誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    移住

移住

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「移住」のブログを一覧表示!「移住」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「移住」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「移住」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

大田国際交流週間というのが開催されている。以下のような企画があり3分だけ話すことになっている。http://otakokusaikoryu2008.blog15.fc2.com/blog-category-4.html=== ... » more
テーマ OCNet 移住  トラックバック(1)

PCで昔使っていたメールソフトを開くと、昔書いた文章がいっぱい残っていた。以下はOC10周年の記念パンフに書いた文章。もう6年も前というべきか、たった6年前というべきか。代表を降り、しばらくして、日本語のスタッフも離れてから、ずいぶ ... » more
テーマ 移住

最近、わたしの周りには、出産した人、出産を控える人がたくさんいます。年齢的に、それくらいの友達が多いのかもしれませんが、NZでの友達は、日本と違って同級生の友達はほとんどおらず、年齢は多岐に渡っています。移住してきたNZで、結婚して ... » more

沖縄に住む 昨日、1枚の人事通達が・・・。3/31付け、○○○○依願退職どうしたんだろう?「沖縄に行くらしい」といううわさが・・・。今月も1名依願退職し沖縄で就職をしたのに又沖縄か?2人とも家族揃って沖縄へ・・・。う ... » more

沖縄本に嵌まる 最近、沖縄本に嵌まっています。と云っても良くある観光ガイド的な物ではありません。探せば意外とあるものです、マニアックな本が・・・。昨日から読み出したのは「沖縄独立を夢見た伝説の女傑照屋敏子/高木凛著」です。糸満出 ... » more

先日のブログ(「多文化共生」社会論批判) で、外側だけ紹介した「多文化共生」社会論批判。再度、少しそこから引用===「多文化共生」論はニューカマーの対応としては評価できるが、とした上で以下のように書く。===(それが ... » more

「制裁論を超えて」(新評論)の紹介を某NGOのニュースレターに書く機会をもらって書いた。それについてはまた書くことにして、そこに書けなかったことで、この本の興味深かった部分を以下に。第1章 <植民地主義の克服と「多文化共生」論> ... » more

配置転換になって、本社に戻ったら、某所にぼくのデータがまだ残っていた。それを整理していたら、2003年のOCNetの新スタッフオリエンテーションのために書いたものが出てきた。こんなことを書いていた時期もあったというのを忘れないために、こ ... » more
テーマ 移住  コメント(1)

ニュージーランドは、産休制度や育児休暇がしっかりと浸透しているので、働くお母さんがとても多いです。でも、実家に預けてという感覚はあまりなく、ほとんどの場合は託児所に預けているようです。NZで子供を預ける場合、キンダーガーテン、デ ... » more

今週は、なんと3組ものお客様のアテンドがありました。1組目は日本からの移住のお客様で、就職目的でしたので、万年人手不足のクィーンズタウンをご案内し、弊社が紹介したホテルでの就職が無事決定しました!2組目はやはり日本からの移住 ... » more

以下に掲載する読書メモ、5年位前に自分用に書いたもの。抜書きしただけで、コメントはほとんど書いていない。==以下、転載==外国人とのコミュニケーションJ・V・ネウストプニー岩波新書82年初版91年19刷茂野が絶賛して ... » more
テーマ 読書記録 OCNet 移住

気になったフレーズについてだけ、とりあえずメモ。それは、以下に収録されている。==八 「国民国家」論の功と罪 ――ポスト国民国家の時代に「国境の越え方」を再読する―― == 初出一覧を見ると、西川長夫著の平凡社 ... » more
テーマ 読書記録 移住

ニュージーランドで永住権取得 私は2001年にワーキングホリデーでNZにやってきて、2002年に一度日本に帰国。そして、2003年に再度NZにやってきて、現在の会社に拾ってもらい、今にいたります。2005年。永住権がとても出やすくなる時期があり、NZで仕事が ... » more

つれづれデジカメ日記仲間意識
仲間意識 一緒に老人ホームのカットに通っていたボランティア仲間が、息子さんの都合でブラジルに引っ越す事になった。60代なので日本に残ろうかと随分迷ったらしいが、決心してからの行動は素早かった。出発まで一週間ほどとなった昨夜、グループ4 ... » more

人生二毛作の田舎暮らしブログに挑戦
ブログに挑戦 はじめてブログに挑戦しました。遅咲きではありますが、気長に、悠々とそして自分流に書いていきます。よろしくです。田舎暮らし万歳!今年から一足早く田舎暮らしを始めた。会社人生に終止符を打つのは56歳と決めていた。56 ... » more

