誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童書

児童書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「児童書」のブログを一覧表示!「児童書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童書」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

プリンセスの「王子さまぼしゅう中!」(芝田勝茂/編) このテーマで、いろんな切り口があるもんだなあ。と、書き手さんたちの想像力にまずは感動。どのお話もさらっと短いので読み応えって感じはありませんが、バリエーションは楽しめます。『プリンセスの「王子さまぼしゅう中!」』(後藤みわこ) ... » more

The One and Only Ivan by Katherine Applegate あのAnimorphsシリーズの作者が書いたとっても素敵なゴリラのIvanのお話。多読仲間の間で話題になった今年のNewbery Medal作品。The One and Only IvanHarper Collins USA ... » more
テーマ 動物 英語 児童書

『こんぶのぶーさん』岡田よしたか・作 ブロンズ新社 まんざいしをめざすことにした、こぶまきのぶーさん、相方オーディションをひらきましたら、めざしに、あずき、ゆでたまご、モンブラン。いっぱいやってきてくれたのですが、なかなかぴったりの相方はみつからなくて・・・。食べ物のユーモア絵本シリーズ ... » more
テーマ 絵本 岡田よしたか 児童書

ぐりとぐら 今日は不思議なお天気でしたね。午前中は、結構な雨で、台風だからね・・・と警戒していたら、午後から晴れ!!と思ったら夕方、またざぁーーーーーっと2度ばかり台風という ... » more

この世でいちばん好きなのは、回転ずし―夢をひろげる物語―(芝田勝茂/編) シリーズ第2作も1に続いておもしろかったです。『この世でいちばん好きなのは、回転ずし』(令丈ヒロ子・作/伊藤美貴・絵)娘によると、このお話で令丈ヒロ子さんに興味を持ち、その後「メニメニハート」を読んだのち「若おかみは小学生」を読みつ ... » more

魔女のいる花屋さん―夢をひろげる物語―(芝田勝茂/編) だいぶ前に娘が好きかも、と思って買ったものの自分は読んでなかったので今更ながらに目を通したのだけど…かわいらしいのにごてっとしてないし、どのお話もおもしろかったです。今をときめく作家さんばかり、というゴージャス感もたまりません。なん ... » more

★図書室★二学期、秋の声が聞こえる毎日ですが、2013夏の窓飾り★ 家の前の田んぼが、稲穂をつけて、ぐんぐん伸びてます。コオロギの声も聞こえます。そして、勤務小の窓の外には、ヘチマの黄色い花と、小さな可愛いヘチマの子供。すっかり、秋の声が聞こえる今日この頃ですが、あいかわらず、30度近い気温〜。37度がざら ... » more

書評(季節風115号掲載)・『ともだちのはじまり』最上一平・作 みやこしあやこ・絵 ポプラ社 今日は、栃木県の今市図書館にて、童話・児童文学セミナーが開催されて、講師に、最上一平さんがお越しになっていました。私は、ちょうど7月刊行の季節風115号の書評担当で、最上一平さんの『ともだちのはじまり』を拝読させていただいたばかりで、とーっ ... » more
テーマ 書評 児童書 最上一平

おもしろい話が読みたい!ラブリー編(あさのあつこ・越水利江子・小林深雪・服部千春・令丈ヒロ子) 若おかみは小学生がお目当て。というか、他の作品は読んだことありません。ということで、それを踏まえた感想と言うことに…『12歳―夏の終わるまでに―』(あさのあつこ)えーっと、すっごくいいところで終わっているのですが、元の話を読 ... » more

今日もスタートが本の話で、締めがガーデニングの話でした(笑)最初に来てくださったのは、大学で児童文学の勉強をされている学生さん(^.^)子どもの本を扱っているところに行って取材して、レポートを書く宿題?のためにい ... » more

