誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書画

書画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「書画」のブログを一覧表示!「書画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「書画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「書画」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「百人一首」から「三行半」まで 筆文字のくずしが見えてくる。…「入門 日本語のくずし字が読める本」 「百人一首」から「三行半」まで 筆文字のくずしが見えてくる。「入門日本語のくずし字が読める本」 角田恵理子著(講談社2,200円)入門日本語のくずし字が読める本講談社 角田 恵理子 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ くずし字 書画 書籍紹介

見応えあった「THE 紫舟 展」〜銀座三越〜 先日、家内と共に新橋演舞場で歌舞伎を観劇した帰りに新装なった銀座三越に立ち寄った。8階ギャラリーで開催中の「THE紫舟 展」を観るためであった。紫舟は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字を手掛けるなど、国内外で活躍する女性書家であ ... » more
テーマ 書画

木作なページ好みとご縁の不思議
好みとご縁の不思議 時々通っている新潟県阿賀町出身の方が「第1回CACA現代アート書展in表参道」http://yousanpo.exblog.jp/に出展しているということで仲間4人と久しぶりに東京へ出かけた。NHKのTVでも有名な岡 ... » more
テーマ 現代アート 書画

榊莫山 〜詩情豊かな詩・書・画一体の世界〜 去る3月30日(月)、東京・日本橋高島屋の6階美術画廊で「榊莫山展」を観て感銘を受けた。その日、日本橋高島屋に出掛けたのは、「東本願寺の至宝展 −両堂再建の歴史−」を鑑賞するためであった。招待券をいただいていたので、最終日のこの日に ... » more
テーマ 書画

私の少年時代を思い起こさせた写真展 『土門拳の昭和』 一昨日は、日本橋三越本店(東京都中央区)の新館7階ギャラリーで“生誕100年記念写真展『土門拳の昭和』”を鑑賞した。先週、同店を訪れた際、次のポスターを目にして懐かしい思いをしたので、散歩かたがた家内と共に出掛けたのである。 ... » more
テーマ 書画

感動!平山郁夫が描いたシルクロードと日本の美 昨日は、日本橋三越本店(東京都中央区)で「平山郁夫と大いなるシルクロード」展を鑑賞し、大いなる感動をいただいた。同展は新館7階ギャラリーで2月3日から昨日まで開催されたが、家内とのスケジュール調整でなんとか最終日に訪れることができたので ... » more
テーマ 感動 書画

昨日から、わが家のリビングには棟方志功の版画が飾られている。弁財天様を彫り込んだ「弁天」である。この作品は昨日、たまに訪れる美術品の常設展示場を歩いていて突然、私の目に飛び込み、即予約をしたものである。“板の命を彫り起こす”版画家・ ... » more

「ユトリロ 版画展」と「開運!なんでも鑑定団」 昨日は東京・新宿へ用事で出掛けたので、伊勢丹本館で開催されている「〜哀愁の古きパリ〜 ユトリロ 版画展」(3月5日(水)〜11日(火))を鑑賞させていただいた。モーリス・ユトリロ(1883年 - 1955年)は、エコール・ド・パリ(パリ ... » more

相田みつを 〜詩と書の世界〜 昨日は、相田みつをの詩と書の世界を訪ねた。訪れたのは、相田みつを美術館(東京都千代田区丸の内3-5-1)である。会場は、東京国際フォーラムのガラス棟地下1階にある。アクセス:JR山手線・地下鉄「有楽町駅」国際フォーラム口から徒歩 ... » more
テーマ 書画

ほのぼのとした“ふるさとの情景”〜原田泰治の世界〜 誰の心にもある ふるさとの情景。「ふるさと」をテーマに、自然の中で慎ましやかに暮らす人びとや農村風景を愛情込めて描き続ける画家、原田泰治(はらだ たいじ)。原田泰治は、幼少期の体験もあり、農業にはとても強い憧憬の念があるのである。 ... » more
テーマ 書画

