誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歴史散歩

歴史散歩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歴史散歩」のブログを一覧表示!「歴史散歩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歴史散歩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歴史散歩」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

のんびり歴史散歩プラス奈良井宿
奈良井宿 江戸と京都を結ぶ中山道のうち、信濃〜美濃の木曽地方を通る街道が木曽路と呼ばれていました。木曽路には11の宿場が設けられ、そのうち江戸側から2番目が奈良井宿です。街道に沿って約1キロメートルにわたって家並みが続き、最も ... » more
テーマ 長野 歴史散歩

阿星山 檜林と琵琶湖展望の山 JR草津線沿線の阿星山に登る。麓に旧東海道が通り、古い家並みを歩き展望の良い阿星山とネット等に書いてある。歩いて見ると阿星山の長寿寺コース下から頂上まで、ほとんどが檜林であった。間伐もきれいにされた檜林の中を歩くことが出来た。普通の山は圧倒 ... » more

のんびり歴史散歩プラス諏訪大社
諏訪大社 国内にある最も古い神社の一つ、諏訪大社。信濃国(長野県)の一宮で、全国25,000社ある諏訪神社の総本社です。諏訪湖を挟んで、南に「上社本宮」「上社前宮」、北に「下社秋宮」「下社春宮」の2社4宮からなり、下社秋宮にお ... » more

諏訪原城   武田勝頼の築城 武田勝頼遠州進出の拠点の城だけあって、大変大きな城である。北側と東側は牧の原台地の端で崖になり南と西側が牧の原台地に続く地形になっている。台地の端にあるため、台地側には現在も堀が昔のまま残っており、よくも500年経ても土砂が崩れることなく保 ... » more

のんびり歴史散歩プラス梅宮大社
梅宮大社 梅宮大社は、奈良時代に橘氏の氏神として山城国に創祀され、その後、檀林皇后橘嘉智子が桂川の東岸の現在の地に遷移しました。皇后はここで皇子の誕生を祈願したところ懐妊したことから、子授け・安産の神として尊ばれてきました。また、 ... » more
テーマ 京都 歴史散歩

高天神城 天然の要塞に立つ 戦国時代から末期にかけて武田、徳川が争った高天神城は天然の要塞として名高い。山自体は132Mで城部の周りとの高低差100M、訪れて驚くほど地形的に恵まれている、小笠山系の尾根の先端に位置し、先端部の山域が崖となっており、尾根の先端部に石垣を ... » more

横須賀城 地域の公園 戦国時代末期に隣の高天神城に対抗して徳川家康によって築城された横須賀城、高天神城が落城後は城の存在意義も薄れ、小さな地方に築かれたお城として維新まで残っ。現在は建物は一切なく、城の城郭、敷地等が残り、町の公園として老人のグランドボールの会場 ... » more

歴史散歩 江戸名所図会 河崎万年屋 下は、江戸名所図会の巻之ニ第五冊にある「河崎万年屋」の絵です。河崎万年屋は、六郷の渡し(多摩川の舟渡し)で川崎側に降り東海道を歩き始めてすぐのところにあった茶屋で、上の絵はその賑わいを表しています。河崎万年屋は、江戸時代中期 ... » more
テーマ 江戸名所図会 ウォーキング 歴史散歩

歴史散歩 江戸名所図会 歴史散歩で、江戸名所図会(えどめいしょずえ)の跡を辿ることにしました。江戸名所図会には下の「河崎万年屋」のような絵が多数掲載されています。このブログでは、絵毎に記事を書きます。「江戸名所図会」は、江戸時代後期、斎藤月岑(げっ ... » more
テーマ 江戸名所図会 歴史散歩

御城下三田周辺の寺社 (2) 御城下三田周辺の寺社を、歩いて来ました。(2)は、川除・大原・貴志・福島です。説明板は、クリック・クリックで大きくなります。平成28年2月11日記国道476号に戻って北西に行き、三輪に入 ... » more

御城下 三田周辺の寺社 (1) 御城下 三田周辺の寺社を、めぐって来ました。(1)は、下田中・桑原・高次地区です。説明板は、クリック・クリックで大きくなります。平成28年2月11日神戸電鉄・三田本町駅からスタートです。 ... » more

文京区の牛天神を訪ねて。 2/16 文京区にある牛天神北野神社に梅を訪ねました。飯田橋駅で下車しB1の出口より牛天神に向かいます。方角がわからず電話で確認いたしました。女性宮司さんが出て行き方を教えてくれ一言「気を付けてお越しください」と。きめ細 ... » more

旅は道連れ。湯島天神に梅を訪ねて。
湯島天神に梅を訪ねて。 2/16湯島天満宮に出掛けてきました。平日の日というのに多くの参拝者て゛境内はにぎわっていました。学問の神様・菅原道真公を祭っているため受験シーズンには多くの受験生が合格祈願に訪れます。今日も受験生やその家族 ... » more

御城下三田徘徊記 追補  1月16日& 27日の、御城下三田徘徊での見落し、追補です。平成28年2月11日中央町一番街・二番街です。本町の札場の辻から、車瀬橋を渡って三輪神社への道は、かってはメインストリート ... » more

歴史散歩 金川砂子 並木町 新町 長延寺 下の図は、金川砂子の並木町新町長延寺です。夏の夜や唄ふて来たり並木町笛の音や今宵はたしか並木丁上の金川砂子の図は下の地図の緑色の楕円の辺りです。長延寺の門前の街道の両側の土居(土を盛り上げてある土塁)は、見附 ... » more
テーマ 金川砂子 ウォーキング 歴史散歩

