誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童書

児童書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「児童書」のブログを一覧表示!「児童書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童書」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

おばあちゃん、ぼしゅう中!(アーニャ・トゥッカーマン/作・齋藤尚子/訳・高橋由為子/絵) ドイツの子供たちの生活を垣間見ることができて興味深かったです。同じ国に住んでいても、それぞれ全く違った人生を歩んできたおばあちゃんたち4人の語る言葉や人生の振り返りに楽しくなったり悲しくなったり。最初はあれこれしてもらうことばかりを ... » more

2013年に出た『綾瀬はるか「戦争」を聞く』(TBSテレビ『NEWS23』取材班/編岩波書店)の第二弾が、先月出版されました(^.^)綾瀬はるか 「戦争」を聞く II (岩波ジュニア新書)岩波書店 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 児童書

新作出版されました。:くすのきしげのり 新作出版されました。どれも自信を持っておすすめです。『みてろよ!父ちゃん!!』(文溪堂)『ぼくのにいちゃんすごいやろ!』(えほんの杜) 『三年一組春野先生! −3週間だけのミラクルティーチャー−』(講談社) ... » more

ずるやすみにかんぱい!(宮川ひろ/作・小泉るみ子/絵) 素敵なお話、と思う反面、もし私だったら…小心者なので、次に学校に行ったときに笑い飛ばしたら「なんで病欠した次の日にいきなり強きになってんだ?」って思われて嫌がらせがいじめに発展するんじゃないかってドキドキしちゃって気分転換にならないって思っ ... » more

イェラ・レップマン レップマンという女性をご存知でしょうか?児童図書館員なら知っていると思いますが、一般の方には、馴染みのない名前なのではないでしょうか?今年4月に『子どもの本がつなぐ希望の世界-イェラ・レップマンの平和への願い』(日本国際 ... » more

個人的な都合でバタバタとしており、久しぶりの更新となってしまいました😅今回ご紹介するのは、皆さんお馴染みの"Winnie-the-Pooh"、くまのプーさんです。植物の名前やいくつかの動詞は難しいものも出てき ... » more
テーマ Milne 洋書 児童書

うそつきにかんぱい(宮川ひろ/作・小泉るみ子/絵) 嘘も方便、がテーマ。子供はまずは嘘は悪いことって教わるから、悪くない嘘もあるんだって知るときが来るんだよね。自分を守ったりずるをするための嘘と、誰かを守ったり思った末に出る嘘との違いは教わって頭で知るんじゃなくて心で感じて覚えるもん ... » more

もうすぐ出版される作品です。:くすのきしげのり もうすぐ出版される作品です。『三年一組春野先生!』三週間だけのミラクルティーチャー(講談社)この作品の主人公「春野先生」は、『三年二組みんなよいこです!』(講談社)で、「将来は先生になりたい」と考えた、あの春野萌 ... » more

みどりいろのたね(たかどのほうこ/作・太田大八/絵) 単純に読めば面白い話なんだろうけど、豆のお世話をさぼったのにおいしいまめができちゃうってなんだかなー。きちんと手入れをするならともかく…ファンタジー系のお話なんだろうけど…くそまじめな割にはうっかり屋でやらかして悲しい目にあうことが ... » more

かえるのエルタ(中川李枝子/さく・大村百合子/え) 子供の想像力から生まれる世界をこんなにうまく物語にできるって素晴らしいなあ!と思いました。どこからどこまで現実でそうでないのか分からない感じがとっても素敵。幼い頃には現実と創造の狭間があいまいなことがあり、それはとっても大切なことだ ... » more

くまの子ウーフ(神沢利子/作・井上洋介/絵) 子供の頃に読んだような読んでないような。子供たちが小さい頃にNHKのアニメで見た覚えははっきりありますが。主役が人間の子供の用にふるまうくまの子という設定でありながら、リアルをうまく混ぜこんで、子供哲学を見事に語っているなあと思いま ... » more

プレゼント選び 今日は暖かかったですね〜(^.^)ツルニチニチソウが咲きました今年は、最近になってバシバシ切ったので、あまり咲かないかもしれません(^_^;)ところで今日は、いつもカフェをご利用いただいているお客さま ... » more
テーマ 絵本 日記 児童書

いたっ! 以前、横浜のSさんから、家のそばで、ジョウビタキを見たというメールが来たことがありました。いいなぁ。。。と思っていましたが、川越にも、いましたぁーーーーーーーーー\(^O^)/今朝、外を見るとアパートの前 ... » more
テーマ 日記 児童書

予想以上に こんなに復興が進んでいないとは・・・避難生活をしている方は、まだ17万人以上(ー_ー)ベルマーク運動が、通常の学校支援のほかに被災校支援もやっているので、お客さまにも協力いただき、時々ベルマークを被災校支援の方に ... » more

大学生かぁ〜 今日は、高3なので、もうお休みに入ったのだっというHちゃんが、久々に来てくれました\(^o^)/小学生の頃は、お父さんと私が、ベラベラお喋るしている間、黙々と絵本コーナーで本を読んでいたHちゃん。そんなH ... » more
テーマ 日記 児童書

