誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    竜王戦

竜王戦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「竜王戦」のブログを一覧表示!「竜王戦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「竜王戦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「竜王戦」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

遠見の角第21期竜王戦開幕
いよいよ竜王戦が始まりました。先手番の渡辺竜王が7六歩、後手番の羽生名人はすぐに3四歩と応じました。大切な一局には違いありませんが、第一局ということもあって矢倉はなさそうと思いましたが、竜王戦、場所はパリということには頓着なしに(当 ... » more
テーマ 羽生善治 渡辺明 竜王戦

170手目7七金で投了かと思っていましたが、まだ粘ったのですね。でも「千駄ヶ谷の受け師」といわれるほどの手はありませんでした。勝負への執念という見方もありますが、投げ切れなかったというのが本当のところでしょう。後手玉には詰みがな ... » more

全国の将棋ファン注目の第21期竜王戦挑戦者決定戦第3局、羽生善治四冠VS木村一基八段戦が9月12日(金)に東京・将棋会館で行われました。本局は、序盤で相穴熊の超持久戦から、千日手模様になりましたが、先手番の木村一基八段が積極果敢に打 ... » more

竜王戦挑戦者決定3番勝負第3局が9月12日、羽生善治名人と木村一基八段で行われ、23時18分、181手で木村八段の投了となった。羽生が激戦を制し、挑戦者に名乗りを挙げた。七番勝負第1局は10月18日・19日フランスル・メリディアン・ ... » more

4六角、7六銀、6八角で粘ろうって訳ですが、そこで7一飛ですかね。角取った、3一竜は7一歩くらいで受かるのか。ともかくこれは詰めろなので、3一竜、8一角、7五銀取っても7七金、9九玉、7九銀成ですから、しかし金気がなくては受けが ... » more

続きますねぇ、いやぁ、もう146手です。ぎりぎりの秒読み将棋になればまだ一時間はたっぷりかかります。付き合うのもしんどいよ。ここからは差し手を考えるなんてできません。ま、しかし6七歩に同金は7五桂があるので、8八金打つし ... » more

ここまできて千日手ではたまりませんよ。8八銀不成に同金、7七金には7七銀なら6八歩ですか。あるいは6七金と緩むかと7六銀となるか。角が動いたら飛車が浮いてしまうので先に逃げておくのは当然の手ですが、銀はいつでも取れるので6九 ... » more

こういうのっぴきならない場面になったところでの2四歩なんていう手は往々にして緩手になりやすいものです。もちろん緩いようでも飛車が成りこめば悪くないという大局観に基づくものなのでしょうが、米長手順で後手は攻めてきています。6五桂には6 ... » more

まずいことになりました。7筋で同じ手が繰り返され始めました。先手も後手も動けない状態になってきたようで、途中で手を変えては行くのでしょうが、基本的には千日手のパターンに入ってきました。先手から7六歩、同歩、同銀、7五歩、6七 ... » more

どうも細かい動きになってくましたね。ということは攻め手がないということでしょうか。下手に動いて隙を作りたくはありませんから、指して損にならない手を捜すわけです。1七香はそういう手です。うーん手がない、ここは夕食休憩に入り ... » more

7三桂とは思い切った手です。非常手段に近いかもしれません。対して先手の7六銀右は一手パスですが、7五歩と打たせて角の筋を止めさせたものです。角筋が通っていると8五歩、同歩、8六歩、同銀、7五銀というような形で玉頭戦に持ち込ま ... » more

指し手は進んで83手目、先手が2七飛と引いたところです。後手からの4五歩は大したことはないのですが、2八は角筋に入るのでこちらが正しく、5筋方面への転回も含んだ手のようです。もちろん4五歩の手を事前に避けたという意味もあります。 ... » more

後手、穴熊にしないといったら穴熊にしてしまいました。8二金の局面、ここは先手仕掛けますよ。3三角が飛車に当たる形で6二金が離れ駒になっています。角の働きも後手に負けてはいません。そこで3五歩。歩を交換しておい ... » more

先手穴熊、後手銀冠という陣形で勝負の形になってきました。こうなると動くのが難しくなります。手詰まりの心配がでてきましたね。いざとなれば後手も穴熊という選択もありますが、それは攻めの面で立ち遅れるかもしれません。羽生は穴熊のよ ... » more

短手数の将棋と思っていましたが、終わってみれば119手というのは平均的な手数となりました。実際には90手目に後手が7三玉を逸したために逆転したようです。はっきり格下の相手に対しては横綱相撲をみせる羽生ですが、実力が接近した相手で ... » more

