誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山岳

山岳

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山岳」のブログを一覧表示!「山岳」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山岳」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山岳」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

雪の大谷紀行(27)高原バスの車窓からE 雪の大谷紀行(27)高原バスの車窓からEこの「高原バスの車窓から」というタイトルのB,Cに載せた山と、画面は同じ山ですね。螺旋状に山を昇りながら、撮っているので、一周する毎に、同じ山を見ることになります。こんなに何度も見える山となると、名前 ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

中京桜紀行(54)高い位置から白山? 中京桜紀行(54)高い位置から白山?この淡墨桜は小高い岡(斜面?)にあるので、バスの待つ駐車場に戻る途中、渋滞するバスの中で気をまぎらわせてくれた白山?らしい山がよく眺められる場所があります。今度は、バスのガラス越しでなく、直接撮影出来るの ... » more
テーマ 福井県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(26)「雪の大谷」序章 雪の大谷紀行(26)「雪の大谷」序章高原バスがスタートした頃は、ただの雪道だったのが、次第に高度が上がるにつれて、道路脇に積み上げられた雪も高くなってゆきます。なるほど、「雪の大谷」とは、こういうことか!と実感が湧いてきます。この山道が除雪 ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(25)高原バスの車窓からD 雪の大谷紀行(25)高原バスの車窓からDこの、車窓からの撮影は、座席に座ったままで楽しめるので楽ちんですが、窓ガラスの反射で、車内の影が写ってしまう、という煩わしさがあります。カメラを窓ガラスに密着させると、いくらか改善されますが、バスが揺 ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(24)高原バスの車窓からC 雪の大谷紀行(24)高原バスの車窓からC前掲「B」でご覧頂いた山が、今度は、さらにズームアップして現われました。なお、このアルペンルートで乗り換える乗り物は6種類ですが、そのうち4種はトンネル内の移動になるので何も見えません。観光を楽しめる ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(23)高原バスの車窓からB 雪の大谷紀行(23)高原バスの車窓からBこの高原バスの車窓観光の面白いところは、ヘアピンカーブが多いので、目の前に、突然、白銀の山頂が顔を出したり、それがアッという間に後方に消えてしまったり、諦めていたら、また目の前に顔を出したり、という、 ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(22)称名滝 雪の大谷紀行(22)称名滝この滝は、落差350mで日本一の落差を誇ります。高原バスは、右にカーブする寸前で、ちょっとだけ停めてくれるので、バス正面から滝を見ることが出来ます(バスから降りることはダメ)。05年10月に、ぼくは、今回の逆のコー ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(21)高原バスの車窓からA  雪の大谷紀行(21)高原バスの車窓からA前述のアルペンルートの中で、美女平から室堂に移動する約50分の高原バスは、雪景色の中を上へ、上へと登る、なかなか楽しめる道中です。座席分の人数しか乗せませんから、全員座れますし、山道を螺旋状に登るため ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(20)立山黒部地図 雪の大谷紀行(20)立山黒部地図画面は、前述のアルペンルートの入口である立山ケーブルに掲示してあった富山県の地図です。(中央よりやや右に「現在地」とあるのがそれ)2日目の行程は、上記現在地から右に移動し、長野県側の扇沢で専用バスと合流して完 ... » more
テーマ 富山県 山岳 旅行

中京桜紀行(46)白山? 中京桜紀行(46)白山?さて、犬山城を見終るまでは順調な旅でしたが、次の目的地・根尾谷の淡墨桜に向かう、直線にして約40kmの途中から、大渋滞に遭遇することになりました。「花見シーズンに日本の桜名所に行く時は大渋滞を覚悟しなければいけない」 ... » more
テーマ 岐阜県 山岳 旅行

丹沢山麓日誌(111)今朝の富士山 丹沢山麓日誌(111)今朝の富士山昨日4月26日は、大変強い風が吹きました。その結果、上空の細かい塵や水分も吹き飛ばされたのか、朝の富士山は、この季節には珍しく輪郭がハッキリと見えました。山腹に積った雪もまだ溶けてなくて、冬の雪化粧をそのま ... » more

