誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童書

児童書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「児童書」のブログを一覧表示!「児童書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童書」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

母の友 福音館書店で出している月刊誌「母の友」が、なかなか売れなくなっているという話は、随分前から聞いています。今、子育て中のお母さんが、これだけ文字数のある雑誌を読まないのは、仕方のないことだと思います{%ほっとした顔do ... » more

山のトムさん なんと『山のトムさん』(石井桃子/作福音館書店)がテレビドラマ化されるらしい山のトムさんほか一篇 (福音館文庫物語)福音館書店 石井桃子 Amazonアソシエイト by げげげどうなの?(^_ ... » more
テーマ テレビ 児童書

良かった! みなさまのお蔭で、今日は、昨日の出来を挽回をすることができました(^。^)ほっありがとうございましたぁ〜\(^o^)/そして今日はとてもナイスタイミングなことがありました。やっと今日の午前中入って来た『続まど・み ... » more
テーマ テレビ 児童書

きみは知らないほうがいい(岩瀬成子/作・長谷川集平/絵) とっても重たい話でした。いじめをいじめと言うことすら許されない空気、確かに学校にはあるなあって思います。タイトルの意味、はっきりとは書かれていないのですが、私の勝手な解釈では、自分らしく生きてるだけで生まれてしまうやり場のない行き場 ... » more

やっぱり・・・ そうなんじゃないの?と思っていたことが、たくさん。。。そして、まだまだびっくりさせれることもたくさん!!先日読んだ『14歳からの戦争のリアル』(雨宮処凛/著河出書房新社)のことです。14歳からの戦争のリアル (1 ... » more
テーマ 独り言 児童書

しあわせなちょうちょう(イレーナ=ユルギェレビチョーバ/さく・うちだりさこ/やく) しあわせってなんだろうね。物質的に満たされることなんだろうか、いい環境を準備してもらうことなのだろうか、お友達ができることなのだろうか。自分の持ちえないものを羨んでも仕方ないし、他人と同じものを手に入れたからといってしあわせになるわ ... » more

100周年 川越市立図書館が、今年100周年を迎えます・・・迎えました?どっちだ?(笑)1915年に私立川越図書館ができて、二年後に町立図書館になっているので、カウントをどの時点でとるかによって誤差がありますが、とりあえず今年を ... » more

手紙ぼくとじいちゃんの夏休み
児童書「ぼくとじいちゃんの夏休み」小学3年生の男の子と田舎の祖父のお話。時は昭和58〜60年頃。懐かしい時代の当たり前にあった物語です。http://p.booklog.jp/book/99639 ... » more
テーマ 児童書

クロウタドリ クロウタドリってご存知ですか?イギリスのお話には、コマドリ同様よく登場する鳥です(^o^)初めてイギリスに行った時、ひと際よくとおる澄んだ声に、釘づけだったのを思い出します。旅行は写真ではなく、ビデオにしよう!と ... » more
テーマ 児童書

飛ぶ教室 先日の<子どもの本(古典)を楽しむ会>は、『飛ぶ教室』(エーリヒ・ケストナー/作)でした(^○^)基本は岩波版を読んできてね〜だったんですが、岩波と言っても今は、もともとの高橋健二さん訳と ... » more

産経児童出版文化賞 得田之久さんの絵本『くろねこさんしろねこさん』(得田之久/ぶん和歌山静子/え童心社)が、第62回 産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞されたそうです(^o^)くろねこさん しろねこさん (単行本絵本)童心社 得田 之久 Amaz ... » more
テーマ 日記 作家 児童書

雨が降る前のしっとりした空気と匂いが好きです。日々の生活の中には、、誰でもすっぽり落ちることができるのに行きたいと思ってもいけない…そんな不思議な時間というかエアポケットのようなものがときどきあると思っているのですが、その不思議に触れた ... » more

読書会〜ドリトル先生つづき 昨日、まとまりもなくダラダラ書きましたが(^_^;)まだ書く私(笑)井伏さんが「オシツオサレツ」と訳した動物「Pushmi-Pullyu」(push me, pull you)は、某シリーズの新訳では「ボクコチキミアチ」。 ... » more

うさこちゃん 1955年にオランダでうまれたうさこちゃんは、今年で60周年を迎えましたそこで先月、60周年記念特別版『うさこちゃんのたんじょうび』(ディック・ブルーナ/作絵いしいももこ/訳福音館書店)が出版さ ... » more
テーマ 絵本 日記 児童書

原発の危険性を取り扱った作品。1993年初版。私がこの作品を読みたいリストに入れたのは2010年ごろと思われますが…2011年の東日本大震災後に一部の人たちの間で話題になっていた記憶があります。震災までは安全が謳われて多くの人が信じてい ... » more

