誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「暦」のブログを一覧表示!「暦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「暦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「暦」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

作中作『最初の日本人』 二、氏族自慢 二、氏族自慢同年同月同日夜――大伴邸の表座敷。その中ほどに囲炉裏(いろり)がある。北側に主人の大伴咋子(おおとものくいこ)が座り、東側に婿の中臣御食子(なかとみのみけこ)が座っている。咋子について説明しておこう。この男は ... » more

小説『讖緯』  二十八、恵慈の場合(その1) 「さて、モモテさん……」横内はノートとモモテの顔を交互に見ながら話を進める。「『日本書紀』の推古天皇三年(595年)の五月からその翌年の十一月の条にかけては、こんなことが記されています。高麗の僧侶・恵慈が渡来し、厩戸皇子(聖徳太子) ... » more

作中作『最初の日本人』 一、鎌子の誕生 原作:横内正挿画:M.Omoteはじめにかつて日本列島には縄文人が住んでいました。その後、この列島に弥生人が入ってきて、混血化が進みました。そして五、六世紀には、アイヌ人と倭人と琉球人が暮らすようになりました。ですが、そ ... » more

小説『讖緯』  二十七、恵便の場合(その7) 「モモテさん。平原王二十三年(581年)二月には流星が雨のように落ちています。七月には王都に霜が降り、雹が降って、穀物を枯らしています」横内が言う。「こういった天変地異が起きるのは政変の前兆だ、と讖緯思想家なら考えます。そして実際に、政 ... » more

小説『讖緯』  二十六、恵便の場合(その6) 「モモテさん」横内がモモテの顔を見ながら、ゆっくりと言う。『三国史記』と『日本書紀』において讖緯思想にもとづく記述が多くなるのは……国家存亡の危機にある時です」「国家存亡の……?」モモテが首をかしげる。「国家存亡の危機です」横内 ... » more

清久寺山門 おはようございます1月9日月曜日ですお正月気分も抜けておせちとお雑煮からは解放され七草がゆを食べた後は鏡餅攻めにあってる今日この頃ですさて今日は昨年末からこの正月にかけてお寺で起こった出来事について書いてみます{%一言・ ... » more
テーマ オートバイ めんて

小説『讖緯』  二十五、恵便の場合(その5) 同年12月11日午前9時すぎ。横内は持参したフリップをかかげ、「えー、本日は、『三国史記』高句麗本紀・平原王の原文を抜粋してきました。まずは、平原王二年(560年)から同王十三年(571年)までの出来事を、ご覧ください」その ... » more

小説『讖緯』  二十四、恵便の場合(その4) 「虚言が多いですね」モモテが当惑顔で言う。「尋問の際の副使たちの言葉はウソですし、送使の難波の言葉もウソです。何が何だかよく分かりません」「そうですね」横内は眉根を寄せて、うなずく。「よく分かりませんね」「私が今、気になっている ... » more

小説『讖緯』  二十三、恵便の場合(その3) 「先生!」進行役のモモテが身を乗りだす。「殺人事件について詳しく教えてください」「では……」語り手の横内は視線をノートに向け、「『日本書紀』の敏達天皇元年(572年)六月から三年七月までの条を意訳します。えー……相楽の館にい ... » more

先日のクリスマスイブから始まった「 5年前と同じ暦の配列です。 」シリーズ。本日は『 〜 最後の日 〜 』1月6日金曜日の夜まさかあの時の事で最後になるとは・・・・思っても居ませんでした。まだまだ ... » more
テーマ 生活

小説『讖緯』  二十二、恵便の場合(その2) 「はいっ、認めてくださり、ありがとうございます」語り手の横内は微笑んで、「モモテさん。ここで質問です。恵便はいつ頃、なぜ、高麗を離れたんでしょう。そして、倭国のどこを通って播磨にいたったんでしょう」「そんなこと、分かりません!」 ... » more

小説『讖緯』  二十一、恵便の場合(その1) 「モモテさん!そろそろ……」横内はモモテの顔をじっと見て、「鎌足と高麗の僧を取りあげましょうか」「先生」モモテが右手をあげて話を制する。「その前に恵便を取りあげてください」横内は首をかしげて、「恵便……ですか」「恵便 ... » more

小説『讖緯』  二十、徳昌の場合 「さて……」語り手の横内正がハエのように両手をこすりあわせる。「鎌足と高麗の僧の話をしましょうか」「横内先生」進行役のモモテが右手をあげる。「もう少しスパイの話をしてください」「はあ……」「道琳がスパイだったということは、よ ... » more

きくにいのしゃれっけ ブログ黒真珠
黒真珠 どーも2017年1月2日月曜日ですおはようございますいやあけましておめでとうございます昨年に続き今年ものぞきに来ていただきありがとうございますなんとか今年も月曜配信していこうとおもっちょりますよろしくさて今年 ... » more
テーマ 食べ物

ついに年が明けてしまいました。明けましておめでとうございます。本年も毎日更新を目標に内容の無いブログを書き続けるつもりでおります。皆様には、御迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願いします。さて、 ... » more
テーマ 生活

