誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ニーチェ

ニーチェ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ニーチェ」のブログを一覧表示!「ニーチェ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ニーチェ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ニーチェ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

自分の職業に専念することは、よけいな事柄を考えないようにさせてくれるものだ。その意味で、職業を持っていることは、一つの大きな恵みとなる。人生や生活上の憂いに襲われたとき、慣れた職業に没頭することによって、現実問題がもたらす圧迫や心配事か ... » more
テーマ ニーチェ

脱皮しない蛇は破滅する。人間もまったく同じだ。古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう。常に新しく生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくては ... » more
テーマ ニーチェ

多くの人々を納得させたり、彼らになんらかの効果を及ぼしたいのなら、物事を断言すればいい。自分の意見の正当性を、あれやこれや論じてもだめだ。そういうことをすると、かえって多くの人々は不信を抱くようになるのだ。自分の意見を通したいなら、 ... » more
テーマ ニーチェ

今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ。---Discover--- ... » more
テーマ ニーチェ

人生はそれほどよいものではない。夕方に死が訪れても何の不思議もない。だから、私たちが何かをなすチャンスは、いつも今この瞬間にしかないのだ。そして、その限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり、何かをきっぱりと捨てなくてはならな ... » more
テーマ ニーチェ

知らない土地で漫然と工程を消化することだけが旅行だと考える人がいる。買い物だけをして帰ってくるのが旅行だと思っている人もいる。旅行先のエキゾチックさを眺めるのをおもしろがる旅行者もいる。旅行先での出会いや体験を楽しみにする旅行者もいる。 ... » more
テーマ ニーチェ

同じ物を相手にしていても、ある人は一つか二つくらいのことしか、そこから汲み出すことができない。このことはふつう、能力の差だと思われている。しかし実は人は、その物から何かを汲み出しているのではなく、自分の中から汲み出しているのだ。その物に ... » more
テーマ ニーチェ

できるだけ多くの友人を欲しがり、知り合っただけで友人と認め、いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かないのは、自分が危険な状態になっているという証拠だ。本当の友人を探すために、誰かを求める。自分をもっと相手にしてほしいから、友人を求める。 ... » more
テーマ ニーチェ

どれほど良いことに見えても、「〜のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。誰々のためにであろうとも、何々のためにであろうとも、それが失敗したと思えるときには相手、もしくは事情や何かのせいにする心が生まれるし、うまくいったと思えるときには ... » more
テーマ ニーチェ

この世の中に生まれる悪の四分の三は、恐怖心から起きている。恐怖心を持っているから、体験したことのある多くの事柄について、なおまだ苦しんでいるのだ。それどころか、まだ体験していないことについてすら恐れ苦しんでいる。しかし、恐怖心の正体 ... » more
テーマ ニーチェ

自分がどういうものであるか理解したい人は、次のような問いを自分自身に向け、真摯に答えてみればいい。これまで自分が真実に愛したものは何であったのか?自分の魂を高みに上げたものが何であったのか?何が自分の心を満たし喜ばせたのか?これまで ... » more
テーマ ニーチェ

物事はいかようにも解釈できる。良い物事、悪い物事が初めからあるのではない。良いことをするのも悪いことをするのも、役立つとか役立たないとか、素晴らしいとか醜悪だとか、いかようであろうとも、解釈するのは結局は自分なのだ。しかし、どう解釈 ... » more
テーマ ニーチェ

おおかたの人間は、自分に甘く、他人に厳しい。どうしてそうなるのかというと、自分を見るときにはあまりにも近くの距離から自分を見ているからだ。そして、他人を見るときは、あまりにも遠くの距離から輪郭をぼんやりと見ているからなのだ。この ... » more
テーマ ニーチェ

かつてはこれこそ真実だと思っていたものが、今では間違いだったと思う。かつてはこれこそが自分の変わらぬ信条だとしていたものが、今では少しちがうと思う。それを、自分は若かったとか、浅かったとか、世間知らずだったと断じて葬らないほうがいい。な ... » more
テーマ ニーチェ

自分についてごまかしたり、自分に嘘をついたりしてやりすごすべきではない。自分に対してはいつも誠実であり、自分がいったいどういう人間なのか、どういう心の癖があり、どういう考え方や反応をするのか、よく知っておくべきだ。なぜなら、自分をよ ... » more
テーマ ニーチェ

多くの本を読んでも、自分のやり方や方法がわからない。これは当然のことで、他人のやり方が自分に合わないのは不思議なことではない。問題はまず、自分の「なぜ」がちっともわかっていないということにある。自分がなぜそれをやりたいのか、なぜそれを望 ... » more
テーマ ニーチェ

勘違いしてはならない。自制心という言葉を知っているだけで、なにがしか自制できているわけではない。自制は、自分が現実に行うそのもののことだ。一日に一つ、何か小さいことを断念する。最低でもそのくらいのことが容易にできないと、自制心があるとい ... » more
テーマ ニーチェ

