誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    た行の作家

た行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「た行の作家」のブログを一覧表示!「た行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「た行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「た行の作家」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

「ユウレイ通り商店街」1・2 田部智子著 福音館 2010年 新刊の児童書を2冊読みました。期待以上に面白かったです!本当は「駅前通り商店街」という名前なのに、人通りが少なくてうら寂しいので「ユウレイ通り」なんて呼ばれている商店街のいろんな「お店の子」が主人公。お家も近くて ... » more

以前から、高橋源一郎のtwitterをちょこちょこのぞいている夫に、21日午前0時からの「連続ラジオ」がよかったと教えてもらった。http://twitter.com/takagengen「メメントモリ(死を想え)」と題 ... » more

白ブタさん八朔の月 高田郁
会社の人が貸してくれた本☆大阪の料亭に奉公していた澪だがわけあって、今は江戸の小さなそば屋、「つる家」で働いている。大阪と江戸の味の違いは大きく、それでも苦労を重ねながら江戸っ子たちに気に入られる料理を考え、精進していく ... » more
テーマ た行の作家

レディ・ジョーカー〈下〉 正直な感想は。。ようやく読み終えた。面白いんだけど、おもしろいんだけど。。ちと重いな。レディ・ジョーカー〈下〉毎日新聞社 高村 薫 ユーザレビュー:高村さんは、優しい高 ...塗り盛られた油絵のよ ...傑作ゆえの、最悪の読 ... » more

レディ・ジョーカー〈上〉 面白いんだけど、なかなか進まない。。読書自体がスランプか。。レディ・ジョーカー〈上〉毎日新聞社 高村 薫 ユーザレビュー:苦悩、虚無、狂気、そ ...ときめく哀愁おっさん ...誘拐事件を背景に日々 ...Amazonアソシエイ ... » more

本の本が好きです。本がテーマになっているものになると、ついつい手が伸びてしまいます。このマンガに出てくる「本」は図書館。本好きな人々が暮らす小さな町・栞ヶ浜。魚住遊紙(うおずみゆうし ... » more

ドストエフスキー ‘カラマーゾフの兄弟’ 私は‘カラマーゾフの兄弟’を読むのに半年以上かかりました。前置きが長いこと、長いこと!!簡単に言ってしまえば、女と金をめぐる父と子の骨肉の争いという感じの話ですが、とにかく前置きが長いです。しかし、この「骨肉の争い」が起 ... » more

地を這う虫 (文春文庫) 元刑事が主人公の短編ですが、非常に地味です。。本当に刑事ってこんなに恵まれないというか、報われないというか、、大変なのはわかるけど、そんな仕事なんだろうか。地を這う虫 (文春文庫)文藝春秋 高村 薫 ユーザレビュー: ... » more

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド) 太陽を曳く馬ではいまいちはまりませんでしたが雰囲気はいい感じだったので、とりあえず有名なやつを読んでみる事にしました。これはバッチリはまりました。おもしろい。ただ終盤(!)なんか既読感が。。まさか前に読んだことを忘れてる??? ... » more

「ひとりぐらしも9年め」 たかぎなおこ ひとりぐらしも9年めたかぎなおこメディアファクトリー 2009-04-22売り上げランキング : 270Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明ひとりぐらしも9年目。もう、初々しい気持ちも忘れがちな今日この頃だけど、と ... » more

土屋賢二 ‘貧相ですが何か?’ ‘貧相ですが何か?’の著者である土屋賢二氏は「おもしろ哲学エッセイ」の第一人者なのに(だから?)、威厳のかけらもない方のようです。というのも、‘貧相ですが何か?’の解説には「ツチヤはツチヤなのに」や「チョコマカして貧 ... » more

「リテイク・シックスティーン」 豊島ミホ リテイク・シックスティーン幻冬舎 2009-11売り上げランキング : 120438Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)高校に入学したばかりの沙織は、クラスメイトの孝子に「未来から来た」 ... » more

「左京区七夕通東入ル」 瀧羽麻子 左京区七夕通東入ル小学館 2009-07-23売り上げランキング : 37143Amazonで詳しく見る by G-Tools内容紹介七月七日にわたしたちは出会った。京都での学生生活も4年目。主人公の花は思いがけないことをき ... » more

小栗左多里 トニー・ラズロ ‘めづめづ和文化研究所 京都’ ‘ダーリンは外国人’シリーズは国際結婚をした著者の小栗左多里氏の経験に基づいて描かれたコミックエッセイです。主に、言語やコミュニケーションに関する小栗氏やトニー氏の考えが面白おかしく描かれています。‘めづめづ和文化研 ... » more

「田舎の刑事の闘病記」 滝田務雄 田舎の刑事の闘病記 (ミステリ・フロンティア)東京創元社 2009-11-20売り上げランキング : 190268Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)部下の白石の無能ぶりに卒倒し、病院に ... » more
テーマ た行の作家

結局(下)もはまりませんでした。機会があれば読み直したいです。太陽を曳く馬〈下〉新潮社 高村 薫 ユーザレビュー:またも立ちすくみまし ...高村薫の三部作の感動 ...Amazonアソシエイト by ... » more