小説『讖緯』  十九、道琳の場合 同年12月4日午前9時半すぎ。「ところで、先生!」進行役のモモテが身を乗りだす。「これまで先生は、高麗の僧侶はただの僧侶ではなかったということを述べておいでです。実は道士で、スパイで、軍人だったということを述べておいでです。今度は、 ... » more

小説『讖緯』  十八、蘇我氏と高麗 「横内先生」進行役のモモテが、ゲストの横内正を見ながら呼びかける。「鎌足と高麗の僧侶について、うかがいたいんですが……」「はい!」横内正は首肯して告げる。「どうぞ」「その前にですね、ひとつ、うかがいたいことが……」「え?」横 ... » more

きくにいのしゃれっけ ブログ2016年〆
2016年〆 おはようございます12月26日月曜日ですいよいよ今年も最後の月曜日を迎えました最後に贈る話は何にしようかと悩んだ末、やはり今年の大山でも台風の目となったこの人の事を知っておいてもらわねば新しい年は迎えられません{%一言・ ... » more

冬至(12月21日) 冬至昼の光が最も短くて、夜の闇が最も長い日これからが光の復活今日はいい節目となりますようにゆず湯に入って、カボチャを食べる冬至にカボチャを食べると風邪をひかないといいますゆずも昨日いた ... » more
テーマ

小説『讖緯』  十七、鎌足と高麗王 「えー、皆さま!」進行役のモモテがカメラに向かって言う。「この辺で、今までの話をふりかえりたいと思います」ここで、ゲストの横内を見て、「先生、よろしいでしょうか」「はあ……はい」横内は、銀色の前髪をゆっくりとかきあげる。モモ ... » more

猪 蛇 鶏 おはようございます12月19日月曜日もう今年の月曜日もあと2回今週は金曜日が祝日で日曜日がクリスマス来週はそれこそ最終週で土曜日で今年がおわっちゃいますねそんな塩梅でまともに1週間フル稼働できそうにありませんが ... » more
テーマ 元気 イベント

小説『讖緯』  十六、大槻の樹の下で 同年同月27日午前9時すぎ。進行役のモモテがカメラに向かって言う。「えー、皆さま。今日は、乙巳の変の発生理由・目的・動機・意義・ネライなどについて考えたいと思います。聞き手は宇宙一の楽語者(らくごしゃ)モモテ。話し手は神奈川県立H高 ... » more

年賀状 まだ何にも! ... » more
テーマ 正月

小説『讖緯』  十五、虎を友とした男 「えー、モモテさん。わたしは、ですね、こう思います」ゲストの横内正が悠長に言う。「藤原不比等が皇極四年六月十二日の条で、もっとも伝えたかったことのひとつは、【韓人が鞍作臣を殺した】ということだった……すなわち、カラヒトが乙巳の変を計画し ... » more

小説『讖緯』  十四、皇極四年六月十二日の条 「正先生――」進行役のモモテが呼びかける。「先生は『日本書紀』の記述について、とりわけ、皇極四年六月十二日の条の記述について、どう思いますか」「どう、と言うのは?」正が首をかしげる。「専門家は『日本書紀』の記述について、さまざま ... » more

小説『讖緯』  十三、多武峰縁起絵巻 同年同月21日午後7時半頃。SCTの第三スタジオでモモテが聞く。「横内正先生。今度は、蘇我入鹿がどこで殺害されたのかということを問題にします」「はい」正はフリップをかかげながら、ゆっくりと告げる。「どうか、犯行現場の図をご覧 ... » more

小説『讖緯』  十二、アスカの起源 同年同月21日午後7時頃。博英が銀髪を撫でながら、おずおずと言う。「えーと……わたしの説は、こうです。5〜6世紀、阿閦(あしゅく)如来を信仰する渡来人たちが真神原を【あしゅくのまかみのはら】と呼んだ……やがて、それを縮 ... » more

小説『讖緯』  十一、真神原 同年同月21日午後6時45分。進行役のモモテがカメラに向かって言う。「えー、次の話題は場所について、すなわち、乙巳の変の舞台になった飛鳥についてでございます。飛鳥の古代史、地名の由来、それから乙巳の変との関わりについて、二人の先 ... » more

小説『讖緯』  十、崇仏・廃仏論争 同年同月21日午後6時半すぎ。進行役のモモテがテレビ・カメラに向かって言う。「えー、本日の最初のテーマは崇仏・廃仏論争。本日のゲストは横内兄弟でございます。左側にいらっしゃるのが、古文を専門としている横内正先生。中央にいらっしゃるの ... » more

小説『讖緯』  九、上宮王家襲撃事件 同年同月20日午前10時すぎ。SCTの第三スタジオでモモテが聞く。「横内先生。倭国では642年から645年にかけて、どんなことが起きましたか」横内は手作りのフリップをかかげながら、ゆっくりと答える。「どうか、これをご覧ください」 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/19 08:43

「暦」のブログ関連商品

» 「暦」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る