誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高野和明

高野和明

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高野和明」のブログを一覧表示!「高野和明」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高野和明」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高野和明」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【13階段】高野和明 ★★★ 【ジェノサイド】で個人的に(好みの問題だが)最高点を啓上した高野和明のデビュー作で江戸川乱歩賞受賞に輝く【13階段】を読んだ。典型的な推理小説である。厚みを持たせる為の人間ドラマがちりばめられているところはまさに伝統的な手法だ。この ... » more
テーマ 書評 高野和明 13階段

2014年総合&書店員が選んだ「カドフェスグランプリ」第1位の作品である。「ジェノサイド(genocide)」という言葉はナチスによるユダヤ人虐殺を指す造語であったようだが、転じて「大量虐殺」を意味する一般的な語彙として使用されているようだ ... » more

『ジェノサイド』高野和明 高野和明の『ジェノサイド』(2011年3月刊)を読みました。帯に書かれていたのは、<急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を ... » more

満載!Myど−らくジェノサイド
ジェノサイド でっかい字で本の帯に、「本の雑誌2011年上半期1位!」と、あるのが気になって、この本を買ってしまったのは、何カ月も前の話。いつもの文庫じゃないから、持って歩くのが重くて面倒だし、好きな歴史ものとはぜんぜん違うカテゴリということもあって、な ... » more

ジェノサイド [高野和明] ジェノサイド高野和明2012年の「このミス」で一位を獲得した作品。難病の息子の治療費を稼ぐため、アフリカの戦地で活躍する米人傭兵と、大学院に通う日本人研究者。それぞれ思わぬ力によって事件に巻き込まれ、それぞれが自分の ... » more

気になる・・・「ジェノサイド」
高野和明さんの「ジェノサイド」を読みました。子供が不治の病に侵され、余命を宣告されている男は、傭兵として働き、コンゴへ特殊任務へ行かないかと誘われる。その任務は、子供のようなコンゴの原住民のある部族を殲滅する事と ... » more
テーマ 高野和明

My Favorite Books高野和明 「13階段」
高野和明の「13階段」読みました〜なかなかスラスラと読めました。タイトルから連想できる通り、死刑をテーマにした作品。事件当時の記憶を無くした死刑囚の冤罪を晴らす為、元刑務官とその刑務官のいた刑務 ... » more

13階段 高野和明 2011/10/8 ★★★★★ これは面白かったです!高野和明「13階段」今話題になっている「ジェノサイド」を書いた方で、この本は第47回江戸川乱歩賞受賞作です。話の厚さとか濃さとかそんなものが、とてもよく今年読んだ本のベスト10に入ること間違えなしです!! ... » more

高野和明 『ジェノサイド』 人類滅亡の危機を救うのは最強国アメリカか?超大型のバイオレンスSF 冤罪の死刑囚を取り上げた『13階段』が記憶に残る作品だったが、まさか高野和明がこれほどの大型エンタテインメントを書けるとは思わなかった。うっとうしいこの夏のひととき地球規模で繰り広げられる恐怖と冒険の物語に度肝を抜かれて絶好の暑気払いを ... » more

気になる・・・「K・Nの悲劇」
高野 和明さんの「K・Nの悲劇」を読みました。ライターの夫は、出版した本の印税でマンションを購入した。そして妻に妊娠が分かる。しかし、妻の収入に頼るところが大きいこの夫婦は、子供を断念する決意をする。 ... » more
テーマ 高野和明

高野 和明さんの「グレイヴディッガー」を読みました。数日後にドナーとして骨髄移植を行う予定になっている八神jは、警察から逃れるために自分名義のアパートに住んでいるホストの部屋を訪ねた。しかし彼の姿はなく、 ... » more
テーマ 高野和明

気になる・・・「幽霊人命救助隊」
高野和明さんの「幽霊人命救助隊」を読みました。主人公が崖を登りきると、そこには、3人が待っていた。そしてそこに、上空から、パラシュートが降りてくる。4人の前に現れた老人は、49日以内に100人の自殺しようとする者 ... » more
テーマ 高野和明

気になる・・・「13階段」
高野 和明さんの「13階段」を読みました。傷害致死で懲役2年の刑に服す主人公が、仮出所の際に、同じ刑務所に勤める男に、”ある死刑囚の無実の罪の晴らす証拠を一緒に探して欲しい・・・”と持ちかけられま ... » more
テーマ DVD 高野和明