太陽を曳く馬〈上〉 「た行」対策で読み始めるも、年末年始ということもあってかなかなかハマらない。なんとか下巻に突入します。太陽を曳く馬〈上〉新潮社 高村 薫 ユーザレビュー:まず直感で読む本芸術 ...理解しがたい対象への ...時と共に歩むア ... » more

「料理歳時記」   辰巳 浜子 これなーんだ?お正月飾りの門松を取り付けるため、玄関先で作業していたおとうしゃんが発見!黄色く光ってたそう。答えはスダチです。秋刀魚の美味しい季節、大活躍してくれた我が家のスダチ。人知れず忘れられ ... » more

ソウル・コレクター ジェフリー・ディーヴァ− 池田真紀子訳  どうもここ何年か、年末というと、ジェフリー・ディーヴァーを読んでいる気がする(笑)今年も、やっぱり年の暮れにタイミングが来ましたね。今年の「このミステリがすごい!」のランキングに入っている海外ものを読むのは、これが初めてかも ... » more
テーマ ミステリー た行の作家 外国男性作家  トラックバック(3)

田村裕 ‘ホームレス中学生’ そこそこ裕福な家庭に生まれた田村少年の転落(?)と様々な人との出会いによりお笑い芸人として成功するまでの自伝小説が‘ホームレス中学生’です。そこそこ裕福だった、田村少年の家庭はお母さんの死、さらにお父さんのリストラを ... » more

ジェミニの方舟―東京大洪水 このブログのテーマが50までしか表示されないことに最近気づいたので、これまでの読書関係を作家別に加えて、「あかさたな」行別(こういうのなんて言うんだっけ?)に分けてみたら、「た行の作家」が圧倒的に少ないことに気をもんで、図書館の「た行の作家 ... » more
テーマ 高嶋哲夫 読書 た行の作家

おっちゃんの備忘録悼む人
悼む人 前に「永遠の仔」で精神的にやられたので、「嫌いじゃないけど〜嫌いじゃないけど〜キライじゃないけど、、」という感じで読んでませんでしたが、あ、「溢れる愛」とかなんとか言うのは読んだな、、とにかく久しぶりの天童さんでしたが、なんか評判いい割 ... » more

勝てる読書 豊崎由美 14歳の世渡り術シリーズ 河出書房新社 豊崎社長の、熱くて暑苦しい愛の詰まった一冊です(褒めてます)いや、ほんとに「愛」ですよ。こんなに本をストレートに愛してる人は、ほんと少ないと思いますよ。「好き」っていうのが、すべての出発点でそこから、どんどん繋が ... » more

龍のいるまわり道                 今年のマイブーム
今年のマイブーム 去年は「図書館戦争」にハマり、有川浩さんを読みあさりました。「有川浩ブーム」でした。今年はどうやら「谷瑞恵ブーム」になりそうです。2月に「伯爵と妖精」にハマッて、とっぴんしゃん!4月は「魔女の結婚」に読みふけっておりまし ... » more

秒読み 筒井康隆コレクション 福音館書店 ボクラノエスエフ 福音館から、刊行が始まった、この「ボクラノエスエフ」シリーズ。名作といわれるコレクションを、新しい装丁で見せてくれます。今流行の、ソフトカバーで、「ん?」と、手にとってみたくなる装丁。面白いです。SFを読み出したのは、や ... » more

浮き草デイズ〈2〉たかぎ なおこ文藝春秋 2009-03売り上げランキング : 443Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明かけもちバイトで生活は安定したけれど、肝心の絵の仕事は成果なし…。そんなとき、思いがけない連 ... » more

「伯爵と妖精」谷瑞恵  今さら、なんですが、すっかりどっぷりはまってしまいました、「伯爵と妖精」シリーズ。やることいっぱい、のはずのこの2月に、次々と既刊17冊全部読んでしまいました〜。(おーまいがー!)伯爵と妖精―あいつは優雅な大悪党 (コバ ... » more

「太陽の坐る場所」 辻村深月 太陽の坐る場所辻村 深月文藝春秋 2008-12売り上げランキング : 4888Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラス ... » more

悼む人 天童荒太 文藝春秋  ネットニュースを見たら、この作品が直木賞を取ってはりましたね。さもあらん、というところです。この本をこのタイミングで読んだのはたまたまですが(笑)タイムリーでしたね(笑)天童さんは、この物語を書くのに7年を費やされたらし ... » more

「煌夜祭」多崎 礼  面白かった!一昨日読んだ本と同じレーベルなので、といういいかげんな理由で読んでみたけど、これが大当たり!「煌夜祭」多崎 礼中央公論新社(C・NOVELSファンタジア)煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)冬至の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 13:13

楽天市場のおすすめ商品

「た行の作家」のブログ関連商品

» 「た行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「た行の作家」ブログのユーザランキング

千夜一夜 1 位.
千夜一夜

テーマのトップに戻る