誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    民族問題

民族問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「民族問題」のブログを一覧表示!「民族問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「民族問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「民族問題」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「真実」と「和解」という用語とその現実ーー阿部利洋『真実委員会という選択』 阿部利洋『真実委員会という選択ーー紛争後社会の再生のために』、岩波書店、2008年ここのところ「和解」ということをめぐっていろいろ考えたり本を読んだりしている。直接的には、戦後和解ということがきっかけではあったが、その後 ... » more
テーマ 和解 民族問題

北方先住民から日本の近代化を問い直すーーテッサ・モーリス=スズキ『辺境から眺める』 テッサ・モーリス=鈴木、『辺境から眺めるーーアイヌが経験する近代』、大川正彦訳、みすず書房、2000年この6月に日本政府・国会が初めて、アイヌを「先住民」として認めました。このたったの一歩のためでさえ、あまりに長い時間がかか ... » more

「無国籍者」から問い直す国家主権ーーバトラー/スピヴァク『国家を歌うのは誰か?』 ジュディス・バトラー/ガヤトリ・スピヴァク、『国家を歌うのは誰か?ーーグローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属』、竹中和子訳、岩波書店、2008年この本は、アーレントにおける「無国籍」問題を切り口に、理論的には、グローバ ... » more
テーマ パレスチナ/イスラエル 人権 民族問題

植民地主義の二重性:包摂と排除の典型としてーー水野直樹『創氏改名』 水野直樹『創氏改名ーー日本の朝鮮支配の中で』岩波新書、2008年以前に取り上げた、梶山季之「族譜」(『族譜・李朝残影』岩波現代文庫)の背景となる「創氏改名」をあますところなく解説。新書ということもあり(実際には新書の水準を超 ... » more
テーマ 植民地主義 韓国・朝鮮 民族問題

早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだ』に対するいくつかの書評 私の『ユダヤとイスラエルのあいだーー民族/国民のアポリア』(早尾貴紀著、青土社、2008年)に、いくつかの書評をいただきました。ほんとうにありがたいことです。つい最近、細見和之さんが、『インパクション』163号で取り上げてく ... » more
テーマ 書評 パレスチナ/イスラエル 民族問題

北アイルランド紛争から学ぶ、植民地/入植地のもたらすマジョリティ/マイノリティ関係 尹慧瑛『暴力と和解のあいだーー北アイルランド紛争を生きる人びと』法政大学出版局、2007年本書は、これまでの北アイルランド紛争研究に、「ユニオニスト」と呼ばれる特定の政治的立場をとる集団に焦点を当てることで新しい視点を加えよ ... » more

「ユダヤ人」としてのアイデンティティを「国家」思想から引き剥がす思想形成の旅 ルティ・ジョスコヴィッツ『(増補新版)私のなかの「ユダヤ人」』(現代企画室、2007年)この本には、人がどこかの国の「国民」であるとはどういうことかについて書かれてあります。私たちは自分のことを「日本人」だと信じてめったに疑 ... » more
テーマ パレスチナ/イスラエル ユダヤ人/ユダヤ教 民族問題

マイノリティ/移住者/ディアスポラをめぐる総合的討議の記録ーー『ディアスポラと社会変容』 『ディアスポラと社会変容ーーアジア系・アフリカ系移住者と多文化共生の課題』武者小路公秀 監修・浜邦彦・早尾貴紀 編、国際書院、2008年海外からのメイン・パネリストに、ドゥドゥ・ディエン氏やリサ・ロウ氏を招き、国内ディス ... » more
テーマ 植民地主義 ディアスポラ 民族問題

『現代思想 特集 隣の外国人ーー異郷に生きる』/ディアスポラ思想の新展開 『現代思想』(青土社)の2007年6月号の特集は、「隣の外国人ーー異郷に生きる」です。これからいくつか、ディアスポラの思想に関する論集を紹介していきますが、これはその第一弾とも言える画期的な取り組みであったと思います。私 ... » more
テーマ ディアスポラ 雑誌 民族問題

パレスチナ/イスラエルを語る画期的ナラティヴ――『イラン・パペ、パレスチナを語る』 イラン・パペ『イラン・パペ、パレスチナを語る――「民族浄化」から「橋渡しのナラティヴ」へ』(ミーダーン編訳、柘植書房新社、2008年)イスラエルのニューヒストリアンの旗手、イラン・パペによる日本講演集。また、日本語で ... » more
テーマ 歴史 パレスチナ/イスラエル 民族問題

子欲居日記旧チベットの人骨製の笛
事実上、ネット右翼の「活躍」の場になっているので、私にとっては非常にうっとうしいことであるが、Yahoo!ニュースには読者コメント欄が出来ている。もっとも、「うっとうしい」と言っても、中には何らかの参考になるコメントもある。例えば、私が ... » more

とにかく、今回の四川省大地震に際して、国を挙げて、救難活動に取り組んでいる中国に心からの声援の声を送りたいと思う。今回の大地震は確かに、中国人民、しいては世界人類にとっての大悲劇であり、決して喜べるようなことではないが、一頃までニュ ... » more

イスラエル建国60年の思想的意味と「国民/民族」の行方ーー早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだ』 早尾貴紀、『ユダヤとイスラエルのあいだーー民族/国民のアポリア』、青土社、2008年【一言コメント】ちょうどイスラエル建国60年にこの本を出しました。「ユダヤ人国家」とは何なのか、「パレスチナ問題」とは何なのかを ... » more
テーマ 哲学/思想 パレスチナ/イスラエル 民族問題