雪の大谷紀行(6)飛騨高山 雪の大谷紀行(6)飛騨高山「飛騨高山」とまとめて呼ぶ呼称もありますが、飛騨市と高山市は、今では、それぞれ独立した市です。平湯バスターミルのある場所は、岐阜県高山市にあり、この市は、2005年2月に、周辺9町村を編入、または合併して生まれた、 ... » more
テーマ 岐阜県 山岳 旅行

アラ古希日記雪の大谷紀行(5)山B
雪の大谷紀行(5)山B 雪の大谷紀行(5)山Bこちらも、平湯のドライブインからの眺めですが、尖った、形の良い山が見えます。平湯から北の方向には、槍ヶ岳3,180mや、奥穂高岳3,190mがあるはずですが、画面の山も、雪の白さから考えて、かなり高い山のようです。山は ... » more
テーマ 岐阜県 山岳 旅行

アラ古希日記雪の大谷紀行(4)山A
雪の大谷紀行(4)山A 雪の大谷紀行(4)山A平湯のバスターミルは「アルプス街道」と称するだけあって、山の眺めの良い場所で、雪の残る山々が四方に見えます。方角がよく分りませんが、この地点の南には、乗鞍岳3,026mがあるし、乗鞍スカイラインも走っているはずです。前 ... » more
テーマ 岐阜県 山岳 旅行

雪の大谷紀行(2)八ヶ岳? 雪の大谷紀行(2)八ヶ岳?1日目の予定は、世界遺産・白川郷(岐阜県)の観光のみで、その後は、富山市街のAPAホテルに泊るだけです。2日目はかなりの強行軍をしなければならないので、今日は、あまり疲れない日程になっています。このツアー料金20, ... » more
テーマ 自然 山岳 旅行

雪の大谷紀行(1)南アルプスA 雪の大谷紀行(1)南アルプスA4月19日朝7時前に家を出発、本厚木から「立山黒部アルペンルート・雪の大谷・白川郷」1泊2日のバスツアーに出かけました。白川郷には07年2月に、立山黒部には05年10月に行きましたが、今回は「雪の大谷」が主目的 ... » more
テーマ 自然 山岳 旅行

丹沢山麓日誌(86)桜越し富士山  丹沢山麓日誌(86)桜越し富士山春は霞がかかったような空気のことが多く、富士山の撮影に適した日が、なかなか訪れません。画面は、4月10日の午前中、いくらか空気が澄んでいる時に、うちのベランダから撮ったものです。ちょうど満開のソメイヨシノ越し ... » more

新潟・冬紀行(76)湯沢 新潟・冬紀行(76)湯沢「旅ナビ」オフ会参加の皆さんと過ごした新潟での2日間の日程を終え、予定通りの新幹線に乗りました。指定席を買うかどうか迷いましたが、始発なので、自由席でも座れました。しかし、その後の駅からは家族連れスキー客などが沢山乗 ... » more
テーマ 新潟 山岳 旅行

中京桜紀行(1)富士川SA  中京桜紀行(1)富士川SA4月4日から5日にかけて、1泊2日で中京地方の桜名所を巡るバスツアーに参加しました。4日の朝8:20に本厚木出発。参加者は平塚から参加の人も含めて48人。バスは満席で、添乗員は補助席という窮屈な旅です。バスは本厚木 ... » more
テーマ 名古屋 山岳 旅行

丹沢山麓日誌(74)秦野市街 丹沢山麓日誌(74)秦野市街4月2日、県立戸川公園に行った帰り道、県立弘法山公園の一画である浅間山に行きました。天気が良かったので、浅間山のビューポイントから、秦野市街と富士山をセットにした写真を撮りたかったのです。雲も少し出ていたし、空気 ... » more