いゃー、双方秘術を尽くした戦いです。もう持ち時間も10分くらいですから、あと30分ほどの勝負か。飛車一本なので後手に寄りはないのだが、詰めろきました。さあどうする、結構厳しいぞ。受けがあるのか。王手して、6九金は ... » more

5四歩は取りにくいから6四銀と引くか。あー両取り掛かるのですか。後手に8八歩の余裕があるかどうか。後手にとっては8二の飛車は邪魔駒なので何とか捌きたい。短手数でしょうが、結局秒読みになるのでしょう。困るんです ... » more

王手飛車はかかりましたが、飛車取ると馬がそっぽへ行きます。桂があったらなあ。一発で終わりですが。しかし飛車取るしかないでしょ、成られたらたまらんし。でもこれ王手飛車をかけさせたのかも・・・。うーん・・・。 ... » more

2四角とはまた受けたねぇ。とりあえず3三歩ですか、早めに逃げるかですが、どちらにしても5七馬はあるでしょう。王手飛車はかかることになります。ならば6二玉に5八歩と受ける、はあ、2三歩かぁ、角筋がそれると王手飛車だよねぇ。 ... » more

おおっ!攻め合いかぁ!この成銀は取らずに4七銀成でしょうが、6九角、6八玉、7八角成、同金、6七金は乱暴すぎるので、うん?2三金と取ると7八角成が竜に当たることになりますが、なら4七銀成か、同玉に2三金・・・。何かいい手順があり ... » more

6八歩の局面です。ここは取る一手なので6八金の後は4七銀成がないのならば8八歩くらいしかないが、5七歩と受けられると4七銀成から5六角の手がなくなってしまいます。歩は6七にしか利きませんから6八金に6七歩では意味がない。4七 ... » more

控え室で指摘された3四からの攻めに後手が長考、一気に踏み込んできました。角替りは激しくなるものですが、本局は特に激しく、中盤戦を飛び越えて終盤戦に突入か。先手としては飛車は横利きで受けに使いたいので接近はしたくないでしょう。 ... » more

40手目1四歩の局面です。狙いは1三角、6二飛、4五桂などの手です。単純明快ですが、結構うるさいようです。玉のこびんを狙っていますからね。 ... » more

先手、飛車先を切りにいきました。2四銀は取るしかないのでしょう。よほど手持ちの歩が多ければ飛車先連打なのでしょうが、2四同飛のあとに2三に打つ駒を何にするか。節約して歩にしたいが、普通は銀でしょう。2三銀、2八飛、2四歩から ... » more

竜王戦挑戦者決定三番勝負第二局が開始されました。戦形はお馴染みの一手損角替りに先手が早繰り銀というもの。したがって進行は早いのですが、かなり実戦で指されているために両者も研究は十分のはずですが、とりわけ先手のの木村八段が研究していそ ... » more

明日9月3日(水)に将棋の第21期竜王戦の挑戦者決定三番勝負・第2局の羽生善治四冠VS木村一基八段戦が行われます。そして、同じ対戦カードで5日(金)には第56期王座戦五番勝負の第1局が行なわれるという事で、今後の将棋界の勢力地図は、 ... » more

遠見の角竜王戦挑戦者決定三番勝負の8
間駒は5二飛しかないのか。7三玉。もう一回5一馬、6三玉では千日手。8六香では詰まない先手、とりあえず7五歩とか・・・。5四歩で間に合うか、とか。7四馬、7二玉、5四桂と跳んで4四角でなんとかならんか。人 ... » more

遠見の角竜王戦挑戦者決定三番勝負の7
いゃーなんともこれは・・・。決まりという控え室でしたが、大いにもつれてきました。時間がないから終局は間近でしょうが、とにかく長い。馬取りだから、しかし6六桂はどうなのか。角筋を止めてしまうが・・・。4三玉には6四馬な ... » more

4六歩を取ると3四歩があるということですか。で銀引きですが、先手も手駒不足なので馬を作るのはの一手のようです。このあと歩でも垂らしていくわけですか。1三歩も遅いようですが、駒を取っていく手ではあります。1三歩からと金を作 ... » more

遠見の角竜王戦挑戦者決定三番勝負の5
先手が巧妙に立ち回って優位を築いているというのが控え室の評判のようです。鹿に後手陣営は上には厚いが背後はすかすかの状態ですから、角を取って打ち込めば後手にとっては脅威でしよう。先手は角つきですから飛車を打ち込まれてもただちに金取りに ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 06:43

「竜王戦」のブログ関連商品

» 「竜王戦」のブログレビュー をもっと探す

「竜王戦」ブログのユーザランキング

haru日記 1 位.
haru日記

テーマのトップに戻る