誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石川啄木

石川啄木

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石川啄木」のブログを一覧表示!「石川啄木」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石川啄木」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石川啄木」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

手づくり豆本製作途中の豆本
製作途中の豆本 製作中の豆本です。タイトルは「啄木百首」。「一握の砂」歌集の中から、好きな短歌を100首選び出しました。これは本文を接着し、栞ヒモと花切れを付けた段階です。何やら下着姿のようで艶めかしい外観です。これから表紙と合わせて一冊の本に仕上 ... » more
テーマ 一握の砂 まめ本 石川啄木

アラ古希日記1画1言 「姫神山」
1画1言 「姫神山」 姫神山は、東北地方に旅行する度に、気になっていた山ですが、撮影するチヤンスがなかなかありませんでした。2009年12月に、盛岡の雪体験を目的に旅行した2日目に、盛岡駅に向かうバスの車窓から、姫神山を見つけ、数枚撮影できました。この画像は ... » more
テーマ 姫神山 岩手県 石川啄木

八王寺だより啄木忌記念歌会(2)
啄木忌記念歌会(2) (画像をクリックすると拡大します。)選者賞雉三羽我との距離をはかりつつ日向をえらび歩み行きたり田所典子高点賞仕立屋を生業(なりわい)として六十年針持つ腕に増税重し 大原歌子高点賞偕老と言ひつつ先に逝きし夫を呼ばひてみたり夕暮 ... » more

八王寺だより啄木忌記念歌会(1)
啄木忌記念歌会(1) 4月18日短歌結社「日本海」は、長岡市で「啄木忌記念歌会」を開きました。(画面をクリックすると拡大します。)私は恒例の啄木歌曲を2曲歌いました。「ふるさとの」バリトン独唱首藤隆司 ... » more

飛びたいサンマお盆の迎え火
お盆の迎え火 いつ頃からか・・・大切なものが・・なにか・・解かって来た”ような思いでいるが・・・気のせいではない・・・はず!お盆を迎え・・家を失った人たちが・・荒れた墓に手を合わせる”誰もがこんな”理不尽な思いをする・・とは・・・ ... » more

八王寺だより啄木忌記念歌会
啄木忌記念歌会 4月13日は石川啄木が亡くなって101年目の命日でした。短歌結社「日本海」では、4月19日、長岡市で啄木忌記念歌会を開き、啄木を偲びました。そこで私は2曲歌いました。「ふるさとの」「初恋」 ... » more
テーマ 音楽 バリトン独唱 石川啄木

おっぱい発見! 昨日、ハセガワストア巡りのため、歩道を歩いていました。2区が長距離だったので、途中少し休憩して石川啄木さんと戯れました。そのあと、5分ほど歩いたところで…。おっぱい発見!{%顔文字ハートhde ... » more

八王寺だより三条短歌会で「初恋」
13日は石川啄木の101周忌でした。14日の三条短歌会で啄木を偲んで「初恋」を歌いました。 ... » more

散散歩歩。(280)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(46) 東京が日本最大の都会だなと思うところの1つとして、交通網の複雑さがある。10年以上も来たことがない凡にとっては、いろんな線が交差しているので、どの線に乗ったら、どこへ行けるのかが、実感としてつかめない。ほとんど、東京迷子。 ... » more
テーマ 中島みゆき 上野駅13番ホーム 石川啄木  コメント(2)

文学碑探訪「石川啄木:ふるさとの訛」 今年は、薄幸の歌人 石川啄木の没後100年にあたる。1912年(明治45年)4月13日、東京市小石川区久堅町(現東京都文京区)において肺結核のため死去。享年26歳。なお、啄木は、岩手県南岩手郡日戸村(現盛岡市玉山区日戸)において ... » more
テーマ 上野駅 文学碑探訪 石川啄木

原発54基は自民党時代の産物だ。戦後67年も君臨した自民党政権は強大だった。その産物である原発が、その真の姿(凶暴な姿)を現してしまった。そして政治がそれを解決してくれるものと期待したが、何もできなかった。 ... » more
テーマ 自民党 竹原信一 石川啄木  コメント(1)

岩手県の旅:啄木の生地 平成24年5月26日(土)晴れ7時ホテルのロビーで無料の朝食(おにぎり3個他)を食べる。東横インはビジネスホテルだから食堂がなく、フロントのあるロビーを朝食会場に開放している。皆さんそれぞれ観光予定があるため、早く朝食を済ませたいと長蛇 ... » more

死せる歌生活苦なき者
雲おおう借り部屋からの佇まい啄木に罵られし歌人 ... » more

八王寺だより第40回新潟啄木祭
第40回新潟啄木祭 4月22日、長岡市立図書館で第40回新潟啄木祭が開かれました。とんでもない勘違いがありました。「ふるさとの」は平井康三カ作曲、「初恋」は越谷達之助作曲でした。お詫びして訂正いたします。「ふるさとの」「初恋」「たはむれ ... » more
テーマ 文学 バリトン独唱 石川啄木

切手と文学啄木と銀座
啄木と銀座 昨日、4月13日は、石川啄木が亡くなってちょうど100年目にあたる日でした。それにちなんで、啄木の歌碑がデザインされた銀座の朝日ビル内郵便局の風景印を紹介しましょう。啄木は北海道各地を放浪した後、明治41年に上京、朝日新聞編 ... » more

