誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ニーチェ

ニーチェ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ニーチェ」のブログを一覧表示!「ニーチェ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ニーチェ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ニーチェ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

かつてはこれこそ真実だと思っていたものが、今では間違いだったと思う。かつてはこれこそが自分の変わらぬ信条だとしていたものが、今では少しちがうと思う。それを、自分は若かったとか、浅かったとか、世間知らずだったと断じて葬らないほうがいい。な ... » more
テーマ ニーチェ

自分についてごまかしたり、自分に嘘をついたりしてやりすごすべきではない。自分に対してはいつも誠実であり、自分がいったいどういう人間なのか、どういう心の癖があり、どういう考え方や反応をするのか、よく知っておくべきだ。なぜなら、自分をよ ... » more
テーマ ニーチェ

多くの本を読んでも、自分のやり方や方法がわからない。これは当然のことで、他人のやり方が自分に合わないのは不思議なことではない。問題はまず、自分の「なぜ」がちっともわかっていないということにある。自分がなぜそれをやりたいのか、なぜそれを望 ... » more
テーマ ニーチェ

勘違いしてはならない。自制心という言葉を知っているだけで、なにがしか自制できているわけではない。自制は、自分が現実に行うそのもののことだ。一日に一つ、何か小さいことを断念する。最低でもそのくらいのことが容易にできないと、自制心があるとい ... » more
テーマ ニーチェ

自己表現とは自分の力を表すことである。その方法を大きく分けると、次の三つになる。贈る。あざける。破壊する。相手に愛やいつくしみを贈るのも、自分の力の表現だ。相手をけなし、いじめ、だめにしてしまうのも、自分の力の表現だ ... » more
テーマ ニーチェ

自己嫌悪におちいったとき、何もかも面倒でいやになったとき、何をしてもくたびれて仕方がないとき、元気を取り戻すためには何をすべきだろう。リラックス療法?、ビタミン剤?、旅行?。そんなことよりも、食事をして休んでからたっぷり眠るのが ... » more
テーマ ニーチェ

仕事を終えて、じっくりと反省する。一日が終わって、その一日を振り返って反省する。すると、自分や他人のアラが目について、ついにはウツになる。自分のだめさにも怒りを感じてしまう。たいていは、不快で暗い結果にたどりつく。なぜかとい ... » more
テーマ ニーチェ

西郷隆盛民族の神 ―ニーチェ―
言うまでもないことだが、ある民族が滅びるとき、未来への信仰や自由への希望が永久に失われて行くのを感ずるとき、そして隷属が第一の利益として、隷属者の徳が自己保存の条件として、民族の意識に昇るようなとき、そういうときには、民族の神も変質しないわ ... » more

自分はたいしたことがない人間だなんて思ってはならない。それは、自分の行動や考え方をがんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。そうではなく、最初に自分を尊敬することから始めよう。まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、 ... » more
テーマ ニーチェ

西郷隆盛ニーチェとユダヤ人
有名な「神は死んだ、われわれが殺したのだ」といったニーチェが、近代西欧において歴史的役割を終えたと見たキリスト教に変わる新たな価値の創造を目指し、狂気の淵に沈んだのが、一八八九年正月のこと。彼はその直前、『偶像の黄昏』『アン ... » more

西郷隆盛ニーチェ 神になった悲劇人
ニーチェ 神になった悲劇人 ブクログ・パブーに今年唯一の論考『ニーチェ神になった悲劇人』を公開したのでお知らせいたします。 http://p.booklog.jp/book/93502 西洋哲学について門外漢の私が ... » more
テーマ 保守 西尾幹二 ニーチェ

ジッド・ツルゲーネフ・ニーチェ・三島再読―文学・哲学・社会学は営業力につながるか害になるか【中】 [第229回]会社と営業の話(57)‐2(四)ツルゲーネフ『はつ恋』『父と子』昔、1974年だったと思うが、梶原一騎という怖そうなおっさんが「原作」の『愛と誠』という漫画があった。その登場人物に、新宿の花園高校という不良高校で、唯一 ... » more

