誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    赤川次郎

赤川次郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「赤川次郎」のブログを一覧表示!「赤川次郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「赤川次郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「赤川次郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「三毛猫ホームズの遠眼鏡」(岩波現代文庫) 赤川次郎著(岩波書店 864円税込) 「三毛猫ホームズの遠眼鏡」(岩波現代文庫) 赤川次郎著(岩波書店864円税込)三毛猫ホームズの遠眼鏡 (岩波現代文庫)岩波書店 赤川 次郎 Amazonアソシエイト by 三毛猫ホームズの遠眼鏡 [ 赤川 ... » more
テーマ 三毛猫ホームズの遠眼鏡 エッセイ 赤川次郎

『鼠、影を断つ』赤川次郎 赤川次郎の『鼠、影を断つ』(2011年3月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<江戸を騒がす義賊・鼠小僧。その昼の顔は“甘酒屋”の次郎吉と呼ばれる遊び人。果たし合いの仲裁をしたり、身投げ娘を助けたり…。弱きを ... » more

■毎日http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00000032-mai-pol石破茂地方創生担当相は14日午前、閣議後の記者会見で、安全保障関連法案について「国民の理解が進んでいるかどう ... » more

『鼠、江戸を疾る』赤川次郎 赤川次郎の『鼠、江戸を疾る』(2004年12月刊)を読みました。BOOKデータによると、<「表」の顔は、「甘酒屋次郎吉」と呼ばれる遊び人。しかし、その「裏」は、江戸で噂の盗賊・鼠小僧。一介の盗賊に過ぎないが、正義とや ... » more
テーマ 赤川次郎

『鼠、夜に賭ける』赤川次郎 赤川次郎の『鼠、夜に賭ける』(2011年9月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<江戸を騒がす大盗賊・鼠小僧。人情あつく気っ風のよい江戸っ子・次郎吉が、妹で小太刀の達人・小袖と共に、さまざまな市井の事件を解決 ... » more
テーマ 赤川次郎

『鼠、闇に跳ぶ』赤川次郎 赤川次郎の『鼠、闇に跳ぶ』(2010年3月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<江戸の夜闇のなか、屋根から屋根へ風のような身のこなしで瓦をわたり歩く、その名も世に聞こえた盗賊・鼠小僧。しかし昼の顔は、“甘酒屋 ... » more
テーマ 赤川次郎

赤川次郎の『棚から落ちて来た天使』(1994年5月13刷)を読みました。BOOKメーターによると、<ふとした拍子に助けた少女が、なんと人気絶頂のアイドル歌手細原ゆかりだった。しかも彼女から、結婚したい相手と宣言され、 ... » more
テーマ 赤川次郎

三毛猫ホームズの卒業論文 赤川次郎ちょっとこの年になると、少し物足りない感じでした。若いって感じだな? ... » more

やさしすぎる悪魔 赤川次郎だよ。久しぶりに読みました。うーーん懐かしいタッチですね。わかりやすい。ページをめくるスピードが半端ないね。 ... » more

『復讐専用ダイヤル』赤川次郎 赤川次郎の『復讐専用ダイヤル』(2009年10月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<赤川次郎が過去30年間に発表したショートショートから選りすぐりの作品を紹介。1は、「代筆」「妻の味」などショートショート1 ... » more

あまりに見事な逆転に陶然とする、哀しい物語 〜 「マリオネットの罠」赤川次郎 著 読書感想文 依然として赤川次郎の人気はすごい。この前も、「三毛猫ホームズ」がテレビドラマになっていたし(見てはいないのだが。)。でも、ミステリーファンと称する人々の中には、そういう、なんというのでしょう、ちゃらちゃらした傾向のものを嫌う方もおら ... » more

マリオネットの罠 [赤川次郎] マリオネットの罠赤川次郎一部では既に有名だった赤川次郎の初期長編小説。長野の片田舎でフランス語の家庭教師としてアルバイトをすることになった主人公の修一。ただ、生徒の姉妹が住む洋館には座敷牢があり、そこに幽閉された人物 ... » more

『終電へ三〇歩』赤川次郎 赤川次郎の『終電へ三〇歩』(2011年年3月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<リストラされた係長、夫の暴力に悩む主婦、心中の相手を探す女優…。たった1本の終電を逃した人々を巻き込んで、運命の歯車が回りだす ... » more

『コバルトブルーのパンフレット』 赤川次郎 シリーズ、第23弾。杉原爽香、37歳の夏。入院中の兄のところもいろいろ波風が。舞ちゃんと明男の件も、キリが付いていない様子。そう言えば、今日子は登場しなかったような。河村夫妻も。登場しなかったと言えば、殺し屋さんがいなくて寂 ... » more

さみしがりやのひとりごと透明な檻
透明な檻 今週は、これ赤川次郎先生。透明なおりです。ズバリ、不倫もあり殺人もありと学校の先生と、お父さんはよくないな少し変わったストーリもありました。ソフトなタッチは健在で、イッキに読み切る勢いは衰えません ... » more
テーマ 不倫 赤川次郎

mahiroyanao natureland読書 出来事 2009/12/31
読書 出来事 2009/12/31 早いもので大晦日となりました。やはり大晦日、正月というのは日本人でよかったなって思えるいい時ですよね!2009年は夏過ぎに体調を崩した以外は、新しいチャレンジも行い充実していた一年かと思います ... » more