気になる・・・「6時間後に君は死ぬ」
「6時間後に君は死ぬ」について高野和明さんの「6時間後に君は死ぬ」を読みました。さくさくさんのブログに載っていて、タイトルに惹かれました(笑未来が見えてしまう、心理学を学ぶ大学院生が主人公の ... » more
テーマ 高野和明

高野和明『幽霊人命救助隊』 01年に死刑制度を扱った小説『13階段』で第47回江戸川乱歩賞を受賞して衝撃的なデビューを果たした高野和明。その後、『グレイヴディッガー』、『K・Nの悲劇』と良質のホラー的なミステリを刊行。04年に刊行されたこの『幽霊人命救助隊』は ... » more
テーマ 高野和明

グレイヴディッガー [高野和明] グレイヴディッガー高野和明13階段の作者による猟奇サスペンスミステリ。1年以上経過しながら無傷で発見された死体と、都内で起きる連続殺人事件。一見関係の無さそうな事件が絡み合い、裏で操る黒幕の正体が明らかとなってゆく。 ... » more

「高野和明 グレイヴディッガー」について 「高野和明グレイヴディッガー」について高野和弘は「十三階段」「幽霊人命救助」と面白い本をたくさん書いている。標題の本もこれから読む予定。たのしみですな。13階段 [DVD]ポニーキャニオンユーザレビュー:別の観点から・・・本 ... ... » more

13階段 [高野和明] 13階段高野和明死刑制度について深く考えさせられるサスペンスミステリ。冤罪の死刑囚を助けるべく、刑務官と保護観察中の殺人囚のコンビが事件の調査に当たる物語。著者が読み手をジワジワとミスリードする手法だが、最後に二転三 ... » more
テーマ 【江戸川乱歩賞】 高野和明 オススメ

楽しめました。 この作者の作品はまだ3冊しか読んでいないけれど、というより文庫本は3冊しか出ていないけれど、どれもか〜なりおもしろい。この作家の本はBook off 行きにはならないかな?(笑) 最初に読んだ「13階段」では死刑 ... » more
テーマ 読書 高野和明

サスペンスホラーの形をとっているけれど、中絶に対する問題提起の要素が濃い。 保健所で殺されるペットの数より中絶される胎児の数が多いという事実から、自分の偽善・欺瞞に気付いて愕然とする主人公、生涯かけて守りたいと思った彼女が、本当に守 ... » more
テーマ 読書 高野和明

この著者の作品は初めて読んだのだけど、なかなか面白かった。殺人の前後の記憶を失っている死刑囚の犯人。果たして、彼は本当に殺ったのか?冤罪ではないのかと、死刑が執行されるまでの僅かな期間に真犯人を探し出そうとする主人公、誰もかれもが胡散臭く感 ... » more
テーマ 読書 高野和明

6時間後に君は死ぬ 高野和明 講談社 「6時間後に君は死ぬ」・・このタイトルにはびっくりしましたが。読んでみると、思いがけずハートフルで、よく練られたいい作品でした。予知、という割と使い古されたテーマを題材に、ここまで緊迫感ある作品を粒をそろえて書くことができる・・ ... » more

紫の時計四季「13階段」 高野和明
「13階段」高野和明(講談社文庫)を読んでみました。戯言シリーズの13階段からの連想で選んで見ましたが予想していたより面白かったので良かったです。第47回江戸川乱歩賞受賞作。『十三名。その数字に眉をひそめた検事は、死刑判 ... » more

夢のカルテ 高野和明 坂上仁志 角川書店 高野さんって、こんなにロマンチックなお話を書く人でしたっけ?と思うほど、美しいお話。坂上仁志、という方との共著になっているんでちょっといつもと風合いが違うんでしょうか・・。主人公は夢衣、という美しくてはかなげなカウン ... » more

またまた、会社の後輩ちゃんから本を借りて、読みました。「グレイヴディッガー」高野和明著です。金曜日に借りて、そのまま、週末(金曜日に)読みふけって月曜日に返しました。本書どういうストーリかというと、とある事件から始まります。 ... » more
テーマ 読書 高野和明

2001年9月2日 高野和明「13階段」 「量刑」に続いて読んだ乱歩賞受賞作99年に総理府が実施した世論調査では死刑をやむをえないと考える人は79.3%と、調査開始以来最高に達した。その半数が「被害を受けた人の気持ちがおさまらない」を理由にあげていた。しかし一方ではこの ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 09:03

「高野和明」のブログ関連商品

» 「高野和明」のブログレビュー をもっと探す

「高野和明」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る