男子弁当部 〜弁当バトル!野菜で勝負だ!! イノウエミホコ作東野さとる絵ポプラ社2011久しぶりに児童書のコーナーを本屋で見ていて購入しました。最近の自分の本選びの基準に野菜という文字がはいっているものになんとなく目が行く。この本も現在シリ ... » more
テーマ 児童書

ここのところ、あっちもこっちも、なんか変ということが増えて来た気がします。なんでそうなる?ということばかり。。。そのなんで?が、子どもの本の出版にも出てきてしまいま ... » more

緑の風・・・プリンの本棚Harding's Luck
House of Ardenの続編、Harding's Luck読み終わりました。5年前、もやがかかったような理解度でもパズルがあるべき場所にはまっていく爽快さを経験したのですが、5年の間に理解度が上がったんでしょうね。人物関係がき ... » more

中学生の質問箱 平凡社が出している<中学生の質問箱>というシリーズがありますが、今回はじめて入れてみました(^.^)と思ったら、以前に、『日本のエネルギー、これからどうすればいいの?』(小出裕章/著平凡社)も入れてました(笑)そ ... » more
テーマ 児童書

House of Arden (from Complete House of Arden) ネズビットのタイムトラベル&宝探しファンタジー。ご紹介しているのは、House of Arden、そしてその完結編のHarding's Luckが合本になっているKindle版です。5年ぐらい前に一度通しで読んだのだけれど、今回(H ... » more

ハーレムの闘う本屋 原田さんの新訳書『ハーレムの闘う本屋』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著 R・グレゴリー・ クリスティ/絵 原田 勝/訳あすなろ書房)ハーレムの闘う本屋あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 翻訳家 独り言 児童書

本ができること 震災から4年経ちました。福島に実家がある友人の話だと、未だに、除染で出た廃棄物は、ビニールには入っているものの、普通に庭の一角に置いてあるそうです。それだけでも精神的にきついだろうし、仮設住宅での生活を続けなければな ... » more

ご用意できました! 原田勝さんの新刊『ハーレムの闘う本屋ルイス・ミショーの生涯』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著原田勝/訳あすなろ書房)が、入ってきましたぁーーー\(^o^)/ハーレムの闘う本屋あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン ... » more
テーマ 日記 翻訳家 児童書

先週は、25日から東京でした。25日光村教育図書で『あっ!みーつけた!!』のサイン瑞雲舎で『Lifeライフ』のサイン講談社で3件の取材を受けて、5作品の打ち合わせをして、『いちねんせいになったから!』のサイン26 ... » more

くすのき しげのり:『ぼくおおきくなるからね!』 1月の新作『ぼく おおきくなるからね!』(鈴木出版)です。渡辺有一先生がすてきな絵を描いてくださいました。http://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id= ... » more

A Greyhound of a Girl by Roddy Doyle Book Talkで多読仲間からご紹介いただいて、スタンバイしていたこの本。聞き読みで、読み終わりました。舞台はアイルランドのダブリン、そして、その周辺。アイルランドっぽさと、4世代にわたる母娘のそれぞれの気質がよーく伝わってく ... » more
テーマ 英語 人生 児童書

チーズ さて、読書会のつづきです・・・この日は、始まる前から、頭の中がチーズで(^_^;)なぜかと言えば、昨年末にメンバーのMさんがお店にいらして、読書会の日には、ハイジのチーズと言われているらしいラクレットチーズを ... » more

The London Eye Mystery by Shiobhan Dowd ほぼ5年間積ん読になってたこの本。読み始めたら、あっという間でした。49,614語。The London Eye MysteryYearling Siobhan Dowd Amazonアソシエイト by タイトル ... » more

昨年出版された『この思いを聞いてほしい!-10代のメッセージ』(岩波ジュニア新書)は、もう読まれたでしょうか?この思いを聞いてほしい!――10代のメッセージ (岩波ジュニア新書)岩波書店 池田 香代子 Amazonアソシエイ ... » more
テーマ 独り言 児童書

昨年末に、読書会の番外編でもお喋りしたんですが、皆さんの2014年ヒット本は、なんでしたか?(^o^)私は、何と言っても唸りまくった(笑)『ひみつの王国』(尾崎真理子/著新潮社)と『私の出会った瀬田貞二先生』 ... » more
テーマ 児童文学者 児童書 一般書

 

最終更新日: 2016/11/22 07:06

「児童書」のブログ関連商品

» 「児童書」のブログレビュー をもっと探す

「児童書」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

野鳥の図鑑―にわやこうえんの鳥からうみの鳥まで (福音館の科学シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 野鳥の図鑑―にわやこうえんの鳥からうみの鳥まで (福音館の科学シリーズ)
福音館書店 藪内 正幸

ハーレムの闘う本屋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ハーレムの闘う本屋
あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン

かえるふくしま の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル かえるふくしま
ポプラ社 矢内 靖史

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る