See You Again !!232
「悩みの小箱から脱出せよ」悩む人というのはいつも閉じ籠もっている。従来の考え方と感情が浮遊している狭くて小さな箱の中に閉じ籠もっている。その箱から出ることすら思いつかない。その悩みの小箱に詰まっているのはみな古いものばかりだ ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!231
「行動は決して自由ではない」人は何をするにも自由であるはずなのに、その行動はいつも決まって何かに緩く、あるいはきつく足元を縛られている。たとえば、勇んだ行為や大胆な行為の底には虚栄心がある。ふだんの行為の底には癖になりつつある習 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!224
「喧噪が慰めになるとき」繊細すぎるために孤独の深みに座っている者にとっては、遠くから響く巷の人声や喧騒は決して煩わしいものではない。むしろ、それらはささやかななぐさめの一つにすらなるのだ。 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!221
「固くも柔らかくも生きる」いつも冷静で理性的であろうとするな。肩がこるし、窮屈だ。理性的に考え、よく計算して合理的に、かつ効率的な行動だけをしようとすればどうなるか。なんだかいろいろ重くなってくて、だんだん自分がしんどくなっ ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!216
「自分を取り戻す方法」周囲の雑音、真偽のわからない意見にふりまわされず、自分を取り戻し、さらには物事がより鮮明に見えてくる方法を教えよう。それは、自分の精神を自由にしてやることだ。そのためには、反応的な感情、情の動き、衝動、 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!213
「自分の豊かさに気づけ」残念ながら、多くの人は知らなさすぎる。自分が溢れるほど豊かだということを。何にだってなれる。何だってできる。言葉のあやではなく、まったくそのとおりの意味で、現実として。なれない、この状況ではな ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!212
「自分の心の奥にライバルを持て」自分の心の奥にライバルを持っておくように。自分のライバルが誰であるか、人には秘密にしておくように。そのライバルがいるからこそ、闘う力が湧く。緊張が保てる。自分を鍛え続けられる。自分の位 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!211
「ストイックでなければ跳べない」自分の道を見出し、孤独に、しかし力強く進み、誰も及ばぬ遠くにまで飛翔し続ける人を見てみたまえ。彼は多くの人々とはまったくちがう。細々としたものを引きずってはいない。異様なほどにストイックだ。 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!209
「好意は小さな花々」ふだんの生活の中で人にとって必要なものは好意である。好意的な眼差し、握手などのふれあい、気立てのよいつきあい。好意に溢れた話題やしゃべり方。それらは確実にわたしたちの気分をよくし、多くのものを包み、信頼関 ... » more
テーマ ニーチェ

See You Again !!202
「道徳は内側から湧く」道徳というものは、わたしたちに「これこれすべきである」と命じる。その命令口調はわたしたちの気分を害する。それどころか、反抗心さえ抱かせる。上から頭ごなしに強制されているような圧力を感じるからだ。では ... » more
テーマ ニーチェ

間違った選択をしたと 考えるカミキリムシ(ラミーカミキリ)その時は他にしようがないと思ってした選択が間違った選択だったとだいぶ後になって気付いた時、そういう時には、後になってからでも、先の選択決定を改めた方がよい。---そう考えて自分にそうい ... » more
テーマ ノルウェーの森 ニーチェ 村上春樹

ヘンリー・パーセル(Henry Purcell)の紹介2  パーセルで二番目に紹介するのはこれ。ピナ・バウシュの《Café Müller》の意味もこの曲から考えるべきではないかと思う。これにデリダの「すべての他者はまったき他者だ」という命題を付加すると、古い神は死 ... » more
テーマ ピナ・バウシュ ニーチェ パーセル

《ノルウェーの幻想》--1.Fandango 「ノルウェーの幻想」というか、"fantaisie norvésienne" をあてもなくまとめてみようというシリーズ。村上春樹の『〜の森』を源にしている、と言っておこう。---実際には、スペイン風の舞曲やら勧進帳やら、あ ... » more

フリードリッヒ・ニーチェ作曲、ルー・ザロメ作詞の《生への讃歌》(Hymnus an das Leben)の、楽譜上の文字テキストを起したものと、その拙訳を紹介します。併せて参考に、ルー・ザロメの《生への祈り》(Lebensgebet)の ... » more
テーマ 生への讃歌 ルー・ザロメ ニーチェ

《初夏の野の草の色》 いつもの市原の野。しばらく行ってなかったが。地下では水争いがあるらしく最初に負けるのはいつもよもぎ昔はこんなに地面が乾くこともなかったように思うが巻くものは巻き渇くものは渇き咲くも ... » more

昨日の夜から喉風邪を引いて、何もまともに考えることが出来ない。単純作業として、ニーチェの『ヴァーグナーの場合』(原佑訳、ちくま学芸文庫)からの抜き書き、他。(注、ニーチェがここで語っているのは、ヴァグナーの音楽ではなく、ビゼーのカル ... » more
テーマ ニーチェ資料 ビゼー ニーチェ

ニーチェの『ヴァーグナーの場合』(原佑訳、ちくま学芸文庫)からの抜き書き、他。>私は昨日---あなたは信用なさるでしょうか?----ビゼーの傑作を聞いたが、これで二十回目である。私はまたもや穏やかに心を傾けて持ちこたえた、私はま ... » more

ニーチェのこの近代の本質の捉え方は重要だ。とりわけわれわれがこの克服のためにどのような方途を取りうるのかを考えるために。無差異的な自然回帰などではないのだ。>--- しかし、バイロイトの連中のそれのごときそうした虚偽は、今日では ... » more

 

最終更新日: 2018/02/13 16:29

「ニーチェ」のブログ関連商品

» 「ニーチェ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る