誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    竜王戦

竜王戦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「竜王戦」のブログを一覧表示!「竜王戦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「竜王戦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「竜王戦」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

遠見の角竜王戦挑戦者決定三番勝負の4
手筋の5四歩、解説では「3五銀で攻めつぶされる」となっていましたが、解説の上を行く手があるということでしょうか。まさに「受け手のないと思われる局面でも受けきる」と言われる木村八段らしい手ですが、読みに穴があると悲惨です。ここは6 ... » more

飛車を回りました。後手には2四歩と突いて次に4五歩という手がありますが。先手は5筋に回った飛車をまた戻るのでは何かおかしいです。ゆっくりしていると1筋の歩の突き出しだって間に合うかもしれません、飛車が戻っただけに。 ... » more

遠見の角竜王戦挑戦者決定戦第一局の2
3五歩ですか。取れば4五歩を狙っているのでしょうか。まあ、銀は中央に使いたいのだから取る事はないわけですが、5五銀も5二飛くらいで大した事ないのでしょう。あ、飛車切りがありましたね、指摘したばかりでした。ランキン ... » more

竜王戦挑戦者決定戦が始まりました。局面は一昨日の王位戦第五局と殆ど同じ局面に展開してそこから変化したところですが、違いは後手が3七にと金を作った代償に5筋を破られたのを反省した展開です。ただ、攻め筋的に似通ってくるのは当然のこと ... » more

明日29日(金)は、いよいよ将棋ファン大注目の第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負・第1局の羽生善治四冠VS木村一基八段戦が行われます。今まで当ブログでは、羽生善治四冠の事は数多く書いてきましたが、木村一基八段の事は、ほとんど書いた記憶 ... » more

渡辺明竜王、ネット将棋最強戦で優勝 将棋界初のインターネット棋戦・第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦の決勝戦、渡辺明竜王VS鈴木大介八段の対戦が8月24日14時から行われました。結果は将棋ファンの皆さんなら、ご存知のとおり後手番の渡辺明竜王が見事 ... » more
テーマ 将棋 渡辺明 竜王戦

後手は手にした香で8一香と打つ手も考えているか。あるいは4四歩と突いて飛車回りを見せ、馬との交換を強要するような手もあるかも知れません。3一歩成となれば取るしかないのでしょうから、どのみち飛車は取られる運命です。ならば、とも ... » more

夕食休憩後、ばたばたと進んで7七歩を同桂と取ったところです。8九金、9七玉、9九金では甘く、飛車筋を通したくても4五金の瞬間に3三馬があるかもしれません。そこで飛車引いていたら長くなりそうです。わからないときは7五歩ですか。 ... » more

後手が飛車を3筋に置いたのは3九飛成の脅威を与えるためでしたが、飛車を取られた後の3一飛を防いでの3九飛打ちは二丁飛車の攻めが甘くなる手だが、自陣の飛車はあくまでも受けに使い、8八の玉は角で攻めるという腹のようです。実際にも角筋に入ると ... » more

飛車が二段目から外れると3二銀から1五香のような手があります。仕方が無しの3二飛。単純に4一銀とかけてもいいのでしょう。4二飛には6三馬でも十分な気がしますが。3二歩とでも垂らせれば文句なしではないでしょうか。後 ... » more

先手が上手く手を作って後手に2一玉の暇をあたえていません。守りの金が上ずってしまったため、1一玉と角を取る手が自ら逃げ場を失わせる形になります。3四金と指したので解説どおりに進みそうです。5三角のあとどうなるのか。角を取 ... » more

局面進んでいませんが、解説通り3五歩ですと、3四歩のあと2二香くらいの受けになるのでしょうか。以下、3三歩成、同金、2五桂で、3二金には3三銀と上から行きますか。4二歩と打たせているので飛車の横利きがとまっていますから、かなり無 ... » more

竜王戦も準決勝というところまでやってきまして、本日は左の山の三番勝負進出者決定の一局です。戦形は角替わりですが、一手損ではない昔ながらの腰掛銀の戦いです。この形は丸山が多用しているようですが、さて1一の角がどうなるか。羽生が ... » more

王将戦の二次予選で木村八段に勝った後で気分の悪さを訴えたということですが、王将戦はれっきとしたタイトル戦です。しかも相手の木村八段は遅咲きの大器と呼ばれる三期前の竜王戦の挑戦者で、今期も三番勝負まで進出している実力者です。控えめ ... » more

検討通りでは先手厳しいが、ここは相駒して一手稼げないのか。しかし相駒はただですからねぇ。ちょっと・・・、相駒しても馬を外されるのは痛すぎる。後手も余裕で攻めに専念できる展開になってしまいました、確かに4二歩に対する3四馬 ... » more