ビーズのてんとうむし(最上一平/作・山本祐司/絵) このお話は…それでも一緒にいたいと思えるともだちなんだね。って感想を書くのが正解なんだろうなあ。でもとてもそうは思えず…なかよしエピソードが弱いというか…いなくなったバロンへと涙したまりあを、本当は優しいいい子、って思わなく ... » more

図書室★2013二学期が始まって、高校野球優勝の影響力! 夏休みが終わって、二学期が始まりました!猛暑猛暑猛暑〜の2013年夏休みでしたが、今日、図書室に来た生徒さんと盛り上がったのは、高校野球!!群馬県、前橋育英高校が優勝したからでしょう、野球に関する本の貸し出しが多いこと多いこと!(*´▽`* ... » more

そういえば、先日の定休日に大手書店でみつけてびっくりした本が!以前、ある方からこの本の翻訳を頼まれたんだけど、どう思う?と原書を見せていただいたことがありました。私なんぞに聞いてこられたってことは ... » more
テーマ ハーブ 児童書

久しぶりに読んだStep into Reading その他 多読を始めた初期の頃、Step into ReadingとかI Can Read!のシリーズが大好きでした。 今でも好きなんですけど買いためてあった本が何冊か残っていたので読みました。ノンフィクションば ... » more
テーマ 児童向けリーダー 児童書

Arabel's Raven by Joan Aiken これ、読んだのいつだったかな〜。一度書かなくなると、腰を上げるのがた〜いへん!あ、4月7日に読んだことになってますね。Arabel's Raven (Arabel and Mortimer)Sandpiper Joan ... » more
テーマ 動物 児童書

若おかみは小学生!PART20花の湯温泉ストーリー(令丈ヒロ子/作・亜沙美/絵) ついに最終巻!!寂しいけど嬉しい旅立ちの時です。子供の頃の気持ちを思い出してうるうる。母親目線でうるうる。その結果が涙ぽろぽろでした。おっこちゃんのように特別な経験がなくても、小学校の卒業って人生初の区切りのあるお別れである ... » more

『古どうぐ〜るぐる』赤城香織・文 はらだゆうこ・絵 西日本新聞社 「第2回みなまた環境絵本大賞」大賞作品が絵本になりました!古道具をがらくた扱いした少年が、江戸時代にタイムスリップ。なおし屋と出会い、古くなったものを修理しながら大切に使う文化を学びます。 (内容紹介より)古どうぐ~るぐる赤 ... » more
テーマ 絵本 赤城香織 児童書

ふたりはきょうも(アーノルド・ローベル/作・三木卓/訳) この二人の距離感がとても良いのです。『あしたするよ』わかっちゃいるけど…(笑)がまくん、えらいなあ。『たこ』バカにされてもあきらめないほうがいい。一人だとめげちゃうことでも二人ならがんばれる。『がたがた』なぜ ... » more

偉い! 今日は、久々にI一家が来てくれました(^○^)いつもI家のお父さんのチョイスは、なかなかGOOD今日も『これがほんとの大きさ!』(スティーブ・ジェンキンズ/著評論社)や『ドライアイスであ ... » more
テーマ 児童文学 翻訳家 児童書

若おかみは小学生!19―花の湯温泉ストーリー(令丈ヒロ子/著・亜沙美/絵) 今まで出てきた人たちが出てきてちょっと懐かしい感じ。でもしっかり物語りは進んでいきます。いよいよクライマックス!!鈴鬼のいうことを丸呑みにしちゃいけないってなかなか学習しないおっこちゃん、というか、溺れるおっこは鈴鬼をもつかむと ... » more

図書室☆みんなで七夕の窓飾り2013年7月☆ 2013年7月の窓飾りは、みんなで作った七夕飾りでした〜(^O^)久しぶりに(2年ぶりに)竹笹の木を使っての笹飾りです。笹は、勤務小のH先生からいただいて(H先生、背の高い笹を採るのも持ってくるのも大変だったと思います。ありがとうございまし ... » more