石川啄木記念館に行ってきました 昨日4月13日は歌人・石川啄木の没後100年で101回忌に当たる日。それにあわせて・・・というわけでもないのですが、行ってきました。盛岡市玉山区渋民という私の自宅から比較的近くにありながら行く機会 ... » more

酒と女と借金と 啄木、釧路で奔放な76日間 酒と女と借金と啄木、釧路で奔放な76日間asahi.com2011年10月23日0時53分http://www.asahi.com/travel/news/HOK201110220009.html駅は、出会いと別れ、喜びや悲 ... » more

啄木と札幌(3)啄木が見た札幌の町並み 啄木が見た明治40年当時の札幌の町並みは、ビルが林立する今の光景とはまったく違うものでした。当時の札幌がどのような町だったのか、その一端を垣間見ることができる絵はがきを紹介しましょう。これは、建物の状況から見て、大正 ... » more

啄木と札幌(2)玉蜀黍(とうもろこし)のにおい 昨日(10月3日)、北海道各地で初雪が観測されたそうです。旭川市では平年より20日も早い初雪、これはなんと日本の観測史上で2番目、実に113年ぶりの早さということです。二ヶ月前に帰省した折に旭川にも足を延ばしましたが、その時は30度を超える ... » more

啄木と札幌(1)わずか二週間の滞在 札幌の大通公園と言えば、テレビ塔と噴水、そして屋台の焼きとうもろこしといったイメージでしょうか。夏はビアガーデン、冬には雪祭りのメイン会場となるのも、この大通公園です。札幌市内の高校に通っていた私には、大通公園はちょっとしたデートコ ... » more

切手と文学滝川の啄木歌碑
滝川の啄木歌碑 明治40年(1907年)12月、啄木は10月から勤めていた小樽日報を去ることになりました。その後、友人の斡旋でなんとか釧路新聞の記者として就職が決まり、単身、釧路へ発つことを決意します。明治41年(1908年)1月19日、降りしきる雪の ... » more
テーマ 風景印 空知川 石川啄木

切手と文学啄木と大逆事件
啄木と大逆事件 陸前高田のキャピタルホテルのエコーはがきに、啄木の歌を見つけました。啄木の歌集『一握の砂』に収められた歌が、エコーの左下に配されています。「いのちなき砂のかなしさよさらさらと握れば指のあひだより落つ」 ... » more
テーマ 大逆事件 石川啄木 エコーはがき

マリンスペース手書き!!
手書き!! 12月に入りばったり客足も途絶え『漁』に専念する日々が続いている陽が沈む頃店に戻ればお客さん?(酒ヌマー)が待っていたりするわけで連日入れ替わりのお客さんの対応に居酒屋?マリンスペ ... » more
テーマ 本島東海岸 小島 石川啄木  コメント(1)

昨日は石川啄木著「一握の砂」発刊100周年でした。盛岡グランドホテルで盛大なパーティーが開かれました 今から100年まえ、啄木は初めての歌集を出版しました。今なお時代を超えてその文学的思想的輝きを失わない歌の数々。あらため読み直すと彼の時代を見据えた洞察力が読み取れました。パーティーは、中学生のヴァイオリン演奏で開幕。挨拶の後、 ... » more
テーマ 一握の砂 民俗芸能 石川啄木

切手と文学石川啄木のフレーム切手
石川啄木のフレーム切手 今年は、石川啄木が歌集『一握の砂』を刊行して100年目にあたります。それを記念して、フレーム切手が発行されましたので紹介したいと思います。『一握の砂』は、1910年 (明治43年)に刊行された石川啄木の第一歌集です。このとき ... » more

Tat tvam asi石川啄木
石川啄木 「考えれば ほんとに欲しと 思うこと 有るようで無し 煙管をみがく」 ... » more
テーマ 石川啄木

Tat tvam asi石川啄木
石川啄木 「大という 字を百あまり 砂に書き 死ぬことをやめて 帰り来れり」 ... » more
テーマ 石川啄木

切手と文学啄木と大森浜
啄木と大森浜 今、北海道の実家に帰省しています。東京も猛暑日が続いていますが、北海道も例年になく暑い日が続いています。さて、今日は北海道にちなんで、石川啄木を描いた函館の風景印を紹介しましょう。明治38(1905)年、19歳の啄木は経済的 ... » more

昔々の「啄木歌集」を探し出して・・・ 今月初め、郷里秋田で53年後の中学校同期会が行われ、翌日と翌々日は我が町を巡りました。この時は親友の家にも泊めてもらい、ふるさとのありがたさやさしさをつくづく感じたものでした。その後も何人かの旧友から、楽 ... » more

切手と文学石川啄木と釧路
石川啄木と釧路 1908年1月21日、石川啄木は釧路新聞社の記者として、はじめて釧路を訪れました。釧路郵便局の風景印には、釧路のシンボルとも言える幣舞橋とともに、啄木の歌碑が描かれています。しらしらと氷かがやき千鳥なく釧 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 04:46

「石川啄木」のブログ関連商品

» 「石川啄木」のブログレビュー をもっと探す

「石川啄木」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る