読書会 隔月でやっている<子どもの本(古典)を楽しむ会>ですが、本当は、先月のはずでした。ところが、不覚にも風邪をひいた私のせいで、今月15日(月)に日程変更、させていただいちゃいました(^_^;)すみませんm(__)m ... » more

昨日は、毎年恒例、佐藤凉子さんの<おはなしの部屋>でした(^○^)毎年2月2日に来てくださっていますが、今年は、2日が火曜だったため、日程を変更してきていただきました。今回のブログラムは。。。★「さるとかに」 ... » more
テーマ 講座 ストーリーテリング 児童書

おじいちゃんとおばあちゃん(E・H・ミナリック/ぶん・モーリス・センダック/え・まつおかきょうこ/や 『おじいちゃんとおばあちゃん』私もおじいちゃんとおばあちゃんちに行くのが好きだったなー。今思うと、おじいちゃんとおばあちゃんが孫を好きでいてくれたからなんだなあ、って思う。きっと孫の相手って楽じゃなかったと思うけど、それなりに相 ... » more

くまくんのおともだち(E・H・ミナリック/ぶん・モーリス・センダック/え・まつおかきょうこ/やく) くまくんに女の子のお友達ができました。お互いに仲よくしようという気持ちがとっても温かいです。『くまくんとエミリー』ことりたちに「ほら、みて。わたしたちとべるのよ」って言われたくまくんの返事が素敵!ぼく、とべない、じゃなくて「 ... » more

こぐまのくまくん(E・H・ミナリック/ぶん・モーリス・センダック/え・まつおかきょうこ/やく) 4つのお話からなる一冊のなのですが、起承転結とまでは言わないものの、最後のお話は前3つの結になっているところにくすりとしました。『くまくんとけがわのマント』かあさんぐまは服を着てるのにくまくんは裸なんだな。いや、立派な毛皮を着て ... » more

あるきだした小さな木(ボルクマン/さく・セリグ/え・はなわかんじ/やく) 抽象的すぎて私にはやや理解しにくかったのですが、訳者あとがきを読んでようやく考えがまとまり始めました。小さな木は、自由を求めて、ってありましたが、私は自分が必要とされる場所を求めてあるきつづけたんじゃないかなあ、と思いました。自由、 ... » more

どろんここぶた(アーノルド・ローベル/作・岸田衿子/訳) 『他者の大事が分からずに平然と処分しちゃう人』と『そういう人の被害にあう人』というのが世の中には存在するというのを常々思っていて、後者に入る身としては、このお話を読んでこぶたの気持ちにとってもとっても共感しました。実際に家出をしたことは ... » more

あおい目のこねこ(エゴン・マチーセン/さく・せたていじ/やく) なんか微妙…おそらく目が青いというだけで差別され仲間はずれにされていると思われるあおい目のこねこの前向きな考えは好きです。自分をなくさず、信じた道をいくところとかも。ただ、自分をいいように使った上に犬を追い払ったことを信じもしな ... » more

床下の小人たち(メアリー・ノートン/作・林容吉/訳) 今では『借りぐらしのアリエッティ』のもととなったお話と言った方が通りがいいのでしょうね。訳者のことばを読むまでは、アニメ映画にするにあたってかわいらしいタイトルに換えたんだとばっかり思っていましたが、原題が『The Borrowers』 ... » more

返り咲き? 上の方を見上げてみたら・・・あら、つるサマースノーが、ちらほら咲いています(^o^)気がつかなくて、ごめんねつるサマースノーは、一季咲きのはずなんですが、どうやら株が充 ... » more

母の友 福音館書店で出している月刊誌「母の友」が、なかなか売れなくなっているという話は、随分前から聞いています。今、子育て中のお母さんが、これだけ文字数のある雑誌を読まないのは、仕方のないことだと思います{%ほっとした顔do ... » more

山のトムさん なんと『山のトムさん』(石井桃子/作福音館書店)がテレビドラマ化されるらしい山のトムさんほか一篇 (福音館文庫物語)福音館書店 石井桃子 Amazonアソシエイト by げげげどうなの?(^_ ... » more
テーマ テレビ 児童書

良かった! みなさまのお蔭で、今日は、昨日の出来を挽回をすることができました(^。^)ほっありがとうございましたぁ〜\(^o^)/そして今日はとてもナイスタイミングなことがありました。やっと今日の午前中入って来た『続まど・み ... » more
テーマ テレビ 児童書

きみは知らないほうがいい(岩瀬成子/作・長谷川集平/絵) とっても重たい話でした。いじめをいじめと言うことすら許されない空気、確かに学校にはあるなあって思います。タイトルの意味、はっきりとは書かれていないのですが、私の勝手な解釈では、自分らしく生きてるだけで生まれてしまうやり場のない行き場 ... » more

やっぱり・・・ そうなんじゃないの?と思っていたことが、たくさん。。。そして、まだまだびっくりさせれることもたくさん!!先日読んだ『14歳からの戦争のリアル』(雨宮処凛/著河出書房新社)のことです。14歳からの戦争のリアル (1 ... » more
テーマ 独り言 児童書

 

最終更新日: 2017/11/27 17:26

「児童書」のブログ関連商品

» 「児童書」のブログレビュー をもっと探す

「児童書」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-
日本写真企画 安田 菜津紀

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る