「「日中共同声明」、何に期待するのか」について報道によると、共産党の志位和夫委員長は8日午後の記者会見で、福田康夫首相と胡錦濤中国国家主席が署名した日中共同声明について「大局で見ると、戦略的互恵関係を明文化したのは歓迎すべきだ」と評価し ... » more
テーマ 中国 民族問題

報道によると、来日中の胡錦濤中国国家主席は7日午後、都内で与野党党首らとそれぞれ会談した。このうち、自民党の伊吹文明幹事長はチベット問題について「民族がお互い共生できる国として、胡主席の指導の下に発展されることを期待している」と述べたという ... » more
テーマ 中国 民族問題

子欲居日記チベット問題関連記事7選
はっきり言って、まだ言い足りないところもあるだろうが、それは筆者の勉強不足という点も否めず、取りあえず、この間、書いたチベット関連記事のうちの「お勧め」を七つ挙げておこうと思う。1.米英諜報機関による支援・扇動:チベット暴動(追記有 ... » more
テーマ 中国 民族問題

27日の信州毎日新聞は、リレー終了後は長野市内で目立った混乱はなく、市の危機警戒本部は同日午後、解散。県警の警備本部は、沿道で起きた傷害事件などの捜査を続けている。と報道している。信州毎日新聞は、「沿道で起きた傷害事件」の具体的内容 ... » more
テーマ 中国 民族問題

26日の時事通信によると、華僑向け通信社、中国新聞社は26日、長野市で同日行われた北京五輪の聖火リレーで、「中国人留学生が国旗を守るため、『チベット独立』派と結託した日本の右翼分子に頭を殴られ、負傷した」と伝えた。という。それによると、 ... » more
テーマ 中国 民族問題

4月25日の時事通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)の選手委員会は24日、チベット問題をめぐり批判の標的とされている北京五輪について、「2001年にIOCが北京を開催地に選んだことは正当であり、開催に向け努力を重ねてきた」などと同 ... » more

23日の毎日新聞によると、フランス外務省は22日、パリ市が21日にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と中国の人権活動家、胡佳氏に名誉市民の称号授与を決定したことに対し「自治体は独立しており、政府は干渉する立場にない」と距離を置く声明 ... » more

22日の毎日新聞によると、フランスのポンスレ上院議長は21日、上海を訪れ、今月7日にパリで行われた北京五輪の聖火リレーでトーチを奪われそうになった車いすの走者、金晶さん(27)と面会し、サルコジ仏大統領の見舞いの手紙を手渡した。という。(以 ... » more

フランスの与党・国民運動連合筋は20日、サルコジ大統領が今週中にラファラン元首相を特使として中国に派遣すると明らかにした。パリでの北京五輪聖火リレー妨害を受けて、中国国内で仏系スーパーへの抗議行動が拡大している事態の沈静化をはかるのが目的と ... » more

パリでの聖火リレー妨害に対する抗議デモが頻発する中国の状況に際し、フランス有名企業による「ダライ・ラマ支援」否定声明が相次いでいる。・カルフール:「大株主がダライ・ラマに寄付」はウソ・ルイ・ヴィトン、ダライ・ラマへの援助を否定! ... » more

20日の毎日新聞によると、米CNNテレビのコメンテーターが中国人を「ごろつき」などと発言し、中国政府が抗議する騒ぎに発展している。ロサンゼルスでは中国系米国人約1500人が19日、CNNの支局前で集会を開き、コメンテーターの解雇を求めた。南 ... » more

【バンコク18日時事】によると、北京五輪の聖火は18日未明(日本時間同日早朝)、インドから特別機でタイの首都バンコクの空軍基地に到着した。聖火リレーは19日午後(日本時間同)、バンコクの中華街から旧国会議事堂前広場までの約10.5キロの区間 ... » more

今日(15日)、Yahoo!ニュースのトピックに「ダライ・ラマ米高官と会談へ」とあったので、その記事を見てみると、訪米中のダライ・ラマは21日に中西部ミシガン州で、ドブリアンスキー国務次官と会談することになったという。しかし、いいこ ... » more

14日の時事通信の報道によると、米紙シアトル・タイムズ(電子版)は13日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が同日、米西部シアトルで行った記者会見で、自身の代理人と中国政府が非公式に交渉していると語ったと報じた。という。 ... » more
テーマ 中国 民族問題

先日、紹介した3日毎日新聞朝刊の「検証チベット暴動」というネット未配信の特集記事では、暴動のきっかけについてのエコノミスト誌記者の報道を紹介していなかったが、Yahoo!ニュースが転載した『COURRiER Japon + hitomedi ... » more
テーマ 中国 民族問題

「中国、いつまで聖火リレーつづけるのか」について「2008年4月11日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでの聖火リレーを守るため、現地で暮らす中国出身の武術指導者が、アルゼンチン人の弟子200人を警備ボランティアとして沿道に配置すると ... » more

IOC・国際五輪委員会のロゲ会長は10日、北京で「北京五輪の聖火リレーの過程で、車椅子のランナーが襲撃を受けた。これは絶対に受け入れられないことだ」と非難した。(続き)9日の聖火リレーで身障者に対する襲撃が行われたフランスでは、北部 ... » more

 

最終更新日: 2018/01/14 11:48

「民族問題」のブログ関連商品

» 「民族問題」のブログレビュー をもっと探す

「民族問題」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る