迷うものも入っているが、カテゴリエラーというほ ... » more

『心と脳』 認知科学入門  安西祐一郎・著 心と脳認知科学入門誰でも「そんなつもりで言ったんじゃない」 とか「そんな風に受け取られるとは心外だ」 といったように、自分の伝えたいことが正しく相手に伝わらないといった経験があるだろう。これは一般的にコミュニケーショ ... » more

取捨選択 -my choice-金融独裁の果てに
金融独裁の果てに 杞憂だったらいいなー、とうっすら思ってたのだが、残念ながらまた規制が一つ増えてしまった。金融庁、「通貨選択型」投信の販売規制を強化(2011年 12月 5日ロイターニュース)「リスクを理解しない個人投資が悪い」とか、「いや、何で ... » more

取捨選択 -my choice-リスクは金なり
リスクは金なり リスクは金なり (講談社文庫)講談社 2011-07-15 黒木 亮 Amazonアソシエイト by ノンフィクションの金融ドキュメンタリー。著者は都市銀行や証券会社でプロジェクトファイナンスなどの融資に関わっていた人物。 ... » more

取捨選択 -my choice-歴史と外交
歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)講談社 東郷 和彦 Amazonアソシエイト by 著者の祖父が太平洋戦争時の外務大臣でA級戦犯として裁かれ、父も外交官という”外交サラブレッド”。国益上の観点から日本国 ... » more
テーマ 一般教養メモ 政治 ブックレビュー

「自然エネルギーの可能性と限界」石川 憲二著(オーム社 1680円) 「自然エネルギーの可能性と限界」石川 憲二著(オーム社1680円)ブックレビュー聖教新聞2011年11月3日自然エネルギーの可能性と限界 風力・太陽光発電の実力と現実解 (単行本・ムック) / 石川 憲二 ... » more

「自然エネルギーの可能性と限界」石川 憲二著(オーム社 1680円) 「自然エネルギーの可能性と限界」石川 憲二著(オーム社1680円)ブックレビュー聖教新聞2011年11月3日自然エネルギーの可能性と限界 風力・太陽光発電の実力と現実解 (単行本・ムック) / 石川 憲二 ... » more

「元気になる!日本の森を歩こう カラー版」日本の森を歩く会(著)(洋泉社 1,050円) 「元気になる!日本の森を歩こうカラー版」日本の森を歩く会(著)(洋泉社1,050円)ブックレビュー聖教新聞2011年11月3日元気になる!日本の森を歩こう楽天ブックス カラー版 Color新書y 日本の森を歩 ... » more

「元気になる!日本の森を歩こう カラー版」日本の森を歩く会(著)(洋泉社 1,050円) 「元気になる!日本の森を歩こうカラー版」日本の森を歩く会(著)(洋泉社1,050円)ブックレビュー聖教新聞2011年11月3日元気になる!日本の森を歩こう楽天ブックス カラー版 Color新書y 日本の森を歩 ... » more

『不死細胞ヒーラ』  レベッカ・スクルート 著 不死細胞ヒーラ「我思う、故に我あり」と書いたのは哲学者・デカルトだ。我を意識する「私」という存在は60兆とも100兆とも言われる細胞から成り立っている。私たちと細胞は切っても切れない関係にあり、私たちが死ねば細胞 ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「正義失格者の肖像」
雑記「正義失格者の肖像」 本と関係あるようなないような話をつらつらと。エクゾスカル零 1 (チャンピオンREDコミックス)秋田書店 2011-08-19 山口 貴由 Amazonアソシエイト by 倒されるもののほうがしばしばより美しい「正義」で ... » more

『文明を変えた植物たち』  酒井伸雄・著 文明を変えた植物たちコロンブスが遺した種子ある日、あなたは遠方の取引先へ打ち合わせに行くことになった。早朝、車に乗り込み出発するとまもなくタバコが吸いたくなってきた。だが、社用車は禁煙になっている。やむなくポ ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「灼熱の小早川さん」
雑記「灼熱の小早川さん」 ディストピアを制圧する正義という名の邪悪。灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)小学館 2011-09-17 田中 ロミオ Amazonアソシエイト by AURAや「終わらない階段」の流れにあるスクールカーストを扱った青春ラ ... » more

雑記「とある怪異のインデックス」 鬼物語が出たので。鬼物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by 囮物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by このへんで一度時系列を整理してみよ ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「奇跡なす者たち」
雑記「奇跡なす者たち」 ジャック・ヴァンスは、唯一無二の個性を誇るSF作家である。奇跡なす者たち (未来の文学)国書刊行会 ジャック・ヴァンス Amazonアソシエイト by 翻訳からですらそのテキストの美しさと独特の味わいを読み取るのは容易だ ... » more

『 「海の道」 の300年 』   武田 尚子・著 「海の道」の300年近現代日本の縮図瀬戸内海本書の舞台は宮崎駿監督が映画・「崖の上のポニョ」の構想を練るため滞在し、そのモデルとなった町、「鞆(とも)の浦」 からほど近い広島県福山市の南に位置する瀬戸内海の小 ... » more

『感染症と文明』  山本 太郎・著 感染症と文明今からおよそ1万年前、人間はその後都市国家が誕生する地となるメソポタミアで、それまでの狩猟生活に別れを告げ、農業を始め家畜を飼育し、定住生活を始めた。農業は狩猟に比べ格段にエネルギー獲得効率が高く、人 ... » more

書評:『壊れた尾翼』 〜御巣鷹墜落事故〜 『壊れた尾翼』加藤寛一郎著技報堂出版刊この本のことを思い出したのは、昭和60年8月12日に起きた、御巣鷹の日航機墜落事故の追悼新聞記事を読んでのことであった。記事によれば、死者520人という単独機の事故として航空史上最悪 ... » more

『知性誕生』  ジョン・ダンカン 著 知性誕生ハリウッド映画の定番にSFモノがある。そこでは地球外生命体や意思を持ったマシーンが登場し人間と対峙する。彼らの体力や知性の高さの前にして、人類は自らの限界を知らされるだか、これはあくまで映画館 ... » more

『想像するちから』  松沢哲郎・著 想像するちから人間とは何か、この深遠なる問いには哲学的な答えがふさわしそうだが、科学的に答えようとするのが著者である。著者は京都大学霊長類研究所の所長で、チンパンジーの研究を通じて人間とは何かという答えを探ろうとしてき ... » more

ついにテレビアニメ開始。「もしドラ」が一番すごいと思うところは、主人公がはじめっから甲子園を目指すところです。「できっこないこと」を「なんとかして実現する」のが「マネジメント」なのですね。「マネジメント」が(道具や手段などではなく)意志と頭 ... » more

『「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか?』  宮川 剛・著 「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか占い師は水晶玉を覗き込み、あなたの未来を告げる。信じていない人は苦笑せざるを得ないが、そんな人にも未来が確実にわかる水晶玉がまもなく届けられようとしている。その水晶玉とはゲノムと ... » more

HOTEL OF HILBERT雑記「花々」
雑記「花々」 くさかんむりに化物、の新作。花物語 (講談社BOX)講談社 西尾 維新 Amazonアソシエイト by 草は蒼であり走であり想でもあったのかな、などと思った読後。神原が主役&語り部ということでやや地味な評価を受けてる ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 13:33

「ブックレビュー」のブログ関連商品

» 「ブックレビュー」のブログレビュー をもっと探す

「ブックレビュー」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

送料無料/戦後入門/加藤典洋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 送料無料/戦後入門/加藤典洋
オンライン書店 BOOKFAN

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る