誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    樋口一葉

樋口一葉

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「樋口一葉」のブログを一覧表示!「樋口一葉」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「樋口一葉」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「樋口一葉」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

時雨亭往還盂蘭盆会
盂蘭盆会 東京は今日がお盆の入り。浄土真宗では迎え火でご先祖様をお迎えするしきたりはないけれど、お盆の間は盆提灯を飾り、阿弥陀様とご先祖様に報恩の感謝を捧げる習わしが脈々と続いている。そこで、早朝から一年振りに盆提灯を出して、先ず ... » more

一葉記念館の「樋口一葉と錦絵」展を観に行く 八重桜が終焉の時期を迎え、若葉に衣替えしている。足元にはツツジが咲き始め、日当たりの良し悪しで咲き具合にバラつきが感じられる。大型連休を前に春らしい陽気が続いている。今年は、明治5年生まれの一葉樋口奈津が生れて145年とのことで、台東区 ... » more

Mon journal- 海波-春雨に思う
春雨に思う 春雨である。昨日は、津久井浜まで出かけてきたのだが、朝の天気とは打って変わって、曇天から小雨になり鎌倉の駅に着いた頃には本降りの雨になっていた。ところが傘がないのである。いつもは、持っていくのだが、この日は忘れてしまった。ち ... » more
テーマ 春雨 樋口一葉

平成28年度の一葉祭に行く 11月23日は樋口一葉の祥月命日であり、今では、勤労感謝の祝日とも重なっている。この日の前、数日間を一葉記念館では「一葉祭」と称して記念行事が毎年催されてきたこと、続けられてきたことに敬意を表したい。そして、記念館リニューアルか ... » more

一葉記念館での春の錦絵展「吉原の櫻」を観に行く 花冷えの土曜日。浅草で何やらのイベントに向かう和装おばさん達で、バスは超満員に。おばさん達は二天門で降りたので、車内はガラガラに。台東区立一葉記念館前の公園にはソメイヨシノ ... » more

一葉記念館特別展「樋口一葉「たけくらべ」の世界」展を見に行く 樋口一葉が明治28(1895)年1月30日の『文學界』第25号に「たけくらべ」の第1章から第3章を発表してから120年の時間が流れた。これを記念した特別展が台東区立一葉記念館でもようされている。つまり、このような特別展は、「一葉」を ... » more
テーマ 雑記 たけくらべ 樋口一葉

樋口一葉原作「たけくらべ」の映画2本 一葉が「たけくらべ」を発表したのは明治28(1895)年1月30日の『文學界』第25号からで、この時は第1〜第3章でした。以降、明治29年1月30日に第15〜第16章を掲載して完結している。一括掲載されたのは明治29年4月10日 ... » more
テーマ 雑記 たけくらべ 樋口一葉

一葉記念館企画展「樋口一葉が見た街並み」を観に行く 一葉記念館から企画展の案内が郵送されてきたのは3月下旬に近かった。開封して驚いたのはパンフレットから受ける印象の弱さであった。「これじゃあー見に来る人は少ないのでは?!」と勝手に心配した。それは、タイトル通り「明治の東京の風景」を見 ... » more

一葉記念館での特別展「樋口一葉の交遊録」を観に行く 昨日(3月2日)とは打って変わった寒い日。確定申告の資料作成が残っているので、今日しか空き時間が無い。特別展の期限(3月8日)も迫っている。そんな雛祭りの日に錦糸町から日暮里行のバスに乗った。昨年5月に、実践女子大学文学部文 ... » more

樋口一葉が読んだ『罪と罰』 内田魯庵(不知庵)がドストエフスキーの『罪と罰』を英訳で読んだのは明治22(1889)年であるらしい。魯庵は生来の語学好きだったようで、早稲田や立教で英語を学んだが卒業はしていないようだ。明治25年11月に『罪と罰』の一巻目を翻訳出 ... » more

一葉記念館での「樋口一葉の和歌〜「萩の舎」での日々〜」展を観に行く 肌寒い日が続き、年末選挙が不景気に拍車をかけている。今日も曇り空。従来よりも、ひと月ほど遅れたが、24日までの特別展を観に行く。錦糸町10時発の日暮里行都バスに乗車。浅草周辺の人出は少ないようで、道も流れが良い。竜泉で下車し ... » more

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十六眞一文字に驅け ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十五憂く恥かしく、 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十四此年三の酉まで ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十三此處は大黒屋の ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十二信如が何時も田 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十一正太は潜りを明 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html十祭りの夜は田町の ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html九如是我聞(によぜ ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html八走れ飛ばせの夕べ ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html七龍華寺の信如、大 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html六めづらしい事、此 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html四打つや皷のしらべ ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html三解かば足にもとゞ ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html二八月廿日は千束神 ... » more
テーマ 樋口一葉

青空文庫さんから転載させていただきました。たけくらべ樋口一葉http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/389_15297.html一廻れば大門の見返 ... » more
テーマ 樋口一葉

中嶋歌子が三宅花圃に与えた直筆「歌帖」 この「歌帖」について樋口一葉研究家・野口碩氏の解説書が付いているので、ポイントを記すと、表書きの「萩の舎中嶋歌子先生書」とある文字が花圃の早い頃の筆跡で、中身は中嶋歌子の筆跡に、花圃が末尾を補ったものです。花圃は出稽古を ... » more
テーマ 三宅花圃 中島歌子 樋口一葉

一葉記念館での第一回文化カレッジに行く 東京は梅雨入り後の長雨が続いたが、今日6月8日は弱い雨が降ったり止んだり。このような空模様なので、浅草も閑散とした人出で、道路も空いていた。バスを竜泉で降りて食事処を探したが、あいにくの日曜なので見つからず、一葉記念館に直行した ... » more

中嶋歌子の遺詠短冊帖『萩錦帖』について 最盛期の「萩の舎」は、門弟千人と伝えられた中嶋歌子主宰の歌塾で、三宅花圃・樋口一葉・伊東夏子などの才媛を排出したが、歌子没後は一代で塾は消えた。歌子亡き後、三宅花圃が中心となり遺稿集『萩のしづく』が編纂され、明治41年に出版された。 ... » more

一葉記念館での平成25年度「一葉祭」に行く 樋口一葉は「雨女」であるようで、日記には雨を心象風景とした記述もみられる。数年前に頂戴した資料は、一葉の日記と実際の東京の天気とを比較した物で、なかなかの労作であったが、現在でも、都心部と東部や西部の気象が異なることはあることなので ... » more

 

最終更新日: 2017/07/21 13:46

「樋口一葉」のブログ関連商品

» 「樋口一葉」のブログレビュー をもっと探す

「樋口一葉」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る