誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    児童書

児童書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「児童書」のブログを一覧表示!「児童書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「児童書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「児童書」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

恐るべし かこさとしさんが亡くなられて、寂しいなぁ〜なので、ちょこちょこ読み返しているんですが、去年出た『かこさとし-人と地球の不思議とともに』(KAWADE夢ムック文藝別冊河出書房新社)は、ざっくりとしか読んでいなかった(^_^ ... » more

今日は、きゃぁーーーーーーーーーーっていうくらい暇でした(笑)でも、気が重かったことがひとつ解決したので、良しとしようところで、しばらく前、図書館で3冊相互貸借依頼したら、 ... » more
テーマ 図書館 児童書

かこさん 昨晩、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀<ただ、こどもたちのために かこさとし 最後の記録>を見ました。勝手に10年くらい前のニコニコのかこさん、子どものことを「こどもさん」とあたたかく発音されるかこさん、そんな優 ... » more

おたよりください(K.スンド・作/木村由利子・訳/A.セラーノ=プネル・絵) すごくシンプルなハートウォーミングなお話。八歳同士の文通のはずが実は…でもその間違いがあったからこそ始まる素敵なお話です。ちょっと出来過ぎかな、と思いつつも、二人の書簡のやりとりがあまりにも楽しそうでついついどんどん読んじゃう感 ... » more

「おまえだ!」とカピバラはいった(斉藤洋) 児童書には、大人にも難解な疑問や悩みを子供目線で考え解決へと導く手立てとなるものがありますね。この手の物語を難解だと感じるのはきっと目線が大人のそれだからなんじゃなかと思いました。きっと子供はもっとシンプルな心の目で読むので難解に感 ... » more

YA新刊 最近、やったつもりが・・・ということがいろいろあるかもです。原田さんの新刊が、とても良かったのでご紹介しようと思っていてすっかり抜けてました(^_^;)2月に出た『ヒトラーと暮らした少年』(ジョン・ボイン ... » more
テーマ ガーデニング 翻訳家 児童書

国際子どもの本の日 明日4月2日は、<国際子どもの本の日>です(^.^)1967年、国際児童図書評議会(IBBY)が、アンデルセンの誕生日であるこの日に制定しました。子どもの本を通して、国際理解を推進するための記念日。毎年ポ ... » more
テーマ 翻訳家 児童書  コメント(4)

最近入れた本 絵本じゃないんですけど・・・二冊ご紹介します(^.^)一冊は、出久根さんのエッセイ集『チェコの十二カ月おとぎの国に暮らす』(出久根育/著理論社)チェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らす理論社 出久根 育 Amazonアソ ... » more

かるた会 昨日は、初企画<新春かるた会>でした(^.^)赤羽末吉さんの絵を楽しもう!という主旨で、「日本の昔話かるた」(赤羽末吉/絵日野十成/文小澤俊夫/監修福音館書店)を使って、赤羽茂乃さんとかるたを楽しむ会をやりました ... » more
テーマ 絵本 講座 児童書

君たちはどう生きるか なんだか最近売れているらしいですね。かなり売れているのは、マンガ版の方みたいですけど、、、、うちで入れているのは、『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎/著ポプラ社)君たちはどう生きるか (ポプラポケット文庫日本の ... » more
テーマ 児童書

知らなかった! クリスマス関係の本はたくさん出版されていますが、今年10月に復活した本をご紹介〜(^o^)『とびきりすてきなクリスマス』(リー・キングマン/作バーバラ・クーニー/絵山内玲子/訳岩波書店)とびきりすてきなクリスマス (岩波 ... » more

10歳の質問箱・なやみちゃんと55人の大人たち(日本ペンクラブ「子どもの本」委員会/編 ひと言で言ってしまうなら、自分で考える力をつけましょう、それに限るような。でもそれは事実で生きていくうえでとても大切なことと思います。親の言うことは聞かなくても、著名な大人の言うことなら耳を傾けることもあると思うので、こういう企画は ... » more
テーマ 児童書 物語以外  トラックバック(1)

伝えることをあきらめない 昨日は、途中お店を閉めさせていただいてフォトジャーナリスト安田菜津紀さんの講演会<伝えることをあきらめない>に行ってきました(^.^)以前ここにも書きましたが、安田さんのお話は、とっても聞いてみた ... » more
テーマ 講演会 児童書

グリムのむかしばなし 11日の夜、代官山蔦屋で行われた『グリムのむかしばなしTU』刊行記念<松岡享子と味わう昔話>に行ってきました(^.^)いつか行ってみなきゃ〜と思いながらも結局行けていなかった代官山の蔦屋に初めて足を踏み入れました ... » more