くすのきしげのり:第23回 全国読書作文コンクール課題図書に『ライジング父サン』 第23回全国読書作文コンクール課題図書に『ライジング父サン』(フレーベル館)が選定されました。『ライジング父サン』は、私にとって初めての長編となる作品です。この作品の主人公は、「シンイチ」です。 私の作品『み ... » more

バッタが・・・ もうもう、毎年のことながら、ちっこーーいバッタがたくさんいまして・・・スペアミント・アップルミント・ブラックミント・パイナップルミントとミント類をみーーんな食べちゃいますうーーー ... » more

12歳の文学―第七集 第一集からずっと読み続けていますが、時代を反映してるなあ、と思うと同時に、どの年代でその時代を過ごすかって重要だなあとも思いました。『人形』すごく完成度が高くてぐいぐい引き込まれたまま読みきりました。この怖さ、小学生が紡ぎだした ... » more

雨やどりはすべり台の下で(岡田淳/著・伊勢英子/イラスト) ファンタジーと現実がつながっている感じがよかったです。雨に閉じ込められた空間ってちょっと神秘的というか、特別に切り取られた空間て感じがしますよね。そんな空間で語られるには、自分の日常の中にいるんだけどよく知らない人にまつわる話ってう ... » more

ふたりはいつも(アーノルド・ローベル/作・三木卓/訳) 何冊読んでもこの二匹の関係ていいなあ。ベタベタしてなくてむしろドライなときもあるのに仲良しさが伝わってくるんですよね。携帯に登録されたアドレスの数が多い人よりも遊びに誘われる回数や誘ってくれる人が多い人よりも、こういう友達が一人でも ... » more

くすのきしげのり:最新作!『ネバーギブアップ!』(小学館)発売中です。 最新作『ネバーギブアップ!』(小学館)発売中です。『ネバーギブアップ!』の主人公ジュンのクラスでは「うでずもう」が、はやっています。9月になったある日、クラスのイベントとして「輝け第1回4年3組うでずもうナンバー1決定戦 ... » more

オズの魔法使い(ライマン・フランク・バウム/作・守屋陽一/訳) 数年前、娘にプレゼントしたものの合わなかったらしく返却されてそのままになっていたものを読んでみました。魔法使いの愉快なお話と思いきや、意外に哲学的でした。そのおかげか、ファンタジーがあまり得意でないのですが楽しく読めました。みん ... » more

ふしぎの国のアリス(ルイス・キャロル/作・蕗沢忠枝/訳) 数年前、娘にプレゼントしたものの興味がないと返却され、そのまま積読になっていたものを読みました。ふしぎな世界でのアリスのふしぎなおはなしって夢オチだったんですね。それはともかく…子供の頃に絵本で読んだり、中学校の時に英語の教科書で読 ... » more

『シールの星』岡田淳作 ユン・ジョンジュ・絵 偕成社 マアコは18。一平は3。しんちゃんはまだ0。なんの数かっていうと、星の数だ。三年生のクラスでは、先生からもらったシールの星を、野球帽に、はるのが、はやっている。しんちゃんは、気はいいけれど、勉強はとくいじゃないから、なかなか星がもらえない。 ... » more
テーマ 岡田淳 平成25年度群馬県夏休み推薦図書 児童書

 

最終更新日: 2017/03/05 18:28

「児童書」のブログ関連商品

» 「児童書」のブログレビュー をもっと探す

「児童書」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

Ghost Dance: Book 3 of The Ghost World Sequence (English Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Ghost Dance: Book 3 of The Ghost World Sequence (English Edition)
Susan Price

Ghost Song: Book 2 of The Ghost World Sequence (English Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Ghost Song: Book 2 of The Ghost World Sequence (English Edition)
Susan Price

Ghost Drum: Book 1 of The Ghost World Sequence (English Edition) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Ghost Drum: Book 1 of The Ghost World Sequence (English Edition)
Susan Price Susan Price

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る