自己表現とは自分の力を表すことである。その方法を大きく分けると、次の三つになる。贈る。あざける。破壊する。相手に愛やいつくしみを贈るのも、自分の力の表現だ。相手をけなし、いじめ、だめにしてしまうのも、自分の力の表現だ ... » more
テーマ ニーチェ

自己嫌悪におちいったとき、何もかも面倒でいやになったとき、何をしてもくたびれて仕方がないとき、元気を取り戻すためには何をすべきだろう。リラックス療法?、ビタミン剤?、旅行?。そんなことよりも、食事をして休んでからたっぷり眠るのが ... » more
テーマ ニーチェ

仕事を終えて、じっくりと反省する。一日が終わって、その一日を振り返って反省する。すると、自分や他人のアラが目について、ついにはウツになる。自分のだめさにも怒りを感じてしまう。たいていは、不快で暗い結果にたどりつく。なぜかとい ... » more
テーマ ニーチェ

西郷隆盛民族の神 ―ニーチェ―
言うまでもないことだが、ある民族が滅びるとき、未来への信仰や自由への希望が永久に失われて行くのを感ずるとき、そして隷属が第一の利益として、隷属者の徳が自己保存の条件として、民族の意識に昇るようなとき、そういうときには、民族の神も変質しないわ ... » more

自分はたいしたことがない人間だなんて思ってはならない。それは、自分の行動や考え方をがんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。そうではなく、最初に自分を尊敬することから始めよう。まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、 ... » more
テーマ ニーチェ

西郷隆盛ニーチェとユダヤ人
有名な「神は死んだ、われわれが殺したのだ」といったニーチェが、近代西欧において歴史的役割を終えたと見たキリスト教に変わる新たな価値の創造を目指し、狂気の淵に沈んだのが、一八八九年正月のこと。彼はその直前、『偶像の黄昏』『アン ... » more

《ニーチェから賢治へ---献身と計算》レジュメ退任特別講義「哲学の時」2015年3月21日京都造形芸術大学人間館NA412第一部:ニーチェの語る「神は死んだ」という不思議な事件1.ニーチェはそれをどう語っ ... » more
テーマ 退任記念講義資料 宮沢賢治 ニーチェ

○Zar,IV, Der hässlichste Mensch(『ツァラトゥストラ』IV、「最も醜い人間」> Aber er musste sterben: er sah mit Augen, welche Al ... » more
テーマ 退任記念講義資料 神の死 ニーチェ

《ニーチェから賢治へ 資料3 ---間奏曲:ポトラッチ》 文化人類学事典はポトラッチ(potlatch)についてその通常の意味を次の様に説明している。>通常“ポトラッチ”は客たちへの大量の財の贈与、主催者の集団に伝わる紋章や特権(歌、踊り、神話、名前、仮面、彫刻など)の ... » more
テーマ ポトラッチ 退任記念講義資料 ニーチェ

《ニーチェから賢治へ 資料2 ---ニーチェとルーの聖なる遊び:生への献身》 ◇ところでニーチェが遺した彼の考案になる聖なる遊びは何だったのだろう?文章においても、そうしたものを幾つか上げることができるが、彼が作曲した《生への讃歌》(Hymnus an das Leben)はその最上のものの一つと ... » more
テーマ 退任記念講義資料 ルー・ザロメ ニーチェ

《ニーチェから賢治へ 資料1補足「余談」 ---神の死:危険な開口部が生れた》 余談◇ところで神が死んだとはどういう出来事で、またどういう状態のなのだろうか。このことがはっきりと理解されないならば、先述した、>どのような償いの祝祭を、どのような神聖な遊びをおれたちは発明しなければなら ... » more
テーマ 退任記念講義資料 伊東静雄 ニーチェ

《ニーチェから賢治へ 資料1 ---時代と課題》 ○山中智恵子『みずかありなむ』「会明」>膚(はだへ)立つ杉の深処(ふかど)に神をみず金山毘古(かなやまびこ)は嘔吐(たぐり)の神ぞ○2015年度「藝術学舎」プロフィール>130年ほど前、ある哲学者は「どの ... » more
テーマ 退任記念講義資料 時代と課題 ニーチェ

《半歩先、一歩先、もっと先》 世の中、半歩先のことを言う人は感心され、尊敬される。半歩先を言うためには、すでに言われていることを器用にアレンジするだけでよいのだ。だがほんとうに一歩先のことを言うと排斥され、侮蔑され、石を投げられる。真実には必ず本質的に耳に痛いことが ... » more
テーマ 神の死 ニーチェ 哲学

 

最終更新日: 2016/11/22 06:20

「ニーチェ」のブログ関連商品

» 「ニーチェ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る