誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    横溝正史

横溝正史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「横溝正史」のブログを一覧表示!「横溝正史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「横溝正史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「横溝正史」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

【本】読み始めたら止まらない!おすすめ小説(2)横溝正史の推理小説!奇想天外なストーリー! おすすめ小説の第(2)弾は、推理小説界の大御所・横溝正史を御紹介します!「犬神家の一族」「八つ墓村」など、映画やドラマ化されたものが多いですが、やっぱり原作を読むとのもいいものですよ!奇想天外なストーリー、そして名探 ... » more

「ホラーでもオカルトでもない!」 横溝正史/八つ墓村 現在お世話になっている出版社の方に影響され、横溝正史の『八つ墓村』を読んでみました。私は、プロフィールにも書いてあるように江戸川乱歩は好きなのですが、実はこれまでずーっと横溝正史はスルーしてきたんです。だって、ホラーとかオカルト ... » more

ブログ【胡波國堂】1000人の金田一耕助
1000人の金田一耕助 2010年10月2日(土)岡山県倉敷市・真備町地区は作家・横溝正史が戦時中に疎開し、初期の金田一耕助シリーズを執筆、また第1弾『本陣殺人事件』の舞台となった地です。そのゆかりの地を巡る「巡・金田一耕助の小径」が昨年に続き10/1〜1 ... » more

Le passe-temps 犬神家の一族〔横溝正史〕
 犬神家の一族〔横溝正史〕 映画から入った小説なのに、何故、こんなにおもしろいと思えるのか。それもこれも横溝先生の筆力のお陰でしょうか。先がわかってるのに、いや、わかっていても読む手が止まらなくなるタイプの小説ですな。市川監督の『犬神家の一族』の映 ... » more

ブログ【胡波國堂】獄門島へ
獄門島へ 1月16日(土)、六島(笠岡市)水仙については一つ前の記事を見てもらうとして、六島といえば地理的にいえば横溝正史『獄門島』(角川書店)の舞台である事は、知らない人を除けば常識ですね。昨年11月に倉敷で行われた講演会で、『 ... » more
テーマ 風景 笠岡 横溝正史

ブログ【胡波國堂】金田一講演会
金田一講演会 昨日の「1000人の金田一耕助」に続き、今日の特別講演会にも行ってきました。小説内の岡山弁の度合や、映画・ドラマの手毬歌の違いなど面白い話が聞けました。 ここからは昨日・今日で思った事を ・今まで映画・ドラマ ... » more

ブログ【胡波國堂】耕助コス
耕助コス 「1000人の金田一耕助」に参加してきました。 金田一耕助シリーズ第1作「本陣殺人事件」の舞台であり、執筆当時に横溝正史が暮らしていた、倉敷市真備町を金田一耕助のコスプレで巡る企画です。 全国から金田一ファンの老若男女が集結 ... » more

獄門島 [横溝正史] 獄門島横溝正史終戦で前線から帰還した金田一が、戦友の遺言から瀬戸内海にある獄門島を訪れたのだが、その島では遺言通りに妹達が次々と殺されてゆく。その不可解な殺され方と、島が抱える複雑な事情との関連性とは。意外な犯人と無理の ... » more
テーマ 横溝正史

「獄門島」横溝正史 角川文庫 夏の特別企画、ということで。夏になると、ヨコミゾが読みたくなる。蒸し暑く、寝苦しい夜には殊に合う。いったい、何度目の再読か、自分でもよくわからないが、代表作と自分で考える数冊は、今世紀に入ってから5、6回は読み返しているはずだ。 ... » more

Le passe-temps獄門島〔横溝正史〕
獄門島〔横溝正史〕 江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行ってくれ……』瀬戸内海に浮かぶ小島で網元として ... » more

Le passe-temps本陣殺人事件〔横溝正史〕
本陣殺人事件〔横溝正史〕 雪に囲まれた離れ座敷で起こった密室殺人事件。雪の白、夜の黒、血の赤が織りなすコントラストがあざやかで美しい小説です。今、読み返すと、動機が“……”と思うのですが、それを補ってあまりある程の魅力ある作品だと思います。自 ... » more

横溝正史読本〔小林信彦/編〕 名探偵金田一耕助のモデルは?『獄門島』『八つ墓村』ほかのトリックはどのように思いついたのか?―作家小林信彦を相手に、主要作品の詳細な舞台裏を初めて明かした、巨匠みずから空前絶後の内容と称する「対談四部作」、貴重なエッセイ「探偵茶話」 ... » more

『獄門島』は横溝正史の代表作とされる探偵小説です。もちろんそのため映画テレビに映像化されることが多い作品でもあります。今日はその映像化での問題点について書きましょう。『獄門島』での最大の問題はアレです。「気ちがいじゃ ... » more

悪魔が来りて笛を吹く/横溝正史 半年近く放置してしまいました。古い作品で申し訳ないのですが、整理のため。【あらすじ】昭和二十二年九月二十八日、大森の「松月」に滞在する金田一耕助のところに二十歳前後の若い女性・椿美禰子が訪れた。彼 ... » more
テーマ 横溝正史 1953年

横溝正史研究 創刊号 〔特集:金田一耕助登場〕 あんまし言いたくないけど、期待していた程の内容じゃなかったなぁ…。古谷一行さんのインタビューは読み応えありました。 ... » more