『茜色のプロムナード』 赤川次郎 シリーズ第16弾、杉原爽香30歳の春。いよいよ爽香も30代に。秘書の麻生君が登場。老人ホーム建設予定地の土地、父の財産を狙う息子と娘婿。宝くじと奥さんの病気の取り合わせがなんとも。三宅舞のストーカー事件で、布子に ... » more

『濡羽色のマスク』 赤川次郎 シリーズ第15弾、杉原爽香、29歳の秋。この「先生」のモデルは竹○か!?と思ったのだけど、いや、趣味がそうだというのではなくて(汗)河村は、ホステスの荻原栄が刺殺された事件に関わり、現場復帰。愛人の早川志乃は、女の子を産む。 ... » more

『利休鼠のララバイ』 赤川次郎 シリーズ第14作、杉原爽香、28歳の冬。病気で閑職にまわされた河村と、早川志乃の関係は、泥沼へ。明男に女子大生の三宅舞が接近。生徒の自殺の件で、布子も退職へ、とやはりあちこちで問題が。兄貴はヘタレとる。栗崎英子も知っているバ ... » more

『うぐいす色の旅行鞄』 赤川次郎 シリーズ第13作、杉原爽香、27歳の秋。タイトルの「旅行鞄」、グッズが漢字でカタカナでないのは初めて。爽香と明男はハネムーンに。旅先で出会った不倫カップルや横領事件が絡む。病に倒れた河村刑事は、事件のときに出会った女性教 ... » more

『藤色のカクテルドレス』 赤川次郎 シリーズ第12弾、杉原爽香、26歳の春。Pハウスの相良栄子が倒れたのをきっかけに、栗崎英子は映画に復帰することに。そこでのサプライズ、物語一番最後に出てくるのが「藤色のカクテルドレス」友人が強盗に殺されたのがトラウマにな ... » more

『銀色のキーホルダー』 赤川次郎 シリーズ第11弾、杉原爽香、25歳の秋。田端一族のお家騒動編。別荘で起こる事件ということで、ミステリの王道(笑)田端将夫に呼ばれて別荘に向かう途中、爽香のポケットにキーホルダーが入れられる。その夜、別荘に誰かが忍び込み、湯川 ... » more

『小豆色のテーブル』 赤川次郎 シリーズ第10弾、杉原爽香24歳の春。前作よりさほど時間がたっていない。河村先生も物語最初は引き続き妊娠中。いよいよ明男の判決が。この巻から、女優の栗崎英子と友人(メイク担当)の相良栄子が登場、爽香は「Pハウス」で働 ... » more

『暗黒のスタートライン』 赤川次郎 シリーズ9冊目、杉原爽香、23歳の秋。爽香シリーズで最初に読んだのはこの本である。ははは(滝汗)この巻から、主な登場人物のプロフィールがついているような。冒頭で中丸真理子が殺される。真理子の愛人となっていた明男は、爽香に ... » more

『瑠璃色のステンドグラス』 赤川次郎 シリーズ第8弾、杉原爽香、22歳の夏。明男と中丸真理子とのことはかなり広まっている。爽香は野崎とお付き合い。大学に勤める和田良江の姉は、小説家の五十嵐と心中、五十嵐は生き残り、良江の父・和田浩介はそれを恨んでいる。元刑事の和 ... » more

『象牙色のクローゼット』 シリーズ第7弾、杉原爽香、21歳の冬。今回の事件は、爽香というよりも、河村家で預かっていた親類の女の子・由季が主役のよう。由季と、クローゼットに魔物を住まわせている男の話。異色作といえば異色作。明男は祐子と付き合いながら ... » more

『緋色のペンダント』 赤川次郎 シリーズ第6弾、杉原爽香20歳の秋。。河村刑事と結婚した布子に爽子ちゃんが誕生。明男はいよいよ本格的に刈谷祐子と付き合うことに。爽香は、教授の不倫相手と誤解されたり、母と一緒に行った人間ドックで今日子に片思いの男から殺されか ... » more

『琥珀色のダイアリー』 赤川次郎 シリーズ第5弾、杉原爽香、19歳の春。明男の母・周子は、明男に同じ大学生の刈谷祐子を紹介、交際を勧める。爽香の家庭教師先の女の子・志水多恵は、複雑な家庭環境にあり、多恵の父が経営する会社のリストラ問題で、例によって爽香は事件に巻 ... » more

『薄紫のウィークエンド』 赤川次郎 シリーズ第4弾、杉原爽香、18歳の秋。今日子の恋愛問題は、いわば前の年から引きずっているところが。それが、今回のメイン事件ともかかわってくる。爽香の父が倒れる。ヘタレ兄貴は、この段階ではまだ人の良さそうな感じでもある。妻 ... » more

『亜麻色のジャケット』 赤川次郎 シリーズ第3弾、杉原爽香、17歳の冬。改めて読み返すと、この頃は安西先生に河村刑事がプロポーズするのしないの言っていて、ああまだ若かったなあ、としみじみ。今日子も仲田先輩とどうのこうの言っていた頃か。この話では、今日子も災難 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 07:44

「赤川次郎」のブログ関連商品

» 「赤川次郎」のブログレビュー をもっと探す

「赤川次郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る