歴史散歩 金川砂子 観福寺 下は、金川砂子の観福寺の図です。竜燈(りゅうとう)の松に一声ほととぎす**観福寺(観福寿寺)は神奈川宿の江戸方入口のほんのわずか江戸側の山側にあります。下は、神奈川地区センターにあるジオラマ写真です。観福寺はこの写真 ... » more
テーマ 金川砂子 ウォーキング 歴史散歩

御城下三田 徘徊記 (最終回) 1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。徘徊記(最終回)は、JR三田駅北方にある、三輪神社と三輪明神窯史跡園・上野の石碑です。説明板は、クリック・クリックで大きくなります。平成28年2月12日記 ... » more

千頭峰城 井伊氏の支城  千頭峰城は南北朝時代に後醍醐天皇の皇子宗良親王を奉じた、井伊直虎の先祖の支城であった。同じ三ケ日にある大福寺の古文書の「瑠璃山年録残編」によると1339年北朝軍の高師兼によって落城した。この一帯は千頭峰の裾野の摩訶耶寺、近くにある瓦塔遺跡と ... » more

歴史散歩 金川砂子 神奈川方角図 下の図は、金川砂子の神奈川方角図です。鳴(啼)*そし**はめてかへる雁一古上の図は、神奈川宿の東側半分を表しています。下にある現在の地図の緑色の楕円で囲った辺りに対応します。旧東海道沿いに、江戸の側の ... » more
テーマ 金川砂子 ウォーキング 歴史散歩

俣野別邸庭園あたり ・・・ ♪ 俣野五郎景久の砦跡であろうと言われている【C地点】。そこは今は横浜市の公園として整備中(一部開園中)の俣野別邸庭園と近隣の一般住宅地となっています。十分に広い駐車場もあり、駐車料金も格安です。不便な場所でもあり、 ... » more
テーマ 俣野五郎 佐奈田与一 歴史散歩

俣野五郎と ・・・ 長尾定景はどこが違うか ♪ 前回の続きなのですが、俣野五郎景久と言えば、俣野の観音堂!と言うことで、早速行ってきました。(前回の記事中の【B地点】です)旧ドリームランド、現在の横浜薬科大を見上げる場所が俣野五郎の砦跡といわれていますが、ほん ... » more
テーマ 長尾定景 俣野五郎 歴史散歩

御城下三田 徘徊記 (5)  1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。徘徊記(5)は、金心寺・天満神社ほかです。平成28年2月9日記三田観光協会さんのマップです。クリック・クリックで大きくなりま ... » more

佐奈田与一を討ったのは誰れ ・・・ ♪ 久しぶりに石橋山を訪ねてみました。相模湾をはさんで 江ノ島鎌倉方向がきれいに望めます。ちなみに、横浜ランドマークタワーも望めます ♪先日、佐奈田与一を討ったのは長尾台の長尾定景!という記事を書きましたが、実は、こ ... » more
テーマ 源頼朝 石橋山 歴史散歩

御城下三田 徘徊記 (4)  1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。徘徊記(4)は、心月院です。平成28年2月6日記三田観光協会さんのマップです。心月院は、左中程になります。クリック・クリ ... » more

歴史散歩 金川砂子 新宿村 金川砂子の新宿村の図です。自ずからりりしく見ゆる足元はこれ?あつらいの伴の旅人(十返舎一九)春風や売り切れて居る道中伝(岱画?)上の図に描かれた範囲は、下の現在の地図の緑色の楕円の辺りです。上の図の大安寺 ... » more
テーマ 金川砂子 ウォーキング 歴史散歩

御城下三田 徘徊記 (3)  1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。徘徊記(3)は、屋敷町徘徊です。平成28年2月4日記三田観光協会さんマップの、三田町・屋敷町部分を拡大し補記したものです。ク ... » more

御城下三田 徘徊記 (2)  1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。徘徊記(2)は、武庫川河畔の三田町徘徊・その2です。平成28年2月2日記三田観光協会さんマップの、三田町・屋敷町部分を拡大し補記 ... » more

シルバー気ままの人生大平城
大平城 井伊直虎の先祖が宗良親王を迎え,遠州の南朝勢力の中心であった三岳城の支城の大平城が、支城の中で最後に落城している。大平城が地形的に他の支城に比べて優位性が優れていることは、城跡を歩いてみるとわかる。航空写真でも理解出来るように、大平城は前は ... » more

てくてくにっき御城下三田 徘徊記 
御城下三田 徘徊記  1月16日と27日の2日間、御城下三田を徘徊してきました。御城下三田は、兵庫県の六甲山北側、武庫川流域の三田盆地中心、三田市にある城下町です。読みは「サンダ」で、「ミタ」ではありません。^_^ ... » more

歴史散歩 金川砂子 滝之橋、権現山 下は、金川砂子(かながわすなご)に書かれている、滝之橋と権現山を中心とした神奈川宿の図です。滝之橋は、神奈川宿のほぼ中央にあり、川を挟んで東側(図の手前側)が神奈川町で、西側が青木町です。図では、滝の橋で東海道が左に折れているように見えます ... » more
テーマ 金川砂子 ウォーキング 歴史散歩

 

最終更新日: 2016/11/30 05:53

「歴史散歩」のブログ関連商品

» 「歴史散歩」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る