丹沢山麓日誌(71)三の塔に雪 丹沢山麓日誌(71)三の塔に雪丹沢の山々に雪が積るのは、普通は2月、3月の寒い日ですが、今年は少し寒暖のリズムが変調で、4月に入ってから、冷え込み、三の塔1,205m付近が、雪で白く輝いています。画面は運動公園から撮ったものです。画面の下の ... » more

函館紀行(18)函館山全景 函館紀行(18)函館山全景今度は気分を変えて、函館山の全景を撮ってみました。近くから眺めるのと違って、意外に台形のような形をしていますね。ロープウエイで昇って夜景を眺めたのは、向かって右側の方です。そして、向かって左側の山の向こう側には「ト ... » more
テーマ 北海道 山岳 旅行

函館紀行(17)松前半島 函館紀行(17)松前半島前掲の画面で、「津軽海峡の向こうに、幽かに見える白銀の山々」の部分を拡大して少し画像処理すると、もう少しハッキリ見えてきます。この山並みは、北海道の松前半島(または「渡島半島南西部」という呼び方もある)のものと思われ ... » more
テーマ 北海道 山岳 旅行

函館紀行(16)函館山方向の眺望 函館紀行(16)函館山方向の眺望トラピスチヌス修道院は小高い斜面に建っているので、院内には入れなくても、庭からの見晴らしは良好です。カメラは、今朝出発した函館山方向にレンズを向けています。画面の右に、函館山の左半分が見えますし、山の左に広が ... » more
テーマ 北海道 山岳 旅行

松島・蔵王紀行(48)地上から蔵王 松島・蔵王紀行(48)地上から蔵王駐車場で月山を撮影し、ほぼ180度体を回すと、先刻まで頂上付近に滞在した蔵王が近くに見えます。「丹沢」が山塊の総称であるのと同じく、蔵王も「蔵王山塊」の総称で、その中で最も高いのは「熊野岳」で1,841mで ... » more
テーマ 山形県 山岳 旅行

松島・蔵王紀行(47)地上から月山 松島・蔵王紀行(47)地上から月山冷めた天麩羅でも、なんとか食べ終わって、駐車場の回りをブラブラ歩きました。ここは、見晴らしの良い場所で、ロープウエイ山頂でさんざん悩んだ月山も見えます。高い所から観た姿とは少し違いますが、今度は、添乗員に「 ... » more
テーマ 山形県 自然 山岳

新潟・冬紀行(47)五頭山など  新潟・冬紀行(47)五頭山など視線を瓢湖の水鳥たちより少し上に向けて観ると、うっすらと雪化粧した山並みが見えます。五頭山912mや菱ヶ岳972m、松平山954mなど500m級の山々が連なっています。ぼくの住む秦野からも丹沢の山並みが見えます ... » more
テーマ 新潟県 山岳 旅行

松島・蔵王紀行(45)やっぱり月山 松島・蔵王紀行(45)やっぱり月山再集合時刻が迫ったので、下りのロープウエイに乗り込みました。ぼくの背後の乗客が「あれが月山(ガッサン)だ」と言っている声が聞こえてきました。「やったぁ!やっぱり、あれが月山だ」と、先刻から胸につかえていた疑 ... » more
テーマ 山形県 山岳 旅行

松島・蔵王紀行(44)道標 ロープウエイ山頂駅の外には、画面のような道標が立っていて、スキーやスノーボードを持った人たちが、思い思いに歩き回っています。ぼくの場合は、団体バスに再集合する時刻が迫っているので、付近を散歩する余裕はありません。団体旅行は、安いし、集合時刻 ... » more
テーマ 山形県 山岳 旅行

松島・蔵王紀行(43)マイナス4.2℃  松島・蔵王紀行(43)マイナス4.2℃ロープウエイ山頂駅(地蔵山頂駅)の待合室には外の気温を表示する温度計があり、画面のように「マイナス4.2℃」が表示されていました。比較的温暖な秦野市の自宅で「マイナス4.2℃」を想像すると、それだけで震 ... » more
テーマ 山形県 山岳 旅行

 

最終更新日: 2016/11/22 05:01

「山岳」のブログ関連商品

» 「山岳」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る