なんかおかしくなりましたね。ますますおかしい。先手は歩だけだからなぁ。手がないなら5八玉かね。あー、平凡な受けですね。控え室どおりに展開するのか、これは。手が限られていますから、そうなるのでしょうね。王手 ... » more

おやおや、飛車が世に出てきてはおかしいですね。馬筋が利いていれば先手遺すかもしれないが、馬を守りに使わなければならないようだと後手、広い。ここは3九歩か、2七馬か。馬でしょうか。一旦、3七歩を利かせてから、4七銀か。 ... » more

先手好調ですが、手駒が不足しています。右辺から攻められると、最後に8五の金が働くこともありますので、攻めさせて手駒を入手というのも少し怖い。先手としては是が非でも飛車を成り込みたいが、手がかかりすぎる。後手は銀にヒモつけたの ... » more

中原十六世名人が脳出血で倒れたらしいとのニュースがありました。命に別状はないとはいえ、将棋は頭脳ゲームですし、一方では体力勝負でもあります。棋士生命という点では心配が残ります。今シーズンはなかなか調子が良かっただけに残念です。 ... » more

端を攻めてきた先手に対し、6三金上がるとは非常手段。7五桂には8四金で端を守ろうというわけ。同時に玉の逃走も見ています。さらに飛車も通そうというものです。しかし先手は軽い形なので飛車が自由自在。ここは先手指し良いとい ... » more

午後の戦いです。深浦が1筋から仕掛けましたが、香の取り合いから1九飛車回りは簡単には実現しません。羽生も8二銀と用心していますから、単純には行かないのです。そこで戦とは端の形を決めておき、やおら5六銀です。後手の歩が浮い ... » more

右の山からは木村が勝ちあがってきましたが、さて左の山からは誰が出てくるのか。本日は目下、王位戦を戦っている深浦王位と羽生四冠の対戦です。両者はこの一月ほどで5回目の対戦ということになりますが、深浦は羽生が最も苦手としている棋士で ... » more

手筋の5四歩には6四角、5三銀なら2八角成でしょう。飛車を3筋から追うことが出来ます。やはり出ましたね。郷田はいつまでも辛抱できるような性格ではないですからね。あとは飛車の働きの差がどうでるか。 ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

4二角と引いた局面。5四歩の突き出しには5二歩と辛抱するか。そうすると4六角と出るのか。3五金には5三歩成で勝負か。角は取られるが飛車がさばけ、6三歩の垂らしがある。取り込みか。完全に攻め合いになりました。 ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

先手が3九飛と引いた以上、左への転向を考えているのでしょう。ただ、3七桂、2五歩、4五桂、1五角で5九角成の防ぎもあります。もちろん6九飛から6五桂だって含みにあるはず。次は前進する手か辛抱する手か。 ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

先手の3三歩はいわゆる焦点の歩、これは一本入ったかとおもわれましたが、郷田、平然と4三金です。しかし守備の金が離れたのだから、これは明らかに利かしでしょう。さて局面は後手が3三角と垂れ歩をはらったところです。黙っていれば ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

居飛車対振り飛車のじっくりした戦いとなりました。角替りの力将棋を見慣れた目には新鮮な感じがしますが、かつてのようにとりあえず玉を囲ってから戦いを起こすというようなのんびりしたムードは微塵もなく、ここまでもかなり時間を使っています。と ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

本日の注目対局は竜王戦の決勝トーナメントから、1組二位の木村一基八段対1組三位の郷田雅真隆九段戦です。どちらも順位戦はA級、ここ二、三年の間にタイトル挑戦者にもなっている実力者。木村は第18期竜王戦、郷田は前期の名人戦の挑戦者です。 ... » more
テーマ 将棋 竜王戦

108手まてで羽生が勝ちました。飛車を取って角をいじめにいったところでは糸谷も頑張っていたが、竜、飛車両取りの形で角を取らざるをえなかったところではよくないようです。角をとらせても竜の位置が良くないことと銀を取ってと金ができると ... » more

及ばずながらの銀打ち込みですが、詰みがありません。3二銀成、1三玉という手もあるしね。なまじとるといかんか。3二銀成、同金、同竜、同玉、4三銀、同銀、同歩成、同玉、4八飛があるので。糸谷粘る。7七歩成、同金、同金、同 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 06:43

「竜王戦」のブログ関連商品

» 「竜王戦」のブログレビュー をもっと探す

「竜王戦」ブログのユーザランキング

haru日記 1 位.
haru日記

テーマのトップに戻る