わが町に移住 大歓迎だ 今日夕方、友人のお客さんが会ったご夫婦を連れている以前話しがあった、友人の叔父さんで松崎町に移住して来たいと言う「静かですね」しきりに「静か」を強調する諏訪からこちらに越して来たいと言う、元気な内に隣 ... » more
テーマ なんにもない 自然環境 移住

上記のタイトルの本、タイトルに釣られて衝動買い。正式には==社会派日本語教育のすすめ―異文化適応教育と日本語教育〈2〉 123p(B5)凡人社 (1996-10-15出版)山田泉【著】==買った後で紀伊国 ... » more
テーマ 読書記録 OCNet 移住  コメント(1)

奄美大島に移住 友人が決断  透き通る青い海 自然の風 友人が奄美大島に移住した今までの安定した生活を変えた青い海透明な海が呼んだこの写真は奄美大島の透き通る海を撮ったもの沖縄方面には行ったことがないと、言うより西は四国と岡山以西にはまだ行 ... » more

今日は、弊社のお客様で、移民局へビザの申請へ行く方が3組もいらっしゃいました。1組目は、昨日のブログに書いた親子留学の方で、日付を間違えられたビザの訂正です。この訂正で、あと一年滞在できます。2組目は、先月入国された移住 ... » more

先日ここでも書きました親子のビザの件ですが、今日お母さんから電話があって、ビザに間違えがあったというのです。学校通学期間は一年間。通常は、多少は余裕を持って、一年と3週間くらいのビザが発行されます。ところが、今回発行され ... » more

ニュージーランドでは、13歳以下のお子さんが就学する場合、保護者がガーディアンとしてニュージーランドに滞在することが義務付けられています。裏を返せば、子供が学校に通学する場合、その親御さんも、子供の学生ビザに便乗して子供の学生ビ ... » more

物件探し、3つめの方法 昨日は、ANZAC DAYという祝日で会社がお休みでしたので、週末に入国された移住のご夫婦を我が家に招待し、一緒にたこ焼きパーティをしました。たこ焼き器はインターネットで購入して、日本から送ってもらったものです。ガスボンベをつけ ... » more

LOHASの国 ニュージーランド ニュージーランドで暮らしていると、日本ではやっているものに疎かったりします。最近もこんなことがありました。私の会社の移住チームに顔をだしたところ、日本の雑誌が置いてあり、その表紙を見ると「特集!LOHASな国ニュージーランド ... » more

本日、移住を担当している私の会社の社長がクライストチャーチにやってきて、昨日クライストチャーチに到着した移住のお客様と面談をしました。とりあえずは観光ビザで入国されているご夫婦は、これからどのような方法で永住権取得を目指すのかを ... » more

今日、移住のお客様がクライストチャーチに到着しました。すでに予約をしてあったコンドミニアムにお連れして、さてチェックインとなったとき、予約は入っていたのですが、わたしの会社のバウチャーが切れなかったのです。バウチャーとは、いわゆ ... » more

来週、わたしの会社の移住会員のお客様が、とうとうNZに入国することになりました。お客様にとっては、一世一代の大仕事ですから、さぞかし準備も大変だったことと思います。今日は、その最終確認と到着後の打ち合わせをメールにてさせていただきま ... » more

日本のお友達からも、数々の心配のメールをいただきました。 先週の月曜日、クライストチャーチ在住の日本人一家が 火事で死亡しました。 もう20年以上前に移住してきている60歳前後のご夫婦と、旦那様のお母さん(80)、 旦那様が ... » more

最近、NZ$高のせいか、日本人の入国が少ない気がします。私は、日本人向け情報センターに勤めていますが、情報掲示板の「フラットメイト募集」がもう貼れないくらいに溢れていて、日本人が少ないのかなと感じます。しかも、毎月無料配布される「月 ... » more

少し前の話になってしまったのだけれども、大森高校定時制の国際理解週間(ここに紹介、こことここに感想)の記事が2月22日付のDailyYomiuriに掲載された。ぼくの英語力でどこまで理解できているか??は残るが、たぶん素敵にまとめられている ... » more
テーマ 雑記 OCNet 移住

先日の韓国ドキュメンタリー映画祭で購入した 「外国人研修生殺人事件」 (安田浩一著七つ森書館)。これ、本当に一気に読める、というか読ませる。ぼくが持っている「『労働情報』30周年記念出版」バージョンの帯には斎藤貴男さんがこんな風に書い ... » more

 

最終更新日: 2016/11/22 03:10

「移住」のブログ関連商品

» 「移住」のブログレビュー をもっと探す

「移住」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る