悠々寛大絵画の鑑賞で優雅なひと時
絵画の鑑賞で優雅なひと時 昨日は、絵画を鑑賞するため東京の青山へと出掛けた。会場は、青山の骨董通りにある、「モーダポリティカ」(東京都港区南青山6-6-21)。そこでは、「VARIOUS STYLES OF PRIVATE EXHIBITIONS 2008」 ... » more
テーマ 書画

magnoria城下町の書画鑑賞会
今日は、お昼から近所の書画をお好きなお宅にご招待いただいて、とても贅沢な時間を過ごすことができました。書画のコレクターの方や郷土史に詳しい方が全部で7名くらい集まって御自身のコレクションを数点づつ持ち寄って、熱心に真贋や歴史や入手のエピソー ... » more

悠々寛大生誕100年 斎藤 清展
生誕100年 斎藤 清展 昨日、東京・新宿の小田急百貨店(新宿本館6階美術特設会場 )で開催されている、「生誕100年 斎藤 清展」を鑑賞させていただいた。斎藤清(1907−1997)は、「会津の冬」などの作品で知られる近代日本を代表する版画家のひとり。会津の風 ... » more
テーマ 書画

東山魁夷の名画とそこに至るプロセスに感動 今日の散歩は「B−3コース」を歩き、所要時間は約1時間30分であった。このコースは歩くだけではなく、途中に読書が入るのである。朝、家を出る。今日は「燃えるごみの日」なので、片手にビニール袋を持っての出発である。収集車の到着に間に合っ ... » more
テーマ 健康 書画

悠々寛大副島種臣 「全心の書」
副島種臣 「全心の書」 明治時代の政治家、副島種臣の書約70点を紹介する「蒼海副島種臣全心の書」展が、6月17日まで東京・世田谷の五島美術館で開かれている。没後100年を経たのを機に昨年、佐賀県立美術館で開かれたのに続く企画だという。会場に一歩入っただけで ... » more
テーマ 書画  コメント(2)

竹紙絵 〜画家・水村喜一郎の描く世界〜 昨日は散歩かたがた主治医の先生を訪ねた。待合室で待機しているとき、書棚から何気なく取り出した本(絵集)を見ていると、ほのぼのとした暖かさを感じ、ついつい見入ってしまった。その本の名は、『旅で出会った風景とこころ水村喜一郎 竹紙絵(ち ... » more
テーマ 書画

棟方志功 〜板の命を彫り起こす板画の世界〜 20世紀の美術を代表する世界的巨匠・棟方志功(むなかた しこう)。棟方は、ゴッホの油絵「ひまわり」に大きな衝撃を受け、「わだば、ゴッホになる」、と画家を志して独学で油絵を学ぶ。その後、詩情溢れる版画と出会う。板の命を彫り起こす板 ... » more
テーマ 書画  コメント(2)

相田みつを 〜心癒される詩と書の世界〜 相田みつをさん(詩人・書家、以下敬称略)の書を見ていると、肩の力がすーと抜けて、心がやすらぎ癒されます。なんの飾り気のない一字一字。だが、それぞれが生命力を持っており、見る者に何かを訴えている。いずれの書も、人間としての生き方に ... » more
テーマ 生き方 感動 書画

悠々寛大深まりゆく秋、芸術を楽しむ
深まりゆく秋、芸術を楽しむ 昨日の午後は、散歩かたがた、東京の上野公園に絵画を見に行った。行った先は、東京都美術館と日本芸術院会館。3日前、わが家に家内宛の葉書が届いた。東京都美術館で開催(11月25日〜本日まで)されている「第29回JAG展」のご招待 ... » more
テーマ 書画

心の書人 婁 正綱 書展 昨日は新宿高島屋10階で催されていた婁正綱(ろうせいこう)の書展を主人と観に行ってきた。婁さんは1966年、中国黒竜江省生まれ。12歳で書の才能を認められ,智力超常児童の認定を受け国家の特別教育を施される。現在、中国を代 ... » more
テーマ 表現 書展 書画

 

最終更新日: 2016/11/22 04:36

「書画」のブログ関連商品

» 「書画」のブログレビュー をもっと探す

「書画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る