図書館で発見したかわいい本たち お久しぶりです。かなりブランクが……(汗)ところで、最近、かわいいシリーズを1、2発見したのでご紹介します。このところ、余裕がなくて図書館の棚を覗くこともなかったのですが、月1回図書館で英語多読の集まりをするようになったこともあ ... » more
テーマ 英語 児童書

できちゃった 台風一過で、久しぶりにお日様は出ましたが、今日は一日強風で、またまた植物たちは、辛そうでした(>_チム・ラビットのぼうけん (単行本図書)童心社 アリソン・アトリー Amazonアソシエイト by 今晩は、 ... » more

くすのきしげのり:第29回 読書感想画中央コンクール指定図書 第29回読書感想画中央コンクール低学年の部指定図書に『おにぼう』(PHP研究所)が選定されました。 ... » more
テーマ 教育 絵本 児童書

くすのきしげのり:児童文学作家30周年記念フェアが全国で開催中です。 児童文学作家デビュー30周年!!全国500をこえる書店にて記念フェア開催中です! 児童文学の創作活動をスタートして、30年目を迎えました。 私の作品や、その登場人物は、作者である私にとって大切な子どものようなものです。 ... » more

くすのきしげのり:最新刊 【ジャンケンの神さま】 発行日:2017年6月 発行所:小学館 画:岡田よしたか 【こうちゃんとぼく】 発行日:2017年6月> 発行所:講談社 画:黒須高嶺 ... » more

四☆月読みあざみ野高校女子送球部
あざみ野高校女子送球部 小瀬木麻美著ポプラ文庫ピュアフル2017ハンドボールの小説ということで即購入しました。子供たちがハンドボール部に所属していたので応援に行っていたこともあってハンドボールに愛着を持ってしまったのかしら。 ... » more
テーマ 小説 児童書

それを読んでくれるのね 今日のランチタイムに来てくださったお母さんとお嬢さん。お嬢さんが、赤ちゃんだった時に、来てくださったことがあるのだそうです。そして、今、そのお嬢さんは、小学3年生。ほぉ〜〜\(◎o◎)/忘れずに、また ... » more

何気に売れてる 入れると売れる・・・みたいなことが続いていて、結局ご紹介していなかったかもな本(笑)2015年に月刊誌<たくさんのふしぎ>で出版された『いのちのひろがり』(中村桂子/著松岡達英/絵福音館書店)が、単行本になりました(^○ ... » more

原画展は終わったけど ヤブさんの原画展開催中は、本当に、本もグッズもたくさん買ったいただいてありがたかったんですが、終わってからもちょこちょこ買っていただいていて嬉しいです\(^o^)/今日は、昼間、マグカップが売れ、残っても、地 ... » more

くすのきしげのり:最新刊『ええたまいっちょう!』です。 『ええたまいっちょう!』(岩崎書店)です。スペシャル情報です! 私の中では、『ええたまいっちょう!』に登場する若いおまわりさんは、『おこだでませんように』の男の子が成長した姿なのです。 ... » more

くすのきしげのり:新刊です。 『さああそびましょう』(フレーベル館)キンダーメルヘン5月号です。これは、『はるですよ』(フレーベル館)の、続編となります。 ... » more

あそび読本 今年は、『だるまちゃんとてんぐちゃん』(かこさとし/さく福音館書店)50周年の年なんですが、その関連でいくつか本が出版されています。その中の一冊に『だるまちゃんと楽しむ日本の子どものあそび読本』(加古里子/著福音館書店)があ ... » more
テーマ 絵本 作家 児童書

急ぎのご案内 来月末、東京子ども図書館から『物語の森へ』(3,888円税込)というブックリストが出版されます(^.^)これは、既に当店でもたくさん買っていただいています基本蔵書目録1『絵本の森へ』の第二弾で、戦後出版された児童文学(創 ... » more
テーマ 児童書 一般書

テーマ展示 今月のテーマ展示は、今年生誕110年を迎えた石井桃子さんの特集にしました(*^。^*)石井さんが手がけられた本は、たーーくさんあるので、当然、ここに全部は展示しきれません(^_^;)有名なものばか ... » more
テーマ 児童文学者 児童書 一般書

さよならぼくのトラマル(江崎雪子/作・岡本順/絵) 『12歳、ぼくの夏』を先に読んだので純の12歳を知っていることもあってか、最後で涙うるうる。親から見たら子供は子どもだけど、子どもだって一人の人間なんですよね。当たり前だけど傷つくんですよね。知ったら傷つくだろうって大人は黙っているけど、知 ... » more

江崎雪子さんのこねこムーシリーズに当時小学生だった娘とはまってからだいぶ経ちましたが、他の作品も読んでみたいと思っていてようやく手に取りました。 こねこムーシリーズのような生きる強さにあふれているという感じではありませんでしたが、思春期の心 ... » more

 

最終更新日: 2018/06/15 21:40

テーマのトップに戻る