【カップ麺が好き。】実は、かもちゃんは、カップ麺が好き。 奥さんは、「そんなものばかり食べると体に良くないよ。」と言うのだけれど、でも、おいしいんだよな。それに安いし。 確かに、そればっかり食べるのはいけないのだろうけれど、いろ ... » more
テーマ 横溝正史

友人に借りて、稲垣版「犬神家の一族」を再見した。再見といっても、本筋はほとんど憶えていない。冒頭の金田一のアメリカでのエピソード、あれを描いた点は非常におもしろいと、そして横溝正史を登場させ、金田一の探偵譚を記述するという原作に ... » more

「悪魔の手毬唄」 至妙なるタイトルと見立ての必然性。 先日フジで放映された稲垣版「悪魔の手毬唄」、これについて集中できなかったことをいいことに私はいい加減な感想と記事を記述してしまった・・・。愛する金田一作品、故に大きな心で鑑賞しようとした。だがそれは間違いであった。愛する ... » more

市川崑の金田一耕助 〜おどろおどろしさは何処に? オカルト的幻惑に隠された見えない力、それは・・・。 先日フジで稲垣版金田一の最新第5作、「悪魔の手毬唄」が放映された。原作を読み、横溝ファンには失礼ながら原作よりも市川版が好きで、基本にある私。キャストを知った段階で失望と怒りが頂点に達してしまった私は、放映は大好きな金田一なので ... » more

なかなか見応えありました。吾郎ちゃんも金田一が様になってきているし。(でも、まだまだ小ざっぱりしすぎ〜)しかしー。最後の真相を語る(というか、ありゃ解説だよねー)金田一の長台詞がほんっとーに長くて参った。おまけにリカ ... » more

本陣殺人事件 [横溝正史] 本陣殺人事件横溝正史かの金田一耕助が登場する記念すべき作品。日本のミステリにおける探偵役として抜群の知名度を誇るが、登場当時から一貫した人物設定がなされていたことが判る。「本陣殺人事件」では大掛かりな密室のトリックを使い ... » more
テーマ 横溝正史

Maeter★Linck第2回目:金田一耕助
第2回目:金田一耕助 2回目は、私の好きなナンバーワン名探偵「金田一耕助」。この「もじゃもじゃ頭の」探偵と初めて会ったのが、言わずと知れた「八つ墓村」。これを読んだのは中学生のときだった。あの有名な名ゼリフ「八つ墓村のたたりじゃぁ」を目にしたとき ... » more

自由の森学園図書館の本棚八つ墓村
★★★著者:横溝正史出版社:角川書店戦国時代、尼子氏の家臣だった8人の落ち武者たちが財宝を持って村に落ち延びてきました。最初のうちはそれを歓迎した村人たちも、莫大な財宝に目がくらんでしまいます。そして、その落ち武者たちを ... » more

★★★★著者:横溝正史出版社:角川書店昭和12年11月25日。岡山県の、旧本陣の末裔である、一柳家の屋敷で結婚式が行われました。式は無事終了し、一柳賢蔵と久保克子の夫婦は離れへと向かいました。その夜、屋敷に悲鳴と ... » more

「横溝正史読本」 小林信彦編を購入! 私がよくおじゃまする、めとろんさんのブログ『めとLOG〜ミステリー映画の世界』で知った横溝正史読本・小林信彦編の復刊。「祝・復刊!『横溝正史読本』小林信彦・編歴史的名対談!」私も購入しました。まだ読んでお ... » more

横溝正史原作・金田一耕助シリーズの第五弾『悪魔の手毬唄』来年新春に放送決定! 稲垣版金田一、第五弾は『悪魔の手毬唄』ですか!楽しみっちゃ楽しみだけど、個人的には『悪霊島』をやってほしい。それか、吾郎さんの若さが残っているうちに『本陣殺人事件』を是非。自分の中では市川版『悪魔の手毬唄』がカリスマ ... » more

〜下ネタつるべ打ち!でも面白くはならず&安定作たち〜「パンプルムース氏のおすすめ料理」マイケル・ボンド・作(木村博江・訳)創元推理文庫刊「くまのパディントン」の作者の手によるユーモアミステリの文庫化。擬人化された愛犬がナイス ... » more

〜安定作&人それをJIRAIと呼ぶ&冗長作〜「QEDベイカー街の問題」高田崇史・作講談社ノベルス刊第9回メフィスト賞受賞作「QED 百人一首の呪」に続くシリーズ第3作。ちょっとネタばれあるんで気になる人は「女が見ていた」まで ... » more

〜バランスのよい金田一耕助もの〜「幽霊座」横溝正史・作角川文庫刊名探偵金田一耕助が登場する中短編3編を収録。「幽霊座」「トランプ台上の首」では等々力警部が、「鴉」では磯川警部が金田一の相手役を務めます。「幽霊座」名作と名 ... » more

〜これぞ傑作集。「生ける死仮面」は異様な力作&安定作〜「花園の悪魔」横溝正史・作角川文庫刊現在出回ってるヴァージョンは「首」と改題されているとか。「首」を中心モチーフに死体入れ替えトリックのバリエーションに重点が置かれた、名探偵 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 04:52

「横溝正史」のブログ関連商品

» 「横溝正史」のブログレビュー をもっと探す

「横溝正史」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る